会社辞めたい

身内の会社を辞めたいときは退職すべき!家族経営の企業はデメリットだらけ

家族経営の会社
・身内経営の会社に勤めていて正当な評価を得られない...
・好待遇で楽をしている社長の身内の人間が許せない!
・家族経営の会社で勤めるデメリットが多いって本当なの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の要点

  • 身内の会社で働くと5つもデメリットがある
  • 身内の会社を辞めたいと思った場合はすぐに行動すべき
  • 会社を辞めるときに文句を言われたくない場合は退職代行サービスがおすすめ

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「上層部が社長の親戚や親族だらけでまともな評価を受けられない」とお悩みの方へ。

身内経営の会社で働くとデメリットが多いので、正当な評価を受けられない身内経営の会社はすぐにでも辞めるべきです。

 

しかし、退職は大きなイベントなのでなかなか会社を辞める勇気が出ませんよね?

そこで本記事では、身内の会社を辞めたい人が退職すべき5つの理由を解説しています。

身内経営の会社で働くことがいかに危険なことであるのか確認してみてください。

 

最後まで読んでいただくと、身内の会社に居続けるのはやばいことだとわかりますよ!
さっこー

 

デメリット満載!身内の会社を辞めたいときに退職すべき5つの理由

身内の会社を辞めたいと悩む

身内の会社は以下のデメリットがあるので、辞めたい場合はすぐにでも退職した方が良いですよ。

退職すべき理由

  • 身内びいきがひどいから正当な評価を受けづらい
  • 身内以外の作業量が増えるので負担が大きい
  • 会社の私物化で自分も巻き込まれるかも
  • 他の会社で通用するスキルが身につかない
  • ワンマン社長に従うストレスがつらい

では身内経営の会社を退職すべき理由をそれぞれ深掘りしていきますね。

 

理由1.身内びいきがひどいから正当な評価を受けづらい

家族や親戚で上層部を固めている会社は、身内びいきがひどくなりがちです。

たとえば、身内の会社では以下のようなひいきであふれています。

身内びいきの一例

  • 真面目に働いている自分よりサボっている社長の身内の方が評価が高い
  • 身内のミスに対しては寛容なのに身内以外には厳しい
  • コネが上手な人ほど出世している
  • 社長や親戚から嫌われると厳しい扱いを受ける

身内の会社は評価の基準がおかしくなっています。

一般企業の場合はその人の能力や会社への貢献度で評価が決まるでしょう。

 

しかし、家族経営の会社は社長や親戚が偉くて、その次にコネが上手な人、そして最下層が社長に嫌われている人です。

一般企業の評価基準と比べるとまるで別物ですよね?

他の企業では高く評価されるはずが、身内の会社という理由だけで低く評価されるのはおかしいです。

 

正当に評価されない会社で働いていてもストレスがたまる一方なので、会社を辞めたい場合はすぐにでも退職した方が自分のためですよ!

 

理由2.身内以外の作業量が増えるので負担が大きい

仕事に押しつぶされる人

家族経営の会社は「社長が気に入っている」が基準になるので、社長や社長の親族とのコネがある人以外に仕事が割り振られやすいです。

 

健全な企業であればその人の能力に応じた仕事が与えられます。

優秀な人は難易度が高い仕事をして、新人は初心者向けの仕事をするのがふつうです。

 

しかし、身内の会社は基準がおかしいので、好きな人には簡単な仕事、嫌いな人には難しい仕事を割り振ります。

上層部に気に入られている人は楽ですが、嫌われている人からするとたまったものではありませんよね?

 

自分の能力では対応できない仕事を任され、失敗すると怒られるのですよ。

かといって社長のせいにするのも逆効果で、余計に嫌われるだけです。

 

このような理不尽がまかり通っているのが、家族経営の恐ろしいところです。

理不尽な会社で働いていると「もう限界だから辞めたい」と考えるのはふつうのことだと言えますよね。

 

理由3.会社の私物化で自分も巻き込まれるかも

身内びいきがひどい会社の場合は、会社を私的に利用することがあります。

たとえば社長の個人的な買い物を任されたり、子供の送迎を任されたりします。

 

まったく仕事とは関係ないことを任されても「いや、知らんわ」ですよね?

しかし、社長の命に背くと嫌われて、よりひどい処分を受けます。

結果的に従うしかないという本来ならあり得ない状況に陥ってしまいます。

 

また、ブラック企業だと脱税や横領などの犯罪に手を染めていることもあるようです。

犯罪を犯すブラック企業に勤めていると、あなたも犯罪者として扱われる危険性があります。

人生が詰む前に、悪質なことをする会社とは縁を切りましょう。

 

理由4.他の会社で通用するスキルが身につかない

スキルがなくて仕事ができない

身内経営の会社はコネの有無で評価基準が決まるので、他の会社に転職した時に通用しません。

たとえば社長のご機嫌を取って出世しても、人を持ち上げるスキルがあるだけです。

技術的なスキルは一切身につかないので、他の会社に転職したときに「今まで何をしていたんだ」と思う可能性があります。

 

一生涯、身内の会社で働く場合は良いですが、必ずしも会社が倒産しないとは言えません。

倒産した結果、自分の能力の低さが原因で転職にも苦労します。

苦労の多い人生を送りたくなければ、すぐにでも身内の会社を辞めてスキルを身に付けた方が良いですよ!

あわせて読みたい

 

理由5.ワンマン社長に従うストレスがつらい

身内が経営する会社は社長の意向ですべてが決まります。

結果的にワンマン社長の会社になって、健全な経営は行われません。

 

特に能力が低い社長の下に就くのは苦労の連続です。

パワハラやセクハラをしてきたり、よく理解していないのに仕事に口をはさんできたりします。

こちらの思い通りに仕事が進まないのはストレスが大きいです。

しかし、ワンマン社長の言い分に従わないと、自らの地位が危ぶまれます。

 

また、ワンマン社長の後継者は息子が引き継ぐことが多いです。

息子が引き継いだら会社も変わると思いがちですが、ワンマン社長の意志を引き継いでいます。

ちょっとした変化はあるかもしれませんが、根幹の部分は変わりません。

 

いずれにしろ身内経営の会社で働くのはデメリットが大きすぎます。

評価基準がおかしい家族経営の会社は、今後のためにも辞めた方が良いでしょう。

 

身内の会社で働くたった1つのメリット

身内の会社で働くメリット

身内が経営する会社で働く唯一のメリットは、社長に気に入られさえすれば好待遇が約束されているところです。

 

身内の会社は基本的に上層部も家族や親戚のような身内で固める傾向があります。

上層部の中には、社員の給料を操作する権限を持っている人もいます。

つまり社長を含め、上層部の全員に気に入られると勝ちです。

 

口八丁手八丁が得意な人からすると、身内の会社は最高の環境と言えるでしょう。

しかし、評価を操作しやすいという反面、身内経営の会社はあまりにもデメリットが多いです。

総合的に判断すると、身内びいきがひどい家族経営の会社を退職して、正当な評価を受けられる転職した方が圧倒的に良いと言えます。

 

身内の会社を辞めたいときのポイント

身内の会社を辞めたいときのポイント

身内の会社を辞めたい場合は、以下のポイントをおさえましょう。

ポイント

  • 辞めたいと思ったらすぐに行動する
  • 退職理由はでっちあげる
  • 甘い言葉に惑わされずにハッキリと断る
  • 何をされても気にしない強い気持ちを持つ

続いて4つのポイントをそれぞれ見ていきますね。

 

ポイント1.辞めたいと思ったらすぐに行動する

会社を辞めたいと思ったその瞬間に行動するのがベストです。

身内の会社で得られるものは少ないので、会社に在籍するほど時間の無駄となります。

 

ただでさえ身内の会社で無駄な時間を過ごしてスタートが出遅れているのに、これ以上遅れるわけにはいきませんよね?

年齢を重ねるにつれて転職にも苦労するので行動は早い方が良いです。

 

ちゅうちょしている間に、どんどん自分の首を絞めていることを忘れてはいけませんよ!

 

ポイント2.退職理由はでっちあげる

退職理由は都合の良いものを選んだ方が良いです。

おそらく身内経営の会社を辞めたい本音は、以下のものだと思います。

会社を辞めたい本音

  • 社長や社長の親族がうざい
  • 理不尽な目にあっている
  • 社内の評価システムがおかしい

 

しかし、本音をそのまま伝えると問題が発生します。

社長に自分の親戚や親族の悪口を言っているようなものなので、ほぼ100%もめるでしょう。

 

トラブルなく辞めるためにも、以下のような退職理由を言った方が無難です。

おすすめの退職理由

  • 退職してチャレンジしたいことがある
  • 家族の介護が必要になった
  • 家業を継ぐことになった

これらの理由であれば、大きなトラブルを起こさずに辞められるでしょう。

 

ポイント3.甘い言葉に惑わされずにハッキリと断る

退職の引き止めを断る

社長に会社を辞めたいと伝えると「給料アップするからもう少しだけ残ってくれないか」と言われる可能性もあります。

「給料が上がるのなら残ってもいいかな」と思いがちですが、その思考は危険です。

 

悪質な会社で働いても給料しか得られませ

仮に他の会社に転職するとなっても、能力不足のせいで役に立たないでしょう。

将来のことを考えると目先の利益は捨てて、甘い言葉はお断りした方が良いですよ!

 

ポイント4.何をされても気にしない強い気持ちを持つ

会社を辞めたいと伝えると、退職日まで職場で嫌がらせが発生するかもしれません。

明らかに1人ではこなせない仕事を任されたり、厄介な仕事ばかりを割り振られたりする可能性があります。

 

このような悪質な嫌がらせを受けるとストレスがたまりますが、最後の我慢です。

あと数か月で縁を切れるので、強い気持ちで乗り切りましょう。

 

とはいえ、社長や親戚からの嫌がらせを受けるのはごめんですよね?

つらい現状から今すぐにでも解放されたい場合は退職代行サービスを利用しましょう。

 

身内の会社を辞めたいときに退職代行を利用するメリット

退職代行

身内の会社を辞めたい人が退職代行サービスを利用すると以下のメリットがあります。

退職代行のメリット

  • 社長から何も言われずに退職できる
  • 即日退職できるので会社を辞める日まで我慢しなくてよい
  • 引き止めにあうこともない
  • 退職理由を考える必要がない

 

退職代行は業者が退職の伝達を代行してくれるところが魅力です。

自分で社長と退職を相談する必要がないので、引き止めや退職理由のでっち上げも必要ありません。

 

さらに退職代行は即日退職に対応しています。

今日連絡すれば明日からは出社しないという離れ業も可能です。

 

「今すぐにでも会社を辞めたい

「社長との交渉が面倒だ」という場合は退職代行を使ってみると良いでしょう。

あわせて読みたい

 

身内の会社を辞めたいときにおすすめの退職代行サービス

退職代行を利用するに当たって、実績・運営歴ともに優れたおすすめのサービスが2社あります。

安心して退職を任せたい場合は、以下のサービスのいずれかを利用するのがおすすめですよ!

 

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの退職代行サービス

みやびは弁護士が務める退職代行です。

弁護士なので退職成功率が100%で、トラブルがあった際にも法律を持って対応してくれます。

弁護士を味方に付けられるので、最強になった気分を味わえるのが魅力です。

 

また、みやびを利用することで以下のメリットもあります。

ポイント

  • 確実に退職できる
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 金銭的問題や法律の問題にも対応できる
  • 即日退職もできる
  • 退職金・未払い金・残業代の請求に対応してくれる
  • 全国の利用に対応している
  • 無料相談で気軽に話を聞ける
  • 料金は最低55,000円から

 

料金が高いですが、幅広く対応してくれるのが優秀です。

損害賠償の請求もできるので、パワハラを受けている方はぴったりですね。

「確実に退職したい」

「退職を機に会社へいろいろ請求したい」という方におすすめですよ!

弁護士法人みやびのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

弁護士法人みやび公式サイト

 

退職代行SARABA

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

退職代行歴が長く、運営歴が10年以上なので安心して任せられるのがメリットです。

あわせて読みたい

 

また、SARABAには以下のメリットもあります。

SARABAの良いところ

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 料金が一律24,000円
  • 有給の交渉が可能(有給消化の成功率98%)
  • 退職金・残業代を請求できる
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある

 

みやびと違って法律が絡む問題には対応していませんが、料金が安くて会社と交渉もできるのがSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

まとめ:身内の会社は辞めてリスタートしよう!

身内の会社は辞めてリスタート

身内の会社を辞めた場合はすぐにでも退職した方が良い理由や辞める際のポイントを紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 身内経営の会社は正当な評価を受けられずスキルも身に付きづらい
  • 早めに退職しないと転職したときに通用しない可能性もある
  • 身内経営の会社を辞めたい場合はすぐに行動することが大切
  • 即日で辞めたい場合は退職代行に頼るのもおすすめ

 

家族や親戚が経営する会社は「社長と仲が良い」が職場での基準になってしまいます。

一般企業とは基準が異なるので優れた実力を持っていたり、作業量をこなしたりしても正当な評価を受けられません。

 

働いていてもつらいだけなので辞めたいと思うなら、一刻も早く退職すべきです。

退職する際には退職理由を考えたり、引き止めにあったりする可能性もありますが、最後だと思ってがんばりましょう。

 

もし「もうがんばれない」「会社から嫌がらせを受けている」場合は、退職代行サービスを利用するのも一つの手段ですよ。

\24時間無料相談受付中/

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻なケースもありえます。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
最大28か月分の失業保険!退職コンシェルジュの特徴や使い方を徹底解説

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-会社辞めたい