Webライター

Webライターのリライト業務って何?やり方や注意点を完全網羅!

Webライターのリライトとは
・案件を探しているとたまに「リライト」ってあるけどどんな仕事なの?
・依頼人からリライトしてほしいと言われたけどやり方がわからない!
・リライトはどうすれば成功なの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • リライトは記事を更新して検索上位に上げるのが主な目的
  • リライトする際は検索上位の記事を見て、不足部分を加筆するのが基本
  • ライティングの際はSEO効果やオリジナル要素を加えると効果的
  • Webライターのリライト業務では絶対に「パクリ」はNG

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターのリライトって何?通常のライティングとは何が違うの?」とお悩みの方へ。

Webライターの仕事を探していると「リライト」という案件がたまにありますよね?

同じ「ライティング」という枠にカテゴライズされていますが、どんな仕事なのかわからないでしょう。

 

そこでこの記事では、Webライターにおけるリライト業務が何を意味するのか紹介していきます。

リライトする際に意識すべき7つのコツややり方、注意点も解説しているので参考にしてください。

最後まで読んでいただくと、Webライターのリライト業務を理解した状態で作業できるようになりますよ!
さっこー

 

目次

Webライターにおけるリライト業務とは「情報を更新する作業」

リライト業務とは「情報を更新する作業」

Webライターのリライトとは、既存の記事を書き直すことを意味します。

書き直す方法は案件によって異なり、たとえば以下のリライト案件が多いです。

リライトの内容
  • 記事の内容を更新する
  • わかりやすいように書き換える
  • 不足している情報を書き足す
  • 読者層に適した内容に変える
  • SEO効果を強化する

 

このように、ひと言でリライトと言っても内容が異なります。

案件を受ける際は、どんな意図を持ったリライトなのかクライアントに聞いておきましょう。

内容こそ異なるリライトですが、基本的な役割は同じです。

 

Webライターのリライトには2つの役割がある

リライト業務の役割は以下の通りです。

リライトの役割
  • 読者満足度の高い記事にする
  • SEO効果を上げて検索順位を上げる

 

リライト業務における最大の目的は「検索順位を上げて収益率を上げること」です。

検索上位とは

Googleのような検索エンジンを使って特定のキーワードで検索したときに、自分の記事が上位に表示されること。

検索上位のイメージ

 

検索順位が上がると読者が増えるので、記事内の商品が売れやすくなり、結果的に収益へとつながります。

検索上位へ上げるためには、記事の品質アップやSEOが必須です。

SEOとは

検索エンジン最適化のこと。
わかりやすくいうと、記事を検索上位に上げるための施策。

 

そこで既存の記事を書き直して、検索上位を狙うというのがリライト業務です。

通常のライティング業務とすべきことは違いますが、「質の高い記事を書く」という本質は変わりませんね。
さっこー

 

【要注意】リライトとパクリは別物

リライトとパクリは別物

リライトと聞いて勘違いする人が多いですが、パクリとはまったくの別物です。

  • リライト:記事を書き直すこと
  • パクリ:他記事の内容をそのまま書き写すこと

 

リライトは他記事の内容を自分なりに解釈して書く仕事です。

一方でパクリは他記事の内容をそのままパクることを意味します。

「パクる」と聞けばなんとなく悪い雰囲気がありますが、Webライターにおけるパクリは最悪の行為なのでしてはいけません。

 

パクリをするWebライターはクズ

パクリは著作権法に違反する行為です。

仮にパクリが発覚するとWebライターとしての信頼性が地に落ち、今後仕事してもらえることはありません。

 

中には「自分の記事じゃないから別にパクっても良いのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、パクリ記事を公開したクライアントから損害賠償を請求される可能性もあります。

 

いずれにせよWebライターにおけるパクリはクズ行為です。

リライトする際は十分に気を付けて執筆しましょう。

「リライトしたつもりがパクリ記事になっていた」とならないためにも、正しいリライトのやり方を覚えましょう。
さっこー

 

Webライターがリライトする際の正しいやり方

リライトのやり方

Webライターのリライトは以下の流れで行うのがおすすめです。

リライトの正しいやり方

  • 1.クライアントからリライトの意図を聞き出す
  • 2.一度既存の記事を読み直す
  • 3.検索上位の記事をチェックする
  • 4.参考記事を読んで既存記事の不足を補っていく
  • 5.執筆後にズレが生じていないか読み直す
  • 6.コピペチェックして一致率を50%以下にする
  • 7.クライアントへ提出する

では具体的なやり方を7つのステップに分けて見ていきますね。

 

ステップ1.クライアントからリライトの意図を聞き出す

Webライターの仕事でリライトする場合、まずはリライトの意図を聞き出しましょう。

 

リライトにはさまざまな意図があるので、最初に聞いておかないと何を書けば良いのかわかりません。

適当に書くと修正をくらうので、執筆前に聞いておくのがベストです。

リライトの意図は基本的にクライアント側から提示してくれるので、その通りに書けばOKですよ!
さっこー

 

ステップ2.一度既存の記事を読み直す

記事に目を通す

リライト案件を受注したあとは、書き直す記事に一度目を通しておきましょう。

 

前もって記事をチェックしておくことで以下のメリットがあります。

リライト前に記事をチェックするメリット
  • 追加すべき情報が明確になる
  • その記事に合わせた文章を書きやすくなる
  • 記事のテーマが頭に入ってスムーズに執筆できる
記事に目を通すと効率的に作業が進むので、ザっとでも良いので読んでおくのがおすすめです。
さっこー

 

ステップ3.検索上位の記事をチェックする

リライト案件の記事を読んだ後は、その記事のキーワードを使ってGoogle検索しましょう。

そして検索1~10位の記事をチェックしていきます。

 

記事のチェックは通常の記事執筆と同じなので問題ないでしょう。

他記事のチェックすべきポイント
  • 既存の記事と他記事の情報が一致しているかどうか
  • 記事内で何について解説しているか
  • 見出しやタイトルのフレーズ
検索上位を狙うなら、他記事のことを網羅的におさえるのがポイントですよ!
さっこー

 

ステップ4.参考記事を読んで既存記事の不足を補っていく

記事の不足箇所を埋める

他記事を読んで書くべきことをまとめたら、リライトへ移ります。

リライトする際は以下のポイントをおさえましょう。

リライトのポイント
  • この記事では書いていないが、他記事で書いていることを含める
  • 既存の記事に書き方を合わせる(例:語尾を統一させる)
  • 古い情報を新しくする
もちろんコピペはNGなので、しっかりと自分の言葉で書いてくださいね。
さっこー

 

ステップ5.執筆後にズレが生じていないか読み直す

執筆が終わったら最後に記事を見直しましょう。

を見直す際は「既存の部分とリライトの部分に違いがないかどうか」を要チェックです。

 

ステップ6.コピペチェックして一致率を50%以下にする

コピペ率を50%以下にする

記事を見直して問題ない場合はコピペツールを使って一致率を確認しましょう。

一致率が50%以上だとコピペに該当するので注意が必要です。

どうしてもコピペ率が下がらない場合は「リライトに役立つツール」を使ってみましょう。

 

ちなみに、クライアントによっては「一致率を40%未満にすること」と要求してくることもあります。

リライト案件で一致率を40%未満に下げるのは骨が折れるので、個人的にはあまりおすすめしません。

依頼を受ける前に必ずチェックしておきましょう。

 

ステップ7.クライアントへ提出する

コピペチェックをクリアしたら納品してください。

納品はWord形式やGoogleドキュメント、WordPress入稿などがあるので、わからない場合は依頼人に聞きましょう。

 

【品質アップ】Webライターがリライトする際のポイント

リライトのポイント

Webライターのリライト業務をよりハイレベルなものにしたい場合は、以下の要素を取り入れましょう。

リライトのポイント

  • SEO効果を高める
  • オリジナル要素を加える
  • 読み手の知識量に応じて執筆する
  • 難しい言葉や表現は避ける
  • 参考記事よりわかりやすく解説する
  • 一文の長さを70字以内にする
  • 情報を最新のものに変更する

 

上記のポイントを加えるとリライトのレベルが格段に上がります。

Webライターの執筆でも役立つので、ぜひ取り入れてみてください。

では具体的なやり方を7つのポイントに分けて解説していきますね。

 

ポイント1.SEO効果を高める

リライトの際はSEOの要素を忘れてはいけません。

そもそもリライトは検索上位に上げるために行うので、検索順位upに効果的なSEO要素は必須です。

 

具体的には以下のSEOライティングを意識しましょう。

SEOライティングの基礎
  • タイトルにキーワードを入れる
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 文中にキーワードをちりばめる
  • キーワードの共起語を文中にちりばめる
SEOの知識に不安がある場合は、ライティング本やオンラインスクールで勉強しましょう。
さっこー

 

ポイント2.オリジナル要素を加える

オリジナル要素を足す

リライトで検索上位を狙う場合はオリジナル要素を加えましょう。

 

Webライターの仕事で調べているとわかると思いますが、キーワードによってはどの記事も同じことを書いていることがありますよね?

同じ内容を自分の記事で取り入れても、他記事と差別化を図れません。

そのうえ、読者に対して「また同じことを解説している」と思われて記事を離脱されます。

 

検索上位を狙うなら、他記事では書いていないオリジナル要素を加えましょう。

オリジナル要素は体験談だとなお良いですが、それ以外でも問題ありません。

「このキーワードならこれについても知っておいた方が良いかな」という要素を調べて加えましょう。

 

ポイント3.読み手の知識量に応じて執筆する

リライトでは読み手の知識量に応じて解説内容を変えるのもポイントです。

 

たとえば「Webライター 月20万円」というキーワードで執筆するとしましょう。

このキーワードの読者は、

  • Webライターで月20万円稼ぐ方法を知りたい
  • Webライターの収入をもっと伸ばしたい

などと考えています。

 

知識量については「Webライターのことは理解していて、収入をもっと伸ばすコツを知りたい」状態です。

ある程度Webライターのことについて知っている人に対して、

  • Webライターとは
  • Webライターの仕事内容とは

といった初歩的な解説は必要ありません。

 

このようにキーワードによって読者の知識量はある程度決まっています。

もし記事の中身と読者の知識レベルが合っていない場合は、情報を加えたり削除したりしましょう。

少し上級者向けのテクニックですが、これをできるようになるとWebライターの能力が飛躍的に向上しますよ!
さっこー

 

ポイント4.難しい言葉や表現は避ける

難しい言葉はNG

Webライティングの際に難しい言葉を使うのは避けましょう。

読者は難しい言葉を見ると嫌気を指し、「もっとわかりやすく解説している記事はないのかな」と記事を離脱してしまいます。

 

よほど専門的な内容でない限り、難しい言葉や専門用語を使うのは避けましょう。

記事の流れ上、どうしても専門用語を使う場合は補足として意味を解説しておくのがポイントですよ!
さっこー

 

ポイント5.参考記事よりわかりやすく解説する

読者はよりわかりやすい記事を求めているので、記事をわかりやすく書くことはWebライティングの基本です。

参考記事よりわかりづらいとその記事に読者が流れるので、「どの記事よりもわかりやすく」をテーマに執筆しましょう。

 

具体的に言うと以下の要素を取り入れると記事がわかりやすくなりますよ!

わかりやすい記事の書き方
  • 難しい言葉を使わない
  • わかりづらいところはイラストで図解する
  • ライティングの際はPREP法を用いる
  • 具体例をたくさん入れる
  • スムーズに読める見出しの順番を意識する

 

ポイント6.一文の長さを70字以内にする

一文は短くする

リライトの際に長い文章を見つけたらコンパクトにしておきましょう。

長い文章は読みづらく、離脱率の向上につながります。

 

最近ではスマホでネット記事を見る人も増えてきていて、スマホ用に記事を書くことが大切です。

スマホの場合、パソコンと違って画面が小さいので、一文が長いと読みづらく感じてしまいます。

一文が長い文章一文が短い文章

 

このように文章が長いと文字が詰まって見えるのでわかりづらいです。

読みづらい記事は読者が離れていくので、なるべく一文を70字以内におさえましょう。

 

ポイント7.情報を最新のものに変更する

リライトの際はクライアントから言われなくても情報を新しくするのが基本です。

たとえば商品紹介系のサービスだと、時期によって値段がよく変わります。

 

情報が古いままだと読者を混乱させ、場合によっては「この記事は情報が古いから参考にならない」と思われます。

読者満足度を上げるためにも、情報は常に最新の状態にしておくのがベストです。

 

WebライターのリライトでしてはいけないNG行動

リライトのNG行為

Webライターのリライトには品質を上げるポイントが存在しますが、逆に以下の行動はNGです。

リライト時のNG行動

  • 引用のルールを知らずに記事をパクる
  • 参考記事の言葉を言い換えて書く
  • ひとつのサイトしかチェックしない
  • 情報の真偽を確認しない
  • 余計な内容を加える

上記の要素を加えてしまうとリライトの質がグッと下がります。

せっかくのリライトを無駄にしないためにも、以下で紹介するNG行動を確認しておきましょう。

 

NG例1.引用のルールを知らずに記事をパクる

Webライティングしていると引用するケースもあります。

「引用」と聞くとパクリと同じに思えますが、引用の場合はルールさえ守ればそのままパクっても問題ありません。

しかし、ルールを守らず引用してしまうと、それはパクリになってしまいます。

 

苦労して書いた記事をパクリ認定されないためにも、引用する際は以下のルールを守りましょう。

引用のルール
  • 記事と引用箇所に関連性がある
  • 記事内の文章と引用箇所がひと目でわかる
  • 引用の文章をいじらない
  • 記事全体の文字数に対して引用箇所2割以下におさまっている
  • 引用先が明らかになっている

 

引用部分が記事全体の2割以下で、以下のように引用すればOKです。

引用例

 

NG例2.参考記事の言葉を言い換えて書く

言葉を言い換えるリライトはNG

言葉を言い換えただけのリライトはNGです。

他記事の文章

退職代行を利用すると自分の代わりに退職を伝えてくれます。
ストレスなく退職できるのが大きなメリットです。
その一方で、本来は発生しない退職代行料金を支払う必要があるので気を付けましょう。

言葉を言い換えただけの記事

退職代行は退職意思を代わりに伝えてくれるサービスです。
自分で伝えずに退職できるので、ストレスが発生しません。
ただ、退職代行費用が発生するので注意が必要です。

 

上記のような文章はタダの言い換えにしかすぎません。

焼き回しのようなものなので、リライトによる効果は微妙です。

 

記事を参考にするのは良いですが、そこにプラスアルファの情報を加えるようにしましょう。

理想的なリライト

退職代行は退職の意思を代わりに伝えてくれるサービスです。
自分で伝えずに退職できるので、ストレスが発生しません。
たとえば上司が高圧だと退職を伝えられませんよね?
そんな時に退職代行に相談すれば、あっさりと解決します。

しかし、退職代行費用が発生するのがデメリットです。
とはいえ3万円程度を出すだけで地獄の日々から解放されます。
「3万円出して自由を手に入れるか、地獄の日々を送り続けるのか」と考えれば、どちらを選ぶべきなのかは明白ですよね。

上記のようなライティングができると、Webライターの稼ぎで困ることはありませんよ!
さっこー

 

NG例3.ひとつのサイトしかチェックしない

リライトする際は検索上位の記事をひと通りチェックするのが基本です。

ひとつのサイトを参考に執筆すると以下のデメリットがあります。

ひとつの記事を参考に書くデメリット
  • コピペ率が上がりやすい
  • 内容が似る
  • 情報の正確性に欠ける

 

参考記事が少ないとデメリットしかないので、最低でも検索上位の記事はすべてチェックすべきです。

記事をすべてチェックするのは面倒ですが、少なくとも記事内で何を書いているのかだけでもチェックしておきましょう。
さっこー

 

NG例4.情報の真偽を確認しない

情報の真偽を比べる

リライトの際は正しい情報だけを書くことが大切です。

ウソの情報は読者を混乱させるので、記事の質を下げてしまいます。

 

特に注意すべきなのが「他記事に書かれていることが正しいとは限らない」ということです。

検索上位の記事は比較的信頼性が高いですが、中には情報が古かったり誤った情報を書いていたりします。

そのため検索の際は一次情報を利用することが大切です。

 

NG例5.余計な内容を加える

リライト業務でもっともやりがちなミスが「余計に文章を増やすこと」です。

文字数が増えると検索順位が上がりやすくなりますが、必要な情報を書いた場合に限ります。

 

たとえば、Webライターの稼ぎ方を紹介する記事で、おすすめのスクールを紹介するのは問題ありません。

しかし、ブログの稼ぎ方を紹介するのは検索意図から外れています。

 

キーワードに関係ないことを書くと読者が「この記事は自分に役立たない」と感じてしまいます。

リライトする際は文字数にこだわるあまり無駄なことを書きがちですが、無関係なことを書くのは避けましょう。

 

リライトに役立つWebライティングツール5選

Webライターがリライトする際は以下のツールを使うのがおすすめです。

※左右にスクロール可能

ツール名 役割 料金
Copy Content Detector コピペチェック 無料
ラッコキーワード 関連ワード検索 無料
サクラサクラボ
SEOツール
共起語検索 無料
シソーラス 類義語検索 無料
文賢 日本語校正 月額:2,178円
初期費用:11,880円

※サービス名を押すと公式サイトにジャンプ

 

無料で利用できるものが多いので、ライティングの際は一度試してみてください。

では各ツールにどういった特徴があるのか簡単に紹介していきますね。

 

コピペチェックツール:Copy Content Detector

CopyContentDetector

Copy Content Detectorは記事のコピペ率を検査できるツールです。

リライトする際は必須のツールとなっているので必ず利用しましょう。

 

ちなみに類似率・一致率が黄色で表示された状態で納品してもリテイクをくらいます。

必ず青色の状態で納品するようにしましょう。

\有料級の精度を誇る無料ツール/

CCD公式サイト

 

関連ワード検索ツール:ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードはそのキーワードに関する関連語を調べられるツールです。

たとえば「Webライター」で入力すると「Webライター 初心者」「Webライター 稼ぎ方」などが表示されます。

キーワードに対する関連語を入れるとSEO効果が上がるのでおすすめです。

\一瞬で関連語を調べられる/

ラッコキーワード公式サイト

 

共起語検索ツール:サクラサクラボSEOツール

サクラサクラボSEOツール

サクラサクラボSEOツールは共起語を検索できるツールです。

共起語とは

特定のキーワードが使われた場合、一緒に使われることが多いキーワードのこと。

 

共起語を文中に含めることで情報の網羅性がアップし、結果的にSEO効果が上がります。

リライトの際は違和感のない範囲で含めると良いでしょう。

\大量の共起語を一気に調べられる/

サクラサクラボサイト

 

類義語検索ツール:シソーラス

シソーラス

シソーラスは類義語を調べるツールで、主にコピペ率を下げるときに役立ちます。

 

リライトしていると、どうしても既存の記事とかぶってコピペ率を下げづらいです。

そこでコピペ判定されている言葉を別の言葉に置き換えてみましょう。

別の言葉を使うことでコピペ判定から逃れ、コピペ率が低下しますよ!

\コピペ率の低下に役立つ/

シソーラス公式サイト

 

日本語校正ツール:文賢

文賢

文賢は有料の日本語校正ツールです。

ほかのツールと違ってお金がかかりますが、お金をかけるだけの価値があります。

文賢の校正項目
  • 文章の読みやすさ
  • 文章のわかりやすさ
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用
  • 誤字脱字
  • 重複表現
  • 冗長表現
  • スマホやパソコンなど環境別の見え方
  • 表記ゆれ
  • 独自のチェックリスト追加機能
  • 漢字の開く・閉じるチェック

このように、あらゆる部分をチェックしてくれます。

 

さらに、オリジナル表現をデータベースに加えて、ツールをカスタマイズすることも可能です。

使っていくほどに自分だけのツールとなっていくので手放せなくなるでしょう。

 

文賢はリライトだけでなく通常のライティング業務でも使えます。

「よりハイレベルな記事にしたい」

「ミスが多いから極力減らしたい」という場合は導入してみると良いでしょう。

\記事の品質アップに貢献/

文賢公式サイト

 

まとめ.リライト力を身に付けてWebライターとしてスキルアップしよう!

リライト力を身に付けてレベルアップ

Webライターのリライト業務について、正しいやり方や上手に仕上げるコツを紹介してきました。

本記事のまとめ

  • リライトは記事を更新して検索上位に上げるのが主な目的
  • リライトする際は検索上位の記事を見て、不足部分を加筆するのが基本
  • ライティングの際はSEO効果やオリジナル要素を加えると効果的
  • Webライターのリライト業務では絶対に「パクリ」はNG

 

Webライターのリライトは複数の目的がありますが、基本的にはより検索順位を上げるために行います。

ただ、リライトの目的はクライアントによって異なるので、仕事を受ける前に意図を確認しておきましょう。

 

リライトする際は、

  1. 既存の記事を読み直す
  2. 検索上位の記事をチェックする
  3. 不足している情報を加筆する
  4. コピペツールを使って一致率を50%以下にする
  5. 納品する

というのが主な流れです。

 

リライトできるようになると仕事の幅がグッと広がるので、機会があればトライしてみると良いでしょう。

 

リライトに必要なスキルは「WritingHacks」で学ぶのがおすすめ

ライティングハックス

Webライターのリライトではライティングスキルが求められます。

スキルに不安を感じる場合は「WritingHacks(ライティングハックス)で勉強するのがおすすめです。

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスで学べる内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

ライティングハックスは69,800円と高価な買い物ですが、スキルを覚えれば1~2か月で回収できます。

稼げるWebライターになって、好きなものを悩むことなく購入できる人生を手に入れましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター