さっこーのプロフィール!絶望の日々から毎日が楽しいと思えるようになるまで

さっこーのイラストどうもこんにちは!サイト管理人のさっこーと申します。

私は以前会社に3年勤めていましたが、「この会社で働いて良かった」と思ったことは3年間で一度たりともありませんでした。

 

たとえば私は以前勤めていた会社で、

  • 無駄な話し合いに腹が立つ(早く帰らせろ!)
  • 毎日同じ時間に出勤するのが謎
  • ウザイ上司と顔を合わせるのも嫌(なんなら挨拶もしたくない)

といった経験をしました。

 

このように考えている人は多いのではないでしょうか?

特に新卒は社会の仕組みを理解していない方も多いと思います。

この段階で頑張る方もいるかもしれませんが、私の場合は辛すぎて最終的には退職代行サービスを使って退職しました。

 

新卒で3年勤めた結果、無駄な時間を過ごしたと判明

会社に絶望する男性私は大学を卒業後工場勤務をしました。

 

大学では経済学部でしたが、特にやりたいこともなかったので、

  • 家の近くにある会社
  • 話すのが苦手
  • 休日もそこそこ多い(年間休日110日程度)

といった条件だけで会社を選びました。

 

今考えてみるとこの段階で失敗していたのかもしれません。

もっと真剣に自己分析しておけばとも思います。

まあ、会社で働くことをやめた今となっては関係ないことですけどね(笑)

 

まず入社3か月で退職したいと思った

いざ就職してみるといきなり辛かったです。

慣れない作業や上司との人間関係など辛いことのオンパレードでした。

 

そのうえ手先が器用ではないので最初のうちは非常に苦労しました。

そのせいで上司に怒られるなど散々な結果です。

すでに入社3か月で退職したかったですが、ネットを見ると新卒は最初の方に苦労するのが普通と書かれていたので「そんなものか」と思い働き続けました。

 

しかし、入社3か月で辞めておけば良かったです。

もし入社3か月で辞めたいと強く感じている場合は、個人的にはやめた方が良いと思います。

 

なぜなら3年間働き続けましたが「この会社で良かった」と思ったことが一切ありません。

この段階で退職すれば精神的に辞めやすかったので、心が追い詰められて退職代行サービスを利用することはなかったでしょう。

 

入社3か月で退職しなかった後悔

技術的な面は1年経過するころから問題なく働けるようになったのですが、そこから上司との対立が始まります。

ほとんどいじめらるような怒られ方をしました。

 

たとえば「障害者か!」「なぜこんなこともできないの?」など普通に見ればパワハラです。

なぜ「こんな性格がイカれている人間を雇い続けるのか」会社に対する不信感が異常に増しました。

 

そこから2年たちましたが、人間関係が改善されることは一切ありません。

しかもパワハラはさらにエスカレートして、毎日が辛すぎました。

 

たとえば金曜日の仕事終わりにはテンションが上がりますが、日曜にはテンションがガタ落ちするという、そう鬱状態のようになっていました。

それ以外は辛い時間だったので、私の心が本当に休まる日は金曜日の仕事終わりから、土曜日に寝るまでの時間です。

これがいわゆる花金なのかとも思いましたが、違いますよね。

 

入社3年で精神的に限界を迎えて退職代行サービスを利用

こんな感じで3年間働きましたが、ついに退職したいと非常に強く感じるようになります。

しかし、いざ退職を上司に伝えようとしても

「退職を伝えるといじめがひどくなるのではないか」

「周りの人から何か言われるのはいやだな」

などと考えてしまい、なかなか伝えられず精神的に追い詰められていきました。

 

そのため、体が壊れるか精神的にやられるかのどちらかだと絶望。

そんな死をも覚悟したときに退職代行サービスの存在を知ります。

 

退職代行サービスを使うだけであっさり辞められるというではありませんか!

私の場合は退職代行EXITを使ったので5万円でしたが、5万円で会社から解放されるなら安いと思い利用。

すると本当に会社に行くこともなく退職できたので感動しました。

 

正直、退職代行サービスの存在を知らないままだと自殺していたかもしれません。

退職代行サービスは私を救ってくれました。

ちなみに私が退職代行EXITを使った時の体験記はこちらで記しているので、会社に絶望している人は参考にしてください。

【退職代行EXITの体験談】利用してわかった3つのメリット・デメリットとは?

 

退職後は完全未経験なのに無謀にもフリーライターになることを目指す!

WEBライターとして働く人

退職した後は他の会社に行くことも考えました。

しかし「またパワハラに遭うかもしれない」と考えると怖すぎました。

そこでいろいろ調べてみるとクラウドワークスなら在宅で稼げることが判明。

 

会社から解放されるならやってみる価値はあると思い早速利用を開始しました。

クラウドワークスにはデザイナーや編集者などいろいろな職業がありますが、私の場合はライティングに決めました。

というのも、私は学生時代に何かスキルを習得していたわけではありません。

 

パソコンもネットサーフィンできる程度で、正直WordやExcelの操作も怪しいくらいでした。

そのため、プログラミングやデザイナーなどの複雑な要素がなさそうなWEBライターを選択。

 

さらにブログを運営すれば会社員時代の倍以上稼げると知ったことも大きかったです。

そんなわけで早速クラウドワークスで仕事を開始しました。

ただ、世の中そんなに甘くありませんでした。

 

クラウドワークスを始めたけど、たったの時給300円で絶望

クラウドワークスを始めましたが、最初の方は時給300円以下でした。

ライティングスキルが全くないので、なかなか仕事ももらえず、もらった仕事も異常に単価が安かったです。

 

副業でするなら良いかもしれませんが、本業の場合は生きていけませんよね?

仮に10時間働いても自給300円なら3000円です。

毎日3000円稼げば、ひと月で9万円もらえるので何とかなりますが、どう考えても辛すぎます。

 

ちなみに以下の画像は、1~2月に私がクラウドワークスで稼いだお金です。

このように正直安すぎて生きて行けない方な金額ですよね。

やはり会社で働くしかないのかと絶望しました。

 

しかし会社で働くのは何があっても避けたかったので、毎日頑張りました。

すると徐々に給料が上がってきました。

 

クラウドワークスを始めてから半年で約20万円

半年たつ頃には約20万円稼げるようになりました。

正直、大型案件に携われたのが大きかったです。

4000文字の記事で7500円という高単価案件を獲得できたので、それをひと月に20~30記事やって約20万円もらえました。

 

20万円と言えば会社員時代とほとんど変わりません。

自宅で20万円稼げたのでかなり興奮しました。

やってきて良かったと心の底から思った瞬間ですね。

 

ノースキルから月20万も稼げるようになったのは会社に勤めていたからだと思います。

なぜなら「会社で絶対に絶対に働きたくない」というマインドが身に付いたからです。

 

在宅ワークで辛くなるたびに、それをはるかに上回る会社での辛い過去を思い出しました。

このマインドがなければ挫折して会社に戻って、毎日辛い思いをしたかもしれません。

まあ、それ以外の部分で会社にいて良かったという気持ちはありませんけどね。

クラウドワークスで稼ぐノウハウを見る

 

現在は会社に行くことなく快適に生活中!

会社から解放されて自由になる男性

現在はクラウドワークス以外にブログでも稼いでいます。

上司に怒られることもなく、朝は好きな時間に起きて作業するという、会社時代とは真逆の生活を送っています。

 

ほぼストレスがないので、明日が来てほしくないと思ったことはありません。

むしろ毎日が楽しいです。

会社に勤めていたらこんな人生を送れなかったでしょう。

 

さいごに、これを読んでいるあなたへ

このプロフィールを読んでいる方の中には、私と同じように会社に絶望している方も多いと思います。

  • 上司がうざすぎて精神的に辛い
  • 会社を辞めたいけど他の会社に転職するのも嫌
  • 会社なんてどこも同じだ
  • スキルがないから会社から逃げられない

こういった悩みを持っているかもしれませんね。

 

逆に、会社の日々が楽しいという方はこのブログを読む必要がありません。

会社で働くのは素晴らしいことなのでぜひ頑張ってください!

 

当ブログのテーマは「とにかく今すぐ辛い会社を退職して、すぐに稼ぐ方法」です。

テーマに沿って、このブロブでは以下のことを紹介する予定です。

このブログで紹介すること

  • 退職代行サービス
  • ノースキルから稼ぐためのライティングスキル
  • クラウドワークスで稼ぐ方法
  • ブログの運営方法

「もう会社で働きたくない」というマインドがあれば、私のようにノースキルでもスキルを身に付けて生きて行けるはずです。

私の場合は半年かかりましたが、このブログで紹介するノウハウを生かせばもっと早く稼げるかもしれません。

 

ぜひ当ブログを参考にして、会社での絶望から抜け出し、幸せな日々を掴み取ってください。

そうすれば毎日が楽しいと思えるはずですよ。

 

最後までありがとうございました!

ブログのトップに戻る