会社辞めたい

仕事を辞めたいのにズルズル働くのは時間の無駄!実体験で語る4つの後悔

仕事を辞めたいけどズルズル働いて悩む男性
・仕事を辞めたいけどズルズル働いてしまう...
・嫌々働くのが時間の無駄とわかっていても辞められない...
・このまま永遠に会社を辞められないのか?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 仕事を辞めたいのに3年も働いて後悔した4つのこと
  • 辞意を伝えられずに働き続けた4つの原因
  • 仕事を辞めたいときはスパッと辞めるマインドが大切
  • 仕事を辞めたいと言えない場合は退職代行に頼ろう

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「仕事を辞めたいけどズルズル働いて時間を無駄にしている気がする」とお悩みの方へ。

仕事を辞めたいのにズルズル働くのは時間の無駄でしかなく、ハッキリって愚かな選択とも呼べます。

とはいえ仕事は辞めたくても辞められないものですよね?

 

この記事では、仕事を辞められずに3年間働いた私が、退職した今でも後悔している4つのことを紹介しています。

ズルズル働き続けるのがいかに愚かなことかあらためて確認してみてください。

 

最後まで読んでいただくと、つらい思いをかき消してスパッと退職する方法がわかります。
さっこー

 

仕事を辞めたいのにズルズル働いて時間を無駄にした実話

ズルズル働いて時間を無駄にした黒歴史

私は新卒入社した会社で3年間働きました。

入社して1週間ほどはそれなりに楽しかったです。

 

しかし、入社1週間から退職のときまでずっとつらいと思っていました。

我慢して働き続けた結果、最後の方はパワハラが悪化したり、月70時間以上残業したり散々なものでした。

 

このように私は約3年も時間を無駄にしましたが、今でも後悔していることが4つあります。

ズルズル働いて後悔したこと

  • もっと早くに挑戦したいことがあった
  • 人間不信に陥った
  • 大したスキルが身につかなかった
  • おかしな価値観を植え付けられた

では、仕事を辞めたいのに働き続けて後悔した4つのことを詳しく紹介していきます。

 

ズルズル働いて後悔したこと1.もっと早くに挑戦したいことがあった

私は現在フリーランスとして活動していますが、もっと早くに挑戦しておけばよかったと後悔しています。

 

私が会社を辞めたのは26歳だったので、新しいスタートを切るのに遅かったわけではありません。

多少無理がきく20代後半からスタートしたので、フリーランスとして食べていくことができています。

 

しかし、できればもっと早いうちから挑戦しておきたかったです。

寄り道せずに今の仕事に集中できていれば今より活躍していたでしょう。

なんといっても3年もあったのですから、3年もスタートが早ければ結果も大きく異なっていたはずです。

 

辞めたい会社を退職するのが遅れると、新しいスタートを切るのも遅れます。

私の場合は20代のうちに挑戦できたので比較的よかったですが、30代になっていたら成功していなかったでしょう。

すでに挑戦したいことがある場合は、一刻も早く新しいスタートを切った方が良いですよ!

 

ズルズル働いて後悔したこと2.人間不信に陥った

私は約3年にわたってパワハラを受けていたので、人間不信に陥っています。

初対面の人と会うとまず疑うことから始まって、なかなか人を信じられません。

 

そのうえ、退職した今となっても夢にパワハラ上司が登場します。

働いていたときの夢を見た翌朝はドキッとして、当時の記憶がよみがえるという負の連鎖が退職した今でも続いています。

おそらくパワハラで受けたキズは一生消えないでしょう。

 

私のようにパワハラを受けて仕事を辞めたいと思っている人もいるはずです。

比較的キズが浅い今のうちに退職しないと、一生トラウマを抱えることにありますよ。

 

ズルズル働いて後悔したこと3.大したスキルが身につかなかった

私は3年も同じ会社で働いていましたが、退職しても大したスキルは身に付きませんでした。

しいて言えば、工場で働いていたので手先が少し器用になったくらいです。

3年も働いたのにまったく割に合っていません。

 

なぜスキルが身に付かなかったのかというと、やはりモチベーションによるところが大きいです。

何をするにしてもやる気がなく、毎日「怒られずに過ごすためにはどのように行動すべきなのか」ということだけを考えていました。

「会社で活躍したい」「あの上司のようになりたい」のようなポジティブな感情はまったくありません。

 

やる気がないまま仕事を続けてもスキルが身に付かず時間の無駄です。

せっかく長い時間を費やしたのに、ほとんど何も残らなかったと後悔しています。

 

ズルズル働いて後悔したこと4.おかしな価値観を植え付けられた

私が勤めていた会社は少しブラックなところがあったので、企業としておかしな部分もありました。

たとえば今でも疑問に感じるのが「仕事だから嫌なことでもしろ」という考えです。

「お金をもらっているのだから嫌なことでもしなければいけない」と口を酸っぱくして言われました。

 

中には「仕事だから嫌なことでもしろ」と言われたこともあるでしょう。

昔までこの考えは正しかったのかもしれませんが、今となっては時代遅れです。

 

冷静に考えると、なぜ嫌なことまでしてお金をもらわなければいけないのか意味がわかりませんよね?

どう考えても楽しみながらお金を稼いだ方が良いでしょう。

 

このようにおかしな会社で働き続けると、その環境に慣れてしまっておかしな価値観を植え付けられます。

自分の価値観を大切にするためにも、会社の悪い価値観に染まる前に退職しないと後悔しますよ!

 

仕事を辞めたいのにズルズル働いて時間を無駄にした4つの原因

なぜズルズル働いて時間を無駄にしたのか

私は入社1週間程度で仕事を辞めたいと思っていましたが、結果的に辞めたい状態で3年も務めました。

時間を無駄にして後悔しているのですが、なぜすぐに会社を辞めなかったのかというと以下の理由があったからです。

理由

  • 変化を恐れていた
  • 辞めたいと言えなかった
  • 何かが変わるかもと思っていた
  • 次の仕事があるかどうか不安だった

続いて4つの理由を深掘りしていきますね。

 

退職せず時間を無駄にした原因1.変化を恐れていた

仕事を辞めたいのに辞めなかった大きな原因は、退職することによって現状が変わるからです。

退職すると働かずに済むので、良いことのように聞こえますよね?

 

しかし、会社を辞めることでその先の展開が未確定になります。

意外とすぐに次の仕事が決まるのか、それとも転職に苦労して退職したことを後悔するのかは、その時が訪れるまでわかりません。

 

そのうえ、次の職場が今の職場より良いところという保証もありませんよね?

転職したことによって、今よりつらい目にあうかもしれないと考えるだけで、仕事を辞められませんでした。

 

逆に、今の会社で働き続けることはつらいですが、大きく変わることはないと思っていました。

結果的に時間を無駄にして後悔しているので、愚かとしか言いようがありませんよね。

 

退職せず時間を無駄にした原因2.辞めたいと言えなかった

ズルズル働いて時間を無駄にしたもう一つの大きな原因が、退職を伝えられなかったからです。

「仕事を辞めたいと言えば何を言われるのだろう」「怒られたら嫌だな」と考えると、どうしても伝えられませんでした。

 

仕事を辞めると決意しても、いざ上司を目の前にすると言葉が詰まって何も出てきません。

辞めたいのに言えないという自分に嫌気がさし、退職する直前まで「仕事を辞められない運命にある」とあきらめたものです。

 

結果的に自分の口から退職を伝えられず、退職代行に任せて逃げました。

当初は逃げ・甘えだと思いましたが、退職した今となってはあのときの判断は間違っていないと思っています。

あわせて読みたい

 

退職せず時間を無駄にした原因3.何かが変わるかもと思っていた

私は愚かにも会社を続けることで何かが変わるかもと期待していました。

確かに続けることで人間関係やスキルが変わる可能性もあります。

しかし、私の場合はズルズル働いた結果、人間関係がマイナスの方向に動き、能力も大して身についていません。

 

このままではダメだと思いつつ、それでも続ければ何かが変わるのではないかと思っていました。

期待し続けて3年も働きましたが、仕事を辞めたいという気持ちが強くなっただけで何の変化もありません。

まったくもって無駄な時間を過ごしたなと後悔しています。

 

また、私の場合は新卒だったので「新卒は3年働け」という説を真に受けていました。

実際に同じ会社で3年働きましたが、自分が会社に合わないとわかっただけです。

もし新卒で会社を辞めたいと思っている場合は、すぐにでも退職しないと私と同じ後悔を抱えますよ。

あわせて読みたい

 

時間を無駄にせずスパッと仕事を辞めるためのマインド

時間を無駄にせずスパッと仕事を辞めよう

時間を無駄にせずスパッと辞めるためには、以下のポイントをおさえることが大切です。

ポイント

  • 今の仕事を続けて良い未来が訪れるか想像する
  • 退職して何をしたいのか考える
  • 自分から行動しないと何も変わらないと思う

では3つのポイントを解説していきますね。

 

ポイント1.今の仕事を続けて良い未来が訪れるか想像する

仕事を辞めたい後押しがほしい場合は、今のまま会社で働く姿を想像してみてください。

給料や待遇面、人間関係、仕事の面白さなど人によって、嫌に感じていることは異なります。

 

自分が何を嫌と思っていて仕事を辞めたいのか考えて、その問題が将来的に改善できるか考えましょう。

将来に希望がなければモチベーションも下がるので辞めた方が良いですよ!

 

ちなみに、将来のことを考えるときは、外部的な要因は省かなければいけません。

たとえば、あの上司が数年後にいなくなるという想定はNGです。

希望的観測を入れると冷静な判断ができなくなるので気を付けましょう。

 

ポイント2.退職して何をしたいのか考える

仕事を辞めるにあたって次の進路も大切です。

何の考えもなしに退職すると、仕事を辞めた後に困ります。

特に年齢を重ねると転職の難易度も上がるので気を付けましょう。

 

とはいえ、現在は転職市場も盛んなので条件にこだわりさえしなければ見つかります。

転職のことばかり考えていると、いつまでたっても仕事を辞められません。

ある程度の進路が決まったらすぐにでも退職した方が良いでしょう。

 

ポイント3.自分から行動しないと何も変わらないと思う

仕事を辞めるにあたって、基本的に自分から行動しないと何も変わりません。

仕事を辞めたいと言わなければ誰にも伝わらず、我慢に我慢を重ねることになります。

我慢し続けると最終的に倒れる可能性が高いです。

 

倒れると会社を辞めることはできますが、あまりにも代償が大きいです。

どうせ辞めるなら健康体で退職の日を迎えたいですよね。

自分の思いを秘め続けるとロクな末路にならないので、一歩踏み出す勇気を持ってください。

 

もしどうしても上司に辞意を伝えられない場合は、退職代行を使いましょう。

 

今すぐに仕事を辞めたいなら退職代行を使おう!

退職代行

退職代行に連絡すれば業者が退職の手続きを進めてくれます。

こちらですべきことは退職代行業者に連絡するだけです。

 

無事、交渉の手続きが終えても基本的に出社する必要はありません。

退職するためには退職届の提出やそのほかの手続きもありますが、すべて郵送で終わります。

退職代行を利用すれば上司と顔を合わせることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日で辞められます。

今日業者に連絡して、タイミングさえよければ明日からは出社する必要もありません。

 

「どうしても仕事を辞めたいと言えない」

「もう限界だから今すぐにでも辞めたい」という場合は、遠慮せず退職代行を利用しましょう。

 

おすすめの退職代行1.SARABA

退職代行SARABA

退職代行を使うならSARABAユニオンがおすすめです。

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

そのうえ、SARABAには以下のメリットもあるのです。

SARABAの良いところ

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 料金が一律24,000円
  • 有給の交渉が可能(有給消化の成功率98%)
  • 退職金・残業代を請求できる
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

おすすめの退職代行2.弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの退職代行サービス

みやびは弁護士が務める退職代行です。

法律の専門家である弁護士なので退職成功率が100%で、トラブルがあった際にも法律を持って対応してくれます。

弁護士を味方に付けられるので、最強になった気分を味わえるのが魅力です。

 

また、みやびを利用することで以下のメリットもあります。

ポイント

  • 確実に退職できる
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 金銭的問題や法律の問題にも対応できる
  • 即日退職もできる
  • 退職金・未払い金・残業代の請求に対応してくれる
  • 全国の利用に対応している
  • 無料相談で気軽に話を聞ける
  • 料金は最低55,000円から

 

料金が高いですが、幅広く対応してくれるのが優秀です。

損害賠償の請求もできるので、パワハラを受けている場合はみやびに依頼しましょう。

「確実に退職したい」

「退職を機に会社へいろいろ請求したい」という方におすすめですよ!

弁護士法人みやびのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

弁護士法人みやび公式サイト

 

まとめ:辞めたいなら今すぐに行動を起こすべし!

仕事を辞めて新しい道を歩む人

仕事を辞めたいのにズルズル働いて後悔したことや時間を無駄にしてしまった原因を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 辞めたい会社で働くのは時間の無駄!
  • 強く辞めたいと思っているなら今すぐ辞めないと後悔する
  • 仕事を辞めたい場合は「絶対に辞めてやる」という強い意志が必要
  • どうしても退職を伝えられない場合は「退職代行」を使おう!

 

辞めたいと思っているのにズルズル働くのは時間の無駄でしかありません。

私は実際に辞めたい会社を3年勤めましたが、後悔ばかりが残っています。

人生は限られているので、辞めたい会社で働いている余裕はありません。

 

本当に仕事を辞めたいときは、一刻も早く退職するようにしましょう。

早く退職することで後悔が小さくなり、新しいスタートを早く切れますよ。

どうしても仕事を辞めたいと言えない場合は、退職代行に頼るのも一つの手段ですよ。

\24時間無料相談受付中/

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻なケースもありえます。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、一度退職コンシェルジュの無料説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
最大28か月分の失業保険!退職コンシェルジュの特徴や使い方を徹底解説

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-会社辞めたい