Webライター

Webライターは独学でも大丈夫!未経験から成功した男の勉強法7選を暴露

Webライターは独学でも大丈夫
・Webライター未経験者だけど独学でも大丈夫なの?
・だれかに教わるのは苦手だから独学でライティングを勉強したい!
・独学で成功するためにはどうすれば良いの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • 独学で学べるWebライターに必要な6つのスキル
  • 月収30万円ライターが教える独学勉強法7選
  • 独学は成果が出るまで時間がかかることも多いので注意
  • 最速で成果を出したいならセミナーの受講がおすすめ

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私はWebライター未経験の状態から、独学で勉強して2年目に年収300万円を達成しました。
今回は私が行ったおすすめの独学法を暴露しちゃいます。

 

「Webライターって独学で勉強して成功できるものなの?」とお悩みの方へ。

Webライターはお手軽にできる仕事ですが、稼ごうと思ったら勉強しなければいけません。

勉強と聞くとだれかから教えてもらうイメージがあるかもしれませんが、独学でも十分です。

 

この記事では、Webライターが覚えるべき6つの力や、月収30万円以上稼ぐ私が初心者時代に行った7つの独学勉強法をご紹介します。

最後まで読んでいただくと、独学で勉強して成功するコツをつかめますよ!
さっこー

 

目次

Webライターに必要な6つの力は独学で勉強できる!

Webライターに必要なスキル

まず、Webライターで稼ごうと思ったら少なくとも以下のスキルは覚えなければいけません。

Webライターに必要な力

  • わかりやすい文章の書き方
  • SEO
  • リサーチのやり方
  • 読者の気持ちを汲み取る力
  • 営業力と提案力
  • 社会人マナー

 

SEOは初心者にとって少し複雑なところもありますが、全体的に習得難易度は低いです。

いずれも独学で十分に習得できますよ!

 

ではWebライターに必要な力の詳細を解説していきますね。

 

必要スキル1.わかりやすい文章の書き方

Webライターにとって基礎となるのが「わかりやすい文章の書き方」です。

 

Webライターが執筆する記事は読者がいます。

読者にとってわかりやすいように書かないと、読者が読んでくれません。

読者がいない記事は無価値に等しいので、Webライターとしての価値も下がります。

 

読者にとってわかりやすくするためにも、以下のコツをおさえましょう。

わかりやすい文章を書くコツ
  • 正しい日本語で解説する
  • 高校生にわかる文章で書く
  • 難しい専門用語を使う場合は軽く解説する
  • 語尾の統一(「です・ます」か「だ・である」)
  • PREP法(ひとつの文章を要点→理由→具体例→要点の順で書く)
上記のコツをおさえるだけで読者の満足度を上げる記事が完成しますよ!
さっこー

 

必要スキル2.SEO

SEO

Webライターにとってわかりやすく文章を書くことは大切ですが、それと同等程度に重要なのがSEOです。

SEOとは

検索エンジン最適化のこと。
わかりやすくいうと、記事を検索上位に上げるための施策。

 

検索上位に上がるためには、SEOを施すことが非常に大切です。

検索上位とは

GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、特定のキーワードで調べたときに1ページの上位に表示されること。

検索上位のイメージ

 

検索上位にある記事は読者が集まりやすいので、結果的に収益も発生しやすくなります。

依頼人からすると、検索上位に上げる力を持っているライターは喉から手が出るほどほしい存在です。

そのため検索上位に上げるSEOの理解が深い人は依頼人から求められます。

 

SEOと聞くとややこしいですが、すべきことは意外とシンプルです。

本を一冊読めば、仕事で必要なSEOは身に付くので安心してくださいね。

 

必要スキル3.リサーチのやり方

Webライターでは執筆前に情報収集する必要があります。

リサーチしなければ基本的に執筆できないので、Webライターにとってリサーチ力は欠かせません。

 

情報収集はGoogleを使えばできるので簡単です。

しかし、Webライターは正しい情報を書く必要があるので、ネットから正しい情報だけを抜き取る必要があります。

昨今では誤った情報を書いている記事も多く、仮に間違った情報を参考に執筆してしまうと間違った記事が完成します。

 

いかに素早く正しい情報を収集できるのかが、Webライターとして成功するためには重要です。

日常的にネット検索するときに意識するだけでもリサーチ力は身に付きますよ。
さっこー

 

必要スキル4.読者の気持ちを汲み取る力

読者の気持ちを想像

Webライターはただ単に文章を書くだけでなく、読者の意図を読んで記事を書く必要があります。

 

読者は基本的に悩みを持って記事を訪れてくるものです。

たとえば「ダイエット 食事」で調べた人は、以下の意図を持って検索したと思われます。

「ダイエット 食事」の検索意図
  • ダイエットに適した食事を知りたい
  • 食事だけでダイエットできるのか
  • 無理のない食事ダイエットにチャレンジしたい

読者の意図がわかった後は、その疑問を解決する記事にすれば良いだけです。

 

このように、Webライターには読者の意図を的確に推測する能力が求められます。

自分よがりの文章は読まれないものだと思いましょう。

 

ちなみに読者の意図は「ヤフー知恵袋」を使えば簡単に出てきます。

「この記事はだれ向けに書いたら良いのだろうか」となった場合は、知恵袋で調べてみましょう。
さっこー

 

必要スキル5.営業力と提案力

Webライターで稼ぐためには営業力と提案力も必要です。

 

そもそもWebライターは依頼人から仕事をもらって稼ぐスタイルです。

仕事を取れなければいくらスキルを持っていても稼げません。

逆に、提案して採用されるとスキルがあまり高くない人でも稼げます。

 

営業力と提案力は直接的なライティングスキルではないので軽視されがちですが、確実に必要な能力です。

Webライターで成功するためにもしっかりと身に付けておきましょう。

 

Webライターの営業力を身に付けたい人は『頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』がおすすめですよ。

 

必要スキル6.社会人マナー

Webライターに必要なモラル

最後にWebライターは基礎的な社会人マナーも必要です。

 

Webライターは依頼人がいる仕事なので、メッセージでやり取りする必要があります。

やり取りする最中で「この人マナーがなっていないな」と思われると、その段階で仕事を打ち切られる可能性が高いです。

たとえば以下の対応はマナーが悪いと思われてしまいます。

NGな社会人マナー集
  • あいさつがない
  • ため口で接する
  • 絵文字や顔文字を使う
  • 感謝と謝罪を述べない
  • 着信から1日以上連絡しない

 

社会人マナーは仕事を取るうえで必須な力なので、自信がない場合は「メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール」を読んで勉強しておきましょう。

 

 

Webライターに必要な力を6つ取り上げましたが、すべて独学で学べます。いずれも複雑な内容ではないので安心してくださいね。
さっこー

 

月収30万円ライターがやったWebライターの独学勉強法7選

Webライティングを独学で学ぶ

私が初心者時代に実際に行った勉強法がこちらです。

実際に行った独学勉強法

  • ネット検索やYouTubeで学習した
  • ライティング本を読んでレベルアップした
  • 学んだスキルを実践で活かした
  • クライアントからのフィードバックを収集した
  • ほかのサイトを見てスキルを盗んだ
  • とにかく量をこなして執筆に慣れた
  • ブログ運営でスキルを伸ばした

 

上記の学習を行えば遅くとも3~6か月以内に成果が出ます。

実際に私は半年で月収20万円に達しました。

クラウドワークスの1~2月度の収益 クラウドワークスの6.8月度の収益

 

では私が実際にやった勉強法を詳しく解説していきますね。

 

勉強法1.ネット検索やYouTubeで学習した

独学の勉強として、ネット検索やYouTubeはコスパが良いです。

ネットを調べると無料でWebライターの稼ぐノウハウを学べます。

 

しかし、私の場合はネットをメインに学習したので成果が出るのに時間がかかりました。

ネットはコスパが良い反面、以下のデメリットもあります。

ネットで勉強するデメリット
  • 情報があふれていて何から手を付ければ良いのかわからない
  • サイトによって言っていることが違うので何が正解かわからない

 

正直、ネットは情報が確実ではないので知識がないとだまされるリスクがあります。

私もネットの情報に踊らされて、成果が出るのに半年もかかりました。

 

ネット学習は知識のある人向けの勉強です。

完全初心者なら本やスクールで知識の土台を作った方が確実ですよ。

 

勉強法2.ライティング本を読んでレベルアップした

ライティング本を読む男性

私はネット学習に合わせてライティング本で勉強しました。

 

本には成功者の稼ぐノウハウが書かれているので、それを吸収することでみるみるうちに成長しました。

本は数千円かかるので最初は抵抗を感じましたが、スキルを習得すれば1日で回収できます。

 

「本に興味があるけどお金がかかるから抵抗がある」という場合は、思い切って購入するのが成功の秘訣ですよ!

 

勉強法3.学んだスキルを実践で活かした

ネットや専門書で勉強した後は、クラウドワークスで実際に仕事しました。

 

学んだスキルを仕事で活かすと知識が定着します。

勉強のサイクル

 

勉強しながら実践で活かすというサイクルを繰り返すと、成長スピードが上がるのでおすすめです。

そのうえ、報酬もわずかながら手に入るのでモチベーションアップにもつながります。

勉強してばかりだとノウハウコレクターになって終わるので気を付けましょうね。
さっこー

 

勉強法4.クライアントからのフィードバックを収集した

クライアントからの提案

クライアントと仕事していると以下のようなフィードバックをもらいます。

過去にもらったフィードバックの一例
  • 文章の流れを意識して書いてください
  • 文末は同じ言葉を3回以上続けないでください
  • タイトルや見出しにキーワードを入れてください
  • 正しい言葉の使い方やSEO

 

これらのフィードバックはWebライティングにおいて重要なことです。

フィードバックは使えるスキルを教えてくれることが多いので、確実にひとつずつ吸収しましょう。

フィードバックを忘れないように、役立つことはメモしておくのもおすすめの勉強法です。

 

勉強法5.ほかのサイトを見てスキルを盗んだ

検索上位に上がっている記事を読むのもおすすめの勉強法です。

 

検索上位に上がっている記事はライティングスキルが優れ、読みやすい文章であることが多いです。

優れた記事に書かれている文章の構造をマネすることで、自分のライティングスキルも上がっていきます。

 

ただ、他人のスキルをパクるときはパクり方に気を付けなければいけません。

たとえば、読者の心に響く文章があっても、そのまま使用するとコピペになってしまいます。

コピペ記事はネットでマイナスに働くので、発覚するとクライアントから怒られる可能性が高いです。

 

スキルをマネするときは、以下のチェックポイントを参考にしましょう。

他記事で勉強する場合のチェック項目
  • 興味をひかれるタイトルになっているか
  • 見出しの流れが読みやすいかどうか
  • 自然な流れで文章を読めるか
  • 記事装飾や箇条書きがどれくらい利用されているかどうか
上記の4点を重点的にチェックし、「これは良い」と感じた場合は積極的に吸収しましょう。
さっこー

 

勉強法6.とにかく量をこなして執筆に慣れた

Webライティングする人

Webライターとして成功するためには、執筆に慣れなければいけません。

いつまでたっても執筆に時間がかかると時給も上がりづらいです。

 

そもそもWebライターの時給は以下のように決まります。

Webライターの単価
  • 単価(時給)=執筆速度÷文字単価×文字数

 

単価は執筆スピードも影響します。

たとえば1文字1円の仕事で2,000文字執筆した場合でも、作業時間によって単価は以下のように変わります。

2,000文字書くのに必要な時間時給
1時間2,000円
2時間1,000円
4時間500円

 

このように稼ぐためには執筆スピードも大切ですが、スピードを上げるためには慣れるしかありません。

いち早く慣れるために私は1日1万文字執筆しました。

 

さすがに1日1万文字執筆しろとは言いませんが、毎日作業した方が良いです。

勉強しながら執筆するのは大変ですが、勉強と執筆の繰り返しが成功までの最短ルートなので最初の1か月だけでもがんばりましょう。

 

勉強法7.ブログ運営でスキルを伸ばした

私はWebライターとして活動しながら、少しずつブログ運営も始めました。

Webライターがブログ運営すると主に以下のメリットがあります。

Webライターがブログ運営するメリット
  • 文章力が身に付く
  • 記事の構成力や企画力がアップする
  • WordPressの操作スキルが身に付く
  • 自分の好きなテーマで書けるので気分転換になる
  • ブログが安定すると不労所得になって収入源が増える
  • 成功すればWebライター以上の収益が発生する

 

ブログ運営すると主にライティングスキルと収入面で大きなメリットがあります。

ブログで収益を上げるのは大変ですが、ブログ運営するとスキルは確実に上がります。

スキルさえ上がれば、Webライターの収入アップにもつながるのでおすすめです。

 

ちなみにブログ運営は月々数千円台から始められます。

「今はWebライターだけど最終的にブログだけで生活したい」という場合は、この機会に始めてみましょう。

 

Webライターを独学で勉強するとつらい3つのこと

独学のつらいところ

Webライターを独学で勉強して成果を上げた私ですが、独学だと以下のことがつらかったです。

独学のつらいところ

  • モチベーション管理が難しく挫折しやすい
  • 「この情報は本当に合っているのか」と不安になる
  • 成長速度が遅くなる

続いて3つのつらかったことを順番に解説していきますね。

 

独学のつらいところ1.モチベーション管理が難しく挫折しやすい

独学は支えてくれる人がいないのでモチベーション管理が難しかったです。

 

Webライターは自分で仕事を管理するので、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

しかし、サボってばかりだと成長できません。

特に自分に甘い人だと厳しいので気を付けましょう。

独学は好きな時間に勉強できるのが良いですが、自分で管理しないと成功するのに時間がかかるので気を付けましょう。
さっこー

 

独学のつらいところ2.「この情報は本当に合っているのか」と不安になる

不信感を抱く

独学で最もつらかったのが「本当にこの情報は正しいものなのか」という点です。

 

未経験で独学だと何が正しくて何が間違っているのかわかりません。

特にネットの情報は正誤が入り混じっているので、初心者にはわかりづらいです。

結果的に「この情報を信じて良いのかな」という状態に陥ります。

 

間違った情報を信じ続けると成長が遅れるので、勉強に使う情報元には気を付けましょう。

より確実な情報を得るなら、お金はかかりますが本やセミナーがおすすめです。

 

独学のつらいところ3.成長速度が遅くなる

独学はモチベーション管理が難しく、正しい情報をつかめないリスクがあるので成長が遅れます。

 

実際に私は間違った情報に踊らされて成果が思うように出ず、途中で勉強を挫折しました。

Webライターとして成果を出すのが遅れて、月収20万円稼ぐのに半年もかかっているのです。

 

逆に正しい情報で勉強して実践で活かせば、遅くとも3か月で月10万円以上稼げます。

もちろん独学でもやり方次第でスピーディに成果を出せますが、サポートがあった方が成長しやすいですよ。

 

独学がつらいならライターセミナーを利用するのもあり

ライターセミナーを受ける

独学は正しい情報を得ること・モチベーションを維持することがつらいので、ライターセミナーを利用するのもありです。

セミナーには以下のメリットがあります。

ライターセミナーを利用するメリット

  • 信頼性の高い情報をゲットできる
  • Webライターの必要スキルを一括で学べる
  • 質問と添削サポートを受けられる

 

セミナーの大きなメリットは信頼性の高い情報とサポートです。

オンラインセミナーの中には、実際にWebライターとして成果を上げている人が運営するスクールがあります。

実際に成功している人のノウハウを丸ごと吸収すれば、Webライターとして成功する可能性は高いです。

 

さらに、セミナーでは質問サポートと添削サポートを用意していることがあります。

質問サポートとは

Webライターに関する疑問を質問できる。
プロから正しい情報を教えてもらえるのが大きなメリット。

添削サポートとは

自分が執筆した記事をプロに添削してもらえる。
文章のクセを指摘してもらえたり、より良い文章の書き方を教えてもらえたりする。

 

質問サポートと添削サポートはセミナーの大きな魅力です。

プロから正しい情報を提供してもらえるので、それを信じて覚えるとライターとして素早くステップアップできます。

 

「最速で成果を上げたい」

「信じられる情報源を確実にゲットしたい」という場合はセミナーがおすすめですよ。

 

WebライターのセミナーはWritingHacksがおすすめ

ライティングハックス

ライタースクールはさまざまな種類がありますが、その中でもWritingHacks(ライティングハックス)はおすすめです。

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスの内容
  • 第0章 はじめに(動画2本)
  • 第1章 クライアントから求められるライターとは?(動画5本)
  • 第2章 記事タイトルの付け方(動画5本)
  • 第3章 リード文の書き方(動画6本)
  • 第4章 見出しの書き方(動画5本)
  • 第5章 Webで文章を書くときに意識すること(動画10本)
  • 第6章 SEO基礎講座(動画7本)
  • 第7章 SEO実践講座(動画1本)
  • 第8章 仕事の取り方単価交渉の仕方(動画8本)
  • 第9章 リライト案件の受け方(動画4本)
  • 第10章 取材記事の執筆方法(動画6本)
  • 第11章 執筆を最速&高品質でこなす方法(動画9本)
  • 第12章 仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方(動画9本)

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

ちなみに講師は3人いますが、いずれも一流プレイヤーです。

沖ケイタ

沖ケイタ

原千明

原千明

辻川倖平(ワカジツ)

辻川倖平(ワカジツ)

 

実際に現場で活躍するプロからサポートしてもらえるので、情報の信頼性は間違いありません。

 

「Webライターとして成功している人からノウハウを学びたい」という方は、ライティングハックスを利用して最速で成功をつかみ取りましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

初心者Webライターがしてはいけない独学勉強法

NGな独学勉強法

Webライターは独学でも成功できますが、以下の勉強法を行うと成功までの道が遠のきます。

間違った独学勉強法

  • 怪しい情報商材に手を出す
  • 本やセミナーを購入するだけで勉強しない

 

これらはすべて間違った勉強法です。

初心者はわりと陥りやすいので気を付けておきましょう。

 

では、NGな勉強法の注意点をそれぞれ詳しく解説していきますね。

 

間違った勉強法1.怪しい情報商材に手を出す

ネットにはWebライターに関する情報商材があふれています。

情報商材とは

主にインターネットを介して売買される情報のこと。

 

情報商材の中には本当に稼げるノウハウを公開していることもあります。

しかし、だまそうとしている情報商材も多いです。

 

悪質な情報商材だと、以下のようなあおり文句で購入者を惑わしてきます。

悪質な情報商材のあおり文句一覧
  • 1日30分の勉強で誰でも月30万円稼げるようになる
  • この情報商材で勉強すればすぐに成果が出る
  • 短期間でぼろ儲けできる
  • 誰でも確実に成功できる

 

世の中にこのようなおいしい話はありません。

悪質な情報商材は魅力的な文章を並べ立ててくるので、カモにならないように気を付けましょう。

 

間違った勉強法2.本やセミナーを購入するだけで勉強しない

積み上げられた本

初心者Webライターに多いのが、とりあえず本やセミナーを購入して終わることです。

 

本やセミナーを購入すると達成感のようなものが生まれます。

特に本を何冊も手に入れると、あたかも賢くなったような気がするものです。

 

しかし、購入しただけではまったく意味がありません。

中身を読まないのであれば完全にお金の無駄遣いです。

「よーし、本を買ってこれで準備OK」ではなく、しっかりと中身も利用しましょう。
さっこー

 

【未経験者必見】Webライターを独学で始める最適な手順

Webライターを始めよう

未経験の人がこれからWebライターを始める場合は、以下の手順で進めるのがおすすめですよ。

Webライターの最適な始め方

  • 1.ライティングできる環境を整える
  • 2.本やセミナーでライティングを学ぶ
  • 3.クラウドソーシングで仕事を受ける
  • 4.勉強と仕事を繰り返して経験を積む
  • 5.ブログ運営も展開して収入源を増やす

では具体的な始め方を5つのステップに分けて解説していきますね。

 

ステップ1.ライティングできる環境を整える

Webライターを始めるためには以下の環境が必要です。

Webライターに必要な環境
  • パソコン
  • Wi-Fi

 

Webライターは基本的にパソコンを使える状態であればOKです。

しかし、上記の状態だと心もとないので、以下のものも用意しましょう。

あると便利なWebライターツール・周辺機器

ライターツール

  • 日本語校正ツール
  • コピペチェックツール
  • 関連ワード検索ツール
  • 文字数チェックツール
  • 画像取得ツール

周辺機器

  • マウス
  • 打ちやすいキーボード
  • パソコン台

 

ライターツールは無料で利用できるものも多く、Webライターにとって必須です。

紹介した5つのツールは持っておくと便利なので準備しておきましょう。

 

また、周辺機器もあると執筆時間を節約できるのでおすすめです。

作業効率を高めたいという人は、思い切って購入するのも良いでしょう。

 

ステップ2.本やセミナーでライティングを学ぶ

本で勉強する女性

作業環境を整えた後は、本やセミナーで勉強していきます。

勉強する際は短時間でも良いので、毎日学ぶようにしましょう。

毎日勉強すれば習慣になって、成長が早まりますよ!

勉強はコツコツと進めることが大切です。まとめて覚えても抜けていくだけなので気を付けましょう。
さっこー

 

ステップ3.クラウドソーシングで仕事を受ける

知識を覚えた後はクラウドソーシングでアウトプットしましょう。

クラウドソーシングとは

ネット上で企業や個人が不特定多数の人に仕事を発注する業務形態のこと。
Webライターやプログラマーなど、さまざまなネット業務の仕事を募集している。

 

クラウドソーシングを利用すれば未経験者でも仕事を取れます。

仕事を取った後は覚えたことを活かして、稼ぎながら知識を定着させていきましょう。

 

ステップ4.勉強と作業を繰り返して経験を積む

インプットとアウトプット

クラウドソーシングで仕事ができたら、あとは勉強と仕事を繰り返していくだけです。

インプットとアウトプットを繰り返していくと着々と成長でき、3か月もあれば少なくとも月10万円を達成できるでしょう。

Webライターは成果が出るまで早くても1か月はかかるので、コツコツと経験を積んでいくことが大切ですよ!
さっこー

 

ステップ5.ブログ運営も展開して収入源を増やす

Webライターとして収入が増えてきたらブログ運営も始めましょう。

 

Webライターで稼ぐ力が身に付くと、ブログでも成功できる腕は身に付いています。

仮にブログで成功すると収入源が増えるので生活が安定してきます。

場合によってはブログだけで生活できる収入も手に入るでしょう。

 

ブログは成果が出るのに1年以上かかることが多いので、なるべく早く始めるのがおすすめですよ!

 

まとめ.Webライターは独学でもやる気次第で成功できる!

勉強を始めよう

Webライターを独学で勉強する方法や注意点を体験談に基づいて紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターの独学はインプットとアウトプットが大切
  • 毎日コツコツ作業すれば徐々に成果が表れ始める
  • ただし独学はモチベーション管理と情報収集力の正確性が必要
  • ひとりでの勉強がつらい場合はセミナーを利用するのもおすすめ

 

Webライターを独学で勉強するためには、専門書をメインにネットやクライアントからのフィードバックで勉強するのがおすすめです。

挫折することなく毎日コツコツ作業すれば、3か月頃を目安に成果が見え始めるでしょう。

 

しかし、Webライター未経験者が独学で学ぶと、間違った情報に踊らされる可能性もあります。

より確実な情報をつかむためにおすすめなのがライターセミナーです。

 

セミナーの中には現役でバリバリ活躍するライターが講師を務めるものもあります。

たとえば「WritingHacks(ライティングハックス)」は月100万円以上稼ぐ講師がいる優れたセミナーです。

プロによる質問サポートと添削サポートも利用できます。

 

「最速で結果を出したい」

「間違った知識を覚えていつまでも稼げないWebライターになりたくない」という人は、ライティングハックスを利用しましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター