退職関連

会社でぼっちにされるから辞めたい!職場で孤立する人が退職すべき5つの理由

会社でぼっちにされて悩む女性
・会社でぼっちにされて辞めたい...
・会社ぼっちという理由で退職しても良いの?
・会社で孤立する状態を逃れる方法が知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の要点

  • 【実体験】会社でぼっちになるのは相当つらい
  • 会社で孤立すると主に精神的によくない
  • 会社でぼっちになると一応3つのメリットもある
  • 孤独状態から解放されたいなら会社を辞めると一発で解決する

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「会社で働いているとなぜかぼっちにされてしまう」とお悩みの方へ。

会社は大勢の人がいるのに、その中で孤立するのは相当つらいですよね?

ぼっちで孤独感に耐え切れない場合は、すぐにでも退職すべきです。

 

この記事では、会社でぼっちの人がすぐにでも退職した方が良い5つの理由を紹介しています。

会社で孤独感を味わっている方は、将来的に後悔しないためにも参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、脱ぼっちの方法もわかりますよ!
さっこー

 

【体験談】会社でぼっちにされて1か月で辞めた実話

会社でぼっちにされた人

私はアルバイト時代に、入社から2週間程度でぼっちにされた経験があります。

ぼっち状態に耐え切れず、入社1か月で退職しました。

 

入社してからは比較的丁寧に教えてくれたので、良いアルバイト先かなと思ったものです。

しかし、日がたつにつれて徐々に話しかけられなくなりました。

仕事の指示ももらえず、先輩の作業を見よう見まねで働いていました。

 

ぼっちでも最初は自分のペースで作業できるから良いと感じていましたが「なんで孤独にされているのだろうか」と思い始めます。

そのうえ、同時期に入社した年下からは、なぜかタメ口を聞かれてイラっとしました。

ぼっちと理不尽な状況があわさって、徐々に精神的に追い込まれていきます。

 

そして、このままではいけないと思って、入社から1か月でしたが辞めました。

会社でぼっちにされた経験から感じたのは「早めに退職しておいてよかった」です。

ぼっちの状態で会社に居続けても、ロクな結末を迎えませんよ!

 

会社でボッチにされて辞めたい人が退職すべき5つの理由

会社でボッチにされたら退職すべき理由

会社でぼっちにされたから辞めたい人は、以下の理由からすぐにでも退職すべきです。

退職すべき理由

  • 仕事でやる気が出ない
  • 健康状態によくない
  • 給料アップが期待できない
  • 仕事や私生活で自信を持てなくなる
  • 会社で働いている意味がわからなくなる

では5つの退職すべき理由を見ていきますね。

 

退職すべき理由1.仕事でやる気が出ない

職場でぼっちにされると孤独との戦いになります。

仲間と一緒に作業できればお互いに励ませるので、つらい仕事でもなんとか頑張れるでしょう。

 

しかし、会社で孤立してしまうと誰とも話をせずに黙々と作業することになります。

無口な方は気にならないかもしれませんが、会社という集団で孤立するのは結構つらいですよ。

徐々にやる気も失せてきて、なんのために働いているのか分からなくなります。

 

退職すべき理由2.健康状態によくない

会社でぼっちにされて落ち込む女性

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのアンドリュー・ステップトゥ教授(免疫学、公衆衛生)が行った調査によると、孤立している人は死亡率が26%高まると言われています。

 

実際に私も会社で孤独感を味わいましたが、心が空っぽになりました。

作業しているのにやりがいも感じられず、不安やストレスに見舞われたものです。

 

私の場合はぼっちを数週間しか経験していませんが、数週間でも十分につらさを味わいました。

辞める寸前は毎日のように会社を辞めたいと思っていたので、ぼっちのまま働いていたらどうなったのか考えるだけでも恐ろしいです。

あわせて読みたい

 

退職すべき理由3.給料アップが期待できない

会社で孤立している人は、周りからの正当な評価を受けられません。

こちらとしては真面目にコツコツ作業しているのに、その頑張りは誰も見ていない可能性が高いです。

 

日々の頑張りを誰も見ていなければ、上司としては大した仕事をしていないと評価を下してしまいます。

結果的に給料が上がらず、ずっと安い給料で働くことになるでしょう。

 

また、自分が給料アップしない間に他の人間との差がついてきます。

周りの給料が上がっているのに自分だけ変化なしだと、劣等感を抱きやすいです。

 

会社ぼっちは精神的なつらさだけでなく、金銭的な苦労が発生する可能性もあるのですぐに辞めるべきです。

 

退職すべき理由4.仕事や私生活で自信を持てなくなる

私生活でも落ち込む女性

会社を辞めたいという精神状態は自信の喪失につながります。

自信がなくなると、何をしてもうまくいかないイメージがわきやすいです。

 

たとえば精神状態が悪くなると、今までふつうにできていた作業も突然行えなくなります。

最終的には、何も自信を持って行えないようになり、余計に落ち込むでしょう。

仕事で落ち込むと家まで持って帰ってしまうので、一日中気分が落ちます。

 

ぼっちで会社を辞めたい思いが強すぎると、うつ病のような精神障がいを患う可能性もあります。

追い込まれて倒れる前に、一刻でも早く会社を辞めるべきですよ!

 

退職すべき理由5.会社で働いている意味がわからなくなる

会社で孤立すると自分の存在意義を見出せません。

自分の居場所を見つけられず、作業内容によっては「自分がここにいる意味はいったい何なのか」と思うでしょう。

 

たとえば、同僚や上司たち数人で作業している傍らで1人作業しているとどう感じますか?

露骨にぼっちにされていて、自分がいなくても会社が問題なく稼働する光景は見ていられませんよね。

 

仕事で存在意義を見出せないと、やる気も失せて何のメリットもありません。

会社を辞めたいときは、退職した方が双方にメリットがありますよ。

 

会社でぼっちにされることは一応3つのメリットもある

会社でぼっちにされるメリット

会社でぼっちにされるデメリットは多いですが、以下のメリットもあります。

会社ぼっちのメリット

  • 仕事に没頭できる
  • 嫌いな人間と話さずに済む
  • 無駄な時間が発生しない

あくまで、ぼっちに孤独感を感じない人限定の話になりますが、3つのメリットがあります。

孤独感がつらくない方にとっては、最高の労働環境とも言えるでしょう。

続いて、ぼっちのメリットを詳しく見ていきますね。

 

メリット1.仕事に没頭できる

ぼっちは放置されるケースが多いので、1つの仕事に集中できます。

 

社内の人間とコミュニケーションが取れる状態だと、作業中に話しかけられやすいです。

進捗状況を聞く人もいれば、茶化しに来る人もいるでしょう。

作業している側からすると、正直邪魔ですよね?

 

ぼっちの場合は話しかけられることもないので、仕事に没頭したい人には最高ですよ。

 

メリット2.嫌いな人間と話さずに済む

嫌いな人間と話さずにOK

会社で孤立すると、嫌いな人間と話す必要もありません。

会社で働いていると少なからず、話したくない人もいるはずです。

嫌いな人と会話するのは精神によくありません。

 

ぼっちであれば嫌いな上司との会話から解放されます。

孤独感というつらさはありますが、煩わしい人間関係が発生しないのは魅力的ですね。

 

メリット3.無駄な時間が発生しない

会社でぼっちになると100%自分のために時間を使えます。

同僚や上司と会話する時間もなければ、報連相も最小限で問題ありません。

 

また、会社で孤立すると飲み会に参加する必要もないでしょう。

飲み会といえば、上司との無駄話を聞くだけの時間になることが多いです。

 

面倒な飲み会に参加せず、副業や読書など自己研さんの時間にあてられます。

力を付けた後に退職すれば、現在よりも良い会社が見つかるでしょう。

あわせて読みたい

 

このように会社でぼっちになるメリットも少なからずあります。

しかし、孤独感を感じない人限定なので、たいていの人が会社で放置されるのは嫌でしょう。

ぼっちがつらくて辞めたいなら、会社で孤立している状態を脱却すべきです!

 

会社を辞めたいぼっちが現状を脱する3つの方法

ぼっちを脱出する

ぼっちから解放される方法は、大きく分けると3つです。

脱・会社ぼっちの方法

  • 今の会社でぼっちを脱却しようと奮闘する
  • 転職して人間関係を刷新する
  • フリーランスになって人間関係の悩みから解放される

では、3つの方法を詳しく見ていきますね。

 

方法1.【おすすめしない】今の会社でぼっちを脱却しようと奮闘する

現在の会社でぼっちから脱却するためには、積極的に関わろうとすることが大切です。

たとえば以下の行動を取れば孤立状態から解放されるでしょう。

脱ぼっちに効果的な行動

  • 会社の人間に興味を持つ
  • 満面の笑みであいさつ・会話する
  • 雑談に混ざろうと努力する
  • 話す時は相手の目を見る
  • リアクションを少しオーバーにする
  • お願いをする
  • 悩みを打ち明ける

上記の行動は信頼性の向上につながります。

毎日がんばることでぼっちから解放されるでしょう。

 

しかし、一度最悪になった人間関係を修復するのは簡単ではありません。

会社の人間同士で盛り上がっているところに、ぼっち状態の自分が混ざるのは難しいですよね?

相当な精神力が求められるので、会社を辞めたいなら無理して仲良くなる必要はありません。

 

とはいえ、会社の人間と仲良くなるノウハウは他の会社でも使える方法なので、知っておいて損はありませんよ。

 

方法2.転職して人間関係を刷新する

転職を目指す男性

ぼっちから逃れる一番手っ取り早い方法は転職することです。

転職してしまえば、現在の孤立状態から解放されて、新しい職場で新たに人間関係を築けます。

マイナスの状態ではなく、ゼロの状態から人間関係の構築ができるので精神的にも楽です。

 

ただ、なぜ現在の会社で孤立したのか考えないと、同じ失敗を繰り返す可能性があります。

もう一度会社で孤独感を味わうと、余計につらくなるので自分の行動を振り返りましょう。

あわせて読みたい

 

方法3.フリーランスになって人間関係の悩みから解放される

会社を辞めた後にフリーランスになれば、人間関係で悩む必要もありません。

私の場合は正社員でパワハラを受けて辞めましたが、フリーランスになってからは快適の一言です。

上司から怒られることもなく、100%自分のために作業できます。

 

フリーランスは自分で稼がないと収入がなくなるデメリットもありますが、人間関係に悩みがちな人にはぴったりですよ!

あわせて読みたい

 

まとめ.会社を辞めてぼっちも解放されよう!

会社ぼっちから解放されて喜ぶ

ぼっちで会社を辞めたい人が退職すべき5つの理由や孤立状態から解放される方法を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 会社ぼっちにはひとりで作業に没頭できるメリットもある
  • 会社ぼっちは精神的に悪く正当な評価を受けられない可能性が高い
  • 無理すると体調を崩して取り返しのつかない可能性もある
  • 会社を辞めてしまえばぼっちからも解放されて新しい未来が開ける

 

孤独感を感じない人は別ですが、ぼっちは基本的にロクなことがありません。

やりがいを感じられず、精神的に追い詰められていきます。

会社を辞めたい状態は深刻な状況の一歩手前なので、危険な目にあう前に退職した方が良いです。

 

会社さえ辞めてしまえばぼっちから解放されて、新たなる道へ進めます。

退職後は転職したり、フリーランスになったり自由の身です。

幸せな未来を勝ち取るためにも、まずは会社を辞めることから始めましょう。

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
退職コンシェルジュが怪しい!本当に28か月分の失業保険をもらえるのか徹底検証

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

スポンサーリンク

-退職関連