退職代行について

現場監督でも退職代行を使えば即日で辞められる!地獄から解放されて楽しい未来へ

現場監督でも退職代行で即日退職が可能
・現場監督がつらすぎて今すぐに辞めたい...
・退職代行を使えば即日で辞められるって本当?
・退職代行を使ってもトラブルにならないの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の内容

  • 現場監督が退職代行を使って即日退職しても問題にならない理由
  • 今すぐに退職代行して辞めるべき現場監督の特徴
  • 現場監督が退職代行を利用する4つのメリットと2つのデメリット
  • 現場監督をスムーズに辞めさせてくれる退職代行3選

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「現場監督が理不尽すぎて今すぐにでも辞めたい」とお悩みの方へ。

現場監督は肩書きのせいで即日退職が難しいですが、退職代行を使えば実現できます。

しかし、現場監督を即日退職してもトラブルにならないのか気になりますよね?

 

そこでこの記事では、現場監督でも退職代行を使えば即日退職できる仕組みを解説します。

現場監督を使うべき人の特徴やメリット・デメリットもあわせて紹介しているので参考にしてください。

 

最後まで読んでいただけると、どのサービスを使えばトラブルなく辞められるのかもわかりますよ。
さっこー

 

現場監督は退職代行で辞められる

現場監督は退職代行で辞められる

退職代行を使うと現場監督でも合法で退職できます。

退職代行は正規の手順を踏んで即日退職できるので、バックレのリスクが発生しません。

バックレのリスク

  • 会社からの電話が止まらない
  • 親に連絡がいく
  • 捜索願を出される
  • 懲戒解雇の処分を受けて転職が難しくなる
  • 給料がもらえず有給も消化できない
  • 損害賠償を請求される
  • 退職関連の書類をもらえない

退職代行を使えば、上記のやばいリスクを背負うことなく退職可能です。

 

しかし、なぜ退職代行を使えば即日退職でも問題ないのか気になりますよね?

実は民法を確認すると、退職するまで最低でも2週間必要と書かれています。

 

法律上は退職まで最低2週間必要

現場監督の退職は一般企業と同じで民法が適用されますが、民法第627条を見ると以下のように記載されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条

 

つまり、退職を伝えてから少なくとも2週間は辞められないということです。

民法627条を見る限り、即日退職できませんよね?

 

しかし、会社側が即日退職を認めると民法に関係なくいつでも辞められます。

そこで退職代行の出番です。

 

退職代行は会社の許可を得て即日退職へ導いてくれる

退職代行業者は会社に対して現場監督を即日退職するように交渉してくれます。

その結果、現場監督でも即日退職できるというわけです。

 

とはいえ、本当に現場監督が即日退職できるか怪しく感じる人もいるでしょう。

現場監督は文字通り現場の要なので、突然いなくなられると困りますよね?

 

ただ、退職代行業者は退職のベテランです。

過去の経験で培ったさまざまな話術を用いて退職へ導いてくれるので安心してください。

会社としてもやる気のない人を雇い続けるメリットはないので、意外とスムーズに辞められますよ!

 

現場監督が退職代行を利用する4つのメリット

退職代行を利用するメリット

現場監督が退職代以降を利用するメリットはこちらです。

退職代行のメリット

  • 苦労の日々から一瞬で解放される
  • 誰とも顔を合わせずに辞められる
  • 退職ついでに残業代や未払い賃金も受給できる
  • サービスを選べばパワハラ問題にも対応してもらえる

続いて4つのメリットを詳しく紹介していきます。

 

メリット1.苦労の日々から一瞬で解放される

退職代行を使えば現場監督をすぐに辞められます。

つまり、現在感じている人間関係のストレスや過酷な労働によって与えらえる疲労から一瞬で解放されるということです。

 

現場監督は他の仕事より肉体労働が多く、コンプライアンスがしっかりしていない会社だと理不尽が横行しています。

たとえば上司からの暴言や八つ当たりを受けることもあるでしょう。

もっとひどい会社だと暴力を振るわれるケースもあります。

 

このように現場監督として働いている人の中には、ブラックすぎる労働環境で働いている人もいるはずです。

限界を感じている方にとって退職代行は、救いの存在となってくれるでしょう。

 

メリット2.誰とも顔を合わせずに辞められる

自宅でくつろぐ男性

退職代行の優秀なところは、会社の人間と顔を合わせずに辞められるところです。

上司や同僚とも一切会わずに済むだけでなく会社に行く必要もないので、引き止めに遭うこともありません。

 

現場監督は辞めるタイミングが難しい仕事なので、場合によっては退職を伝えても引き止められるでしょう。

上司から強く引き止められると、下っ端としては断るのに勇気が必要ですよね?

結果的に退職できず、働き続けることになります。

 

しかし、退職代行を利用すれば煩わしい引き止めが一切ありません。

この仕組みが退職代行を使えばスムーズに辞められる秘訣です。

 

ちなみに、退職後に上司から連絡が来ることもありますが、すべて無視しても問題ありません。

しつこいようであれば、利用した退職代行業者に相談してもらえば対処法を教えてもらえます。

あわせて読みたい

 

メリット3.退職ついでに残業代や未払い賃金も受給できる

運営元が労働組合や弁護士の退職代行では、残業代や未払い金などの請求にも対応しています。

○○株式会社のような一般企業が運営元だと、残業代や未払い賃金を請求できないので気を付けましょう。

 

現場監督は過酷な仕事なので残業が発生することも多いです。

しっかりと残業代を支払ってもらえれば問題ありませんが、中には残業してタダ働きしていることもあるでしょう。

 

賃金の未払いを受けている場合は、退職代行業者に相談すれば交渉にあたってくれます。

もらうべきお金を受け取っていない場合は、この機会に回収しておきましょう。

 

メリット4.サービスを選べばパワハラ問題にも対応してもらえる

パワハラが起きている光景

弁護士が務める退職代行はパワハラ問題に対応しています。

 

現場監督は労働環境が荒れがちなので、上司からパワハラを受けていることもあるはずです。

パワハラは会社を辞めれば解放されますが、残った上司は平然とした顔で働いています。

自分だけがダメージを負って、パワハラ上司だけが普通に生きているのはおかしな話ですよね?

 

過度なパワハラを受けている方は、損害賠償で訴える権利があります。

パワハラ上司には正当な罰を受けてもらいましょう。

ただ、法律が絡む問題は弁護士にしか対応できません。

退職代行の中には弁護士が担当するタイプもあるので、訴えたい場合は業者選びに気を付けましょう。

 

現場監督が退職代行を使う2つの小さなデメリット

退職代行を使うデメリット

現場監督が退職代行を利用するメリットは4つもありましたが、逆に以下のデメリットもあるので注意が必要です。

退職代行のデメリット

  • 円満に辞められない
  • 業者選びに失敗するとスムーズに退職できない

退職代行を使って現場監督を辞めると上記のデメリットがあります。

ただ、どちらも大した問題ではないので安心してくださいね。

では、2つのデメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

 

デメリット1.円満に辞められない

退職代行は現場を放り出して辞めることになるので円満退職はできません。

特に現場監督は作業場の要なので、突然抜けると現場は慌てます。

その怒りが自分に向かってくるので、激怒している可能性が高いです。

 

ただ、もう辞める会社のことなので、そこまで深刻になる必要はありません。

今まで散々嫌な思いをさせられたのですから、悪いのは自分を追い込んだ会社です。

「自分がいなくなることで困れ!」くらいの強気な気持ちで利用しましょう。

 

もしどうしても会社に悪いと思う方は、引き継ぎ書を残しておけば安心です。

自分がいなくなった後の作業内容が記されていると、現場のダメージは軽減されます。

自分としても罪悪感が軽減するので、引き継ぎ書を残すメリットは大きいです。

あわせて読みたい

 

デメリット2.業者選びに失敗するとスムーズに退職できない

スムーズに退職できず困る現場監督

退職代行は10年以上も歴史があるサービスなので、さまざまな企業が運営しています。

そのため、どの企業を選ぶのかが非常に大切です。

 

仮に信頼性が低い業者に依頼すると交渉の際にもめます。

最終的に自分が会社へ直接行くことになりかねません。

とくに現場監督は一般職と違って責任があるので、退職代行業者の実績は重要です。

 

後悔のない退職代行選びにするためにも、業者選びには細心の注意を払いましょう。

 

現場監督の退職代行を選ぶときのチェックポイント

退職代行の選び方

現場監督を退職代行でスムーズに辞める場合は、以下の特徴に該当するサービスを選びましょう。

退職代行業者の選び方

  • 運営歴を見る
  • 「即日退職可能」なサービスを選ぶ
  • 運営元をチェックする

続いて3つのチェックポイントを詳しく解説していきますね。

 

チェックポイント1.運営歴を見る

退職代行を選ぶときは運営歴を要チェックです。

 

退職代行の公式サイトを見ると退職成功率を宣伝している様子をよく見かけます。

「退職代行成功率100%」と言われると安心できると勘違いしがちですが、運営歴で重みが異なります。

 

たとえば、運営歴1年のサービスと10年のサービスがあったとして、どちらも退職代行成功率100%をうたっているとしましょう。

この場合、どう考えて10年間退職成功率100%を維持している方が信頼できますよね。

 

退職代行成功率100%は運営歴で重みが変わるので、必ず確認しておきましょう。

 

チェックポイント2.「即日退職可能」なサービスを選ぶ

即日退職を選ぼう

現場監督をすぐに辞めたい場合は「即日退職可能」と宣伝するサービスを選ぶことが必須です。

 

退職代行業者をよく見ると、基本的に以下の2パターンで宣伝しています。

ココがポイント

  • 即日退職:その日のうちに退職の交渉が完了する、
  • 即日対応:その日のうちに対応するだけ、即日退職できるとは限らない

 

即日対応は必ずしも即日で退職できるとは限りません。

現場監督を今すぐにでも辞めたい場合は、必ず即日退職できると宣伝するサービスを選びましょう。

 

チェックポイント3.運営元をチェックする

退職代行業者は運営元ごとに対応範囲が異なります。

項目一般企業労働組合弁護士
退職の伝達
会社との交渉×
有給の消化
退職金の請求
未払い賃金の請求
残業代の請求
退職日の調整
損害賠償の請求××
法律が絡む問題の対応××

 

一般企業の場合は非弁行為という法律の影響で会社と交渉できません。

会社と交渉できないことから、退職に失敗する可能性があります。

現場監督の退職は難航しがちなので、場合によっては失敗するかもしれません。

 

一方で、労働組合や弁護士の退職代行は会社と交渉する権利を持っています。

会社と話せるので一般企業と比べると、退職代行成功率が高いです。

 

運営元で対応範囲が大きく異なるので、退職代行を選ぶときは必ず見ておきましょう。

 

現場監督をスムーズに辞めさせてくれる退職代行3選

現場監督の人をスムーズに辞めさせてくれる優秀な退職代行を紹介します。

 

※左右にスクロール可能

サービス名主な特徴
SARABA・運営元が労働組合
・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
男の退職代行・運営元が労働組合
・男性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
弁護士法人みやび・運営元が弁護士
・弁護士が味方になる
・パワハラ問題も対応できる
・運営歴が10年以上あるから安心

 

上記の会社はすべて即日退職に対応しているので、今から無料相談すれば明日から出社せずに済む可能性が高いです。

ではそれぞれのサービスについて特徴を詳しく紹介していきます。

 

退職代行SARABA

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

退職代行SARABAユニオンは即日退職に対応していて、対応スピードが速いと評判のサービスです。

実際に利用した人は以下のようなコメントを残しています。

 

また、SARABAには以下のメリットもあります。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 有給消化の成功率98%
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援あり
  • 運営時間が24時間
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、保育園と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に保育園からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\スピーディーに退職できる/

SARABA公式サイト

 

男の退職代行

男の退職代行

男の退職代行は男性専用という少し変わった特徴を持つ退職代行サービスです。

男の退職代行の特徴

  • 料金の後払いに対応している
  • 退職代行の特級認定を取得している
  • 失敗したときに使える全額返金保証がある
  • 転職に成功すればお祝い金をもらえる(最大50,000円)
  • 運営元が労働組合なので金銭的な交渉もできる
  • 正社員・契約社員・派遣社員は26,800円で利用できる

 

男の退職代行の大きな特徴を挙げると、日本退職代行協会 (JRAA)の特級認定を取得しているところです。

特級認定は100以上の審査をクリアした業者に与えられます。

非常に厳しい審査なので、特級認定を取得しているだけで安心感が抜群です。

 

また、男の退職代行から紹介した求人に転職することで、最大5万円のお祝い金をもらえます。

転職の予定がある人にはぴったりですね。

 

ちなみに、男の退職代行は代行料金を後払いすることもできます。

現在お金に余裕がない場合は後払いを利用すると良いですね。

\後払いに対応する男性向け退職代行/

男の退職代行公式サイト

 

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの退職代行サービス

みやびは弁護士が務める退職代行です。

法律の専門家である弁護士なので退職成功率が100%で、トラブルがあった際にも法律を持って対応してくれます。

弁護士を味方に付けられるので、最強になった気分を味わえるのが魅力です。

 

また、みやびを利用することで以下のメリットもあります。

みやびの特徴

  • 2009年に運営開始
  • 弁護士が運営元なので確実に退職できる
  • 金銭的問題や法律の問題など幅広く対応できる
  • 料金は最低55,000円から

 

料金が高いですが、有給休暇や退職金をもらえるのであればプラスになって返ってきます。

損害賠償の請求もできるので、パワハラを受けている場合はみやびに依頼しましょう。

 

「確実に退職したい」

「退職を機に保育園へいろいろ請求したい」という方におすすめですよ!

弁護士法人みやびのメリット・デメリットを詳しく見る

\弁護士が味方になる/

弁護士法人みやび公式サイト

 

退職代行で現場監督を退職する場合の流れ

退職代行の流れ

退職代行を使うと以下の流れで進んでいきます。

退職代行の流れ

  1. 業者に無料相談する
  2. 料金を支払ってアンケートを記入する
  3. 業者が退職代行を実行する
  4. 退職代行の交渉が完了する
  5. 会社へ退職届や返却物を郵送する
  6. 会社から私物や書類を受け取る
  7. 健康保険と年金を切り替える

無料相談さえすれば、あとの進め方は業者がすべて指示してくれます。

業者の指示に進める通りで退職手続きが完了するので安心してください。

 

ただ、健康保険と年金の切り替えは自分でする必要があります。

書類がそろった後は、すぐに自治体に行って手続きするようにしましょう。

あわせて読みたい

 

まとめ:退職代行を使えば現場監督でも余裕で即日退職できる

現場監督から解放されて大喜び

現場監督が退職代行を使うメリットを主に紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 現場監督でも退職代行を使えば合法で即日退職できる
  • 退職代行は辞めるついでに有給消化や残業代を請求することも可能
  • 現場監督の退職代行は労働組合か弁護士が運営元のサービスがおすすめ

 

現場監督は仕事柄すぐに辞めるのが難しいですが、退職代行であれば明日から出社する必要はありません。

現在感じているストレスや疲労、面倒な人間関係から一瞬で解放されます。

 

ただ、退職代行を使う場合はどのサービスに依頼するかが重要です。

実績や運営歴があるのか、運営元がどこなのかしっかり確認しておきましょう。

以下のサービスはいずれも実績があるので、現場監督でもスムーズに退職させてくれますよ。

 

※サービス名を押すと公式サイトにジャンプ

サービス名主な特徴
SARABA・運営元が労働組合
・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
男の退職代行・運営元が労働組合
・男性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
弁護士法人みやび・運営元が弁護士
・弁護士が味方になる
・運営歴が10年以上あるから安心

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
最大28か月分の失業保険!退職コンシェルジュの特徴や使い方を徹底解説

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職代行について