Webライター

Webライターで挫折しそうな人へ贈る5つの対処法を経験者が語る!

Webライターが挫折しそうなときの対処法
・Webライターをやってみたけど思いのほか難しい
・希望する結果にならないから挫折しそう
・挫折しそうなときはどうすれば良いのか教えてほしい!

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターの挫折原因はスキル不足によるモチベーション低下が大きい
  • 挫折しないためにはスキルの習得が必須
  • スキルを学びつつ適度に休憩しながら努力することが成功の秘訣
  • スキルの習得はサポートの質が高いWritingHacksがおすすめ

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターを始めたけど全然稼げないからもうやめたい」とお悩みの方へ。

Webライターはパソコンやスマホさえあれば気軽に始められますが、実際に始めると難しいです。

いくら作業しても変化が見られないと挫折したくなりますよね?

 

そこでこの記事では、過去に挫折したことがある私が「Webライターで挫折する原因や対処法」を解説していきます。

最後まで読んでいただくと、どうすれば挫折を乗り越えて稼げるライターに成長できるのかわかりますよ!
さっこー

 

Webライターに挫折したけど最終的に月20万稼いだ体験談

私は今でこそ専業Webライターとして年収300万円以上稼いでいますが、実は挫折した経験があります。

 

私の場合はクラウドワークスでWebライター活動を始めましたが、初月の収入はたったの5千円未満です。

クラウドワークスの1~2月度の収益

 

その後も、専業でWebライターをしているのに月5万円稼ぐことができませんでした。

思ったような成果を上げられず「やはり経験がないとWebライターは稼げないのか」と絶望したことを覚えています。

 

Webライターを挫折した後はブログ運営に移りましたが、ブログ運営失敗に終わりました。

何もなせないまま終わるのは嫌だったので、もう一度Webライターに挑戦しようと奮起し、その月は約5万円稼ぐことに成功しました。

クラウドワークスの収入3~4か月目

 

Webライターを始めて4か月経過しましたが、この時に初めてWebライターは努力次第で稼げると思ったものです。

その後も作業を継続すると6か月目に約20万円を達成しました。

クラウドワークスの収入6か月目

 

一度月20万円を達成した後は、安定して月20万稼ぐことに成功し、今となっては月30万円以上稼いでいます。

 

このようにWebライターでガッツリ稼いでいる私でもやる気を失って挫折したことがあります。

しかし、一度挫折しても戻ってくればまったく問題ありません。

Webライターは挫折経験があっても成功を収めることができるので、あきらめてはいけませんよ!
さっこー

 

よくあるWebライターの挫折理由7選

Webライターで挫折する

初心者はWebライターを挫折しやすいですが、執筆を続けるのが難しいと感じる理由がこちらです。

Webライターの挫折理由

  • 文章を書くのが難しい
  • 思いのほか稼げない
  • そもそも仕事を取れない
  • 低単価案件から逃れられない
  • システム手数料に搾取されて心が折れる
  • クライアントとのやり取りが面倒になる
  • 勉強するのがだるい

 

すでに挫折しそうになっている方は思い当たることも多いですよね?

ではなぜ上記の状況に陥ると挫折しやすくなるのか具体的に解説していきますね。

 

理由1.文章を書くのが難しい

Webライターを始めるにあたって最初にぶち当たる壁が「文章を書くことの難しさ」です。

 

Webライターは文章を書くことが仕事ですが、未経験だと具体的にどのように書けばよいのかわかりません。

何をどう書けばよいのかわからず、そのまま作業することなくあきらめることも多いです。

 

もしくはWebライティングについて勉強してみたけど、思ったより難しくて理解できないケースもあります。

勉強した段階で難しいと感じれば、実際に作業することはないでしょう。

 

このようにWebライターは何の知識もなしにスタートすると、いきなり壁にぶつかります。

Webライターは気軽にできる仕事として紹介されますが、なめてかかると痛い目を見るので気を付けましょう。
さっこー

 

理由2.思いのほか稼げない

Webライターで稼いだ小銭

Webライターでもっとも挫折しやすいのが単価の安さです。

 

Webライターは実力主義の世界なので、スキルがない初心者は低単価案件に搾取される傾向があります。

実際に私もWebライターを始めたばかりの頃は、時給300円以下で働いていました。

 

時給300円という金額は、アルバイトでも考えられないほどの安い金額です。

「あんなに作業したのにたったこれだけしか稼げないのか」と当時の私も感じました。

何時間も作業しているのに、労力に伴った報酬を受け取れないと感じれば挫折するのも当然ですよね。
さっこー

 

理由3.そもそも仕事を取れない

Webライターで稼ぐためにはクライアントから仕事をもらわなければいけません。

Webライターが仕事をもらうまでの流れ
  1. クラウドソーシングやTwitterに掲載される案件をチェックする
  2. 執筆できる案件に対して提案文を送ってアピールする
  3. 提案文が採用されるとクライアントから返事が来る
  4. 本採用に向けてテストを行う
  5. テストに合格すると継続案件をもらえる

 

継続して仕事をもらうためには、提案文とテストの2つの審査をクリアしなければいけません。

 

しかし、Webライター初心者だとスキルの不足が影響で提案文とテストに落ちやすいです。

やる気があっても採用されなければ仕事ができないので、そのままやる気が失せて挫折することも珍しくありません。

Webライター未経験だと審査で不利に働きますが、やり方次第で初心者でも問題なく合格できるのでコツを知ることが大切ですよ!
さっこー

 

理由4.低単価案件から逃れられない

低単価案件に縛られる

Webライター初心者から中級者まで共通する悩みが単価の安さです。

そもそもWebライターの収入は以下の仕組みで決まります。

Webライターの単価
  • 単価(時給)=執筆スピード×文字単価×文字数

 

Webライターの単価は3つの要素で決まりますが、特に重要なのが文字単価です。

文字単価が安いと、いくら早く執筆しても単価が上がりません。

 

しかし厄介なことに、Webライターの単価は全体的に安い傾向があります。

私はクラウドワークスを愛用して2年以上経過しますが、平均文字単価は1文字1円以下です。

1文字1円を超えると比較的単価が高く、1文字2.0円以上の案件はほとんど存在しません。

 

Webライターはそもそも単価が安いので、低単価案件から逃れられない人は挫折してしまいます。

低単価案件の地獄から脱出するためにも、単価交渉のやり方を覚えることが大切ですよ!
さっこー

 

理由5.システム手数料に搾取されて心が折れる

Webライターをやっていて精神を削られるのがシステム手数料です。

システム手数料とは

クラウドソーシングを利用すると発生する利用料の一種。
契約金額から数%引かれて、自動で運営に支払われる。

 

システム手数料があるせいで、実際にもらえる金額が減ってしまいます。

 

たとえば大手のクラウドソーシング「クラウドワークス」や「ランサーズ」では、システム手数料が20%となっています。

システム手数料が20%で1万円の仕事を受けると、実際に受け取れる報酬は以下の通りです。

システム手数料の計算例

 

クラウドワークスで仕事すると1万円の案件でも、システム手数料が引かれて8,580円しか手に入りません。

 

システム手数料は利用料みたいなものなので仕方ありませんが、それでも毎回お金をひかれるのはつらいですよね?

せっかく稼いだお金が無駄になっていく様子に耐え切れず、「こんなバカバカしいことやっていられるか」と挫折する人も多いです。

 

たしかにシステム手数料は高いですが、初心者にとって案件数の多いクラウドソーシングは欠かせません。

まずはクラウドソーシングで経験を積み、その後直接契約へと移行するのがおすすめですよ。

 

理由6.クライアントとのやり取りが面倒になる

やり取りが面倒に感じる女性

Webライターはクライアントがいて初めて成立する仕事です。

言い換えるとクライアントとのやり取りなしでは仕事ができません。

 

やり取りは基本的にメッセージで完結するので楽ですが、それでも自分のペースで作業できないとストレスがたまってきます。

そのうえWebライターの仕事は基本的に納期が設定されるので、その日付までに納品しなければいけません。

 

このようにWebライターは完全に自分のペースで作業できない仕事です。

人とのやり取りが苦手な人は、ストレス過多になって挫折することがあります。

 

理由7.勉強するのがだるい

Webライターで稼ぐためには勉強が必要ですが、そもそも勉強がつらいと感じる人は挫折しやすいです。

 

ただ、Webライターの場合は基礎さえ身に付けると、月数万円は稼げるようになります。

まずは初心者向けのライティング本を一冊マスターし、月数万円稼げるライターを目指すと良いでしょう。

Webライターの挫折理由は7つありましたが、主にスキル不足や甘い考えが原因なのでなめすぎないようにしましょうね。
さっこー

 

Webライターの挫折を防ぐ方法5選

Webライターの挫折を防ぐ方法

Webライターの挫折を防ぐためには以下の5つの対処法が効果的です。

Webライターの挫折を防ぐ方法

  • 小さな目標を設定してクリアしていく
  • Twitterでライター仲間を作る
  • 適度に休憩する
  • 稼いだお金で自分にご褒美を与える
  • オンラインスクールの講師からサポートしてもらう

では5つの対処法を順番に解説していきますね。

 

対処法1.小さな目標を設定してクリアしていく

Webライターを続けるときに効果的なのが小さな目標を設定することです。

目標を設定して、達成していくと以下のメリットがあります。

目標を設定・クリアするメリット
  • 「自分はこの作業を終えた」という自信が付く
  • ゲーム感覚でWebライターを攻略していける
  • 目標が明確だとやるべきことがわかりやすい
  • 自分の成長が目に見える

 

このように目標を決めるだけでモチベーション維持につながります。

ただ、目標はほぼ確実に達成できるレベルに設定することが大切です。

 

たとえば初心者が「今月は月10万円を達成するぞ!」と意気込んでも、ほぼ確実に失敗します。

目標を達成できないと自信を失い、モチベーションも低下するでしょう。

 

目標をクリアして自信を付けるためにも、目標は以下のようなものがおすすめです。

初心者ライターにおすすめの目標
  • 毎日パソコンを起動する
  • 毎日500文字執筆する
  • 毎日Webライターの案件をチェックする
  • 毎日ライティング本で5分勉強する

 

ポイントは毎日することです。

毎日すれば、いずれ習慣となってつらさもなくなってきます。

毎日の作業が難しい場合は頻度を落としても問題ありません。とにかく継続することが大切ですよ!
さっこー

 

対処法2.Twitterでライター仲間を作る

Twitter

Webライターは基本的にひとりで作業するので孤独感が強くなります。

「だれも相談できる相手がいない」「ひとりで作業しているとむなしくなる」と感じやすいです。

 

孤独感に耐え切れない人は、TwitterでWebライター仲間とつながりましょう。

Twitterには初心者Webライターも多く、自分と同じ境遇の人とつながりやすいです。

仲間さえできれば悩みを共有でき、先輩ライターからは良いアドバイスをもらえます。

 

仲間がいるだけでつらいWebライターも乗り切れるのでおすすめです。

ちなみにTwitterで仲間を募集する際は「#Webライターと繋がりたい」とつぶやけばフォローされます。

メッセージには「初心者だから仲間がほしい」と書けば、向こうから声をかけてもらえますよ!

 

対処法3.適度に休憩する

Webライターの挫折を防ぐためには休憩することが大切です。

 

経験がないと最初からWebライターで稼ぐことは難しいので、徐々に精神がすり減ってきます。

そのまま進めると挫折する可能性は高いです。

実際に私はWebライターとして毎日作業していましたが、1か月くらいで限界が訪れて挫折しました。

 

挫折を未然に防ぐためにも、しっかりと休憩を取りましょう。

適度に休憩を取れば気分がリフレッシュされて、「よしがんばろう」と思いやすいです。

休憩とWebライター業務を繰り返せば、挫折を防ぎながら着実に成長していけますよ!
さっこー

 

対処法4.稼いだお金で自分にご褒美を与える

ご褒美を与えて幸せになる

休憩することに合わせてご褒美を与えるのもおすすめです。

ご褒美があると気分がリフレッシュされるだけでなく、そのご褒美を購入するためのモチベーションも保てます。

 

「何も成果を出していないのにご褒美を与えても良いのか」と思うかもしれませんが、挫折しないためにはご褒美も大切です。

ご褒美は甘やかしではなく、次への一歩を踏み出すためのエネルギーだと思いましょう。
さっこー

 

対処法5.オンラインスクールの講師からサポートしてもらう

Webライターの挫折を防ぐ方法としてもっとも効果的なのがライタースクールを利用することです。

ライタースクールとは

動画を通してプロからライティングのノウハウを教えてもらえる。

 

スクールを利用すると以下のメリットがあります。

ライティングスクールのメリット
  • 実際にプロが使う稼げるスキルを学べる
  • Webライター業務のアドバイスをもらえる

 

スクールでは実際にプロが使っているスキルを教えてもらえるので、ネットの情報より信頼性があります。

特にWebライターとして実績のあるプロが講師だと信頼性も高いです。

 

また、スクールでは以下のサポートを用意していることがあります。

ライティングスクールのサポート一覧
  • 質問サポート:プロにWebライターの疑問点を聞ける
  • 添削サポート:自分が執筆した記事をプロに添削してもらえる

 

いずれのサポートも、稼げないと悩むWebライターにとってはぴったりです。

挫折しそうになっている人に対しては、特に質問サポートを利用できるのが大きいでしょう。

 

このようにライタースクールを利用するとスキルが上がるだけでなく、モチベーションの低下もある程度防げます。

ひとりでWebライターを続けられないという場合は、思い切ってスクールを購入するのもおすすめですよ!
さっこー

 

Webライター向けスクールはWritingHacksがおすすめ

ライティングハックス

ライタースクールは複数ありますが、講座内容・講師のスキル・サポート面において優れているのが「WritingHacks(ライティングハックス)です。

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的として提供しています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学ぶことが可能です。

ライティングハックスの内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

サポートを行う講師も超一流です。

ライティングハックス講師陣の実績

沖ケイタ

  • ブログで平均月収100万円以上達成を3か月継続
  • ブログ運営から独立し、法人化も達成

原千明

  • 月間3万PVサイトを4か月で月間30万PVへ
  • Webライター&ディレクターとして月収100万円達成

辻川倖平(ワカジツ)

  • 最大月収200万円を達成
  • ディレクターとして月間150~200記事を監修

いずれも優れた実績のある方々なので、より質の高いサポートを受けられます。

 

「質の高いサポートを受けたい」

「Webライターに挫折することなく最速で成功を収めたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

Webライターが挫折しそうならブログを始めるのもおすすめ

ブログ運営を始める

Webライターの挫折はスクールを利用したり休憩したりすると良いですが、それ以外にブログ運営するのもおすすめです。

ブログ運営を開始すると以下のメリットがあります。

ブログ運営するメリット

  • Webライターに必要なスキルが飛躍的に向上する
  • 気分転換になる
  • 数か月後に収益が発生することもある

 

ブログは気分転換になり、成功すれば収益が発生するので始めるメリットは大きいです。

では、Webライターに挫折しそうな人がブログ運営すると、どのようなメリットがあるのか具体的に解説していきますね。

 

ブログのメリット1.Webライターに必要なスキルが飛躍的に向上する

ブログ運営を始めると以下のスキルがレベルアップします。

ブログ運営で身に付くスキル
  • ライティングスキルやSEO
  • キーワードの選定
  • 構成やタイトルづくり
  • リサーチ力
  • WordPressの操作方法

 

ブログ運営で身に付く5つのスキルは、すべてWebライターでも活かせます。

5つのスキルを習得できれば、1文字1円以上の仕事は取れるので激安な案件に搾取されることもありません。

Webライターの大きな挫折原因はスキル不足なので、気分転換がてらブログ運営に挑戦してスキルを磨くと良いでしょう。
さっこー

 

ブログのメリット2.気分転換になる

リフレッシュする

ブログ運営は主に記事を執筆することが仕事なので、Webライターと似たような仕事です。

しかし、ブログとWebライターでは以下の違いがあります。

ブログ運営で記事を執筆するメリット
  • 自分の好きなテーマで書ける
  • マニュアルがないので好きなように書ける
  • クライアントとのやり取りが一切必要ない

 

ひと言でいうと、ブログ運営で執筆する記事はストレスがたまりません。

誰かから命令されることもなく、マニュアルを守る必要もゼロです。

記事のテーマから書き方まで自分で決められます。

 

そのうえ、Webライターと違って依頼人とやり取りする必要もありません。

特にクライアントとのやり取りが面倒な人にとっては、解放されたような気持になるでしょう。

 

ブログ運営は精神的にやさしいので気分がリフレッシュされます。

Webライターに疲れている人にとってはぴったりですね。

 

ブログのメリット3.数か月後に収益が発生することもある

ブログ運営の最大の魅力は、稼いだ金額がすべて自分のものになるところです。

 

クラウドソーシングを使うとシステム手数料として稼いだお金を取られてしまいます。

その点ブログは稼いだお金を100%自分のものにできるので、もったいないと感じることもありません。

 

さらに、ブログ運営は不労所得であるところも大きなポイントです。

不労所得とは

自分で働かなくても得られる所得のこと。
ブログ以外に株式投資やアパートの大家が該当する。

 

Webライターの記事はその仕事を終えると、継続して報酬をもらえることがありません。

Webライターで継続的して稼ぐためには、永遠と記事を執筆する必要があります。

 

一方でブログは、記事の読者が行動を起こしてくれると報酬が入る仕組みです。

ブログで稼げる仕組み

 

ブログは一度記事を執筆すれば、読者が商品を購入するたびに収益が発生します。

継続的に収入が入り、不労所得になるので成功すればかなり大きいです。

軌道に乗るとWebライター以上に稼ぐこともできます。

 

「Webライターで搾取し続けられるのは嫌だ」

「Webライターの収入だけでは不安だ」という方はブログ運営に挑戦してみると良いでしょう。

 

執筆活動の継続が難しいなら挫折しても良い

Webライターは挫折しても良い

ここまでWebライターに挫折しないコツを紹介してきましたが、どうしても継続が厳しいなら挫折してしまっても良いです。

無理したまま働くと以下のデメリットが発生します。

無理して執筆するメリット

  • やる気がない状態で執筆しても品質が下がる
  • 無理して続けると精神的に危うくなる

 

このように、モチベーションが下がった状態で執筆すると危険です。

どうしても継続が難しい場合は折れてしまいましょう。

 

ただ、Webライターで成功したいなら休憩した後は戻ってくることが大切です。

そのままやめてしまうと永遠に稼げなくなってしまいます。

気分をリフレッシュして「そろそろWebライターをやってみようかな」と思ったら復帰してみましょう。

Webライターは一度挫折しても終わりではないので、落ち込むのはまだ早いですよ!
さっこー

 

まとめ.挫折を乗り越えてWebライターで成功を収めよう!

成功へ向かって前進する

Webライターで挫折する原因や継続が難しくなったときの対処法について紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターの挫折原因はスキル不足によるモチベーション低下が大きい
  • 挫折しないためにはスキルの習得が必須
  • スキルを学びつつ適度に休憩しながら努力することが成功の秘訣
  • スキルの習得はサポートの質が高いWritingHacksがおすすめ

 

Webライターの挫折原因は主にスキル不足が影響しています。

スキルが不足しているから低単価で働くことになり、徐々にやる気も失せる仕組みです。

 

言い換えるとスキルさえ持っていればWebライターの挫折は突破できます。

スキルはオンラインスクールのWritingHacksで学ぶのがおすすめです。

 

WritingHacksは脱初心者を目指した講座なので、しっかりと学べば挫折する間もなく稼げる状態になれます。

そのうえ無制限の質問サポートもあるので、孤独感が薄れて精神的にもやさしいです。

自分のペースでWritingHacksを学び、モチベーションとうまく付き合いながら稼げるWebライターを目指しましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター