クラウドワークス

クラウドワークスでバックレられた!無視された時の対処法を徹底解説

バックレられた困る女性
・クラウドワークスで連絡したけど無視される!
・バックレられたときはどうすれば良いの?
・音信不通になった時の対処法を知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の内容

  • 【状況別】クラウドワークスでバックレられた時の対処法
  • バックレられない依頼人を見つけるポイント
  • クラウドワークスでバックレると起きる3つのデメリット
  • バックレる前にすべきたった1つのこと

 

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は2020年1月からクラウドワークスで仕事を開始して1年程度です。過去には連絡を無視されたこともあるので、その経験で得たことをご紹介します。

 

クラウドワークスは連絡をしているのに無視されることもよくあります。

そこで、クラウドワークスでバックレられた時の対処法を3つの状況別に紹介していきます。

最後まで読んでいただくと、バックレられたときにどうすれば良いのかわかりますよ!

 

後半ではこちらがバックレるリスクも紹介しています。合わせてバックレることの危険性も確認しておきましょう。
さっこー

 

【状況別】クラウドワークスでバックレられた時の対処法

クラウドワークスでバックレられた時の対処法

クラウドワークスでバックレられたときは、状況別に以下の対処を取りましょう。

対処法

  • 仮払い前→放置してOK
  • 仮払い後→運営に報告する
  • 納品後→運営に報告する

では、3つの状況別にどうすれば良いのか具体的に紹介していきますね。

 

仮払い前は放置してOK

クラウドワークスの仮払い前にバックレられた場合は無視してOKです。

というのも、仮払い前なら契約をしていない状態なので、バックレられたところでデメリットはありません。

強いて言うなら、仕事をもらえないことが唯一のデメリットです。

 

どうしても気になる場合は、こちらから応募辞退しておきましょう

応募辞退すると、その人との関係を切れるので安心できますよ。

クラウドワークスで仮払い前に辞退する方法

 

仮払い後は運営に報告する

仮払い後にバックレられたときは、クラウドワークスの運営に報告しましょう。

運営に報告すると、クラウドワークス側から依頼人に連絡してくれます。

 

運営に報告する方法はこちらです。

運営に通報する方法

  1. 依頼者との契約画面を開く
  2. 「契約相手と連絡がとれない場合はこちら」を押す

 

このように手続きすればバックレを解決できる可能性があります。

ただ、依頼人がそれに応えるとも限りません。

依頼人から無視され続ける場合は「契約途中リクエスト」を送りましょう。

 

「契約途中リクエスト」を押すと依頼を辞退できます。

仮に、依頼人がリクエストの承認をしてくれなくても、1週間後に自動で契約が終了する仕組みです。

「もうこんな人とは関係を切りたい!」というときは、思い切って辞退しましょう。

クラウドワークスの仮払い後に辞退する方法

 

納品後も運営に報告する

納品後にバックレられた場合も運営に連絡しましょう。

運営に連絡すれば、クラウドワークスが検収してくれます。

 

検収とは納品された成果物を依頼人が確認する作業のことです。

依頼人が検収完了メッセージを送ると、受注者に報酬が入る仕組みになっています。

運営に通報すると、その検収をクラウドワークスが行ってくれるので報酬が手に入ります。

 

クラウドワークスに連絡するには、契約画面にある「契約相手と連絡がとれない場合はこちら」からですよ!

 

バックレられない依頼人を見つけるポイント

良質な依頼人と契約

バックレられると何かと面倒なことが多いです。

悪質な依頼人に出会わないためにも、案件探しのときは以下のポイントを押さえましょう。

良質な依頼人を探すポイント

  • 評価に悪いコメントが付いていないか見る
  • 本人確認が済んでいるか確認する

では、2つのポイントを詳しく解説しますね。

 

評価に悪いコメントが付いていないか見る

良質なクライアントを見つけるためには、評価のコメントが参考になります。

評価は実際にその人と仕事した受注者が付けているものなので、その依頼人の信頼性を確認するにはぴったりです。

 

このときに星の数だけで良い人だと決め付けないようにしましょう。

というのも、クラウドワークスの評価はよほどひどくない限り、ほとんどの人が星4.5以上あります。

おそらく利用者の8割以上が星4.5以上を獲得しているので、星の数だけではその人が良質かどうか判断しかねます。

 

そのため、必ずコメントを確認しておきましょう。

コメントの中に「返事が遅い」などの悪いものが多い場合は避けた方が良いです。

 

ちなみに、依頼人の評価は提案文から確認できますよ!

依頼人の評価を確認する方法

 

本人確認が済んでいるか確認する

評価の次に大切なのが本人確認です。

本人確認とは、クラウドワークスの利用者が本人であるかどうかを証明することを意味します。

本人確認には免許証などの身分証明書が必要なので、その手続きを終えている依頼人は信頼できます。

クラウドワークスで本人確認していないとやばい理由とは?

 

評価ほど参考になりませんが、依頼人の質が気になる方にはおすすめです。

本人確認の有無も提案文から確認できますよ!

依頼人の本人確認の有無

 

ここまでバックレられた時の対処法をメインに解説してきましたが、逆にこちら側がバックレるとどうなるのでしょうか?

 

クラウドワークスでバックレると起きる3つのデメリット

クラウドワークスの仕事から逃げる

クラウドワークスでバックレると以下のデメリットが発生します。

バックレで発生するデメリット

  • 星1の評価を付けられる
  • 報酬をもらえない
  • 何となく罪悪感が残る

 

このように、バックレは莫大なデメリットが発生します。

そのため、「もうクラウドワークスを一生利用しない」という人以外はバックレない方が良いです。

続いて、バックレで発生するデメリットを詳しく見ていきますね。

 

星1の評価を付けられる

クラウドワークスでバックレると高確率で星1を付けられます。

さらにはコメントでめちゃくちゃに書かれる可能性も高いです。

 

悪い評価が付くと今後の仕事にも影響します。

たとえばいくら実績があって優秀でも、低評価だと依頼人は雇うのを躊躇してしまうものです。

その結果、仕事が取れない状況になります。

 

これからクラウドワークスで仕事を続けようとしている人にとってはデメリットでしかありませんよね。

 

報酬をもらえない

依頼をバックレると当然の話ですが、報酬をもらえません。

仮に仕事を途中までしていたのに、納期に間に合いそうにないからといってバックレるのはもったいないです。

 

納期に間に合わない場合は連絡しましょう。

そうすれば、相手が話を聞いてくれて、納期を延ばしてくれる可能性は高いです。

納期に間に合わないときにすべき対処法とは?

 

何となく罪悪感が残る

バックレると罪悪感が残ります。

せっかく契約してもらったのに、契約途中で勝手にバックレると申し訳なく思ってしまいます。

決して気分が良いものではないので、バックレるのはやめておきましょう。

 

以上が、契約をバックレるデメリットです。

非常に大きなデメリットばかりなので、バックレるのはやめましょう。

 

クラウドワークスで連絡を無視する前にすべきたった1つのこと

連絡を無視する前にすべきたった1つのこと

クラウドワークスで連絡を無視したくなる気持ちもわかりますが、とにかくデメリットが多いです。

デメリットを回避するために応募を辞退しましょう。

 

誠実にメッセージを送れば相手も納得してくれます。

その結果、悪い評価を付けられることもないので、今後の仕事にも影響しません。

 

ただ、しっかりと辞退したいことを伝えないと悪い評価を付けられます。

とはいえ、どんなふうにメッセージを送れば良いのか分かりませんよね?

 

スマートに応募を断る方法が分からないという方は、以下の記事を参考にしてください。

【テンプレあり】案件をスマートに断る方法とは?

 

まとめ:バックレられたら運営に報告しよう!

バックレられたら運営に報告すべき

クラウドワークスでバックレられた時の対処法を紹介してきました。

バックレられたときは基本的にクラウドワークスの運営に報告すればOKです。

報告は依頼人との契約画面を開いて、「契約相手と連絡がとれない場合はこちら」を押すだけですよ。

 

また、クラウドワークスをバックレると悪い評価を付けられます。

悪い評価は今後の仕事にも影響するので、必ず応募辞退しましょう。

そうすれば、悪い評価を付けられる可能性がグンと減りますよ!

 

Webライターの「稼げない」を最速で抜け出す方法

Webライティングできなくて悩む

未経験者や初心者がWebライターをしていると以下のようなことで悩みがちです。

Webライター初心者の悩み

  • Webライティングのやり方がわからない
  • 執筆に何時間もかかる
  • 時給500円以下で働いている
  • 応募しても採用されない
  • なかなか稼げるようにならない
  • 本当に続けていれば稼げるようになるのか

 

これらの悩みは経験やスキルがない初心者特有の悩みです。

知識がないまま進めてしまうと壁にぶち当たって、そのまま挫折することがよくあります。

 

初心者がWebライターとして好スタートを切るためには知識を付けなければいけません。

ライティングの勉強におすすめなのが「WritingHacks(ライティングハックス)です。

ライティングハックス

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスの内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

「Webライターとして最速で成功を収めたい」

「Webライターで独立して自由な生き方をしたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-クラウドワークス