会社辞めたい

会社を辞めたいのに親が反対する理由とは?意見を覆す5つの対処法も紹介

親に退職を反対されて悩む
・会社を辞めたいと親に言うと反対された!
・子供の退職に親が反対する理由って何なの?
・反対する親の意見を覆す方法ってあるの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 親が退職に反対する理由は子供の将来が不安だから
  • 親を説得するときには明確な退職理由や退職後の予定を伝えよう
  • どうしても親を説得できないときは無視してでも退職すべき

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「親に会社を辞めたいと伝えたら反対されて退職しづらい」とお困りの方へ。

退職は自分のことなので、放っておいてほしいと思いますよね。

でもなぜ、親が子供の退職に反対するのでしょうか。

 

この記事では、親が子供の退職に反対する理由や反対されたときの対処法を紹介しています。

親を説得したうえで会社を辞めたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、気持ちをすっきりさせて退職する方法がわかりますよ!
さっこー

 

会社を辞めたい子供に対して親が反対する4つの理由

親が反対する理由

会社を辞めたいと伝えたときに親が反対する理由はこちらです。

理由

  • 子供の将来を心配している
  • 仕事は続けることが大切だと思っている
  • 良い会社に就職したのにもったいない
  • 世間体が気になる

では、4つの理由を深掘りしていきますね。

 

反対する理由1.子供の将来を心配しているから

親が子供の退職に反対する大きな理由は、会社を辞めた後の未来が不安だからです。

会社を辞めると当然ながら収入も途絶えます。

そのうえ転職できないと貯金も減る一方です。

最悪の場合、退職したことが原因で路頭に迷うかもしれません。

 

一方で、今の会社にいれば安定した生活が保障されています。

転職活動で苦労することもなければ、収入が途絶えることもありません。

 

会社を辞めると不安定な道に進む可能性があるので、親は子供の未来を心配して会社を辞めたいことを反対します。

 

反対する理由2.仕事は続けることが大切だと思っているから

会社を辞めいたことに反対する親の中には「仕事は長く続けるものだ」という価値観を持っている方もいます。

昔の時代まで仕事は長く続けることが当然でした。

 

しかし、現代において仕事は長く続けるという価値観は変わりました。

今や転職も盛んに行われています。

 

転職が悪くないとされる時代にもかかわらず、仕事は長く続けろと考える親は価値観が古いです。

たしかに仕事を続けることで見えてくる景色もありますが、私の経験上では無理してまで手に入れる必要はありません。

逆に、今の会社に居続けることで「もっと早く退職しておくべきだった」と後悔するでしょう。

 

反対する理由3.良い会社に就職したのにもったいないから

大企業やホワイト企業に勤めている場合は「せっかく良い会社に入ったのに」という理由で反対されやすいです。

 

大企業やホワイト企業は一般的に働きやすく、給料も良いイメージがあります。

そのうえ、応募者が多いので入社するのも簡単ではありません。

大企業やホワイト企業は外から見たイメージが良いだけに、退職を伝えるときに反対されやすいです。

 

また、転職した結果「前の会社の方が良かった」と後悔する可能性もゼロではありません。

今の地位を捨ててまで後悔してほしくないと反対する親もいます。

 

反対する理由4.世間体が気になるから

退職を反対する親の中には、退職に悪いイメージを持っている人もいます。

一時的に仕事がなくなるとニート状態になるので、人によっては悪いことだと感じるでしょう。

 

仮に近所の人に「あの家の子供25歳なのに働いていないんだって」と噂されるとどうもいますか?

我が子のことながら嫌ですよね。

世間体を気にする方にとっては、子供の退職に反対したくなるのは当然と言えるでしょう。

 

【これで解決】会社を辞めたいけど親に反対されるときの対処法5選

対処法を紹介

会社を辞めたいのに親に反対されるときは、以下の対処法を取ってみてください。

対処法

  • 辞めたい理由をハッキリと伝える
  • 退職後のビジョンを伝える
  • 貯金をためておく
  • 親の話にも耳を傾ける
  • 親の反対を無視して辞める

上記の対処法を実践すれば、親に反対される問題が解決しますよ!

では、具体的な対処法を紹介していきますね。

 

対処法1.辞めたい理由をハッキリと伝える

会社を辞めたいときには退職理由が大切です。

「なんとなく辞めたい」であれば親を説得できないのはもちろん、転職の際にも困ります。

明確な退職理由なしでは、次の会社に行ったときに「前と変わらないな」といったミスを繰り返すでしょう。

 

親の反対を覆すためにも自分のためにも、まずは退職理由を打ち出すことが大切ですよ。

ちなみに、以下の退職理由であれば反対する親を説得しやすいです。

退職理由の例

  • 会社で悪質なパワハラを受けている
  • 勤めてみるとブラック企業であることが判明した
  • 人間関係が合わない
  • 会社を辞めて挑戦したいことがある

退職理由が思い浮かばないときは参考にしてくださいね。

 

対処法2.退職後のビジョンを伝える

退職に反対する親を説得するときは、退職後の目標がなければいけません。

親の中には退職した後の将来が気になる方も多いです。

自分の子供が退職して無一文になるのは、親としても耐えられませんよね?

 

親を安心させるためにも退職した後のことを伝えましょう。

たとえば「会社を辞めた後は他の業界で挑戦する」「〇月までに転職する」と伝えると印象が良いですよ。

もしすぐに働ける状態であれば、すでに転職先が決まっていると最高です!

 

対処法3.貯金をためておく

会社を辞めたい人にとって深刻な問題が貯金です。

退職した後は収入減を失うので、貯金がなければ親に頼ることになります。

退職を反対する親の中には、子供に金銭的な支援を与える余裕がないこともあるでしょう。

 

親の不安を取り除くためにも貯金はあった方が良いです。

退職してもお金には余裕があるとアピールすれば、親の反対も覆せるでしょう。

 

しかし、会社を辞めたいのにお金がない方もいますよね?

お金に困る方は「会社を辞めたいのにお金がない!退職後の生活費を確保する5つの方法とは」を参考にしてくださいね。

 

対処法4.親の話にも耳を傾ける

親に会社を辞めたいと伝えるときには、親の話を聞くことも重要です。

相手の気持ちになると、一方的に話を進められるのは気分が良いものではありません。

それに親が退職に反対する場合は、何かしらの理由があります。

 

何を思って退職に反対しているのか聞くことで、親の考えもわかります。

親の考えに対して、不安点や疑問点を解消してあげることで説得しやすいです。

「とにかく辞めたい」の一点張りでは、反対する親を説得できないので気を付けましょうね。

 

対処法5.親の反対を無視して辞める

親の反対をどうしても覆せない場合は、会社を辞めたい思いを優先しましょう。

精神的に追い詰められた状態で働き続けると精神的・肉体的な問題で倒れる危険性があります。

 

つらい会社で働き続けても良い未来は訪れません。

親の意見を聞くのも大切ですが、自分の気持ちを優先することの方が重要ですよ。

 

親に会社を辞めたいと伝えるときの理想的な手順

会社を辞めたいと伝えるときの手順

親に会社を辞めたいと伝えるときは以下の手順で進めましょう。

伝え方

  1. 退職の話を切り出す
  2. 退職の理由と辞めた後のビジョンを伝える
  3. 退職しても大丈夫なことを伝える

 

退職を伝えるときは、基本的に改まった場を用意する必要はありません。

上司に伝える場合は別ですが、伝える相手は親なので気軽な場で伝えても大丈夫です。

 

退職を切り出した後は、退職理由や退職後の予定などを伝えていきます。

一つひとつ順序立てて説明していくと説得力が出るので成功しやすいですよ!

最後に、退職しても問題ない理由を伝えられるとベストです。

あわせて読みたい

 

まとめ:辞めたい気持ちが強ければ親に反対されても退職すべき

会社を辞めて新しい道を進むと誓う

会社を辞めたいことを伝えたときに親が反対する理由や対処法を紹介してきました。

 

本記事のまとめ

  • 親が退職に反対するのは子どもの将来が不安だから
  • 親の不安を取り除いてあげると説得しやすい
  • どうしても反対を振り切れない場合は自分の気持ちを優先して退職しよう

退職に反対する理由はさまざまですが、一番多い反対の理由は「不安」でしょう。

退職することで収入がなくなり、転職するまで安定したお金が入ってきません。

転職に絶対成功する保証もないので、親としては不安に感じるのも仕方ないでしょう。

 

反対する親を説得するためにも、退職理由や退職後のビジョンをハッキリさせることが大切です。

あとは本気で退職したことを伝えれば納得してくれるでしょう。

 

もし反対を覆せない場合は、親の意見を無視してでも退職すべきです。

「無理してつらい目に遭うのは親ではなく自分」であることを忘れてはいけませんよ!

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-会社辞めたい