Webライター

Webライターのきついところ8選!辛い時期を乗り越えると5つの幸福が待っている

Webライターがきついと嘆く女性
・Webライターに興味があるんだけど、きついって本当なの?
・Webライターの辛い部分はどう乗り越えれば良いの?
・Webライターで成功するとどんな未来が待ち受けているの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターは未経験だと稼げないところが特に辛い
  • 稼ぐためにはスキルと経験が必須
  • スキルの習得はスクールを利用するのが効率的
  • 稼げるようになると自分な生き方を選択できる

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターはきついって聞いたけど実際のところはどうなの?」とお悩みの方へ。

Webライターは気軽に始められる副業として紹介されることも多いですよね?

しかし実際のところ、Webライターは大変だと感じることも多いです。

 

この記事では、現役Webライターとして活躍する私が「Webライターの辛いところ8選」を紹介しています。

Webライターで成功すると得られる5つの幸福も取り上げているので、ひどい困難を乗り越えた先にどんな未来があるのか確認してみてください。

最後まで読んでいただくと、きついとされるWebライター業界で成功するコツもつかめますよ!
さっこー

 

目次

【前提】Webライターは最初がとにかくきつい

結論を言うと、Webライターは最初が大変です。

 

私は今でこそWebライターだけで年収300万円以上稼いでいますが、完全未経験から始めました。

知識もスキルもない状態で始めたので、最初はほとんど稼げていません。

クラウドワークスの収入1~2か月目

クラウドワークスの収入3~4か月目

開始月クラウドワークスの収入
1か月目4,156円
2か月目21,455円
3か月目11,859円
4か月目48,839円

 

3か月まではゴミのような金額しか稼げていません。

毎日3時間程度作業していましたが、かなりひどい結果になっていますよね?

この事実からWebライターはスキルがないときついと言えます。

 

ただ、Webライターはあきらめずに半年継続すると成果が出てきます。

 

Webライターは半年目以降から光明が見え始める

最初の3か月は月5万円も稼げていなかった私ですが、半年後にはWebライターのみで月収約20万円を稼いでいます。

クラウドワークスの収入6か月目 クラウドワークスの収入7~8か月目

開始月クラウドワークスの収入
5か月目0円
6か月目186,978円
7か月目15,857円
8か月目201,933円

 

Webライター開始3か月目のことを考えると信じられない伸び率ですよね?

しかし、あきらめずに実績とスキルを磨いていくと徐々に収入が伸びていきます。

Webライターは最初こそ辛いですが、遅くても6か月以内で大きな変化が見られるのであきらめてはいけません!

 

ちなみにWebライターを未経験から始めても1年たつ頃には、Webライターだけで生計を立てるほど稼げます。

 

Webライター1年目以降は収入が安定して大変な時期が終わった

Webライター1年目(13か月目)以降の収入は以下の通りです。

クラウドワークス13~15か月目の収入

開始月クラウドワークスの収入
13か月目372667円
14か月目305,268円
15か月目326.058円

クラウドワークス16~18か月目の収入

開始月クラウドワークスの収入
16か月目331,819円
17か月目254,159円
18か月目148,524円

クラウドワークス19~21か月目の収入

開始月クラウドワークスの収入
19か月目144,144円
20か月目186,680円
21か月目272,821円

クラウドワークス22~24か月目の収入

開始月クラウドワークスの収入
22か月目259,701円
23か月目307,164円
24か月目227,320円

 

こちらはクラウドワークスだけの収入なので実際はもう少し稼いでいますが、毎月安定して20~30万円稼いでいます。

今ではフリーWebライターとして食べていけるくらいの収入があるので、もはやWebライターがひどい仕事だとは思いません。

Webライターが大変なのはとにかく最初です。最初は思うように進まないので挫折しますが、それを乗り越えることが大切ですよ!
さっこー

 

Webライターがきついと感じた8つのこと

Webライターがきつくて困る

当時、Webライターの底辺にいた私が辛いと思ったことは以下の通りです。

Webライターがきついと感じたこと

  • そもそも記事の書き方がわからなかった
  • 2,000文字書くのに5時間かかっていた
  • 応募しても採用されなかった
  • 文字単価が上がらなかった
  • 自分の作業量を把握しておらず仕事を受けすぎた
  • 詐欺案件と良質案件の見分けがつかなかった
  • ひとりで作業する孤独感にやられた
  • 自己管理能力が低くて慣れるまで時間がかかった

 

今となってはすべて克服していますが、当時は上記の8つが辛かったです。

では具体的にどの点が大変だったのか詳しく見ていきますね。

 

Webライターのきついこと1.そもそも記事の書き方がわからなかった

Webライターを始めて最初にきつかったのは、そもそも記事の書き方がわからなかったことです。

 

Webライターは未経験でも始められる仕事として紹介されますが、実際に始めてみると何をしたら良いのかわかりません。

「ネット記事はどうやって書くのが正解なのか」「どのソフトを使って執筆するのか」などわからないことが多すぎました。

 

やり方がわからないと勉強から始めなければいけません。

そこで「Webライターは未経験で始められるほど気楽な仕事ではない」と感じたものです。

 

しかし実際のところ、少し勉強するだけでWebライターの仕事内容や記事の書き方を理解できました。

一度勉強し始めればすぐにスタートできるところは、比較的ハードルが低いと言えますね。

 

Webライターのきついこと2.2,000文字書くのに5時間かかっていた

執筆に時間がかかる男性

Webライターの勉強を始め、いざ執筆してみると2,000文字書くのに5時間かかってしまいました。

当時の文字単価は1文字0.3円だったので、2,000文字書いても600円くらいしかもらえません。

執筆時間が5時間かかったので、時給にすると120円です。

 

時給120円はかなりひどいですよね?

今どきアルバイトでも時給1,000円を超えますが、Webライターは最低賃金が適用されません。

完全に実力主義の世界なので、未経験から始めると超低時給から始めることになります。

 

時給500円未満という事実を突きつけられて、当時は「やはり未経験者がWebライターで稼ぐのは不可能なのか」と挫折しました。

今でこそ月収30万円を稼いでいますが、Webライターを始めて一番大変だったのは時給の安さを知ったときですね。
さっこー

 

Webライターのきついこと3.応募しても採用されなかった

未経験Webライターにはよくあることですが、当時は実績がなかったので仕事に応募してもほぼ採用されませんでした。

 

そもそもWebライターは以下の流れで仕事が進んでいきます。

Webライターの仕事の流れ
  1. クラウドソーシングで仕事に応募する
  2. 応募が採用されると契約を結ぶ
  3. 仕事内容の詳細を詰めていく
  4. 執筆を開始する
  5. 執筆が完了したら依頼人に納品する
  6. 依頼人のチェックをクリアしたら仕事が完了

 

仕事を取る段階はWebライティングにおける最初の部分です。

最初の部分でつまづいたので、それ以降のステップに進めませんでした。

やはり「Webライターは実績や経験がものをいう世界なのか」と思ったものです。

 

実際のところ、Webライター業界はスキルや実績が重視されます。

能力があれば仕事が来るので、フリーランスとして独立することも可能です。

 

未経験から始めると夢のような話ですが、初心者からでも実績をコツコツ貯めれば実績がたまっていきます。

現状、Webライターのスキルがなくても特に問題ないので安心してくださいね。

 

Webライターのきついこと4.文字単価が上がらなかった

文字単価が停滞

Webライターにおける大変なことで外せないのが「単価の上がりづらさ」です。

 

Webライターは1文字〇円というスタイルで単価が決まりますが、単価もスキルや実績が重視されます。

当然、未経験だと代わりがいくらでもいるので、単価交渉する余地もありません。

 

結果的に最初の方はひどい単価で働くことが多いです。

続けていれば実績がたまって単価も上がっていくとわかっていたとはいえ、長期間低時給で働くのはメンタルにきました。

Webライター初心者は時給の安さにうんざりしてそのままやめるケースが多いです。この壁を乗り越えることが成功の秘訣ですよ!
さっこー

 

Webライターのきついこと5.自分の作業量を把握しておらず仕事を受けすぎた

単価が低いと「最終的に数をこなして少しでも稼ぐ」という結論にいたります。

稼ぐためには仕事を増やすという理論は間違っていませんが、当時は何も考えずがむしゃらに働いていました。

 

自分の作業リソースを把握せずに仕事を受けまくったので、一時期1日で10時間くらい作業する事態に陥りました。

当時はかなりやばいと思いましたが、結果的に自分の作業リソースを正確に把握できたのでよかったです。

 

とはいえ、自分の作業量を超えた仕事を受けるのは精神的によくありません。

これからWebライターを始める人は、自分の体調を見ながら少しずつ仕事量を増やしていくようにしてくださいね。

 

Webライターのきついこと6.詐欺案件と良質案件の見分けがつかなかった

詐欺案件と良質案件の見分けがつかない

初心者Webライターが高確率で陥るのが詐欺案件との遭遇です。

詐欺案件とは

魅力的な仕事で募集をかけ、最終的にマルチ商法やねずみ講に誘導する案件のこと。

 

初心者Webライターは単価が低いので、どうしても単価の高い案件にひかれてしまいます。

時給500円未満の人にとって「だれでも月20万円稼げる」と書かれていると魅力的ですよね?

 

詐欺案件は初心者の心理状態を狙いすましたような文章を並べています。

そのまま詐欺案件に引っかかってしまうと、取り返しのつかない事態に陥るので気を付けましょう。

 

ちなみに詐欺案件の特徴は以下の通りです。

クラウドソーシングに多い詐欺案件
  • 「ノースキルでも月20万円以上可能」と書かれている
  • 仮払いしていないのにLINEやチャットワークなどに誘導される
  • オンライン説明会に参加するように言われる

上記の案件はすべて危険なので、遭遇したら一切かかわりを持たないようにしましょう。

 

Webライターのきついこと7.ひとりで作業する孤独感にやられた

Webライターをやっていてたまにきついと感じるのが孤独感です。

 

基本的にWebライターはひとりでコツコツ作業していきます。

クライアントとやり取りすることも多いですが、メールや電話で連絡するのがふつうです。

実際に会うことはめったにないので、他人と一切会いません。

 

会社員やアルバイトとして働いていると、誰にも会わないということは絶対にありませんよね?

どの仕事でもひとりくらいは実際に会って話をするでしょう。

 

しかしWebライターは在宅ワークできることもあって、自宅で仕事すれば本当に誰とも会いません。

人間関係が苦手な人からすると最高の環境ですが、それでもたまに「なんとなく寂しい」と感じてしまうものです。

 

とはいえWebライターは場所を選ばずに働けるので、カフェやコワーキングスペースで作業することもできます。

他人と関わろうとすれば接触できるので、孤独感に耐えきれない人にはおすすめですよ!

 

Webライターのきついこと8.自己管理能力が低くて慣れるまで時間がかかった

Webライターに慣れない

Webライターを含め、副業やフリーランスとして働ける仕事は、すべて自分で仕事を管理しなければいけません。

自己管理すべきこと
  • 仕事の開始・終了時間
  • 納期
  • 健康・体調
  • モチベーション
  • お金

 

会社と違って、副業・フリーWebライターは自分が行動しないと仕事がまったく進みません。

好きな時間に働けるメリットはありますが、好きな時間にサボれてしまえるデメリットもあります。

 

特に最初はWebライターの仕事が辛かったので、サボりまくっていました。

しかしある日、サボりすぎたつけが回って、納期に迫られたこともあります。

なんとか納期には間に合いましたが、それ以降納期より早めに納品するクセが付きました。

 

私のように自己管理がなっていないと苦労することもあります。

生活環境で自己管理レベルの高さは決まりますが、以下の方法を実践すれば改善できます。

自己管理能力の向上方法
  • 小さな目標を設定する
  • ゴールまでの計画を立てる
  • 日々の活動を記録する
  • 自分のことを正確に把握する

「自己管理ができなくて自分のことが嫌いになりそう」という人は、ひとつずつ試してみてくださいね。

 

Webライターのきつい時期を乗り越えた5つの秘策

スキルアップする方法

Webライターは初心者にやさしくない世界ですが、私の場合は以下の方法で辛い時代を乗り越えました。

Webライターのきつい時期を乗り越えた秘策

  • ライティングスキルやSEOを学んだ
  • 1日10,000文字書いた
  • 適度にご褒美を用意した
  • Twitterでライター仲間とつながった
  • ブログ運営も並行した

では5つの秘策を順番に解説していきますね。

 

秘策1.ライティングスキルやSEOを学んだ

私は未経験からWebライターを始めたので、文章の書き方もSEOも知りませんでした。

SEOとは

検索エンジン最適化のこと。
わかりやすくいうと、記事を検索上位に上げるための施策。

 

Webライターのイロハを学ばずに仕事していたので、単価や執筆スピードが上がらない思いをしたのです。

そこでイチからライティングスキルとSEOについて勉強し始めると、徐々に執筆スピードが上がり単価もわずかに上がりました。

一度コツをつかんでからは急成長し、ライター開始から半年で約20万円を達成しました。

 

Webライターはスキルを身に付け、コツをつかめば後は早いです。

いかに稼げない時期を早く乗り越えるのかどうかがポイントなので、まずは本で勉強してロケットスタートを切りましょう。

 

本は有料なので購入するのに抵抗を感じるかもしれませんが、Webライターとして成功すれば1か月で回収できます。

投資だと思って購入できるかどうかが、Webライターとして最速で成功するか運命を決めますよ!

 

秘策2.1日10,000文字書いた

Webライティングする人

私は未経験のときにWebライターの勉強をしながら、1日10,000文字執筆を心がけていました。

 

Webライターは慣れの部分も大きく、最初は不慣れなので執筆に何時間もかかってしまいます。

そこで1日10,000文字という制限を設け、半ば強引にWebライターの仕事に慣れさせました。

結果的に2,000文字くらいの案件なら2時間で書けるように成長しました。

 

さすがに初心者が1日10,000文字書くのは厳しいですが、毎日執筆した方が良いです。

Webライターは勉強と執筆を継続することが成功のポイントなのであきらめてはいけません。
さっこー

 

秘策3.適度にご褒美を用意した

Webライターは未経験から始めると特に辛いので、適度にご褒美を与えることが大切です。

ご褒美があると気分がリフレッシュされて、引き続きWebライターとしてがんばれます。

 

そのうえご褒美を購入するために、大変なWebライティング業務もがんばれました。

ご褒美は甘やかしとも取れますが、モチベーションアップに効果的なので、何かと辛いWebライターにはおすすめですよ!

 

秘策4.Twitterでライター仲間とつながった

Twitterのアプリ

Webライターは孤独なので、TwitterやInstagramなどのSNSを使ってつながることも大切です。

SNSを使って仲間を増やすと以下のメリットがあります。

SNSでライター仲間を作るメリット
  • 孤独感が薄れる
  • お互いに励まし合える
  • 成功者からWebライターのノウハウを学べる

 

仲間がいるだけでWebライターは続けやすくなるものです。

特に孤独感に耐えきれない人は、SNSを使ってお互いに励まし合える仲間を作りましょう。

 

ちなみにTwitterなら「#Webライターとつながりたい」と検索すれば、初心者でもフォローしてもらえますよ!

私のTwitterでもWebライターのノウハウを発信しています。Webライターのコツを知りたい人はフォローしてくださいね。
さっこー

 

秘策5.ブログ運営も並行した

私はWebライターに加えて、ブログ運営も同時に行いました。

Webライターがブログ運営すると以下のメリットがあります。

ブログ運営のメリット
  • 「ブログ運営している」という自信が付く
  • 自分の好きなテーマで記事を書ける
  • Webライターに必要なスキルがひと通り身に付く
  • 成功すれば不労所得になる
  • Webライターより稼げる可能性もある(月100万円以上も可能)

 

ブログ運営は自分で構成やテーマを考えて記事執筆します。

Webライターに求められる能力がひと通り身に付くので、最短でスキルを身に付けることが可能です。

 

そのうえ、ブログ運営ではWordPressの操作スキルも身に付きます。

WordPressとは

2003年に開発が始まったブログ投稿管理システム。
Webの37%はWordPressで構築されるほど人気がある。

 

WordPressはWebライターの仕事でもよく使うので、操作スキルがあれば仕事の幅が広がります。

 

WordPressはブログを持つと自分専用のものを使えるので、ステップアップしたい人はブログ運営を始めましょう。

ちなみにWordPressを持つだけなら月々数百円で済みますよ!

 

Webライターで成功して得られた5つの幸福

Webライターで得た幸福

Webライターとして月30万円程度稼ぐ私ですが、成功してから以下の幸福を実感しています。

Webライターで成功して得られた幸福

  • 好きな時間に起きて寝られる
  • 社畜から解放された
  • 人間関係の悩みがゼロになった
  • 会社員時代より収入が増えた
  • 仕事が楽しくなった

 

続けて5つの幸福について詳しく紹介していきますね。

Webライターとして挫折しそうな人は、以下の未来があると思ってもうひとがんばりしましょう。

 

Webライター成功による幸福1.好きな時間に起きて寝られる

Webライターとして独立すれば、いつ起きて寝ても問題ありません。

 

社会人だと出勤時間が決まっているので、自然と起きる時間や寝る時間も決まってきますよね。

規則正しい生活を送れるメリットもありますが、正直好きに生きたいと感じませんか?

 

そんな夢のような生活はフリーランスになれば実現します。

フリーWebライターは納期さえ守れば、いつ作業しても良いです。

たとえば、夜中に作業して昼間に寝ても問題ありません。

 

Webライターとして成功すれば、自分の好きなように生きられる人生を送れますよ!

 

Webライター成功による幸福2.社畜から解放された

社畜から解放された女性

フリーランスとして独立すると当然ながら社畜からも解放されます。

 

社畜はいろいろな面倒ごとが発生する立場です。

会社の謎ルールに従ったり、上司からひどい目にあったりしたことはありませんか?

 

理不尽な目に遭うと精神的に辛いですが、Webライターとして成功を収めると社畜のしがらみから一瞬で解放されます。

「もう社畜の人生を送りたくない」という人は、その気持ちを糧にWebライターへ挑みましょう。

 

Webライター成功による幸福3.人間関係の悩みがゼロになった

Webライターで成功すると仕事を選べるので、人間関係の悩みもなくなります。

 

実績がないWebライターは低時給に甘んじ、クライアントの言いなりになりがちです。

一言文句を言ってやりたいけど「この仕事がなくなると収入が厳しい」と考えてしまい、何も言えなくなります。

 

しかし、仕事を取れる状態になると精神的に余裕があるので、無理なことは無理と言うことが可能です。

仮に案件が途切れても、実績があればすぐに仕事を取れます。

結果的に自分が好きな人とだけ仕事ができるのもうれしいポイントです。

 

Webライター成功による幸福4.会社員時代より収入が増えた

お金をザクザク稼ぐ

フリーWebライターになったことで、会社員時代よりも収入が増えたところもかなり幸せです。

 

私は現在30万円以上の月収を稼いでいますが、会社員時代は20万円前後でした。

約10万円も異なるので人生がガラッと変わりました。

自由に働けて収入も会社員時代より増えたので、これと言ってない幸せを実感しています。
さっこー

 

Webライター成功による幸福5.仕事が楽しくなった

好きな時間に働けて収入もアップしたので、自然と仕事も楽しくなりました。

 

会社員時代は一度たりとも仕事が楽しいと感じたことありませんでした。

しかし今となっては、「もっと稼ぐためにはどうすればよいのか」と考えているほどです。

 

現在ではWebライター以外にブログ運営も積極的に行っています。

ここまで仕事へ積極的になれたのも、Webライターで成功を収めたからです。

Webライターは成功すると人生が変わるような体験ができるのでがんばりましょう。
さっこー

 

初心者Webライターを最短で脱する6つのコツ

Webライター成功のコツ

初心者Webライターが最短で成功するためには以下のポイントをおさえましょう。

初心者Webライターを最短で脱するコツ

  • Webライティングをルーティンワークにする
  • Webライティングに集中できる環境を作る
  • クラウドソーシングで実績をためていく
  • ポートフォリオをアップデートする
  • 徐々に単価を上げていく
  • ライタースクールでノウハウを学ぶ

上記のコツをひとつずつ実践していくと、遅くとも3か月あれば成果が出てきます。

では具体的なポイントを順番に紹介していきますね。

 

脱初心者ライターのコツ1.Webライティングをルーティンワークにする

Webライターで成功するために最も重要なのは続けることです。

Webライターは初心者だと稼ぎづらいので、どうしても挫折したくなりますよね。

しかし、作業をやめてしまうと永遠に稼げません。

 

Webライターで成功を収めるためにも、Webライティングをルーティンワークにしましょう。

日常的な作業にすることで無理なく続けられて、数か月後には成果が発生してきますよ!

 

ちなみにWebライティングをルーティンワークにするコツは以下の通りです。

Webライティング継続のコツ
  • 毎日数分でも良いので作業する
  • スキマ時間に作業を取り込む
  • 1日の文字数や目標を定める
  • Twitterで今日の目標を毎日発表する
Webライティングがどうしても続けられない場合は試してみてくださいね。
さっこー

 

脱初心者ライターのコツ2.Webライティングに集中できる環境を作る

Webライティングに集中する女性

Webライターとして活動するためには集中できる環境が必要です。

特に初心者は集中できる時間が限られるので、いかに集中力を高めて短期間に作業するのかが重要になってきます。

 

集中しやすい環境は人によって異なりますが、曲をかけたり無音にしたりして、自分が働きやすいと感じる環境を作りましょう。

 

ちなみにWebライターはパソコンや周辺機器を変えるだけでも作業効率が変わります。

私も打ちやすいキーボードに替えるだけで、1時間2,500文字というハイスピード執筆を手に入れました。

執筆の効率が上がれば記事を量産できてより稼げるので、投資と思って働きやすい道具をそろえるのもおすすめですよ!

 

脱初心者ライターのコツ3.クラウドソーシングで実績をためていく

どのクラウドソーシングでも案件をこなすと、以下のように実績が数字になって現れます。

クラウドワークスの実績

 

受注実績が多ければ多いほど、数多くの仕事をこなしてきたことを意味します。

クライアントとしては、実績が多いと実力もあると判断できるので仕事を任せやすいです。

 

実績の多さ=仕事の取りやすさなので、まずはクラウドソーシングに登録して実績をどんどん貯めていきましょう。

さすがに実績を500件もためろとは言いませんが、初心者であれば50を目安にがんばるのがおすすめです。

 

私も未経験からWebライターを始めましたが、実績が50になると採用率が上がりました。

採用率さえ上がればとりあえず仕事に困ることもなくなるので安心ですよ。

 

脱初心者ライターのコツ4.ポートフォリオをアップデートする

プロフィール

実績ができてきたらクラウドソーシングに登録しているポートフォリオを改善していきましょう。

ポートフォリオとは

自分の実績や力量を記載したプロフィールのようなもの。

 

クライアントは採用するときにポートフォリオを参考にするので、しっかりと実績が書かれていないと採用率が下がります。

現在の実績をわからせるためにも、月に1回はポートフォリオを見直しましょう。

 

ちなみにポートフォリオに書いておくと採用率が上がる実績は以下の通りです。

採用率を上げる実績例
  • キーワード「○○」にて検索上位を獲得
  • ○○をテーマに50記事以上執筆

該当する場合は積極的にポートフォリオへ盛り込みましょう。

 

脱初心者ライターのコツ5.徐々に単価を上げていく

実績が付いてくると単価を上げることも可能です。

単価さえ上がると、大変と言われるWebライターでも食べていくことができます。

 

具体的には以下のイメージで単価を上げていくのがおすすめです。

単価アップの例
  • 実績10未満:1文字0.3~0.5円
  • 実績10~30未満:1文字0.5~1.0円未満
  • 実績30以上:1.0円以上

あくまでイメージなので、自分が書けそうな案件なら高単価案件でも積極的に応募していきましょう。

応募するだけなら無料なので遠慮する必要はありませんよ。

 

脱初心者ライターのコツ6.ライタースクールでノウハウを学ぶ

Webライタースクールで勉強

Webライターとして最速で成功するためには、ライタースクールを利用するのがおすすめです。

ライタースクールには以下のメリットがあります。

ライタースクールのメリット
  • 本当に稼げるライティングノウハウを学べる
  • 仕事を取るコツも学べる
  • 無制限の質問サポートがある
  • 添削サポートを受けられる

 

特に質問サポートと添削サポートが優秀です。

勉強は本でもできますが、サポートはライタースクールにしかありません。

成功者からサポートされると飛躍的に上達するので「最速で稼げるようになりたい」という場合はおすすめです。

 

稼げるWebライティングを学ぶなら「WritingHacks」がおすすめ

ライティングハックス

ライティングスクールの中でも特におすすめなのが「WritingHacks(ライティングハックス)」です。

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスの内容
  • 第0章 はじめに(動画2本)
  • 第1章 クライアントから求められるライターとは?(動画5本)
  • 第2章 記事タイトルの付け方(動画5本)
  • 第3章 リード文の書き方(動画6本)
  • 第4章 見出しの書き方(動画5本)
  • 第5章 Webで文章を書くときに意識すること(動画10本)
  • 第6章 SEO基礎講座(動画7本)
  • 第7章 SEO実践講座(動画1本)
  • 第8章 仕事の取り方単価交渉の仕方(動画8本)
  • 第9章 リライト案件の受け方(動画4本)
  • 第10章 取材記事の執筆方法(動画6本)
  • 第11章 執筆を最速&高品質でこなす方法(動画9本)
  • 第12章 仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方(動画9本)

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

「Webライターの辛い思いから一刻も早く解放されたい」

「これから廃れることのないライティングスキルを学びたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\稼げる文章力が身に付く/

WritingHacks公式サイト

 

まとめ.Webライターはきつい時期を超えると幸せが待っている

障壁の先に幸福が待ち受ける

Webライターがきついと言われる理由や対処法、乗り越えると待っている幸福について紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターは経験がないと稼げないのが辛い
  • 稼ぐためには勉強して実績をためるのが最短ルート
  • 稼げるようになると独立を目指せて好きな時間に作業できる
  • 最短で成功をつかみたいならライタースクールがおすすめ

 

Webライターは稼げない期間がとにかく大変です。

あまりのきつさから、そのままWebライターをやめてしまう人が後を絶ちません。

 

Webライターとして稼ぐためにはスキルが必須です。

スキルさえ身に付ければ、仕事探しや単価に苦労する機会も減ってきます。

 

スキルは作業していれば自然と身に付きますが、最速で身に付けるならオンラインスクールを利用するのがおすすめです。

スクールを利用すれば、稼げるライティングスキルを学べるだけでなく、プロからのサポートも受けられます。

 

「ひとりで成功できる自信がない

「最終的にライターで独立したい」という人は、スクールで勉強してロケットスタートを切りましょう。

\稼げるスキルを最短で学べる/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター