Webライター

Webライター業務が楽になるツール・ソフト21選を徹底解説!

おすすめのライターツール21選
・Webライターに必須なツールってどれなの?
・Webライター向けソフトやアプリが多すぎてどれを使えば良いのかわからない
・現役ライターが使っているツールを知りたい

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • ライターツールを使うと効率的に良質な記事を書ける
  • Webライターツールは主に6種類ある
  • 現役30万円ライターがおすすめする21種類の便利ツール・ソフト

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライター向けのツールやソフトを使いたいけど結局どれがおすすめなの?」とお悩みの方へ。

ツールやソフトを使うと効率的なライティングが可能ですが、種類が多すぎてどれがよいのかわかりづらいですよね?

 

そこでこの記事では、Webライターとして月収30万円稼ぐ私がおすすめツール・ソフト21選を紹介します。

どのツールを使うか迷う場合は、以下で取り上げるものを使えばOKですよ!
さっこー

 

目次

Webライターにおすすめのツール・ソフト一覧

まずは当ブログでおすすめするWebライター向けのツールやソフトをご紹介します。

※左右にスクロール可能

ツール名 役割 主な特徴
Enno
(無料)
日本語校正 ・シンプルで使いやすい
Microsoft Word
(無料)
日本語校正 ・校正の精度レベルを調整できる
文賢
(月額2,178円)
日本語校正 ・検査項目や精度がダントツで優れている
CopyContentDetector
(無料)
コピペチェック ・ハイレベルなコピペチェックができる
コピペリン
(年間6,500円)
コピペチェック ・コピペチェックの精度がCCDより細かい
Google
キーワードプランナー
(無料)
キーワード検索 ・月間検索数をざっくり計測できる
・1日に何回でも検索できる
Ubersuggest
(基本無料)
キーワード検索 ・月間検索数を明確に計測できる
・1日の計測回数が決まっている
ラッコキーワード
(無料)
関連ワード検索 ・シンプルでわかりやすい
Keyword Researcher
(無料)
関連ワード検索 ・キーワードマップの自動検出が優れている
文字数カウント
(無料)
文字数チェック ・シンプルなので誰でも使える
半角・全角スペース、
空行、改行の自動削除機
(無料)
文字数チェック ・文字カウントにあわせて6つの便利機能がある
写真AC・イラストAC
(無料)
フリー画像取得 ・日本人の写真やイラストを掲載している
・1日のダウンロード数が決まっている
O-DAN
(無料)
フリー画像取得 ・海外向けの写真を掲載している
・1日に何回でもダウンロードできる
ぱくたそ
(無料)
フリー画像取得 ・日本人のニッチな写真を掲載している
・1日に何回でもダウンロードできる
PIXTA
(月額1,980円から)
フリー画像取得 ・日本人のハイクオリティな写真を掲載している
・6,940万点以上の写真がある
Shutterstock
(月額3,500円から)
フリー画像取得 ・外国人のハイクオリティな写真を掲載している
・35,000万点以上の写真がある
・無料体験がある
漢字使用率チェッカー
(無料)
漢字使用率チェック ・文章内の漢字使用率を調べられる
Yahoo!知恵袋
(無料)
ペルソナ調査 ・さまざまな読者の悩みを見つけられる
Canva
(無料)
画像加工 ・画像を簡易的に加工できる
iLoveIMG
(無料)
画像圧縮 ・画質を落とさずに圧縮できる
シソーラス
(無料)
類義語・対義語検索 ・類義語や対義語を調べられる

※ツール名を押すと紹介見出しにジャンプ

 

とりあえず無料ツールから使って、満足できない場合は有料ツールに移行するのがおすすめです。

 

そもそもWebライターがツールやソフトを利用する2つのメリット

ライターツールのメリット

Webライターが便利ツールやソフトを使うメリットは主に以下の2つです。

ツールを使うメリット

  • 作業効率が上がる
  • ミスが減って記事の質が上がる

では2つのメリットを深掘りしていきますね。

 

ツールを使うメリット1.作業効率が上がる

作業効率がアップ

ツールやソフトを利用すると必要な情報を素早くキャッチできます。

 

Webライターの収入は執筆した文字数と文字単価で決まるのが一般的です。

たとえば1文字1円の仕事で、1時間で2,000文字書けると時給は2,000円に達します。

一方で、2時間で2,000文字執筆の場合は時給が1,000円です。

 

このように執筆に時間をかけてしまうと収入アップが期待できなくなります。

時間短縮に便利なのがWebライターツール・ソフトです。

 

ツールやソフトを利用すればキーワードや関連ワードを探したり、記事構成を作ったりする時間を削減できます。

リサーチの時間を減らせばその分執筆スピードも上がるので、時給も増えてくるでしょう。

稼ぐことを目指すWebライターにとって、便利ツールやソフトの存在は必要不可欠と言えます。

 

ツールを使うメリット2.ミスが減って記事の質が上がる

ライターツールの中にはミスを指摘してくれるタイプもあります。

 

Webライティングは人間がする作業なので、完全にミスをなくすということは不可能に近いですよね。

どれだけチェックしても誤字脱字やおかしい文章の表現が出てきてしまいます。

そんな人間の単純ミスをライターツールは見逃しません。

 

自分が書いた文章の間違った箇所を指摘してくれるので、その部分を直せばミスが消えます。

結果的に記事全体のクオリティが格段に上がって、読者にとって読みやすい記事が完成しますよ!

 

Webライティングに必要な6種類のツール

Webライティングのときに使用したいツールは以下の6種類です。

メおすすめのライティングーツール

  • 日本語校正ツール
  • コピペチェックツール
  • キーワード検索ツール
  • 関連ワード検索ツール
  • 文字数チェックツール
  • 画像取得ツール

続いてそれぞれのツールがどのような役割を持っているのか紹介していきますね。

 

ライティングツール1.日本語校正ツール

日本語

日本語校正ツールとは

正しい日本語の書き方を指摘してくれるツール。
誤字脱字や言葉の誤用、重複表現などをチェックしてくれる。

 

日本語校正ツールは正しい文章へと導いてくれるツールです。

たとえば「種類が複数あるので注意する必要がある」という文章だと、「ある」が2回使われているので、重複していることを指摘してくれます。

 

日本語校正ツールを使えば人の目で気付きづらいところまで指摘してくれるので非常に便利です。

誤字脱字や誤用をなくせば読みやすい文章になるので、記事のクオリティがグンと増しますよ!

 

ライティングツール2.コピペチェックツール

コピー

コピペチェックツールとは

自分で執筆した記事や文章がほかのサイトで使われていないかチェックするツール。

 

Webライティングしていると、知らず知らずのうちにほかのサイトをコピーしてしまうこともあります。

特にほかの記事を参考にしながら執筆するとコピペ率が上がりやすいです。

 

Webライターにおいてコピペは致命傷で、仮にコピペが発覚すると以下のデメリットが発生します。

コピペのデメリット
  • SEO効果が落ちる
  • Google検索で上位に表示されなくなる
  • Googleからペナルティを受ける必要がある
  • オリジナリティがなくなる
  • コピー元からクレームを受ける

 

コピペするとライティングした意味がなくなるので、クライアントも記事を受け取ってくれません。

そんなコピペ対策として機能するのがコピペチェックツールです。

 

コピペチェックツールを使用すれば執筆した記事と既存の記事を照らし合わせてくれます。

コピペ部分があった場合は指摘してくれるので、コピペ率を下げることも可能です。

 

Webライターの仕事をしていると「納品前にコピペチェックしてください」と言われることも多いので、必ず導入しておきましょう。
さっこー

 

ライティングツール3.キーワード検索ツール

キーワード

キーワード検索ツールとは

キーワードの競合性や検索ボリュームを調べるツール。

 

キーワード検索ツールは特にブログ運営している人にとって必須です。

 

ブログ運営する際はそのキーワードに対して「どれくらいの人が興味を持っているのか」を調べなければいけません。

もし関心度の低いキーワードで攻めてしまうと読者が集まらず失敗しやすいです。

 

読者の興味をお手軽に調べられるのがキーワード検索ツールです。

キーワード検索ツールを使用すれば、そのキーワードが月間でどれくらい調べられているのか数字で知ることができます。

人気のあるキーワードで執筆してGoogleで上位表示されると、爆発的に人が集まり稼ぎやすいです。

 

キーワード検索ツールはWebライターだと使う機会があまり多くありませんが、将来的にブログ運営したい場合は導入しておくと良いでしょう。

 

ライティングツール4.関連ワード検索ツール

関連ワード検索ツールとは

そのキーワードに対する関連キーワードを検索できるツール。

 

そもそも関連ワードとは、Googleで検索したときに表示されるキーワードのことです。

関連キーワード

Googleでは何かキーワードを打ち込むと、その先を予想して関連キーワードを用意してくれます。

この関連キーワードをリサーチできるのが関連ワード検索ツールです。

 

関連ワード検索ツールの場合はGoogleと違って、もっとたくさんの関連ワードを知ることができます。

より多くの関連ワードを把握するメリットは以下の通りです。

関連ワードの効果
  • 本文中に含めるとSEO効果が上がる
  • 読者の深層的なニーズを知ることができる
  • ブログ運営のネタ探しになる
関連ワードを上手に生かすとライティングやブログ運営で大いに役立ちますよ。
さっこー

 

ライティングツール5.文字数チェックツール

文字数チェック

文字数チェックツールとは

記事内の文字数を調べるツール。

 

Webライターの仕事をしていると「3,000文字程度でお願いします」と、文字数を指摘されることが多いです。

現在執筆している記事の文字数を知りたい場合は、文字数チェックツールを使えば一発でわかります。

 

ライティングツール6.画像取得ツール

画像

画像取得ツールとは

著作権を有さないフリー画像を無料・有料で取得できるツール。

 

Webライターの仕事の中には「本文中にフリー画像を挿し込んでください」と言われることもあります。

本文中に画像を挿入する理由は、以下のメリットがあるからです。

画像を挿入するメリット
  • 文章だけの記事より読みやすい
  • 画像を見るとイメージがわきやすい
  • オリジナリティが生まれる

画像を入れると記事のクオリティが上がります。

 

しかし多くの画像には著作権があるので勝手に使うことができません。

画像の著作権に触れない写真がフリー画像です。

 

フリー画像であれば基本的に著作権違反にならないので、フリー素材の画像取得ツールを使って記事の質を上げましょう。

 

Webライターにおすすめの日本語校正ツール3選

おすすめの日本語校正ツールは以下の通りです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
Enno
(無料)
・シンプルなので使いやすい
Microsoft Word
(無料)
・校正レベルを調整できる
文賢
(月額2,178円)
・検査項目や精度がダントツで優れている

では各ツールの特徴や使い方を詳しく紹介していきますね。

 

おすすめの日本語校正ツール1.Enno

Enno

Ennoは無料で使える日本語校正ツールです。

完成した記事をコピペしてチェックするだけで、すぐ校正してくれます。

Ennoの校正項目
  • 文章の入力ミス
  • 変換ミス
  • 誤字脱字
  • 文章の誤用

無料と思えないくらいにチェック精度が高いのがEnnoの魅力です。

 

とはいえEnnoだけで完結するほど校正レベルは高くありません。

Ennoでチェックしたのに誤字脱字が残っているケースも多いです。

無料ツールとしては優秀ですが、有料級の精度は備えていないので気を付けましょう。

\完全無料なのに高性能/

Enno公式サイト

 

おすすめの日本語校正ツール2.Microsoft Word

Word

Microsoft Wordは有名な文章作成ツールですが、実は文章の校正機能が搭載されています。

Wordの校正項目
  • 誤字脱字に対して赤の波線で指摘
  • 文法の間違いは青の波線で指摘
  • 文字の重複
  • 文章の読みやすさ

Wordの校正レベルはかなり高いです。

さまざまな項目に対して細かく校正してくれます。

 

そのうえ詳細設定を行うと校正のレベルを引き上げることも可能です。

すでにWordがインストールされている場合は利用してみると良いでしょう。

Wordを購入すると場合は15,000円程度発生するので注意が必要です。

\校正レベルの調整機能が便利/

Microsoft公式サイト

 

おすすめの日本語校正ツール3.文賢

文賢

文賢はハイレベルな校正が可能な有料ツールです。

文賢の校正項目
  • 文章の読みやすさ
  • 文章のわかりやすさ
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用
  • 誤字脱字
  • 重複表現
  • 冗長表現
  • スマホやパソコンなど環境別の見え方
  • 表記ゆれ
  • 独自のチェックリスト追加機能
  • 漢字の開く・閉じるチェック

 

ほかの文章校正ツールと比較すると圧倒的な性能を誇ります。

さまざまな項目で正しい文章へと導いてくれるので、記事のクオリティも上がります。

 

そのうえ、間違い箇所をサクッと検出してくれるので時短も可能です。

ライティングの時間が減るとプライベートの時間にあてたり、ほかの仕事を請け負ったりできます。

 

高性能を誇る文賢の値段は以下の通りです。

  • 初期費用:11,880円
  • 月額費用:2,178円

ぶっちゃけ高いですよね。

 

しかし、文賢を使って記事の質を上げたり、ライティングスピードを上げたりすれば、より効率的に稼げます。

元を取るどころかそれ以上の収益を上げられるので、導入する価値は大きいですよ!

 

ちなみに文賢は月2~3回開催されるオンライン説明会に参加すると、4日間だけトライアルとして無料で利用できます。

文賢が気になっている人は公式サイトからオンライン説明会に参加してみてください。

\記事のクオリティが格段に上がる/

文賢公式サイト

 

Webライターにおすすめのコピペチェックツール2選

コピペチェックツールなら以下の2つがおすすめです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
CopyContentDetector
(無料)
・ハイレベルなコピペチェックができる
コピペリン
(年間6,500円)
・コピペチェックの精度がCCDより細かい

では2つのツールについて詳しく紹介していきます。

 

おすすめのコピペチェックツール1.CopyContentDetector

 

CopyContentDetector

CopyContentDetector(CCD)は無料で利用できる高性能なコピペチェックツールです。

無料なのに有料級の精度を誇ります。

 

1回あたり上限4,000文字しか調査できないデメリットもありますが、それ以外の部分は優秀です。

コピペ精度の高さやスピード、お手軽さなどあらゆる面でほかの無料コピペチェックツールを圧倒しています。

 

CCDはその使い勝手の良さから数多くのWebライターやブロガーが使っているほどです。

Webライターの必須ツールなのでブックマークしておきましょう。

\有料級の精度を誇る無料ツール/

CCD公式サイト

 

おすすめのコピペチェックツール2.コピペリン

コピペリン

コピペリンは有料のコピペチェックツールです。

CCDと比べると同じくらいの精度を誇ります。

 

コピペリンの場合は4つの項目でチェックすることが可能です。

  • 完全コピー:完全コピーをチェック
  • 使用文字一致:複数のサイトからつなぎ合わせた文章をチェック
  • 照合文章一致:ヒットした結果と元の文章を突合チェック
  • 判定文章一致:検索エンジンで検索した文節をチェック

 

CCDより細かく調べてくれるので、よりオリジナリティの高い記事を作りたいときに向いています。

 

コピペリンは料金が年間6,600円ですが、月額にすると約500円です。

そこまで高価なツールではないので、より精度の高いコピペチェックをしたい場合は利用してみてください。

\30日間全額返金保証あり/

コピペリン公式サイト

 

Webライターにおすすめのキーワード検索ツール2選

特定キーワードの人気を調べるキーワード検索ツールのおすすめは以下の通りです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
Google
キーワードプランナー
(無料)
・月間検索数をざっくり計測できる
・1日に何回でも検索できる
Ubersuggest
(基本無料)
・月間検索数を明確に計測できる
・1日に計測数が決まっている

 

どちらも無料なので両方利用するのがおすすめです。

では2つのキーワード検索ツールについて紹介していきますね。

 

キーワード検索ツール1.Google キーワードプランナー

Google キーワードプランナー

Google キーワードプランナーはGoogleが提供する無料ツールです。

キーワードプランナーでは、キーワードに対する月間検索数をざっくりと知ることができます。

 

たとえば「Webライター」で調べると、月間検索ボリュームは1~10万でした。

かなり多くの人が調べているので、検索上位を獲得できると収益が発生しやすいです。

 

キーワードプランナーは無料で何回も調査できますが、無料版は数字がざっくりとしています。

明確な数字を知りたい場合は有料バージョンを利用するしかありません。

 

とはいえ無料でも高性能を誇るので十分に使えます。

気になるキーワードを一括で検索することもできるので、1回あたりの検索に時間もかかりませんよ。

\月間検索数をざっくりと把握できる/

キーワードプランナー公式サイト

 

キーワード検索ツール2.Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest

Ubersuggestは無料で使える人気のSEO分析ツールです。

キーワードプランナーと一緒で月間検索ボリュームを調べられますが、Ubersuggestは細かい数字まで出ます。

 

たとえば「Webライター」で調べると検索ボリュームが9,900と出ました。

無料で細かい数字まで出るので、その点に関してはキーワードプランナーより優れています。

 

ただ、Ubersuggestは1日の検索回数が決まっていて、キーワードプランナーのように無制限で調査できません。

大量にキーワードの検索ボリュームを調べたいときは、キーワードプランナーを利用した方が良いです。

Ubersuggestは特定キーワードの検索ボリュームを調査する場合に使いましょう。

\検索ボリュームを明確に把握できる/

chromeウェブストア

 

Webライターにおすすめの関連ワード検索ツール2選

特定キーワードに関連する検索ワードを調べる「関連ワード検索ツール」のおすすめはこちらです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
ラッコキーワード
(無料)
・シンプルでわかりやすい
Keyword Researcher
(無料)
・キーワードマップの自動検出が優れている

 

関連ワード検索ツールはこの2つを利用しておくだけで良いです。

ほかのツールは特に必要ないほどの高性能を誇ります。

ではどのような性能を搭載しているのか、各ツールの特徴を詳しく見ていきますね。

 

関連ワード検索ツール1.ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは非常に優秀な関連ワード検索ツールです。

知りたいキーワードで調べると一瞬で関連ワードを検出してくれます。

 

試しに「Webライター」で調べてみたら、426件もヒットしました。

使い方もシンプルで、ラッコがどこか親近感を持たせてくれます。

完全無料で利用できるので一度試してみてくださいね。

\ラッコのキャラがかわいい/

ラッコキーワード公式サイト

 

関連ワード検索ツール2.Keyword Researcher

Keyword Researcher

Keyword Researcherはラッコツールと同程度の性能があるツールです。

 

「Webライター」で調べたところ、542件もヒットしました。

数に関してはラッコツールより多いです。

 

また、Keyword Researcherは関連ワードを示すと同時に、キーワードマップも表示してくれます。

キーワードマップ

 

キーワードマップを見ると、より関連キーワードを把握しやすいです。

Keyword Researcherも完全無料で使えるので試してみてください。

\キーワードマップの自動生成が優秀/

Keyword Researcher公式サイト

 

Webライターにおすすめの文字数チェックツール2選

ライター業務に必須の文字数チェックツールは以下のものがおすすめです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
文字数カウント
(無料)
・シンプルなので誰でも使える
半角・全角スペース、
空行、改行の自動削除機
(無料)
・文字カウントにあわせて6つの便利機能もある

では順番に特徴を解説していきますね。

 

文字数チェックツール1.文字数カウント

文字数カウント

文字数カウントは検索窓に文字を打って「字数を数える」ボタンを押せば一瞬で文字数が表示されるツールです。

 

カウント速度も即時反映なので、待ち時間は一切ありません。

文字カウンターを探している場合は、とりあえず文字数カウントを使っておけばOKです。

\一瞬で文字カウントが終わる/

文字数カウント公式サイト

 

文字数チェックツール2.半角・全角スペース、空行、改行の自動削除機

半角・全角スペース、空行、改行の自動削除機

「半角・全角スペース、空行、改行の自動削除機」は文字カウントすると同時に、以下の性能が備わっています。

  • 半角・全角スペースの除去
  • タブの除去
  • 改行を除去
  • 空白行を段階的・すべて削除
  • 会話文を除く「行頭」を一字下げ
  • ローマ数字を漢数字に変換

 

文字数カウントと違ってさまざまな便利機能があります。

コピペチェックの際にスペースや空白を除去したいときに便利ですよ!

\6つの便利機能が搭載/

公式サイト

 

Webライターにおすすめの画像取得ツール5選

フリー画像を取得できるおすすめツールは以下の通りです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
写真AC・イラストAC
(無料)
・日本人の写真やイラストを掲載している
・1日のダウンロード数が決まっている
O-DAN
(無料)
・海外向けの写真を掲載している
・1日に何回でもダウンロードできる
ぱくたそ
(無料)
・日本人の写真を掲載している
・1日に何回でもダウンロードできる
PIXTA
(月額1,980円から)
・日本人のハイクオリティな写真を掲載している
・6,940万点以上の写真がある
Shutterstock
(月額3,500円から)
・海外向けのハイクオリティな写真を掲載している
・35,000万点以上の写真がある
・無料体験がある

では5つのフリー画像取得ツールについて解説していきます。

 

おすすめの画像取得ツール1.写真AC・イラストAC

写真AC

写真AC・イラストACは日本人の画像やイラストをダウンロードできるツールです。

日本人の映像やかわいらしいイラスト、イメージなどがほしいときに適しています。

 

基本的に無料で使えますが、無料だとダウンロード数と検索数が決まっているので注意が必要です。

1日で何回も画像をダウンロードする場合は、有料版(月額1,470円)に加入する必要があります。

まとめて画像をダウンロードしたいときには不向きなので気を付けましょう。

\1日9枚を無料ダウンロード/

写真AC公式サイト

 

おすすめの画像取得ツール2.O-DAN

O-DAN

O-DANは複数の画像取得ツールが搭載されたサイトです。

O-DANに搭載された画像取得ツール
  • Unsplash
  • Pixaby
  • Picography
  • Negative Space
  • picjumbo

こちらは一例ですが、大量の画像取得ツールが含まれます。

 

O-DANで調べると、わざわざほかのツールを開いて検索する必要がありません。

質の高い画像をたくさん取り扱っていて、ダウンロード回数に制限もないのでおすすめです。

\画像を効率的に探せる/

O-DAN公式サイト

 

おすすめの画像取得ツール3.PAKUTASO(ぱくたそ)

PAKUTASO

PAKUTASOはほかで見ないようなユニークな日本人の画像を取り扱っているツールです。

 

たとえば「寝落ち寸前の会社員」や「お土産に551を持った会社員」などの独特な画像があります。

ニッチなジャンルの画像を取り扱っているので「こんな写真あるわけないよね」といった時に便利です。

 

PAKUTASOも会員登録なしで、利用回数も無制限なので一度チェックしてみてください。

\ニッチな日本人の画像を取扱い/

PAKUTASO公式サイト

 

おすすめの画像取得ツール4.PIXTA(ピクスタ)

PIXTA

PIXTAは高品質な日本人写真を多数取り扱っている有料ツールです。

無料ツールとは掲載数が異なり(6,940万点以上)、基本的にどのワードで検索しても大量にヒットします。

 

画像の質も高く、無料画像とは一線を画すきれいさです。

よりクオリティの高い写真や画像をサクッと見つけたい場合はPIXTAが適しています。

 

PIXTAは月額1,980円からと少々高いです。

ただ料金が高いので、ほかのサイトではそこまで頻繁に使われていません。

PIXTAを使えばオリジナリティを出せるので、ほかの記事とかぶるのが嫌なときにもおすすめです。

\高品質な日本人の画像を掲載/

PIXTA公式サイト

 

おすすめの画像取得ツール5.Shutterstock(シャッターストック)

Shutterstock

ShutterstockはPIXTAに負けないくらいハイクオリティな画像を取り扱うツールです。

写真家兼プログラマーの方が立ち上げたサービスなだけあって、スタイリッシュな画像がたくさんあります。

 

PIXTAとは違って日本人の画像はそこまで多くありません。

海外やイラスト系の画像がほしい場合にShutterstockはおすすめです。

 

Shutterstockは月額3,500円からと高いですが、掲載数が多いのでオリジナリティを出せます。

Shutterstockでは1か月無料体験を行っているので、気になる場合は一度利用してみると良いですね。

\無料で写真を10枚ダウンロードできる/

Shutterstock 公式サイト

 

持っておくと便利なライティングツール5選

Webライターは上記で紹介した16種類のツールを持っていれば活躍できますが、プラスアルファで以下のツールを使うのもおすすめです。

※左右にスクロール可能

ツール名 主な特徴
漢字使用率チェッカー
(無料)
・文章内の漢字使用率を調べられる
Yahoo!知恵袋
(無料)
・さまざまな読者の悩みを見つけられる
Canva
(無料)
・画像を簡易的に加工できる
iLoveIMG
(無料)
・画質を落とさずに圧縮できる
シソーラス
(無料)
・類義語や対義語を調べられる

では5つのライティングツールについて解説していきます。

 

便利ツール1.漢字使用率チェッカー

漢字使用率チェッカー

漢字使用率チェッカーはその文章における漢字使用率を算出するツールです。

 

漢字は多すぎると硬い印象を与え、少なすぎるとゆるい印象を与えます。

硬い文章やゆるい文章は読みづらいとされていて、適度に漢字を使うのが読みやすい文章です。

 

記事全体の漢字使用率を把握できるのが漢字使用率チェッカーで、文章をコピペして調べるとパーセンテージで漢字率を出してくれます。

漢字使用率の目安
  • 20%以下:締まりがない文章
  • 30%前後:最も読みやすい文章
  • 40%以上:硬い感じの文章

 

30%前後が理想的な数値なので、より読みやすい文章を意識する場合は調整しましょう。

\よりクオリティの高い記事を目指せる/

漢字使用率チェッカー公式サイト

 

便利ツール2.Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋はさまざまな人の悩みと答えがまとめられているサイトです。

かなり有名なお悩み解決サイトなので、知っている人も多いでしょう。

 

「Yahoo!知恵袋が一体Webライティングの何に役立つのか」と思うかもしれませんね。

Yahoo!知恵袋には悩みが掲載されているので、キーワードのペルソナを決めるときに役立ちます。

ペルソナとは

想定読者のこと。
その記事をどんな人が読むのか考えて書くことで、共感しやすい記事になる。

 

読者の心をひきつけるために必須のペルソナは、Yahoo!知恵袋をのぞけばいくらでもあります。

「このキーワードは誰向けに書いたら良いのかわからない」というときに便利ですよ!

\読者の悩みが詰まった宝庫/

Yahoo!知恵袋公式サイト

 

便利ツール3.画像加工ツール「Canva」

Canva

Canvaはオンライン上で簡易的に画像を編集できるツールです。

たとえば、画像に文章を書き込んだり、画像を拡縮したりできます。

 

フリー画像に画像を入れると読者の目に付きやすく、オリジナリティも出せます。

ありきたりなフリー画像にひと工夫加えたい場合は使ってみてください。

\フリー画像をオンリーワンにできる/

Canva公式サイト

 

便利ツール4.画像圧縮ツール「iLoveIMG」

iLoveIMG

iLoveIMGは画質のクオリティを下げずに圧縮できるツールです。

 

画像は記事を読みやすくする効果がありますが、文字と比べると容量が重いです。

大量に画像を使うとサイトが重くなり、快適性が落ちるので読者が離れてしまいます。

 

サイトに影響を与えず、画像をたくさん使いたい場合にiLoveIMGは便利です。

iLoveIMGでは画質を落とさずに、1回あたり最大30枚をまとめて圧縮してくれます。

 

特にブログ運営者はサイトの表示スピードが重要なので、画像をアップロードする際はiLoveIMGで圧縮してから利用しましょう。

\1分以内で30枚を圧縮できる/

iLoveIMG公式サイト

 

便利ツール5.対義語・類義語検索ツール「シソーラス」

シソーラス

シソーラスは対義語や類義語を調べられるツールです。

 

文章を書いていると知らない間にほかの文章とかぶってしまい、コピペ判定されることも珍しくありません。

コピペ率を下げたいときに便利なのがシソーラスです。

 

コピペ判定された言葉をシソーラスで調べた類義語に置き換えることで、コピペ率を下げられます。

言葉を調べるときにも便利なので、Webライティングの際はうまく活用してみてくださいね。

\コピペ率の低下に貢献/

シソーラス公式サイト

 

まとめ.ライターツールを導入してお手軽に記事の質を上げよう

ライターツールで記事の質を上げよう

Webライターに必要なツールやソフト21選を紹介してきました。

 

ライターツールはさまざまなものがありますが、気になった無料ツールから試してみましょう。

無料ツールならノーリスクで使えるので、自分に合ったものを探してみてください。

おすすめのライティングツール一覧に戻る

 

有料ツールの中だと、校正ツールの「文賢」が圧倒的におすすめです。

文賢は一瞬で誤字脱字や誤用、文章の読みやすさなどをチェックしてくれます。

ライター初心者でも文賢を参考に修正していけば、記事のクオリティが上がります。

 

文賢は有料ですが投資する価値は十分にあるので、少しでもWebライターとして稼ぎたいと思うなら思い切って導入しましょう。

\説明会に参加して無料で試す/

文賢公式サイト

 

Webライターの「稼げない」を最速で抜け出す方法

Webライティングできなくて悩む

未経験者や初心者がWebライターをしていると以下のようなことで悩みがちです。

Webライター初心者の悩み

  • Webライティングのやり方がわからない
  • 執筆に何時間もかかる
  • 時給500円以下で働いている
  • 応募しても採用されない
  • なかなか稼げるようにならない
  • 本当に続けていれば稼げるようになるのか

 

これらの悩みは経験やスキルがない初心者特有の悩みです。

知識がないまま進めてしまうと壁にぶち当たって、そのまま挫折することがよくあります。

 

初心者がWebライターとして好スタートを切るためには知識を付けなければいけません。

ライティングの勉強におすすめなのが「WritingHacks(ライティングハックス)です。

ライティングハックス

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスの内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

「Webライターとして最速で成功を収めたい」

「Webライターで独立して自由な生き方をしたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター