Webライター

Webライターとブロガーの違いは7つある!どっちが良いか徹底比較

Webライターとブロガーの違いとは
・Webライターとブロガーってどんな違いがあるの?
・Webライターかブロガーだとどっちがおすすめなの?
・Webライターとブロガーってどんな人に向いているの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターかブロガーだと難易度が低いライターがおすすめ
  • まずはライターで記事の書き方を覚えよう
  • ライター業務に慣れてきたらブログ運営を開始するのが理想
  • ライターとブログを両立するとスキルが上がって収入アップにつながる

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私はWebライターとブロガーを両立しています。実体験から両者にどんな違いがあって、どちらがおすすめのか紹介していきますね。

 

「Webライターとブロガーって仕事内容が似ている気がするけど、どんな違いがあるの?」とお悩みの方へ。

Webライターとブロガーは「記事を書く」というところは共通していますが、実は驚くほどの違いがあります。

 

そこでこの記事では、Webライターとブロガーにある7つの違いを紹介しています。

ライターかブロガーだとどっちがおすすめなのかも紹介しているので参考にしてくださいね。

最後まで読んでいただくと、Webライターやブロガーで好スタートを切る方法もわかりますよ!
さっこー

 

目次

Webライターとブロガーとは「ネット記事を書く」のが主な仕事

Webライターとブロガーは記事を書く仕事

Webライターとブロガーの違いを知る前に、まずは両者の意味をざっくりと確認しておきましょう。

Webライターとは

クライアントから発注を受けて記事を執筆する人のこと。
指示通りに執筆して納品すると報酬をもらえる。

ブロガーとは

ブログ運営して広告収入を得ている人のこと。
記事執筆以外にブログ管理の能力が求められる。

 

両者の概要を見ただけでも、ある程度違いがわかるでしょう。

 

しかし、Webライターとブロガーには共通点も多いです。

 

Webライターとブロガーには4つの共通点がある

Webライターとブロガーの共通点
  • ネット記事を執筆する
  • パソコンやスマホを使って稼げる
  • 在宅で完結する
  • スキマ時間で作業できる

 

Webライターとブロガーは主にパソコンを使ってネット記事を執筆するのが特徴です。

パソコンを使って作業するので、場所を選ばずに働けます。

家事の合間や寝る前などのちょっとした時間を使えるので、何かと忙しい人にはぴったりですね。

 

Webライターが向いている人の特徴

Webライターが向いている

Webライターは以下の特徴を持つ人に向いています。

Webライターが向いている人の特徴
  • 指示通りに動くのが苦痛ではない
  • 即金性を求めている
  • 興味や関心が深い
  • 記事執筆だけに集中したい
  • 人付き合いが苦手ではない

 

Webライターはクライアントからの指示通りに執筆するのが仕事です。

そのため人付き合いや人の指示を聞くことに抵抗がない場合に向いています。

 

ブロガーに向いている人の特徴

ブロガーに向いている

ブロガーは以下の特徴がある人に向いています。

ブロガーが向いている人の特徴
  • 自分の好きなように作業したい
  • 不労所得を獲得したい
  • ある程度貯金がある
  • コツコツと積み上げるのが好き
  • 大きく稼ぎたいという野望がある

 

ブロガーは月100万円以上を稼ぐこともできるので、大きく稼ぎたい人におすすめです。

ただ、稼げる状態になるまでに1年以上かかる傾向があります。

Webライターと違って即金性がないので、ある程度貯蓄に余裕がある人向けの仕事です。

 

Webライターとブロガーの違いは7つある

Webライターとブロガーを比較

Webライターとブロガーには以下の違いがあります。

Webライターとブロガーの違い

  • 仕事相手の有無
  • 記事の所有権
  • 求められるスキル
  • 仕事の流れ
  • 収入の発生源
  • 1円を稼ぐまでのスピード感
  • 収入の目安

では具体的な内容を順番に見ていきましょう。

 

違い1.仕事相手の有無

仕事相手

Webライターとブロガーでは仕事相手の有無に違いがあります。

Webライター ブロガー
あり なし

 

Webライターは仕事相手がいて成立する仕事です。

クライアントから案件をもらって、それをこなすと報酬が手に入ります。

 

一方でブロガーは、企画の構成や記事執筆、ブログ管理などすべて自分の業務です。

相手がいないので自分の好きなように作業できます。

 

自由度で言うと圧倒的にブロガーの方が高いです。

Webライターの場合は依頼人の要求をクリアする必要があるので、人の指示を聞くのが嫌いな人だと厳しいかもしれません。

 

違い2.記事の所有権

記事の所有権

執筆した記事の所有権にも以下の違いがあります。

Webライター ブロガー
仕事相手 自分

 

Webライターは執筆した記事を納品するかたちなので、最終的な記事の所有権は相手に渡ってしまいます。

ブログ記事の場合は自分のものにできるので、不労所得になるのが特徴です。

不労所得とは

自分が働かなくても得られる所得のこと。
ブログ以外に株式投資やアパートの大家が該当する。

 

ブログ記事を書きためると自動的に収益が発生するので、Webライターと違って執筆せずにお金を得られます。

「不労所得を獲得して将来に備えたい」「年齢を重ねても働きたくない」という人にブロガーはおすすめです。

 

違い3.求められるスキル

Webライターに必要なスキル

Webライターとブロガーでは求められるスキルが微妙に異なります。

※左右にスクロール可能

Webライター ブロガー
・ライティングスキル
・構成づくり
・タイトルづくり
・SEO
・Googleドキュメントの操作
・WordPressの操作
・メッセージを使ったコミュニケーション能力
・ライティングスキル
・構成づくり
・タイトルづくり
・SEO
・WordPressの操作
・キーワード選定
・企画構成
・記事やブログの管理
・競合サイトのチェック

 

ブログ運営は初心者でもできますが、Webライターと比べるとレベルが高いです。

そのため難易度で選ぶならWebライターの方が良いと言えます。

スキル名を見ると難しそうに見えますが、内容はどちらも高校生が理解できる内容なので安心してくださいね。
さっこー

 

違い4.仕事の流れ

仕事の流れ

クライアントの有無に違いがあるWebライターとブロガーでは、仕事の流れも異なります。

※左右にスクロール可能

Webライター ブロガー
1.案件に応募する
2.返信が来たら仕事内容を確認する
3.両者合意したら契約を結ぶ
4.執筆を開始する
5.記事が完成したら納品する
6.依頼人が記事を検収する
7.検収が終わると報酬が手に入る
1.執筆するテーマやキーワードを選定する
2.記事の骨組みを作る
3.執筆を開始する
4.記事が完成したらネットにアップする
5.アップ後も管理を続ける

 

工程だけを見るとWebライターの方が面倒そうですが、どちらもそこまで変わりません。

Webライターの場合は相手に言うことに従っておけば良いので、ライティングに集中できるのが特徴です。

 

一方でブロガーの場合は、自分で記事のテーマから考える必要があります。

テーマを考えたあとは執筆するだけなので、Webライターと比べると少しだけ負担が大きいです。

いずれにせよ執筆がメインなので、ライティングスキルがあれば問題ありませんよ!
さっこー

 

違い5.収入の発生源

収入の発生源

Webライターとブロガーは報酬をもらえる相手も異なります。

Webライター ブロガー
案件を依頼した人 広告

 

Webライターは仕事相手から報酬をもらえるのでシンプルです。

一方でブロガーは、以下のシステムで報酬が手に入ります。

ブログで稼げる仕組み

 

ブログは記事に訪れた読者が広告をクリックして、商品やサービスを利用してくれると報酬が手に入ります。

ブログは24時間365日体制で稼働してくれるので不労所得につながるのです。

一見するとブログの方が稼ぎやすそうですが、即金性はないので気を付けてくださいね。
さっこー

 

違い6.1円を稼ぐまでのスピード感

スピード感

1円を稼ぐまでのスピードを比較すると以下の違いがあります。

Webライター ブロガー
1日以内に達成可能 早くても1か月以上が必要
(半年近くかかるケースが多い)

 

Webライターは仕事を受注して、記事を納品すれば報酬をもらえます。

仕事すればほぼ確実に1円以上を稼げるので即金性は抜群です。

 

一方でブロガーは、執筆したからといって必ず稼げるとも限りません。

ブログは記事に読者が訪れて広告へアクセスすると報酬が発生します。

言い換えると、記事に読者が訪れて広告をクリックしない限り稼げません。

 

また、ブログに読者が訪れる状態になるまでには時間がかかります。

早ければ1か月で読者が増えますが、遅いと半年以上必要です。

安定して稼げるようになるまで1年はかかるので、即金性はありません。

今すぐお金がほしい人はWebライター、そこまで即金性を求めていない人はブロガーを選ぶと良いですね。
さっこー

 

違い7.収入の目安

収入の目安

Webライターとブロガーでは1円を稼ぐまでのスピード感に大きな違いがありましたが、稼げる金額も異なります。

Webライター ブロガー
月5~20万円 月100万円以上

※月収はあくまで目安です

 

Webライターは月20万円以下の人が大半を占めています。

もちろんその人のレベルによって異なりますが、ブロガーと比べると稼ぎづらいです。

とはいえスキルを覚えて執筆数を増やせば、月100万円近く稼ぐこともできます。

しかし、初心者のうちは月5万円を稼ぐのも難しいのが現実です。

 

一方でブロガーは爆発力があるので、月100万円以上稼ぐこともできます。

ブログはスタート時こそ稼ぎづらいですが、軌道に乗ると200万円、300万円と伸ばしていけるのが特徴です。

 

とはいえそこまで簡単に稼げる業界ではないので、月100万円以上を稼ぐのには1年以上かかるでしょう。

堅実に稼ぎたい人はWebライター、人生で一発逆転を狙いたいならブロガーを選ぶと良いですね。
さっこー

 

Webライターとブロガーには7つの違いがあって、どっちから始めるべきなのか悩みますが、理想を言うと同時に始めるのが良いです。

同時に始めるとWebライターで着実に稼ぎながら、将来的にブログの爆発力が期待できます。

 

とはいえ、いきなりWebライターとブロガーを同時に進めるのは精神的に疲れますよね。

ゆっくりと始めたいなら、Webライターから始めるのがおすすめです。

 

Webライターかブロガーならライターから始めるべき理由

ライターから始めるべき理由

Webライターを先に始めるべき理由は以下の通りです。

Webライターから始めるのが良い理由

  • 始めるまでのハードルが低い
  • ライターの方が求められるスキルが少ない
  • 作業すれば確実にお金を稼げる
  • やり方をクライアントに教えてもらえる

続いて4つの理由を深掘りしていきますね。

 

理由1.始めるまでのハードルが低い

Webライターとブロガーだと圧倒的にライターの方が始めやすいです。

Webライターならパソコン(スマホでも可)とWi-Fi環境があれば執筆できます。

 

一方でブログの場合は、パソコンとWi-Fi以外にレンタルサーバーが必要です。

レンタルサーバーとは

サーバーを有料で貸し出すサービスのこと。
サーバーをレンタルしてブログ運営するのが基本。

 

サーバーは月々数千円でレンタルできるとは言え、手続きの手間がかかります。

気軽にライティングしたい人にとってはハードルが高いでしょう。

 

理由2.ライターの方が求められるスキルが少ない

Webライターは始めやすい

ライターはブログと違って基礎的なパソコンスキルがあれば始められます。

稼ぎたいならSEOやPREP法なども覚える必要もありますが、作業するだけなら以下のスキルがあればOKです。

Webライターを始めるのに必要なスキル
  • タイピング
  • ネット検索
  • Googleドキュメントの基本的な操作

 

パソコンを使えればもう稼げる状態なので、気軽に始めやすいのもWebライターの特徴です。

 

ちなみにWebライターはスマホでもできますが、あまり操作性がよくないので本格的に稼ぎたい場合はあまりおすすめしません。

 

理由3.作業すれば確実にお金を稼げる

Webライターは執筆して納品すればほぼ100%お金になります。

一方でブロガーは記事を書いても読者が訪れなければお金が発生しません。

「お金を稼いでいる実感がほしい」という人はWebライターから始めるべきです。

 

理由4.やり方をクライアントに教えてもらえる

Webライターのノウハウを伝授

Webライターではクライアントから執筆マニュアルを配布されることも多いです。

マニュアルにはライティングのイロハが書かれていることもあるので、それを読んで作業できます。

 

ブログだと相談相手がおらず、ひとりで作業しなければいけません。

初心者にとってはやり方を提示してもらえるWebライターの方が取り組みやすいでしょう。

 

Webライターとブロガーを両立するメリット

Webライターとブロガーを両立するメリット

Webライターとブロガーを両立すると以下のメリットがあります。

ライターとブロガーを両立するメリット

  • スキルアップにつながる
  • ブログ運営を実績としてアピールできる
  • 収入源が増えて生活が安定する

 

両立するメリットは多いので、ライター活動に慣れてきたらブロガーを始めるのもおすすめです。

では具体的なメリットを順番に見ていきましょう。

 

メリット1.スキルアップにつながる

Webライターとブロガーの2つを取り組むと、単純にライティングの量が増えるのでスキルも上がります。

スキルが上がるとWebライターの収入を増やすことが可能です。

 

また、ブログ運営しているとWordPressを使うことになります。

WordPressとは

2003年に開発が始まったブログ投稿管理システム。
執筆した記事をネットへアップロードする際に使う。

WordPressの操作スキルはWebライターの高単価案件で求められることも多いです。

 

このようにブログ運営するとWebライター活動につながり、ライター業がブログ運営に役立ちます。

Webライターとブロガーの組み合わせは最強と言えますね。
さっこー

 

メリット2.ブログ運営を実績としてアピールできる

ブログの実績をアピール

ブログ運営で実績を出すことに成功すると、Webライターの実績として紹介できます。

 

Webライターは案件に応募して仕事を獲得していきますが、採用されるためには実績をアピールしなければいけません。

実績がないと採用される確率が下がるので、実績提示に苦労する初心者もたくさんいます。

 

Webライターの実績を提示するときに便利なのがブログ記事です。

特に以下の実績があれば採用率はグンと上がります。

実績として認められるブログの成果
  • 特定キーワードで検索上位を獲得
  • 特定ジャンルについてブログで〇記事以上執筆
  • ブログの運営歴〇年
  • ブログの収益が〇円以上

 

Webライター活動にあたってブログ運営が無駄になることは決してありませんよ!
さっこー

 

メリット3.収入源が増えて生活が安定する

ブログとWebライターの2つで稼げるようになると収入源が増えます。

収入源が多いと万が一の際にも安心です。

 

たとえば何かしらの原因でブログが稼げなくなったとすると、ブログ一本に絞っている専用ブロガーは収入がゼロになります。

一方でWebライターもやっているブロガーであれば、Webライターで稼ぐことが可能です。

特にフリーランスは収入が不安定になりがちなので、Webライターとブロガーを両立して生活を安定させるのもありですよ!
さっこー

 

Webライターとブロガーを両立する場合の始め方

Webライターとブロガーの始め方

Webライターとブロガーを両立させる場合は以下の流れで進めるのがおすすめです。

Webライターとブロガーの両立法

  • 1.Webライターの作業環境を整える
  • 2.クラウドソーシングで仕事に応募する
  • 3.案件を受注してライター活動を始める
  • 4.ライター業に慣れたらレンタルサーバーでブログを開設する
  • 5.ブログのテーマを決めて執筆を開始する
  • 6.ライター活動とブログ運営を両立する

では具体的な始め方を紹介していきますね。

 

ステップ1.Webライターの作業環境を整える

まずはWebライティングできる環境を整えましょう。

Webライターの作業環境
  • パソコン
  • Wi-Fi

 

もしパソコンを持っていない場合は「Webライターにおすすめのパソコン5選や周辺機器を現役ライターが解説」を参考にしてくださいね。

Webライターにおすすめのパソコン
Webライターにおすすめのパソコン5選や周辺機器を現役ライターが解説

続きを見る

 

ステップ2.クラウドソーシングで仕事に応募する

仕事に応募する

環境を整えたあとはクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングとは

ネット上で企業や個人が不特定多数の人に仕事を発注する業務形態のこと。
Webライターやプログラマーなど、さまざまなネット業務の仕事を募集している。

 

初心者Webライターはクラウドソーシングを使って稼いでいくのが基本です。

クラウドソーシングはいくつか種類がありますが、案件数が多いクラウドワークスをおすすめします。

クラウドワークスは常時2,000件以上のライター案件があるので仕事探しに苦労しません。

\案件数が常時2,000件以上/

クラウドワークスに無料登録!

 

ステップ3.案件を受注してライター活動を始める

クラウドソーシングに登録したあとは、気になる案件に応募しましょう。

応募の際は提案文を書く必要があるので、しっかりと自分の実績をアピールすることが大切です。

 

採用された場合は契約を結んで執筆を始めましょう。

執筆が終わったあとは納品して、次の案件を探していきます。

最初は慣れないかもしれませんが、数回こなせばスムーズに作業できるようになりますよ!
さっこー

 

ステップ4.ライター業に慣れたらレンタルサーバーでブログを開設する

ブログ運営する

ライター活動に慣れてきたら、ブログ運営を開始していきましょう。

ブログ運営の際は最初にレンタルサーバーを契約する必要があります。

 

レンタルサーバーは信頼性が高いエックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーは20年以上運営していて、ネットにもたくさんの情報があるので不明点を簡単に解消できます。

サポート体制も充実しているので、ネットに疎い人でも安心です。

\定期的にお得なキャンペーンを開催中/

エックスサーバー公式サイト

 

ステップ5.ブログのテーマを決めて執筆を開始する

ブログ開設できたら設定を完了させ、テーマを決めて執筆を開始しましょう。

 

テーマは何でも良いですが、最初は自分が好きなジャンルから始めるのがおすすめです。

得意分野で始めると以下のメリットがあります。

得意分野の仕事を受けるメリット
  • リサーチの時間が減る
  • ライバルと差別化できる
  • 気分が乗って継続しやすい

 

好きなジャンルかつ稼げそうなジャンルを選ぶのがブログ運営では大切になってきます。

競合が強いテーマは稼げる可能性が低いので避けるのが無難ですよ!
さっこー

 

ステップ6.ライター活動とブログ運営を両立する

Webライターとブロガーを両立

ブログ運営をスタートできたあとは、ライター活動に戻ります。

あとはライターとブログを両立させていきましょう。

 

どっちを優先させるのかはお財布事情によって異なりますが、基本的にWebライターを重視した方が良いです。

Webライターで稼ぎながらスキルを身に付け、その経験をブログ運営に活かすという感じですね。

ブログはいきなり稼げるわけではないので、コツコツを運営していきましょう。
さっこー

 

Webライターとブロガーの勉強はスキルハックスがおすすめ

スキルハックス

これからWebライターやブロガーを目指すなら、まずスキルハックスで基礎を学ぶのがおすすめです。

事前に基礎を学んでおくと最短ルートで稼げるようになります。

 

「一刻も早く稼げるようになりたい」「このやり方で合っているのかと悩みたくない」人は、以下で紹介するスキルハックスの講義で勉強しましょう。

 

WritingHacks:Webライター向け

ライティングハックス

WritingHacks(ライティングハックス)は稼げるWebライターになることを目的としたスクールです。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスで学べる内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

「Webライターとして最速で成功を収めたい」

「Webライターで独立して自由な生き方をしたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacksで稼ぐ秘訣を学ぶ

 

BlogHacks:ブロガー向け

Blog Hacks(ブログハックス)

BlogHacks(ブログハックス)は本気でブログ運営したい人向けのスクールです。

本当に稼ぐために必要なノウハウを学べます。

 

BlogHacksの内容は以下の通りです。

BlogHacksの講座内容

動画教材計33本

  • 「はじめに・質問方法」(1本)
  • 「脱・初心者研修」(7本)
  • 「ブログ本質講座」(12本)
  • 「ブログテクニック」(9本)
  • 「ブログ収益化シート」(1本)
  • 「おまけ―ブログ回収―」(3本)
  • 無制限の質問サポート(ブログで月20万稼ぐまで有効)
  • トップブロガー迫佑樹によるブログ記事添削9回

 

ブログで稼ぐノウハウが身に付き、稼げるまでサポートしてもらえるのがブログハックスの特徴です。

 

「最速で稼げるブロガーになりたい」

「ブログで不労所得をゲットして人生を自由に生きたい」という場合は、ブログハックスで勉強してからブログ運営に生かすのがおすすめです。

\ブログで稼げるノウハウが身に付く/

Blog Hacks公式サイト

 

まとめ.Webライターとブロガーの大きな違いは難易度にある

Webライターとブロガーは難易度が異なる

Webライターとブロガーの違いやどっちがおすすめなのか紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターかブロガーだと難易度が低いライターがおすすめ
  • まずはライターで記事の書き方を覚えよう
  • ライター業務に慣れてきたらブログ運営を開始するのが理想
  • ライターとブログを両立するとスキルが上がって収入アップにつながる

 

Webライターとブロガーの違いは主に7つありますが、特に大きな違いは難易度です。

Webライターは比較的簡単に始められて、収益化まで時間がかかりません。

一方でブログ運営はWebライターと比べると始めづらく、収益化まで時間がかかります。

 

まずはWebライターから入って、ネット記事の書き方を覚えるのがおすすめです。

ライティングスキルを覚えて、ライターの収入が増えてきたらブログ運営を始めると良いでしょう。

ライターとブロガーを両立するとスキルが上がったり、収入アップしたりします。

Webライターとブロガーを両立するのは大変ですが、苦労した以上のリターンは得られますよ!
さっこー

 

スポンサーリンク

-Webライター