フリーランス

フリーランスを目指す人におすすめの職業7選!未経験・スキルなしでもOK

未経験でもできるフリーランスの職業
・社畜を辞めたいけどフリーランスになるほどのスキルがない...
・スキルなしでも始められるフリーランスの職業を知りたい!
・未経験から始めてもフリーランスで成功できるの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の要点

  • スキルなしでも始められるフリーランスにおすすめの職業4選
  • スキルは必要だが未経験でも始められる職業3選
  • スキルなしの未経験からフリーWebライターになった私の収入1年分
  • 未経験からフリーランスとして成功するために必要な5つのコツ

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は未経験のスキルなしからフリーランスになりました。最初は苦戦しましたが、今となっては安定して稼げています。

 

「もう会社で働くことを辞めたいけどフリーランスになるほどのスキルや経験がない」とお困りの方へ。

仮に今スキルがまったくなくても、やる気次第でフリーランスになれますよ!

しかし、一言でフリーランスといっても職業はさまざまなので、どれが未経験からでも始められるのかわかりませんよね?

 

この記事では、未経験やスキルなしでも始められてフリーランスを目指せる職業を7種類紹介しています。

実際に未経験からフリーランスになった私の収入もこっそり公開しているので、フリーランスを目指す場合は参考にしてください。

 

最後まで読んでいただくと、どの職業なら未経験の自分でも始めやすいのかわかりますよ!
さっこー

 

【未経験でもOK】フリーランスを目指す人におすすめの職業4選

未経験からでも始められてフリーランスを目指せる職業は以下の通りです。

おすすめの職業

  • Webライター
  • ブロガー・アフィリエイター
  • Youtuber
  • インフルエンサー

ではそれぞれの職業について、特徴や月収の目安などを紹介していきますね。

 

未経験でも始められる職業1.Webライター

Webライターとして働く人

必要なスキル パソコンの操作スキル
タイピング
難易度 ★☆☆☆☆
月収の目安 5,000~200,000円
初期費用 0円
おすすめのサービス クラウドワークス
ランサーズ

 

Webライターはネット上で検索される記事を書く仕事です。

現在見ていただいているサイトを書く仕事だと言えばイメージがわきやすいでしょう。

 

Webライターは1文字で単価が決まるのが基本です。

たとえば、1文字1円の場合に2,000文字書けば2,000円を稼げます。

 

Webライターのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

 

メリット

  • 未経験でも稼げる案件が多い
  • パソコンさえ使えれば始められる
  • 案件が豊富
  • スキルアップすれば安定して月20万円以上稼げる

デメリット

  • 初心者を狙った悪質な案件が多い
  • 文字単価が以上に安い案件もある
  • 依頼人の指示通りに書くことが多いので会社で働くような感覚がある

 

Webライターの大きなメリットはパソコンさえ使えれば気軽に始められるところです。

初心者向けの案件もたくさんあるので、仕事探しに苦労しません。

 

その一方で悪質な案件もあって、たとえば1文字0.1円で募集している仕事もあります。

悪質な案件ばかり請け負っていると稼げないので気を付けましょう。

 

ちなみにWebライターとして稼ぐためには、クラウドソーシングに登録するのが一般的です。

クラウドソーシングにはたくさんの案件が募集されているので、未経験でも仕事が見つかりますよ!

あわせて読みたい

\未経験でも稼げる/

クラウドワークス公式サイト

 

未経験でも始められる職業2.ブロガー・アフィリエイター

ブログを執筆するアフィリエイター

必要なスキル パソコンの操作スキル
ブログ運営の知識
難易度 ★★★☆☆
月収の目安 1,000円~100万円以上
初期費用 10,000円程度(ブログの運営費用)
おすすめのサービス A8.net
もしもアフィリエイト

 

ブロガーやアフィリエイターは自分のブログで商品を紹介したり、広告を貼ったりして稼ぐ職業です。

アフィリエイターは聞き慣れない言葉かもしれませんが、ブログを通して読者が商品を購入することでお金を稼げます。

アフィリエイターとして稼ぐイメージは以下の通りです。

 

ブロガーやアフィリエイターのメリット・デメリットをまとめると以下の結果になります。

 

メリット

  • 自分の経験がお金になる
  • 誰の指示もなく自由に書ける
  • 稼ぎ出すと月100万円は超える
  • 初期費用が比較的安い
  • 不労所得になる

デメリット

  • 稼ぎ出すまでが大変
  • 1年程度は無収入の可能性が高い
  • 文章を書く力が必要

 

ブロガーやアフィリエイターは稼ぎ出すと月100万円以上稼ぐことも可能です。

そのうえ、ブログは記事を書けば自動で稼げる仕組みなので、働かずしてお金を稼げます。

 

夢のある職業ですが、成果が実るまで時間がかかるので、即金性を求めている場合は適しません。

 

また、ブロガーやアフィリエイターは文章を読んでもらって、商品を買わせるライティングスキルも必要です。

未経験から始めると厳しいところもあるので、まずはWebライターとして稼ぎましょう

 

Webライターで稼げるようになると十分なライティングスキルが身に付いた状態なので、ブログ運営しても成功しやすいですよ!

あわせて読みたい

 

未経験でも始められる職業3.Youtuber

Youtube配信する女性

必要なスキル 動画編集
難易度 ★★★★☆
月収の目安 1,000円~100万円以上
初期費用 0円
おすすめのサービス YouTube

 

Youtuberは最近人気の職業です。

Youtubeで動画を配信して人気が出ると動画内に広告を貼れるようになります。

広告を貼ることでどんどん収益化することが可能です。

 

Youtuberのメリット・デメリットはこちらになります。

 

メリット

  • 自分の好きなことを発信して稼げる
  • 人気が出れば月100万円以上稼げる
  • 有名人になれる
  • 不労所得になる
  • 初期費用が安い

デメリット

  • 人気が出るまでに時間がかかる
  • ライバルが多いので差別化が大変
  • 動画の内容次第では誹謗中傷を受ける

 

Youtuberはブログと同様、大幅に稼げて不労所得になります。

そのうえ自分の好きなジャンルで稼ぐことも可能です。

わかりやすく言うと、ブログの動画バージョンみたいな感じですね。

 

ただ、Youtuberはブログと違ってライバルが多いです。

最近では芸能人がYouTubeを始めるケースも増えてきています。

芸能人や有名人と差別化するのは困難なので、取り扱うジャンル次第ではほぼ稼げません。

 

Youtuberは気軽に始められる反面、スキルや経験がないと稼ぎづらい上級者向けの職業なので気を付けましょう。

もしYouTuberに挑戦したい場合は、動画編集の仕事から始めると良いかもしれません。

\動画編集について見る/

 

未経験でも始められる職業4.インフルエンサー

インフルエンサーとして活動する女性

必要なスキル 特になし
難易度 ★★★★★
月収の目安 1フォローに付き1円
初期費用 0円
おすすめのサービス Twitter
インスタグラム
など

 

インフルエンサーとは主にSNSで影響力の強い人のことを指します。

人気が出ると広告収入やアフィリエイトで稼ぐのが基本的です。

1フォロー1円が報酬の目安とされているので、10万人フォロワーがいると10万円稼げます。

 

インフルエンサーのメリット・デメリットはこちらです。

 

メリット

  • 人気が出れば月100万円以上稼げる
  • 自分のファンができる
  • 気軽に始められる

デメリット

  • 人気が出るまでに年単位の時間がかかる
  • 炎上するとインフルエンサーの地位が危ぶまれる
  • 人気が出るとアンチも増えてくる

 

インフルエンサーはまったくの未経験から始められるハードルの低さが魅力です。

TwitterやインスタグラムなどのSNSは無料で利用できるので、お金もかかりません。

 

しかし、インフルエンサーで成功するには人気が必要になります。

まったくの素人から人気者になるのは大変です。

しばらくの間、完全な無収入になるのでフリーランスになるまで時間がかかります。

 

もしインフルエンサーを目指す場合は、Webライターやブロガーなどと併用するのがおすすめです。

ほかに収入源を確保しておくことでゆとりを持ちながら作業できます。

 

スキルは必要だけどフリーランスを目指せる職業3選

以下の職業はスキルが求められますが、未経験からでも勉強すればフリーランスを目指せます。

ポイント

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者

これらの仕事は基本的にスキルがあることが前提となります。

Webライターのようにスキルなしで仕事を取れないので気を付けましょう。

ではそれぞれの職業について詳しく見ていきますね。

 

職業1.プログラマー

プログラミングコード

必要なスキル プログラミング
パソコンの操作スキル
難易度 ★★★☆☆
月収の目安 30~50万円
初期費用 0円(環境が整っている場合のみ)
おすすめのサービス クラウドワークス
ランサーズ

 

プログラマーはフリーランスエンジニアの中でも人気の職種です。

プログラミングとパソコンさえ使えれば始められますが、プログラミング言語は多岐にわたります。

未経験からだと勉強が必要なので、安定して稼ぐためには数か月から1年程度はかかるでしょう。

 

フリーランスプログラマーのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 1件当たりの報酬が高い
  • IT化の進行で案件があふれている

デメリット

  • 勉強に時間がかかる
  • より稼ぐためにはさまざまな言語を覚える必要がある
  • 数字や英語に弱いとつらい
  • ハイスペックなパソコンが必要になる

 

フリーランスプログラマーはスキルさえあれば仕事に困りません。

今やIT化がどんどん進んでいて、案件はあふれているのでガンガン稼げます。

 

その一方でプログラマーは文字列や英語を操る仕事なので、人によってはつらいと感じやすいです。

私もフリーWebライターになる前はプログラマーを目指そうと勉強しましたが、何を言っているのか理解できずあきらめました。

 

もし独学に限界を感じる場合はIT企業に入社したり、スクールに通ったりすると良いでしょう。

会社やスクールで勉強すると、わからないところがあれば聞けるので挫折しづらいです。

 

職業2.Webデザイナー

Webデザインしたホームページ

必要なスキル デザインの知識
デザインツールの操作スキル
難易度 ★★★★☆
月収の目安 20~50万円
初期費用 月々2,000~5,000円程度(デザインソフト代金)
おすすめのサービス クラウドワークス
ランサーズ

 

Webデザイナーとは企業や個人から依頼されたWebサイトのデザインを製作する仕事です。

アートや芸術と違って芸術的センスは求められませんが、クライアントが思い描いている通りにサイトをデザインしていく必要があります。

 

Webデザイナーのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 1件当たりの報酬が高い
  • IT化の進行で案件があふれている
  • 自分でおしゃれなサイトを作れる

デメリット

  • 覚えることが多いので勉強に時間がかかる
  • デザインの知識も必要になる
  • プログラミングやマーケティングなどの知識も必要
  • ハイスペックなパソコンが必要になる

 

Webデザイナーはプログラマーと同じで案件が豊富なところがメリットです。

スキルがあると安定して稼げるようになります。

もしブログ運営する予定の場合は、Webデザイナーを学んでおけば自力で魅力的なサイトにすることも可能です。

 

しかし、Webデザイナーで本格的に稼ぐためには、プログラミングやコーティングのような専門的スキルも必要です。

ほかの職業に比べると勉強するジャンルが多いので、勉強が苦手な場合には厳しいでしょう。

 

職業3.動画編集者

動画編集

必要なスキル 動画編集ソフトの操作スキル
難易度 ★★★☆☆
月収の目安 20~50万円
初期費用 月々2,000~5,000円程度(動画編集ソフト代金)
おすすめのサービス クラウドワークス
ランサーズ

 

動画編集とは撮影された動画をつなぎ合わせたり、BGMを入れたりして見やすいようにする仕事です。

魅力的な動画にするためにはセンスも必要ですが、センスは勉強すれば身に付くのでそこまで大きな問題ではありません。

 

動画編集者のメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 成長市場なので案件が増えてきている
  • YouTuberとして独立を目指せる
  • スキルを身に付けると月収100万円以上稼ぐことも可能
  • 動画好きにはなじみ深い分野なので勉強しやすい

デメリット

  • ハイスペックなパソコンが必要になる
  • ライバルが増えてきているので差別化が必要

 

動画編集はYouTube業界の成長に伴って勢いがあります。

仕事が増えてきているので、スキルがあれば良い案件をもらえるでしょう。

また、動画編集で稼げるようになるとYouTuberで成功する確率も上がります。

 

その一方で動画編集を志す人も増えてきています。

高額な案件を取るためにはオリジナルの動画編集スキルが必要になるので簡単ではありません。

しかし、YouTuberと違って仕事すればお金が入るので、まずは動画編集から勉強すると良いでしょう。

 

未経験からフリーWebライターになった収入1年分を公開

以下ではスキルなしでWebライターに挑戦した私の収入1年分を公開しています。

経験からフリーランスになるとどれくらい稼げるの?」

「本当にスキルなしから始めても稼げるようになるの?」という場合はぜひ参考にしてください。

 

フリーWebライター1~4か月目の収入は【月5万円以下】

未経験の状態でフリーWebライターに挑戦した1~4か月目の収入がこちらです。

クラウドワークスの収入1~2か月目

クラウドワークスの収入3~4か月目

※左右にスクロール可能

開始月 クラウドワークスの収入 そのほかの収入 合計金額
1か月目 4,156円 0円 4,156円
2か月目 21,455円 0円 21,455円
3か月目 11,859円 0円 11,859円
4か月目 48,839円 0円 48,839円

 

Webライターとして稼ぐにあたってクラウドワークスに登録しましたが、ほとんど稼げていませんよね?

正直スキルなしから始めると最初の方は稼げません。

何度も挫折したので、そもそも作業時間が減って給料が安くなっています。

 

スキルなしだと思いのほか稼げないので「収入が伸びない中でも続ける」という精神が重要です。

1~4か月ではほぼ稼げていない私ですが、6か月目になると風向きが変わりました。

 

フリーWebライター5~8か月目の収入【月20万円を達成】

クラウドワークスの収入6か月目 クラウドワークスの収入7~8か月目

※左右にスクロール可能

開始月 クラウドワークスの収入 そのほかの収入 合計金額
5か月目 0円 0円 0円
6か月目 186,978円 0円 186,978円
7か月目 15,857円 0円 15,857円
8か月目 201,933円 0円 201,933円

 

5か月目は無収入になっていますが、5か月目の報酬が6か月目に入った感じですね。

以前まで5万円も稼げていなかった私ですが、なんと6か月目にして18万円を稼ぐことに成功します。

その勢いのまま8か月目には20万円を達成しました。

 

私の会社員時代の給料が20万円くらいだったので、未経験から始めてわずか8か月で到達したことになります。

正直、最初は「やはり未経験から始めるのは無謀か」と思ったものですが、実際に稼ぎ始めてからはフリーランスとしてやっていけそうだと確信しました。

その核心通りに、9か月目からは収入が安定するようになります。

 

フリーWebライター9~12か月目の収入【安定して月10万円稼ぐ】

クラウドワークスの収入9~10か月目 クラウドワークスの収入11~12か月目

※左右にスクロール可能

開始月 クラウドワークスの収入 そのほかの収入 合計金額
9か月目 84,144円 44,903円 129,047円
10か月目 58,238円 99,385円 157,623円
11か月目 36,294円 163,422円 199,716円
12か月目 207,697円 100,153円 307,850円

 

フリーWebライター9か月目になるとクラウドワークス経由ではなく、直接契約できるようになりました。

クラウドワークスの収入とあわせて毎月安定して10万円を稼げています。

 

それどころか12か月目にはWebライターだけで月30万円という大台に突入しました。

月30万円は会社員では獲得できなかった金額なのでうれしかったです。

さらに、勢いに乗った私は1つの大きな目標を達成しました。

 

フリーランス歴1年で【3か月100万円】を達成

未経験からフリーWebライターとしての活動を開始し、約1年後には毎月30万円以上稼ぐことに成功しました。

クラウドワークスで3か月100万円

Twitter

 

始めたばかりの頃にはこんなに稼げているとは思いませんでした。

現在でも安定して月20~30万円を稼いでいるので、フリーランスとして生きていけています。

\未経験でも稼げる/

クラウドワークス公式サイト

 

【マル秘】未経験からフリーランスとして成功するためのコツ

フリーランスとして成功するためのコツ

これからフリーランスとして働こうとしている場合は以下のコツをおさえておきましょう。

成功するコツ

  • 報連相は24時間以内が基本
  • 納期をしっかりと守る
  • メリハリをつけて働く
  • 思い通りにいかなくても挫折しない
  • 常に目標を定めて働く

ではフリーランスで稼ぐために大切な5つのコツを順番に解説していきますね。

 

コツ1.報連相は24時間以内が基本

フリーランスはすべて自己責任になるので、信頼性を築くことが最重要です。

その信頼性アップにつながるのが連絡のスピード。

連絡が遅ければ仕事が進まなくなるので、信頼度が下がって継続して仕事を任されません。

 

信頼を損なわないためにも、少なくとも24時間以内の返信を心がけましょう。

理想を言うなら1時間以内に返信すると印象もよくなりますよ!

 

コツ2.納期をしっかりと守る

報連相に次いで大切なのが納期を守ることです。

納期に遅れてしまうと一気に信頼性が失われます。

相手を怒らせることになるので、確実に納期までに納品するようにしましょう。

 

もし余裕があれば納期より早く提出するのもおすすめです。

納品を早くすると相手も喜んでくれるので、継続案件の獲得につながりますよ!

ただ、納品物の質が下がると逆効果なので気を付けましょう。

 

コツ3.メリハリをつけて働く

たまの休日に休む女性

フリーランスは自分で仕事の時間を管理することになるので、メリハリをつけて働かないとつらいです。

たとえば、会社で働いていたときのように「9時から12時まで仕事をして昼休憩に入る」などの予定を決めておくと良いでしょう。

 

また、休日は思いっきり体を休めることも大切です。

フリーランスは自分で休みも決められます。

さすがに毎日休むのはよくありませんが、週に1~2日くらいは休んでも良いでしょう。

 

しっかりとコントロールすることで心身ともに整うので、フリーランス業を続けやすくなりますよ。

 

コツ4.思い通りにいかなくても挫折しない

未経験からフリーランスを始める場合は、思い通りにいかないことも多いです。

実際に私も半年程度は思い通りに稼げませんでした。

 

しかし、稼げないからといって挫折するとフリーランスの道は途絶えます。

フリーランスとして成功したいなら、稼げなくてもあきらめてはいけません。

続けることで明るい未来も見えてくるはずです。

 

もし挫折しそうな場合はTwitterで自分と同じ仲間を探すのもおすすめです。

自分と同じ境遇の仲間がいるだけで励みになりますよ。

 

コツ5.常に目標を定めて働く

フリーランスは漠然と働きがちですが、効率的に上達するためには目標が必要です。

たとえば「半年以内に月収10万円目指す」のような目標があると働きやすくなります。

 

より理想を言うのであれば、具体的な目標を立てるのがベストです。

「1文字単価1円の仕事を来月中に取れるようになる」といった具体的な目標があれば、より成長しやすくなります。

目標があるだけで成長速度が上がるので、常に目標を定めながら働きましょう。

 

まとめ.スキルのない人はWebライターでフリーランスを目指すのがおすすめ

Webライターで成功して喜ぶ男性

未経験からでもできるフリーランスにおすすめの職業7選やスキルなしからフリーランスになった私の体験談を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 一番取り組みやすいフリーランスの職業はWebライター
  • Webライターはパソコンがあれば始められてすぐにお金になる
  • スキルを身につけていけばWebライターだけで月20万円以上稼ぐことも可能
  • Webライターで成功したらブログに取り組むのもおすすめ

 

未経験からできてフリーランスを目指せる職業は複数ありますが、中でもWebライターはハードルが低いです。

パソコンの操作スキルがあれば始められて、初心者向けの案件も多数あるので、スキルなしでも初月数千円から数万円は稼げます。

スキルや実績を身につけると20万円以上稼ぐことも可能です。

 

また、Webライターとして成功したら、ブログも同時に進めると良いでしょう。

ブログはWebライターのスキルが必要になりますが、Webライターとして成功しているのであれば成功確率も上がります。

ブログで成功すれば月100万円以上稼げるので、一気にお金持ちの仲間入りができますよ!

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

-フリーランス