Webライター

Webライター界はレベルの低い人が増加中!ゴミライターの特徴9選と対処法を解説

頭を抱える低レベルライター
・今のWebライターはレベルが低いって聞いたけど本当なの?
・レベルが低いライターはどんな特徴があるの?
・なんとかして低レベルライターを脱したい!

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • 低レベルライターはスキルがないのがあたりまえ
  • ひどい人は社会人マナーが欠如していることもある
  • レベルが低いと言われないためにもスキルの習得は必須
  • スキルを覚えて仕事の自覚を持てば低レベルライターは卒業できる

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターはレベルが低いってよく聞くけど本当なの?具体的に何が低レベルなの?」とお悩みの方へ。

残念ながら最近、レベルの低いライターは増えています。

そのためクライアントがよく「質の高いライターと出会えない」と愚痴をこぼすことも多いです。

 

しかし、何を持ってレベルが低いといっているのか気になりますよね?

そこでこの記事では、レベルの低いライターの特徴9選やゴミライターを脱する12の方法を紹介していきます。

低レベルライターを見分ける方法も取り上げているので、クライアント側の人もぜひ参考にしてください。

最後まで読んでいただくと、ゴミライターと呼ばれずに活動するコツがわかりますよ!
さっこー

 

目次

レベルの低いWebライターが増え続ける実情

レベルの低いWebライターが増え続けている

現在レベルの低いライターが増え続けていますが、その理由はこちらです。

低レベルライターが増える理由

  • おすすめの副業として紹介されることが多い
  • 無知識でもWebライターを始められる
  • パソコンを使える人であればWebライターになれてしまう

 

ひと言でいうと、Webライターは参入しやすがあだとなって低レベルライターが増えています。

Webライターになるには特別な資格が不要で、パソコンやスマホでネット検索と文字入力ができれば問題ありません。

その証拠に、当時パソコンの基礎的な操作しかできなかった私は月4,000円稼ぐことに成功しています。

クラウドワークスの1~2月度の収益

 

知識がなくても稼げるWebライター特有のメリットが、低レベルライターの増加につながっているのです。

Webライターは敷居の低さが魅力ですが、そのせいでゴミライターが増えているのは残念な実情ですね。
さっこー

 

Webライターとしてレベルが低い人の特徴9選

低レベルライターの特徴

Webライターとしてレベルが低い人は以下の特徴に当てはまります。

低レベルライターの特徴

  • 読みやすい文章の書き方を知らない
  • SEOについて理解していない
  • リサーチが足りていない
  • コピペ文章で納品する
  • 言葉を言い換えただけの文章しか書けない
  • 誤字脱字が目立つ
  • ライティングツールを使っていない
  • 平気で納期に遅れる
  • いきなりバックレる

 

上記の特徴に該当する人はすべてWebライターとして質が低いです。

低レベルライターと言われないためにも、しっかりと対策しましょう。

ではそれぞれの特徴がなぜ低レベルと言われるのか具体的に見ていきますね。

 

特徴1.読みやすい文章の書き方を知らない

レベルの低いWebライターはライティングの基礎すらおさえていません。

Webライティングには文章を読みやすくするPREP法という型があります。

PREP法とは

結論から書くライティングスキルの一種。
最初に結論を書くことで理解しやすくなる。

PREP法は要点→理由→具体例→要点の順番で書くのが特徴です。

PREP法の例
  • 要点:WebライティングはPREP法が効果的だ
  • 理由:PREP法で書くと読み手が記事の内容を把握しやすい
  • 具体例:読者が読みやすいと感じればストレスも感じず読了してくれる
  • 要点:そのためPREP法で執筆した方が良い

 

PREP法を知っているだけで、初心者でもある程度ライティングできるようになります。

しかし、PREP法を知らない素人は文章の書き方がわからず、支離滅裂な文章を書くケースが多いです。

読みやすい文章を書くことはWebライター界の鉄則なので忘れてはいけませんよ!
さっこー

 

特徴2.SEOについて理解していない

SEOを理解していない

レベルの低いWebライターはSEOの理解もありません。

SEOとは

検索エンジン最適化のこと。
わかりやすくいうと、記事を検索上位に上げるための施策。

 

SEOの要素を入れてライティングすると、以下のように特定のキーワードで検索したときに上位表示されます。

検索上位のイメージ

 

検索上位にある記事は読まれる確率が高いので利益も発生しやすいです。

仕事相手は稼げる記事を書けるライターに依頼したいので、SEOの知識は必須となります。

 

しかし、低レベルライターはSEOの基礎すら知りません。

SEOを知らないライターは価値が薄いので、仕事で苦労する未来を歩むことになります。

SEOもWebライターの必須スキルなので、覚えなければ明るい未来は見えてきませんよ。
さっこー

 

特徴3.リサーチが足りていない

質の低いWebライターはリサーチの能力も低い傾向にあります。

 

そもそもWebライターの仕事では、リサーチすることが必須条件です。

依頼人から記事のテーマをもらって、そのテーマについてネットや書類などから情報収集します。

集めた情報をもとに、PRP法やSEOを意識して執筆するのが主な流れです。

 

Webライターにとってリサーチ力も必須スキルですが、正しい情報を集められない人もいます。

特にネットは真偽が混ざっているので、正しい情報を抜き取る能力が必要です。

 

情報収集はやり方を知っていればそこまで難しくありませんが、初心者は何も知らずにリサーチします。

その結果、ウソの情報が含まれる記事を書いてしまうのが低レベルライターの特徴です。

リサーチ力もWebライターに必要なので、日常的にするリサーチで鍛えるようにしましょう。
さっこー

 

特徴4.コピペ文章で納品する

コピペ

レベルが低いライターの中でも、もっともひどいのかコピペする人です。

コピペとは

Webライターにおけるコピペとは、すでに公開されている記事をそのままパクること。

 

コピペ記事をネットに公開すると以下のデメリットがあります。

コピペのデメリット
  • SEO効果が落ちる
  • Google検索で上位に表示されなくなる
  • Googleからペナルティを受ける必要がある
  • オリジナリティがなくなる
  • コピー元からクレームを受ける

 

コピペ記事はマイナスの影響しかありません。

そのためクライアントもコピペに関しては厳しいです。

仮にコピペが発覚すると修正を求められるか、悪質な場合は契約を破棄されます。

Webライターがコピペするのは許されないのでやめておきましょうね。
さっこー

 

特徴5.言葉を言い換えただけの文章しか書けない

記事を書けない人の中には、以下のように文章を書き換えるだけの人もいます。

オリジナル記事

退職代行を利用すると自分の代わりに退職を伝えてくれます。ストレスなく退職できるのが大きなメリットです。その一方で、本来は発生しない退職代行料金を支払う必要があるので気を付けましょう。

言葉を言い換えただけの記事

退職代行は退職意思を代わりに伝えてくれるサービスです。
自分で伝えずに退職できるので、ストレスが発生しません。
ただ、退職代行費用が発生するので注意が必要です。

これらの例文は書き方こそ違いますが、言っていることは同じです。

 

ほかのネット記事と同じ文章は価値がありません。

無価値な記事を量産するのは、ひどいWebライターの特徴です。

言葉を言い換えるとコピペ率は下がりますが、記事の質は変わらないので単純な書き換え記事もNGですよ!
さっこー

 

特徴6.誤字脱字が目立つ

誤字脱字

低レベルライターは誤字脱字が多いのも特徴です。

誤字脱字するのは正直仕方ない部分もありますが、ひどいライターの場合は自分で修正しません。

 

自分でミスを修正しないのは、記事を書くことがゴールだと思っているからです。

Webライターの仕事は質の高い記事を書くことであって、ただ記事を書けば良いわけではありません。

誤字脱字のようなだれにでも直せるミスを修正しないのは論外と言えます。

 

特徴7.ライティングツールを使っていない

Webライター初心者はライティングツールの存在を知らないことも多いです。

ツールを使えばコピペや誤字脱字をある程度防げます。

 

逆にツールを使わないと質の低い記事になりやすいです。

結果的にツールを利用しないだけで質の低いライターとみなされます。

 

特徴8.平気で納期に遅れる

納期に遅れても気にしない

ひどいライターだと納期に平気で遅れます。

納期遅れはWebライターとは別の問題で、社会人としてマナーが悪いです。

「Webライターは仕事」という自覚がない人ほど、納期を気にしない傾向にあります。

Webライターにおける納期遅れは致命傷となるので気を付けましょう。
さっこー

 

特徴9.いきなりバックレる

もっと悪質なライターになると、何の連絡もせずバックレます。

納期遅れの場合はしっかりと納品しているのでまだ良いですが、バックレは納品すらしません。

何も言わずに仕事から逃げるのは最悪の行為なので控えましょう。

仕事を辞退したいならしっかりとやめることを伝えることが大切ですよ。
さっこー

 

レベルの低いWebライターが行きつく末路

低レベルライターの末路

レベルが低いライターは以下の末路を歩むことになります。

低レベルライターの末路

  • 仕事を取れない
  • 低単価案件しか取れないので儲からない
  • きつい現状に耐え切れず挫折する

では3つのケースに分けて具体的な末路を紹介していきますね。

 

末路1.仕事を取れない

レベルの低いライターは信頼性が下がるので、だれからも信用してもらえなくなります。

Webライターは相手から仕事をもらってはじめて稼げるので、信頼のない人は仕事も取れません。

バックレやコピペなど悪質な行為ばかりしていると、一瞬で信頼は地に落ちるので気を付けましょう。
さっこー

 

末路2.低単価案件しか取れないので儲からない

低単価案件ばかりで稼げない

質の高い記事を書けない人は低単価案件しか取れません。

 

そもそもWebライターは実力主義の世界です。

実力があればバンバン稼げますが、スキルのない人は単価の安い仕事しか取れないので儲かりません。

レベルが低い人は相手だけでなく自分にも悪影響が及ぶのでデメリット満載です。

 

末路3.きつい現状に耐え切れず挫折する

仕事が取れず思うように儲からないと精神的にきつくなってきます。

かといって現状を変える方法もわからないので、そのままWebライターをやめてしまうケースも多いです。

 

正直Webライターを未経験から始めるときついと感じることはよくあります。

しかし、きついからといってやめてしまうと何の成果も発生しません。

 

Webライターで成功を収めるためにも、いかに早く低品質ライターを脱出するこかが大切です。

 

レベルが低いWebライターを脱する12の方法

低レベルライターの脱出法

低レベルライターを脱するポイントは以下の通りです。

低レベルライターを脱する方法

  • 仕事の自覚を持って作業する
  • 24時間以内の返信を心がける
  • 疑問点はすぐ尋ねるようにする
  • 納期より1~2日前倒して納品する
  • 納期に遅れる場合は一報を入れる
  • こちらから提案してみる
  • ライティングスキルやSEOを身に付ける
  • 正しいリサーチのやり方を覚える
  • フィードバックの内容を吸収する
  • 執筆経験を重ねる
  • ライティングツールを導入する
  • 個人ブログを運営する

では12の攻略法を順番にわかりやすく解説していきますね。

 

攻略法1.仕事の自覚を持って作業する

まずはWebライターも仕事であることを自覚しましょう。

Webライターはその始めやすさから遊び感覚や、ただのお金稼ぎとして始める人も多いです。

Webライターがお金稼ぎになるのは間違いではありません。

 

ただ、相手が真剣にやっているのに、自分が遊びで仕事すると感覚にズレが生じます。

適当に仕事すると相手の機嫌を損ねるだけなので、まじめに働くことが何よりも大切です。

具体的に言うと、本記事で紹介する12の方法は意識しておきましょう。
さっこー

 

攻略法2.24時間以内の返信を心がける

返信は24時間以内が基本

相手から返信が来たら、遅くとも24時間以内に返信することが大切です。

返信が遅れると以下のデメリットがあります。

返信が遅れるデメリット
  • 仕事しづらい人だと思われる
  • 信頼性を失う
  • 契約を切られる

 

返事が遅れるだけで仕事に多大な影響が及びます。

そのため返信はなるべく早く送るようにしましょう。

返信は早ければ早いほど良いので、即レスするのもおすすめですよ!
さっこー

 

攻略法3.疑問点はすぐ尋ねるようにする

働いていてわからないところが出てきたら、すぐ尋ねるクセを付けましょう。

よくわからないまま作業すると以下のデメリットがあります。

疑問点を抱えたまま作業するデメリット
  • 間違った状態で作業を進めてしまう
  • 納品すると修正依頼をくらう
  • 依頼人から報連相ができないと思われる

疑問点を抱えたまま作業するメリットは一切ありません。

 

たまに「こんなこと聞いても良いのかな」と考える人もいますが、疑問はすべて聞くべきです。

質問することで疑問点が解消され、依頼人から「この人は報連相がしっかりしている」と株も上がりますよ!

 

攻略法4.納期より1~2日前倒して納品する

納期を前倒して納品する

記事の納品は納期より早めに済ませるのがおすすめです。

前倒して納品すると以下のメリットがあります。

前倒して納品するメリット
  • 仕事に対するまじめさをアピールできる
  • 仕事が早いと思ってもらえる
  • 心に余裕が生まれる

 

納期より前倒して納品すると、相手だけでなく自分にもメリットがあります。

無理して早めに納品する必要はありませんが、可能であれば早めに仕事を終わらせるのがおすすめですよ。

 

ただ、早めに納品した結果、記事の質が下がるのは最悪のケースです。

あくまで記事の質を保つというのが前提条件なので気を付けてくださいね。

 

攻略法5.納期に遅れる場合は一報を入れる

どうしても納期に遅れそうな場合は、前もって納期に間に合わないことを伝えておきましょう。

 

仕事で納期に遅れるのはイケないことですが、早めに連絡すればダメージを最小限にできます。

心の広いクライアントであれば連絡すれば許してくれる可能性が高いので、間に合わない場合は必ず一報を入れておきましょう。

 

攻略法6.こちらから提案してみる

提案文

少し上級者向けの技ですが、Webライターの仕事に慣れてきたら提案するのもおすすめです。

こちらから仕事内容に対して提案すると以下のメリットがあります。

仕事に対して提案するメリット
  • 仕事に対する真剣度が伝わる
  • Webライターの知識が豊富だと思ってもらえる
  • 継続依頼が来る
  • 単価アップにつながる

 

提案するだけで自分の能力をアピールでき、仕事獲得につながります。

提案するためにはWebライターのノウハウが必要になりますが、気づいたことがある場合は積極的に提案してみましょう。

 

攻略法7.ライティングスキルやSEOを身に付ける

Webライターで稼ぐならスキルの習得は避けて通れません。

スキルがないと仕事が取れず、レベルの低いライターを脱するのも困難です。

逆にスキルさえあれば、相手からレベルが低いと思われることもありません。

 

具体的なWebライターが身に付けるべきスキルは以下の通りです。

Webライターで稼ぐために必要なスキル

持っておくべきスキル

  • 構成づくり
  • タイトル決め
  • PREP法を用いた執筆
  • わかりやすい文章の書き方
  • SEO
  • WordPressの操作

あった方が良いスキル

  • 画像加工
  • コピーライティング
  • セールスライティング

 

複数のスキルがありますが、中でもPREP法を用いた執筆や構成づくりなどのライティングスキルとSEOは必須です。

まずは基礎的なスキルを覚えて、慣れてきたらほかのスキルも習得していきましょう。

Webライターのスキルを幅広く習得するなら、一括で学べるオンラインスクールを利用するのがおすすめですよ!
さっこー

 

攻略法8.正しいリサーチのやり方を覚える

リサーチする

記事執筆はリサーチから始まるので、まずは正しい情報を抜き取るリサーチ術を覚えなければいけません。

正しい情報を元に執筆すれば、依頼人から「情報が間違っているので修正してください」と言われることもなくなります。

 

攻略法9.フィードバックの内容を吸収する

Webライターの仕事をしているとフィードバックをもらう機会も多いです。

フィードバックとは

ライターが執筆した記事をクライアントが見て、よくない部分の改善点を教えてくれること。

 

フィードバックはWebライターとして能力がある人からもらえるアドバイスのようなものです。

経験者からのアドバイスを吸収すれば、効率的にライティングスキルを覚えられます。

 

ただ、たまに間違った情報を授ける人もいるので、前もってWebライターの基礎を自分で勉強した方が良いです。

自分で覚えたことをベースに、フィードバックを吸収すれば正しい情報だけを獲得できますよ。

 

攻略法10.執筆経験を重ねる

スキルを重ねる

Webライターはスキルも大切ですが、それと同じくらい経験が求められます。

いくらWebライターのノウハウを持っていても、実際の仕事で活かせなければまったく意味がありません。

 

初心者が経験を積むならクラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングでは初心者歓迎案件もたくさん掲載されているので、未経験者でも仕事探しに苦労しませんよ!

ライティングの勉強をある程度終わった後は、実際に執筆しながら覚えていくのが効率的な勉強法です。
さっこー

 

攻略法11.ライティングツールを導入する

Webライターとして活動するなら少なくとも以下のツールは導入しましょう。

ツール名 役割
Enno
(無料)
日本語校正
CopyContentDetector
(無料)
コピペチェック
文字数カウント
(無料)
文字数チェック
写真AC・イラストAC
(無料)
フリー画像取得
O-DAN
(無料)
フリー画像取得

 

上記のツールはWebライターの仕事で役立ちます。

すべて無料なのでブックマークしておきましょう。

 

もし質の高い記事を仕上げるなら、日本語校正ツールの「文賢」を導入するのもおすすめです。

文賢
文賢は有料の日本語ツールですが、以下の項目でチェックをかけてくれます。

文賢の校正項目
  • 文章の読みやすさ
  • 文章のわかりやすさ
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用
  • 誤字脱字
  • 重複表現
  • 冗長表現
  • スマホやパソコンなど環境別の見え方
  • 表記ゆれ
  • 独自のチェックリスト追加機能
  • 漢字の開く・閉じるチェック

 

かなり細かい項目をチェックしてくれるので記事のクオリティが上がり、執筆時間の節約にもなります。

効率的に質の高い記事を作成できると時給も増えるので、記事執筆の負担を減らしたい場合におすすめです。

\記事のクオリティが格段に上がる/

文賢公式サイト

 

攻略法12.個人ブログを運営する

ブログ運営

Webライターに慣れてきたらブログ運営を始めるのもおすすめです。

ブログ運営すると以下のメリットがあります。

Webライターがブログ運営するメリット
  • 文章力が身に付く
  • ブログ経由でスカウトが来ることもある
  • 記事の構成力や企画力がアップする
  • WordPressの操作スキルが身に付く
  • 自分の好きなテーマで書けるので気分転換になる
  • ブログが安定すると不労所得になって収入源が増える
  • 成功すればWebライター以上の収益が発生する

 

ブログを持つことで実績として紹介でき、Webライターに必要なスキルが最速で身に付きます。

順調にいけば収入を得ることもできるので、Webライターの収入と合わせると安定しやすいです。

 

レベルの低いWebライターを最速で脱出する方法

ライティングハックス

Webライターに必要なスキルを最速で覚えるなら「WritingHacks(ライティングハックス)」を利用するのがおすすめです。

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としたオンラインスクールです。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスで学べる内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

さらに、特別な案件を回してくれる特典もついてくるので、優良案件も探しやすいです。

 

「レベルの低いWebライターとバカにされたくない」

「Webライターで月20万円以上稼ぎたい」という方は、ライティングハックスで勉強しましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

【クライアント向け】低レベルWebライターを避ける方法

低レベルライターをかわす

クライアントがレベルの低いWebライターを避けるためのコツはこちらです。

低レベルライターをかわすコツ

  • Webライターとしての実績や評価を見る
  • ポートフォリオや提案文をチェックする
  • ライタースキルを直接聞く
  • 返信速度と返信内容を見る
  • 契約前に仕事内容を簡単に紹介する

 

上記のコツを見るとレベルの低いライターは避けられる可能性が高まります。

逆に、ライター側は上記のポイントをおさえるとクライアントからの印象が良くなりやすいですよ!

では5つの見分ける方法を具体的に紹介していきます。

 

方法1.Webライターとしての実績や評価を見る

Webライターとして優れている人は実績が多く、評価も高いです。

たとえば、クラウドソーシングだと以下の条件を満たしている人はレベルが高いと言えます。

レベルが高いライターの特徴
  • 実績:50件を超えている
  • 評価:星4.5以上を獲得している

 

ちなみに私はクラウドワークスのライターとして以下の実績を誇ります。

クラウドワークスの実績

質の高いライターをお探しの人は「さっこーのプロフィール」からお声がけください。

 

方法2.ポートフォリオや提案文をチェックする

ポートフォリオと提案文をチェック

質の高いライターはポートフォリオや提案文に力を入れています。

ポートフォリオや提案文からどのような実績や能力があるのかわかるものです。

 

逆に、誤字脱字が多かったり何を書いているのか伝わってこなかったりすると質が高いとは言えません。

 

方法3.ライタースキルを直接聞く

特定のスキルを持つ人だけ募集したい場合は、仕事の応募文を出す際にボーダーラインを引くのもおすすめです。

たとえば「SEO記事で検索上位に上げた経験がある人のみ募集」とすれば、レベルの低い人は募集してきません。

ただ、厳しすぎる条件を課すと応募者が減るので気を付けましょう。

 

方法4.返信速度と返信内容を見る

返信をチェック

契約を結ぶ前に確認しておきたいのが返信態度です。

契約前のやり取りで返信が遅かったり、メッセージが伝わりづらかったりすると、レベルが低い可能性があります。

返信態度は相手の社会人レベルを把握できるので要チェックです!
さっこー

 

方法5.契約前に仕事内容を簡単に紹介する

質の低いライターが募集してこないためには、契約前に仕事内容をある程度公開するのもおすすめです。

仕事内容を具体的に紹介すると、質の低いライターは「これは自分の手に負えなさそう」と感じて、応募することを控えてくれます。

 

クライアント側にも情報漏洩の問題があるのですべて公開するのは難しいですが、教えられる情報は伝えておくと良いでしょう。

 

まとめ.レベルの低いWebライターを脱してクライアントの信用を得よう!

信頼を勝ち取る

レベルの低いWebライターの特徴やスキルアップの方法を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 低レベルライターはスキルがないのがあたりまえ
  • ひどい人は社会人マナーが欠如していることもある
  • レベルが低いと言われないためにもスキルの習得は必須
  • スキルを覚えて仕事の自覚を持てば低レベルライターは卒業できる

 

レベルが低いと言われるWebライターは、基本的なノウハウがなく、ひどい場合だと社会人マナーもありません。

何もない状態でも始められてしまうのが、レベルの低いWebライターを量産し続ける実情です。

 

質の低いライターを最速で脱するためには、まず仕事の意識を持ってWebライターになりましょう。

意識を変えたうえでライティングスキルを覚えれば、レベルが低いと言われることもありませんよ!

\Webライターに必要なスキルが学べる/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター