退職代行SARABA

退職代行SARABAは失敗するの?利用者の悪い口コミを調査しまくった結果

SARABAが失敗するのか気にある男性
・退職代行SARABAは退職に失敗することがあるの?
・実際にSARABAを利用した人の口コミが聞きたい!
・SARABAを利用するときの注意点はあるの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の内容

  • 退職代行SARABAの悪い口コミを調査した結果
  • SARABAが退職に失敗しない4つの理由
  • SARABAを使うときに気を付けるべきポイント

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「退職代行SARABAって評判が良いけど、退職に失敗することはないの」とお悩みの方へ。

退職代行の中でもSARABAは評判が良いので利用者数も多いです。

しかし、利用者数が多いからといって失敗しないとは言えませんよね?

 

そこでこの記事では、退職代行SARABAが失敗しないのかどうか解説しています。

SARABAを利用するときの注意点も取り上げているのでぜひ確認してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、SARABAなら安心して任せられると思えますよ!
さっこー

 

口コミを調査した結果SARABAは退職代行に失敗しないと判明

SARABAは退職代行に失敗しない

2022年5月現在、退職代行SARABAの悪い口コミをTwitterで調査したところ、退職に失敗したというコメントは見当たりませんでした。

 

SARABAは2008年から運営している退職代行ですが、10年以上もの間失敗していないことになります。

10年という長い年月を経ていますが、失敗経験がゼロというのは非常に心強いですね。

 

しかもSARABAの公式サイトでは、退職代行の成功率がほぼ100%と公言しています。

SARABAは代行料金が一律24,000円

公式で宣言しているので、退職代行に失敗しないのは間違いありません。

 

ただ「ほぼ100%」という数字に不安を感じる人もいるでしょう。

言い換えると数%の人が失敗していると言えますよね。

しかし、退職成功率ほぼ100%にはカラクリがあって、利用者が自発的に退職を選ばなかっことが原因です。

 

退職の話が進んで、会社から退職・休職どちらかの選択肢を与えられたようです。

とある利用者は休職を選んだので、SARABAは退職失敗と考えて、成功率を「ほぼ100%」にしているのです。

実質的に見ると、退職への誘導は失敗していないので安心してくださいね。

\退職に失敗しない/

SARABA公式サイト

 

そもそも退職代行が失敗するケースとは?

退職代行に失敗

SARABAは退職代行に失敗しないと判明しましたが、そもそも退職代行に失敗する代表的なケースは以下の通りです。

退職代行が失敗するケース

  • 業者と音信不通になる
  • 業者が交渉に失敗する
  • 退職ではなく懲戒解雇になる
  • 損害賠償を請求される

続いて具体的な中身を紹介していきますね。

 

失敗するケース1.業者と音信不通になる

悪質な退職代行を利用すると、突然連絡が取れなくなることもあります。

連絡が取れないと退職できないので非常に困りますよね?

 

悪質業者の場合、料金を支払ってから音信不通になるケースが多いです。

お金だけ持っていかれるので、悪質な退職代行業者は利用しないようにしましょう。

 

ちなみに、退職代行の悪質さを見抜くコツはこちらです。

退職代行の信頼性を見る方法

  • 運営歴が長い(10年以上あると安心)
  • 実績が豊富
  • 悪い評判が多すぎない
  • 退職代行料金が2万円以上

SARABAはすべてに該当しているので信頼できるサービスと言えますね。

 

失敗するケース2.業者が交渉に失敗する

退職の交渉に失敗する女性

実績がない退職代行業者に依頼すると、退職に失敗されることがあります。

もし退職代行が失敗すると自分で会社に行って伝えなければいけません。

 

仮に退職代行を使ったうえで出社するとなると、ロクな結果にならないことは明白です。

必要以上に怒られた結果、最悪の退職となるでしょう。

 

実績がなく、運営歴が短い業者に依頼すると失敗される可能性が高いので注意が必要です。

 

失敗するケース3.退職ではなく懲戒解雇になる

こちらもまた交渉力に欠ける業者を依頼したケースになりますが、ふつうの退職ではなく懲戒解雇になることもあります。

 

懲戒解雇とは社内の秩序を著しく乱した労働者を辞めさせる解雇の一種です。

会社は簡単に懲戒解雇できないようになっているので、よほどのことがない限り懲戒解雇になることはありません。

 

しかし、退職代行が介入することで話がややこしくなり、最終的に懲戒解雇となる可能性もわずかにあります。

懲戒解雇でも退職することはできますが、非常にリスクが大きいです。

懲戒解雇になるリスク

  • 面接で伝えると採用率がグッと下がる
  • 履歴書に「懲戒解雇」と書く必要がある
  • 懲戒解雇を隠して入社した場合に真実がバレると解雇される

このように懲戒解雇はリスクがえげつないです。

これからの転職活動に大きな悪影響をもたらすので、交渉力がない退職代行の利用は避けましょう。

 

ちなみに、退職代行を使わずバックレると懲戒解雇にされる可能性が高いので気を付けましょうね。

あわせて読みたい

 

失敗するケース4.損害賠償を請求される

会社から損害賠償を請求されて絶望する

退職代行を使うと損害賠償を請求される可能性もわずかにあります。

損害賠償とは他人(会社)に被害を与えた者(従業員)が、他人に対して損害を補填することです。

 

仮に損害賠償を請求されると目玉が吹き飛ぶようなお金を求められる可能性もあります。

損害賠償のリスクを聞くと怖く感じますが、実はほとんど気にする必要はありません。

 

実は損害賠償を請求するためには以下の事実が必要になります。

損害賠償請求に必要なこと

  • その従業員が突然抜けたことで受けた影響のデータ化
  • 事実確認するための時間

損害賠償請求は手間がかかりすぎると、そもそも被害を証明できないので、退職されたくらいでは使われません。

正直、損害賠償のことを考えるより、新しく従業員を雇った方が早いです。

 

退職代行の失敗事例として損害賠償を挙げましたが、基本的に心配は必要ありません。

 

退職代行SARABAが失敗しない4つの理由

SARABAが失敗しない理由

口コミを見る限り退職に失敗したという報告がないSARABAですが、失敗率が極端に低いのは以下の理由があるからです。

SARABAが失敗しない理由

  • 信頼性が高い
  • 労働組合が運営元
  • 退職成功率ほぼ100%で得たノウハウがある
  • 利用者と密なやり取りをしている

続いて、4つのポイントを順番に解説していきますね。

 

失敗しない理由1.信頼性が高い

SARABAは以下の特徴があるので信頼性が高いと言えます。

SARABAの信頼性

  • 退職に失敗した人がほとんどいない
  • 運営歴が10年以上ある
  • 支払方法にPayPal(ペイパル)を採用している
  • どんなケースでも追加料金を求めることはない
  • 交渉に失敗したときの全額返金保証を用意している

PayPal(ペイパル)とは、決済サービスのひとつで、クレジットカード情報の保護やトラブル時の保障を手厚く行っています。

PayPalを導入している時点で、詐欺行為のようなことを働くことはほぼ不可能です。

 

SARABAの場合は万全なサポート体制を整えています。

サポートが優秀だから利用者の口コミが良く、10年以上という長期にわたって運営して来れたのでしょう。

SARABAの信頼性は数字が物語っているので、退職に失敗することもありません。

 

失敗しない理由2.労働組合が運営元

労働組合に勤める男女

SARABAは他の退職代行と違って、労働組合が運営しています。

労働組合には会社と交渉する権利(団体交渉権)が発生するのがポイントです。

しかも、会社が労働組合の話を無視すると不当労働行為に当たります。

つまり、会社は話を聞くしかありません。

 

SARABAの運営元が労働組合であるところが退職成功率を引き上げている理由です。

他の退職代行は会社との交渉権がないこともあるので、失敗する可能性が増えてきます。

その点を考慮すると、SARABAは安心して任せられるサービスだとわかりますね。

 

ちなみに、退職代行の運営元は主に3種類あって、以下のように対応範囲が異なります。

項目 一般企業 労働組合 弁護士
退職の伝達
会社との交渉 ×
有給の消化
退職金の請求
未払い賃金の請求
残業代の請求
退職日の調整
損害賠償の請求 × ×
法律が絡む問題の対応 × ×

 

一般企業が運営元だと会社との交渉権がありません。

結果的に退職できない可能性もあるので、退職代行を使うなら労働組合か弁護士がおすすめです。

 

失敗しない理由3.退職成功率ほぼ100%で得たノウハウがある

SARABAは退職成功率がほぼ100%です(2022年5月現在)。

高確率で退職に成功するほどの優れたノウハウがあります。

そのノウハウが優秀なため、多数のメディアで紹介されるほどです。

SARABAを紹介したメディア

 

このようにSARABAはメディア紹介の実績と、退職成功率ほぼ100%という確かなノウハウがあります。

「退職に失敗したらどうしよう」という心配はいりませんよ!

 

失敗しない理由4.利用者と密なやり取りをしている

SARABAには対応が早いという口コミが非常にたくさんあります。

 

あまりにもあっさりと退職できるので「今まで憂鬱になっていた毎日は何だったのか」と拍子抜けする方もいるほどです。

 

ここまで対応が早いのは、LINEで365日24時間受け付けているからです。

こちらから連絡すると即座にLINEで返信してくます。

今すぐに退職したい方にとっては最高ですよね。

\スムーズに退職できる/

SARABAの利用はこちらから

 

退職代行SARABAの悪い口コミ

SARABAの悪い口コミ

SARABAで失敗したというコメントはありませんでしたが、SARABAに関する悪い口コミが少しだけありました。

SARABAの悪い口コミ

  • スタッフの対応が悪い
  • サポートが徹底されていなかった
  • 労働組合法を悪用している

では、この3つの悪い口コミを具体的に見ていきましょう。

 

悪い口コミ1.スタッフの対応が悪い

 

こちらはSARABAスタッフの態度が悪いという口コミです。

SARABAはLINEでやり取りしますが、態度が悪いというのはちょっと嫌ですね。

 

ただ、担当の態度が悪いと言っている人は調べた限りでこの人だけでした。

そのうえ、具体的にどこが悪いとは言っていないので、イマイチ信ぴょう性に欠けます。

 

もしSARABAの対応が悪いと感じた場合は、ほかのサービスに乗り換えるのもひとつの手段です。

いずれにせよ、SARABAの対応は無料相談でチェックできるので、料金を支払う前にやり取りしてみると良いでしょう。

あわせて読みたい

 

悪い口コミ2.サポートが徹底されていなかった

 

こちらはあまりサポートがなかったという悪い口コミです。

SARABAは「会社から自分、自分から会社」への言葉を伝えるだけなので、退職の手続きや退職届の郵送などは自分でする必要があります。

SARABAの対応範囲を勘違いすると不満を感じるようですね。

 

そもそも退職代行は退職を伝えてくれたり、有給消化の交渉をしてくれたりするだけです。

SARABAに限った話ではないので気を付けましょう。

 

また、口コミでは有給の消化に失敗したとコメントしています。

しかし、SARABAは有給消化成功率が98%です(2022年5月現在)。

SARABAの有給消化率

100人いれば98人成功している計算なので、よほど運が悪くなければ有給は消化できます。

 

ただ、そもそも有給が残っていない場合は消化できません。

有給消化に失敗している人は、そもそも有給がない可能性も考えられるので退職前にチェックしておきましょう。

 

悪い口コミ3.労働組合法を悪用している

 

こちらは、おそらく会社側の意見ですが、労働組合法を悪用していると辛らつにコメントしています。

 

労働組合に加入すると団体交渉権というものが発生して、会社と交渉することが可能です。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

その結果、会社にとっては有給を与えたり、未払い賃金を与えたりする必要があります。

悪質な会社からすると、労働組合の退職代行は最悪と言えるでしょう。

 

しかし、どう考えても従業員に与えるべきものを与えていない会社が悪いです。

従業員が退職代行を使うことに罪悪感を感じる必要はありませんよ!

あわせて読みたい

 

以上が、TwitterにあるSARABAの悪い口コミです。

代表的な悪い口コミを3つ紹介しましたが、全体的に見ると悪く言っているのは1割もいません。

口コミやデータを見ると、SARABAは信頼に値する退職代行だと言えますね。

\安心して退職を任せられる/

SARABA公式サイト

 

退職代行SARABAを使うときに注意すべきポイント

SARABAで気を付けるべきポイント

SARABAはほとんど失敗しませんが、以下のことを知っておかないと「騙された」と勘違いしてしまいます。

SARABA利用時の注意点

  • 退職後に会社から連絡が来る可能性もある
  • 退職後の手続きは請け負っていない
  • 退職代行のキャンセルはできない
  • 損害賠償や法律が絡む問題は対応できない

この4点について詳しく見ていきますね。

 

注意点1.退職後に会社から連絡が来る可能性もある

SARABAは会社に対して本人へ直接連絡しないように伝えてくれます。

しかし、口約束なので連絡が来る可能性もゼロではありません。

 

多くの会社はSARABAの話を受け止めてくれますが、本人から直接話を聞きたいと考える人がいるのも確かです。

その場合、約束を破って連絡してきます。

退職後に会社から連絡が来ると怖いですよね?

 

ただ、退職手続きさえ済んでしまえば会社とは関係がありません。

仮に会社から連絡が来ても無視しましょう。

直接連絡が来るときは文句の可能性が高いので、応じるだけ無駄ですよ!

あわせて読みたい

 

注意点2.退職後の手続きは請け負っていない

退職後の手続きをする男性

退職後は健康保険や年金の切り替えなどが必要です(退職の翌日から転職先で働く人は例外)。

残念ながら退職後の手続きは、SARABAがサポートしてくれることはありません。

 

とはいえ、手続き自体はお住いの近くにある自治体に行けばすぐに終わります。

国民健康保険と国民年金に切り替えるだけなので、書類さえそろっていれば1時間もかからないでしょう。

あわせて読みたい

 

注意点3.退職代行のキャンセルはできない

一度SARABAに退職代行を依頼すると取り消せません。

キャンセルについてはSARABAの利用規約第5条にも記されています。

 

一度お金を使うとキャンセルしてもお金は返ってきません。

退職代行の利用で後悔しないためにも、無料相談の段階でしっかりと見極めましょう。

お金を支払っていなければキャンセルできるので、今一度考えなおしておくと後悔しませんよ!

あわせて読みたい

 

注意点4.損害賠償や法律が絡む問題は対応できない

SARABAは法律に対応できない

退職代行SARABAはサポート体制や退職成功率に優れていますが、法律が絡む問題は対応できません。

たとえば、以下のケースが発生してもSARABAでは手に負えないので注意が必要です。

SARABAが対応できないこと

  • パワハラやセクハラを受けたから損害賠償を請求したい
  • 退職後に会社と揉めたから助けてほしい
  • 退職後に会社と裁判に発展してしまった

こういった法律の問題は対応できないと、SARABAの利用規約第3条にも記載されています。

 

退職後も安全に過ごしたい場合は弁護士の退職代行を使うしかありません。

弁護士の退職代行であれば、法律が絡む問題に対応できます。

弁護士の退職代行は料金が割高になりますが、退職後のトラブルを避けたい場合にはおすすめですよ!

 

もし弁護士の退職代行を使うのであればみやびがおすすめです。

みやびは運営開始から10年以上とSARABAに負けないくらいの信頼性があります。

みやびも無料相談を行っているので話を聞いてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

\LINEで無料相談できる/

弁護士法人みやび公式サイト

 

退職代行SARABAの利用方法

SARABAを利用するときのステップ

退職代行SARABAを利用すると以下の流れで進んでいきます。

退職までの流れ

  1. 公式サイトから問い合わせる
  2. 利用料金を支払う
  3. ヒアリングシートを記入する
  4. SARABAが会社へ退職の意思を伝える
  5. 退職届や会社の返却物を簡易書留で郵送する
  6. 後日会社から書類を受け取る
  7. 自治体で国民健康保険と国民年金の切り替えを行う

 

無料相談さえすればSARABAの担当者がすべて指示を出してくれます。

SARABAはお金をだまし取る詐欺業者ではないので、素直に従って大丈夫ですよ!

むしろいろいろ勘ぐってしまうと退職も遅れるので気を付けましょう。

あわせて読みたい

 

まとめ:SARABAは失敗の確率が格段に少ない退職代行サービス

退職に成功して喜ぶ女性

退職代行SARABAが失敗するのか口コミを紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 退職代行SARABAで失敗したという口コミはない
  • 公式サイトでも退職成功率ほぼ100%を宣言している
  • SARABAは信頼性が高いのでトラブルなく退職まで導いてくれる

 

SARABAの悪い評判をSNSを徹底的に調査しましたが、退職に失敗したという口コミは見当たりませんでした。

そのうえ、SARABAは退職成功率がほぼ100%と公式サイトで宣言しています。

退職に失敗する可能性は極端に低いので安心してください!

 

退職に失敗しないと評判のSARABAは、料金が一律24,000円です。

労働組合が運営元の退職代行サービスの中でも、非常にお得な値段になっています。

「お金をかけずにあっさりと退職したい」という人は、SARABAに依頼してみてはいかがでしょうか?

\24時間相談受付中/

SARABAの利用はこちらから

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
退職コンシェルジュが怪しい!本当に28か月分の失業保険をもらえるのか徹底検証

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職代行SARABA