退職代行について

退職代行を使えば有給休暇を消化できる?業者選びが最大のポイント!

有給を消化できるのか悩む女性
・退職代行を使えば有給休暇を消化できるの?
・どの退職代行でも有給の消化に対応してくれるの?
・確実に有給を消化できるサービスを知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の内容

  • 退職代行を使えば基本的に有給休暇は消化できる!
  • 有給を消化するためには退職代行業者選びがポイント
  • 有給休暇を消化できる退職代行業者2選

 

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は何も知らずに退職代行を利用したので有給を消化できませんでした。有給は10日以上あったので、今となっては非常に後悔しています。

 

退職代行を使えば有給休暇も消化できると言われていますが、にわかには信じられませんよね?

この記事では、退職代行は有給の消化もできることを徹底的に解説しています。

最後まで読んでいただくと、どのサービスに任せれば有給を消化できるのかわかりますよ!

 

先に結論を言うと、有給を消化ができるかは退職代行の運営元がポイントになってきます。
さっこー

 

退職代行を使えば基本的に有給休暇は消化できる!

有給休暇は消化できる!

退職代行を使えば、辞めるだけでなく有給休暇の消化にも対応してもらえます。

ただ辞めるだけではなく、お金をもらえるのは最高ですよね。

退職代行を利用するには少なくとも30,000円程度のお金が必要ですが、有給休暇を消化できればすぐに回収できます。

つまり、実質無料で退職代行を使えるというわけです!

 

ただ、中には有給があるか分からない方もいるでしょう。

そんな方も安心してください。有給休暇を与えることは、法律で以下のように定められています。

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えられなければならない。

引用:労働基準法第39条1項

6か月以上会社で働いている場合は、少なくとも10日は有給を与えなければいけません。

 

ただ、以下のケースに当てはまる人は有給休暇を消化できません。

有給消化のNG例

  • すでに有給休暇をすべて消化している
  • 労働期間が5か月未満

そもそも有給がない場合は、いくら退職代行でも対応できないので気を付けてくださいね。

また、有給休暇を確実に消化するためには、退職代行業者選びも大切になってきます。

 

有給休暇を消化するための退職代行業者選び

退職代行は業者選びに注意

退職代行の運営元には、主に3つの種類があります。

ポイント

  • 一般企業
  • 労働組合
  • 弁護士

このうち確実に有給を消化するなら労働組合か弁護士がおすすめです。

その理由も含めて、それぞれの運営元の特徴を見ていきましょう。

 

運営元が一般企業なら有給の消化が難しい

一般企業が運営元の場合は、会社と交渉する権利がありません。

 

交渉とは会社に対して何か話し合うことを意味し、たとえば退職日の調整をしたり、退職金をもらえるか話し合ったりすることを指します。

一般企業が運営元の退職代行が交渉すると、非弁行為という法律違反です。

交渉すると違法に当たるので、交渉をもとなう要求には対応していません。

 

中には有給の消化に対応している企業もありますが、その場合は伝えてくれるだけです。

「有給が残っているので退職時に消化させてください」と代わりに伝えてくれるので、要求を会社が肯定すれば消化できます。

しかし、会社から断られるとそれ以上は交渉にあたるので踏み込めません。

 

このように、一般企業が運営元の退職代行は、会社に伝えることだけが仕事範囲です。

実績のない業者に依頼すると、退職の交渉にすら失敗するので気を付けましょう。

 

運営元が労働組合なら有給を消化できる

運営元が労働組合の場合は、団体交渉権という権利を持っています。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

仮に会社が労働組合の交渉を断ると不当労働行為に当たるので、有給を消化できますよ!

 

また、会社と交渉できるので以下の要求も可能です。

対応できること

  • 退職金の請求
  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代の請求

金銭的な要求にも対応してくれるのがポイントです。

これは一般企業が運営元の退職代行にはない魅力ですね。

 

弁護士が退職代行を担当する場合も有給を消化できる

弁護士も会社と交渉しても問題になりません。

つまり、有給の消化にも対応してもらえます。

また、退職日の調整や未払い金の請求も可能です。

 

先ほどの労働組合と似ていますが、弁護士の場合は法律的な問題に対応できます。

たとえば「ハラスメントを受けたから損害賠償を請求したい」というケースも、ハラスメントの度合いにもよりますが対応可能です。

 

弁護士の場合は労働組合よりも対応範囲が広く、退職に確実性もあります。

他の退職代行業者よりも料金が高くなるデメリットもありますが、回収できる金額が多ければ気にならないでしょう。

 

有給休暇を消化できる退職代行業者2選

続いて、有給の消化に対応している退職代行を紹介していきます。

会社を辞めるついでにお金をもらいたい方にはおすすめですよ!

 

【運営元が労働組合】退職代行SARABA

退職代行SARABA

退職代行SARABAは労働組合が運営元です。

会社と交渉できるので先ほど紹介した、有給の消化だけでなく退職金や未払い金の請求もできます。

しかも有給の消化率が優秀で、2022年5月現在で約98%成功しているのです!

ほぼ確実に有給を消化できるので、有給がたまっている人からすると最高ですね。

 

その他にもSARABAには以下の特徴があります。

SARABAの良いところ

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 料金が一律24,000円
  • 即日退職が可能
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある

 

このように料金が安く、会社と交渉もできるのがSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAユニオンのメリット・デメリットとは?

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの退職代行サービス

みやびは弁護士が退職代行を担当しています。

弁護士なので、有給の消化はもちろん残業代の請求やセクハラなどの損害賠償にも対応できるなど、その範囲は幅広いです。

 

また、みやびには以下の特徴もあります。

ポイント

  • 確実に退職できる
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 即日退職できる
  • 最低55,000円から利用できる

料金が高いのがネックですが、法律の専門家を味方につけられるのは非常に心強いです。

気分としてはまさに無敵と言っても過言ではありません。

会社を確実に辞めて、お金もしっかりといただきたい方におすすめです。

退職代行の弁護士法人みやびを使うメリット・デメリットとは?

\LINEで無料相談できる/

弁護士法人みやび公式サイト

 

まとめ:退職代行で有給を消化するなら業者選びに注意!

有給を消化して大喜び

退職代行を使えば有給休暇を消化できるのかどうか紹介してきました。

 

運営元が労働組合か弁護士であれば問題なく有給を消化できます。

一般企業だと会社に交渉できないので、絶対に有給を消化できるとは言えません。

運営元で対応範囲が変わってくるので業者選びには気を付けましょう。

 

ただ、有給がそもそもなければ消化もできません。

有給をすべて使ったのに請求するのは、どのサービスを利用しても無理なので気を付けてくださいね。

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
最大28か月分の失業保険!退職コンシェルジュの特徴や使い方を徹底解説

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職代行について