Webライター

「Webライターはやめとけ」の実態を月収30万円ライターが暴く!

Webライター業界の実態を暴く
・よくWebライターはやめとけって聞くけど本当なの?
・なんでWebライターはやめとけって言われるようになったの?
・2022年現在だと本当にWebライターになるのはやめた方が良いの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターは儲からない人が多いので「やめとけ」と言われている
  • Webライターの儲からない壁はスキルを覚えれば突破できる
  • スキルの習得はライティングスクールを利用するのが効果的
  • スキルさえ覚えればWebライターで自由な生き方を手に入れられる

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライター関連の記事を見ているとやめとけって言われているのを見たけど本当なの?」とお悩みの方へ。

Webライターはイメージがひどい仕事なので、やめとけと言われる光景をよく目にします。

これからWebライターを始めようとしている人からすると気になりますよね?

 

結論を言うと、Webライターは2022年現在で儲かる仕事なのでトライする価値があります。

この記事では「Webライターはやめとけ」と言われる9つの理由と、その実態について現役Webライターが解説していきます。

最後まで読んでいただくと、Webライターで稼ぐコツまでわかりますよ!
さっこー

 

目次

Webライターはやめとけ・やめたという口コミ

Webライターをやめた

まずはWebライターをやめとけ・やめたといっている口コミを3つ紹介します。

Webライターのどこが不評なのか確認してみてください。

 

口コミ1.Webライターは儲からないからやめとけ

ライターはやめとけ。ライターなんて週に5日も稼働して月40万円から60万円にしかならない。
記事もwebは安い。 1記事4万円5000文字とかで顧問弁護士に「そんな安いんですか?」とかビビられる始末。

引用:Twitter

「Webライターは単価が安いからやめとけ」という口コミです。

 

たしかにWebライターは単価が安いですが、こちらの方はかなり儲かっています。

週5で稼働して月収40~60万円も稼げる人は珍しいです。

たいていの人がWebライターだけの収入だけでは生きていけないと苦悩しています。

 

口コミ2.儲からなそうだからWebライターをやめた

少しだけWebライターに挑戦してみた。
全くの初心者から教材を買って勉強。ふと思う。
これ本業にできるかな…?
自由な時間にできるけど、いつ稼げるようになるの?
疑問になってライターはやめた

引用:Twitter

「Webライターをやってみたけど稼げそうにないからやめた」という口コミです。

 

Webライターは単価が安いので、無知識で始めると現実に絶望します。

ただ、継続すれば文字単価が上がって、Webライターだけで生活することも可能です。

Webライターの単価だけで見切りをつけるのは早いですよ!
さっこー

 

口コミ3.相談相手がいなくてやめた

去年webライターやろうって決めてクラウドワークスで初めて書いた提案が一発で通って、
かなり浮かれながら文字単価0.01円で仕事してたけど徐々にこのままでいいのかな?って思うようになり、しかし相談する人がいないまま毎日がすぎ…
またしばらくして、やっぱこのままじゃダメだと思ってやめた

引用:Twitter

「だれも相談できる人がいなくてやめた」という口コミです。

 

Webライターは基本的にひとりで作業を進めることになります。

だれかと一緒に作業したい人からすると、孤独感が強くて耐え切れません。

 

その一方で、Webライターは人間関係が存在しないので自分のペースで働けます。

会社の人間関係に苦労している人であれば、孤独感より解放感が強いのでおすすめです。

Webライターをやめた人の大半が成果を出せないまま終わっているので、甘い世界ではないことがわかりますね。
さっこー

 

Webライターはやめとけと言われる9つの理由

Webライターはやめとけ

「Webライターはやめとけ」と言われる理由は以下の通りです。

Webライターはやめとけと言われる理由

  • 文章を書くのが難しい
  • いくら作業しても儲からない
  • 収入が安定しづらい
  • ライティング以外の仕事に時間がかかる
  • 精神的に弱ってくる
  • 年齢を重ねると難しい
  • レベルの低いライターが増えている
  • 自分以外に代わりがいくらでもいる
  • 業界のイメージがひどい

では9つの理由を具体的に見ていきますね。

 

理由1.文章を書くのが難しい

Webライターを始めて最初にぶつかる壁が文章を書くことの難しさです。

 

文章を書くと聞けばそこまで難しそうではありませんが、実際にやってみると苦戦します。

「そもそも何を書けば良いのかわからない」「執筆のルールがわからない」など、さまざまな問題が出てきます。

 

直面する問題に対処しきれず、Webライターをやめてしまう人も多いです。

Webライターは気軽に始められる仕事ですが、なめてかかると痛い目を見るので気を付けましょうね。
さっこー

 

理由2.いくら作業しても儲からない

Webライターはコツを知らないと儲からない

Webライターをやめとけと言われる最大の原因が単価の安さです。

そもそもWebライターの単価は以下の仕組みで決まります。

Webライターの単価が決まる仕組み
  • 単価(時給)=執筆速度÷文字単価×文字数

 

たとえば、1円×2,000文字の仕事を1時間で終えると時給2,000円です。

これだけ見ると、そこまで大変そうではありませんよね?

 

しかし実際のところ、Webライターの単価は1文字以下のことが多いです。

特に初心者は経験不足が原因で、1文字1円以上の仕事を取るのが難しい環境にあります。

さらに、最初は執筆するのにも時間がかかるので、時給300円を下回ることも珍しくありません。

 

ゴミ案件が当然の環境になっていることから「Webライターになるのはやめとけ」と言われています。

たしかに時給300円しか稼げないとやめたくなる気持ちもわかりますね。
さっこー

 

理由3.収入が安定しづらい

Webライターは収入が安定しづらいのも特徴的です。

 

仮に毎月20万円稼げる案件を持っているとしましょう。

毎月20万円もあればかなり安定しているように見えますよね?

 

しかしある日突然、以下のような理由で案件が終わると収入は一気にゼロ円です。

案件が終わるときの例
  • クライアントのお財布事情が厳しくなった
  • 与えられる仕事がなくなった
  • ほかに良い人を見つけた

 

Webライターはいきなり仕事がなくなることもあるので、安定性で言うとイマイチです。

安定感のない仕事はイメージもよくないので「やめとけ」と言われる理由もわかりますね。
さっこー

 

理由4.ライティング以外の仕事に時間がかかる

Webライターは執筆以外の仕事も多い

Webライターは主に以下の作業が発生します。

Webライターの作業内容
  • 記事執筆
  • クライアントとのやり取り
  • 案件探し

 

Webライターは記事を書く仕事なので執筆だけしていれば良いと思いがちですが、それ以外の作業も発生します。

しかも案件探しやクライアントとのやり取りは直接的に稼げるわけではありません。

慣れないうちは儲からない作業に時間がかかるので、「Webライターって意外と面倒だな」とやめる人もいます。

 

理由5.精神的に弱ってくる

Webライターは未経験だと稼ぎづらい仕事なので精神的にきます。

 

たとえば時給300円で1か月働き続けると、精神的にどうでしょうか?

アルバイトより安い金額で1か月も働くと頭がおかしくなりそうですよね。

 

Webライターのリアルな実態に精神がやられ、「こんなゴミみたいな仕事やっていられるか」と辞めてしまう人も多いです。

 

理由6.年齢を重ねると難しい

年齢を重ねた女性が挫折

これはWebライターに限った話ではありませんが、新しいことは年齢を重ねると始めるのが難しいです。

特に30代を過ぎている人は、年齢による壁を感じているでしょう。

「今さらWebライターをやったところで成功するわけがない」と考えてしまいます。

 

年齢を重ねている人がWebライターで成功できない考えが浸透しているので、やめとけと言われることもあります。

たしかに年齢には勝てない部分もありますが、Webライターはやる気があればOKなので安心してくださいね。
さっこー

 

理由7.レベルの低いライターが増えている

これはクライアント側の意見ですが、最近レベルの低いライターが増えてきています。

低レベルなライターが増える主な理由は以下の通りです。

レベルが引きライターが増える理由
  • 何も知らずにWebライターを始め出す人が多い
  • 仕事の感覚でやっていない
  • 副業ブームでWebライターの認知度が上がった

 

低レベルライターが増えると、お金を出して仕事を任しているクライアント側が大変です。

自分がトラブルにあうのを避けるために、クライアントが「Webライターはやめとけ」と忠告している光景も見かけます。

 

理由8.自分以外に代わりがいくらでもいる

ライバルに突き飛ばされる

レベルが低いライターに限った話ですが、自分の代わりはいくらでもいます。

代わりがいると聞くと「あえて自分がWebライターをやる意味があるのか」とモチベーションを低下させる人もいます。

 

特に仕事に対して達成感や使命感を持っている人ほど感じやすいです。

Webライターは実力主義の世界なので、低レベルな人が搾取されるのは仕方ないと言えるかもしれません。
さっこー

 

理由9.業界のイメージがひどい

ここまで紹介してきたようにWebライターはイメージがひどいです。

初心者は時給300円以下で働くことが多く、とても評価が良いとは言えません。

このひどい状態を見た人が、想像で「Webライターはやめとけ」ということもあります。

 

「Webライターはやめとけ」と言われる理由を見ると、たしかにやめた方が良さそうだと思いますよね。

ではWebライターの実態はどうなっているのでしょうか。

 

Webライターの実態を業界歴3年の私が暴露!

Webライターの実態

Webライターはやめとけと言われることも多いですが、Webライターの実態は以下の通りです。

Webライターの実態

  • 業界のイメージはよくない
  • Webライターは経験がないと稼ぎづらい
  • 未経験でも作業に慣れるとスムーズに執筆できる
  • 年齢を重ねている人ほど有利になる
  • 実力のあるWebライターは不足している

ではWebライターの実態を5つのケースに分けて解説していきますね。

 

実態1.業界のイメージはよくない

Webライターは業界のイメージがひどいと言いましたが真実です。

Webライター業界のイメージがひどい理由
  • 一部の悪質ライターがウソの情報を書いて読者の興味をひいている
  • レベルの低いライターが増えている
  • 稼ぐまでに時間がかかる(時給300円以下はあたりまえ)

このようにWebライターはイメージがよくありません。

 

ただ、あくまでイメージなので自分がしっかりと働けば悪影響はゼロです。

自分も悪質ライターになり下がらないよう、まじめに働きましょうね。
さっこー

 

実態2.Webライターは経験がないと稼ぎづらい

Webライターはスキルのある人が勝つ

Webライターは稼ぎづらいからやめとけという声もありましたが、半分ウソで半分本当です。

 

未経験から始めると最初は苦労します。

完全初心者から始めた私は、初月4,000円程度しか稼げていません。

クラウドワークスの1~2月度の収益

 

この実態を見るとWebライターで生活するのは無理だと思いますよね?

私もWebライターは儲からないからほかの仕事に転職しようかと考えていました。

 

しかし、あきらめず作業し続けることで収入が伸び、半年後には約20万円稼いでいます。

クラウドワークスの6.8月度の収益

 

このようにWebライターは継続すると稼げるようになります。

それこそWebライターだけの収入で生きていくことも可能です。

儲からないと見切りをつけて作業しなくなると、永遠に稼げないので気を付けてくださいね。
さっこー

 

実態3.作業に慣れるとスムーズに執筆できる

Webライターは慣れないことばかりなので、最初は苦労します。

「仕事を受けてみたいけど何からすれば良いのかわからない」のように悩みは尽きません。

 

しかし、継続して作業するとWebライターのコツがつかめてきます。

「記事はこんなふうに書けば良いのだな」「作業時間が半分になった」など変化が見えてくるものです。

具体的に言うと、1か月も継続すれば確実に執筆スピードは上がります。

 

慣れないうちにWebライターを挫折する人が多いので「Webライターは儲からないからやめとけ」といううわさが立っているのです。

Webライターがつらくても、少なくとも1か月は作業してみましょう。

1か月も作業すれば収入も増えて、Webライターの楽しさがわかってきますよ!

 

実態4.実力のあるWebライターは不足している

Webライターは実力者が不足している

「レベルの低いライターはあふれている」と言いましたが、逆に実力があるライターは不足しています。

実力さえ身に付ければ高単価案件もガンガンとれるので、仕事に困ることもなく安定した生活を送れます。

 

一方でスキルのないライターは飽和状態にあるので、仕事を取るだけでも大変です。

しかも、低レベルライターは将来的に仕事がなくなる可能性もあるので気を付けましょう。

 

実態5.年齢を重ねている人ほど有利になる

「Webライターは年齢を重ねると難しくなるからやめとけ」という声もありましたが、真実は年齢を重ねている人ほど有利です。

 

Webライターは過去に培った経験を活かせます。

たとえばFX投資の経験がある人はFXの知識に詳しいので、FX関連の案件を獲得できる可能性が高いです。

ほかにも、アニメ視聴が趣味の人はアニメ関連の記事を書けます。

 

このようにWebライターは過去の経験を活かせるのが特徴です。

年齢を重ねている人はそれだけ経験が豊富なので、幅広いジャンルで有利に働きます。

 

たしかに年齢を重ねていると覚えるのが遅くなるのでつらいこともあります。

しかし、経験というアドバンテージがあるので、40~50代の人にもWebライターはおすすめです。

 

Webライターの儲からない状態を最速で突破するコツ

Webライターの突破口

Webライターで稼ぐためにも以下のポイントを意識しましょう。

Webライターで儲けるコツ

  • スキルを身に付ける
  • とにかく作業してWebライターに慣れる
  • クラウドソーシングで実績をためる

 

上記のポイントを意識するだけで成功できる確率は上がります。

では3つのコツを順番に見ていきましょう。

 

儲けるコツ1.スキルを身に付ける

Webライターはスキルさえ身に付ければ困らない仕事です。

多くの人がスキルを覚える前にやめてしまうので「Webライターはゴミだ」と言われています。

 

Webライターをやめた人と同じ目にあわないためにも、以下のスキルを身に付けましょう。

Webライターで稼ぐために必要なスキル

持っておくべきスキル

  • 構成づくり
  • タイトル決め
  • PREP法を用いた執筆
  • わかりやすい文章の書き方
  • SEO
  • WordPressの操作

あった方が良いスキル

  • 画像加工
  • コピーライティング
  • セールスライティング

 

まずは文章の書き方とSEOについて学びましょう。

この2つを覚えれば、Webライターの収入を伸ばせます。

 

ライティングスキルとSEOについてはオンラインスクールでまとめて学べます。

スクールだとプロ講師による無制限質問サポートや添削サポートも受けられるのでおすすめですよ!

 

儲けるコツ2.とにかく作業してWebライターに慣れる

ライティングして作業に慣れよう

Webライターとして稼ぐためには作業に慣れることも大切です。

作業に慣れさえすれば執筆スピードが上がり、収入を伸ばしていけます。

 

とはいえ、慣れない中で作業し続けると精神的につらいですよね?

挫折を突破するためにも以下のコツを取り入れましょう。

Webライターの挫折を乗り越えるコツ
  • 小さな目標を設定してクリアしていく
  • Twitterでライター仲間を作る
  • 適度に休憩する
  • 稼いだお金で自分にご褒美を与える
  • オンラインスクールの講師からサポートしてもらう

 

上記のコツを取り入れると挫折しづらいです。

Webライターは1~2か月まじめに働けば成果が出てくるので、適度に休憩を入れながら執筆をがんばりましょう。

 

儲けるコツ3.クラウドソーシングで実績をためる

Webライターの経験がない人はクラウドソーシングを利用して実績をためるのがおすすめです。

クラウドソーシングとは

ネット上で企業や個人が不特定多数の人に仕事を発注する業務形態のこと。
Webライターやプログラマーなど、さまざまなネット業務の仕事を募集している。

 

クラウドソーシングの案件を見ると、初心者歓迎の案件もあります。

とりあえずクラウドソーシングを使っておけば、初心者でも仕事探しに苦労することはありません。

 

さらに、多くのクラウドソーシングでは案件をこなすと以下のように実績がたまっていきます。

クラウドワークスの評価と実績

 

実績がたまると相手に自分が経験豊富なライターであることを伝えられます。

「実績の数=経験値」となるので数が増えるほど採用されやすく、高単価案件も通りやすいです。

スキルを学んだ後は、練習がてらクラウドソーシングで実績をためるのがおすすめの始め方ですよ!
さっこー

 

Webライターの闇を突破すると得られるメリット

Webライターで幸せをつかむ

Webライターは闇が深い業界ですが、成功すると以下のメリットがあります。

Webライターで成功するメリット

  • 自由な生活を手に入れられる
  • 一度稼ぐと収入を伸ばしていける
  • 幅広いスキルが身に付く

続いて3つのメリットを深掘りしていきますね。

 

メリット1.自由な生活を手に入れられる

Webライターで成功する最大のメリットは自由な生活が手に入ることです。

たとえばフリーWebライターの生活は以下のことも許されます。

Webライターの自由な生活
  • 好きな時間に寝て起きられる
  • いつ休憩をとっても良い
  • 通勤時間が0分になる
  • 毎日決まった時間を働く必要がない
  • 嫌な上司と対面で会うことがない
  • 会社の謎ルールに従う必要がない

 

Webライターは納期を守ることだけがルールなので、納期さえ守れば問題ありません。

何時に起きてもよく、1日5時間の労働でも大丈夫です。

 

さらに、Webライターは人間関係のトラブルも発生しません。

仮に嫌いな人間がいても、ほかの案件を探せばその人との関係性をサクッと断てます。

 

Webライターに成功すれば完全に自分のスケジュールで生きられるので、ストレスが一切たまりません。

「社畜の生活から解放されたい」

「自由な生き方を手に入れたこれからの人生を楽しく生きたい」という人にWebライターはおすすめです。

 

Webライターは自由さが魅力ですが、納期遅れを起こすのはNGなので気を付けてくださいね。
さっこー

 

メリット2.一度稼ぐと収入を伸ばしていける

Webライターは収入を伸ばしていける

Webライターは一度スキルを手に入れると収入を伸ばしていけます。

私はWebライターを始めてから半年で月収20万円に達しましたが、2年目には年収300万円以上稼ぎました。

私の場合は毎月20~30万程度を安定して稼いでいますが、中にはライターだけで月100万円稼いでいる人もいます。

 

Webライターはコツをつかむと収入を伸ばせるのが魅力です。

やる気次第で人生を変えられるくらい稼げるので、今の収入に不安を感じている人は挑戦する価値が大きいでしょう。

初心者は月5万円稼ぐことを目標にして、そこから収入を伸ばしていくのがおすすめですよ!
さっこー

 

メリット3.幅広いスキルが身に付く

Webライター活動していると以下のスキルが身に付きます。

Webライター業務で身に付くスキル
  • 基礎的なパソコンの操作スキル
  • タイピング力
  • リサーチ力
  • わかりやすい文章の書き方
  • WordPressの操作スキル
  • メッセージを使ったコミュニケーション術
  • Webマーケティング

 

Webライターは文章を書くことがメインの仕事ですが、PCスキルやコミュニケーション術も身に付きます。

幅広いスキルが身に付けば、ほかの仕事で活かすことも可能です。

Webライターに挑戦すると個の力がグッと伸びるので、自分の可能性を広げられますよ!
さっこー

 

【やめとけ】本当にWebライターが向いていない人の特徴

Webライターが向いていない人

以下の特徴に当てはまる人は、本当にWebライターが向いていないのでやめた方が良いかもしれません。

Webライターが本当に向いていない人

  • 文章の読み書きが苦手でたまらない
  • 他人と仕事するのが嫌い
  • 即金性を求めている(すぐ10万円以上稼げると思っている)
  • 自分でスケジュール管理できない
  • ミスを指摘されるのが嫌い

 

Webライターには向き・不向きがあるので、全員が成功できるとは限りません。

特に上記の特徴に該当する箇所が多いと向いていないので厳しいと言えます。

 

自分のWebライター適性を詳しく知りたい人は、私がオリジナルで作成した適性診断をチェックしてみてくださいね。

 

Webライターが不向きならブログ運営するのもあり

ブログ

自分がWebライターに向いていないと感じた場合は、ブログ運営を始めるのもおすすめです。

ブログ運営すると以下のメリットがあります。

Webライターにはないブログのメリット

  • 自分の好きなテーマで執筆できる
  • 納期がない
  • 人間関係のトラブルがゼロになる
  • ライター以上に稼げる(月100万円を稼ぐ人も多い)
  • 不労所得になる

 

ブログ運営はWebライターのデメリットが解消されます。

すべての自分のペースで作業できるので人間関係がなく、納期もフリーです。

 

さらに、ブログ運営に成功すると不労所得になるメリットもあります。

不労所得とは

自分が働かなくても得られる所得のこと。
ブログ以外に株式投資やアパートの大家が該当する。

 

Webライターだと作業しないと報酬が発生しません。

一方でブログは記事に読者が訪れて、行動を起こしてくれると収益が発生します。

ブログで稼げる仕組み

 

記事の読者が増えると安定した不労所得を得られます。

不労所得さえゲットできれば、毎日必死に働く必要もありません。

 

「将来に備えて不労所得を持っておきたい」

「マイペースで記事執筆したい」という人はブログ運営してみると良いでしょう。

 

まとめ.「Webライターはやめとけ」を真に受けずトライしよう!

Webライターにトライしてみよう

「Webライターはやめとけ」と言われる理由やその実態について現役ライターの視点で解説してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターは儲からない人が多いので「やめとけ」と言われている
  • Webライターの儲からない壁はスキルを覚えれば突破できる
  • スキルの習得はライティングスクールを利用するのが効果的
  • スキルさえ覚えれば自由な生き方を手に入れられる

 

「Webライターはやめとけ」とよく言われますが、そのほとんどが稼げていないからです。

想定より儲からないと悟り、そのままWebライターをやめたという人が続出して、「Webライターはやめとけ」と言われるようになりました。

 

たしかにWebライターは初心者がいきなり稼げるほど甘い世界ではありません。

しかし、スキルを身に付ければ高単価案件を取れ、作業に慣れると時給も上がってきます。

要はスキルを身に付けずWebライターに挑戦するため、「儲からない」と見切りをつけてやめてしまうのです。

 

見方を変えるとスキルさえ身に付ければ稼げる世界なので、まずはスキルを覚えましょう。

スキルの習得はプロ講師のサポートがあるオンラインスクールがおすすめです。

スキルを覚えて、好きな時間に起きて作業できる生活を手に入れましょう。

 

スポンサーリンク

-Webライター