Webライター

Webライターって時給換算するといくらなの?衝撃の結果を現役ライターが暴露!

Webライターの時給とは
・Webライターって時給換算するといくら稼げるの?
・Webライターはアルバイトよりも時給が良いの?
・Webライターの時給を上げる方法を知りたい!

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターの時給は100円未満から2,000円以上まで幅広い
  • 経験のない初心者は時給500円以下のことが多い
  • 初心者でもスキルと実績を身に付けていけば時給が増える
  • 最速で時給アップしたいならスクールでスキルを学ぶのがおすすめ

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターをやってみたいけど、その前に時給がいくらなのか知りたい!」とお悩みの方へ。

アルバイトやパートは時給900~1,000円以上なので、この価格帯より高いと最高ですよね。

結論を先に言うと、Webライターの時給は100円未満から2,000円以上と幅広いです。

 

この記事では、Webライターの時給の仕組みや現役ライターの時給1年分を紹介しています。

時給を上げる5つの秘訣も取り上げているのでぜひ参考にしてください。

最後まで読んでいただくと、Webライターは夢のある仕事だとわかりますよ!
さっこー

 

Webライターの時給は本人の技量によって異なる

Webライターの時給は人によって異なる

Webライターは一概に時給いくらとは言えません。

そもそもWebライターの時給は以下の仕組みで決まります。

Webライターの単価
  • 単価(時給)=執筆速度÷文字単価×文字数

上記の計算式に合わせていくつか具体例を出してみました。

執筆速度 1文字単価 文字数 時給
2時間 0.1円 1,000 50円
3時間 1.0円 1,500 500円
1時間 0.5円 2,000 1,000円
1時間 1.0円 2,000 2,000円
1時間 2.0円 2,000 4,000円

 

このように3つの要素によって大きく時給が変わってきます。

作業に慣れていて高単価案件を獲得できると、時給2,000円以上は余裕です。

しかし、執筆に慣れていない初心者は時給500円以下になる傾向があります。

 

今までの情報をまとめると以下の結果になります。

経験度別の時給目安
  • 初心者:時給500円未満
  • 中級者:時給500~1,500円未満
  • 上級者:時給1,500円以上

 

経験を重ねるとアルバイトやパート以上に稼げますが、それまでは法外な時給で働くというのがWebライターの特徴ですね。

 

月収30万円Webライターの時給を5段階に分けて公開

Webライターの時給を5段階に分けて紹介

続いてWebライターとして活躍する私の時給を紹介していきます。

完全初心者時代から月収30万円を稼げるようになった現在までの時給を紹介しているのでチェックしてみてください。

 

【時給100円未満】完全初心者時代

Webライターの存在をつい最近知ったような完全初心者時代の時給は100円未満です。

時給100円と聞くと、もはや日本で起きている出来事のように思いませんよね?

 

当時の私は月収が5,000円を切っています。

クラウドワークスの1~2月度の収益

 

4,156円を稼いだ時の作業時間は「2週間×4時間=56時間」です。

56時間で4,156円なので、時給にすると100円を切っています。

 

異常なほどに安くて驚くかもしれませんが、案件選定を間違えると私のようになる可能性は高いです。

悲惨な目にあわないためにも、正しいWebライターの始め方を知ることが大切ですよ!
さっこー

 

【時給750円】初心者~中級者時代

Webライター初心者~中級者時代では、以下の月収を稼いでいました。

クラウドワークスの収入3~4か月目

 

Webライター歴4か月になる頃には、月収約5万円を稼いでいます。

月5万円を稼いだ時の作業時間・文字単価・文字数は以下の通りです。

  • 4時間÷1文字0.5円×6,000文字

時給にすると750円なので、完全初心者時代に比べると見違えるような成長ですね。

 

とはいえ時給750円ならアルバイトやパートの方が稼げるのでイマイチです。

 

【時給1,500円】中級者時代

Webライターの作業に慣れ、執筆スピードと高単価案件をゲットしたころには月収が約20万円になりました。

クラウドワークスの収入6か月目

 

月収が20万円もあるとフリーランスとしても独立できる金額です。

月20万円稼いだ時の主な作業内容は以下のものでした。

  • 8時間÷1文字1.5円×8,000文字

時給にすると1,500円なので、ようやく魅力的な数字になってきましたね。

 

ちなみに私が月で約20万円を稼げるようになったのは半年です。

私の場合は完全独学でやっていたのでかなり遅いですが、早い人なら3~6か月程度で達成できますよ!

 

【時給】中級者~上級者時代

Webライターのコツを完全につかみ、8か月目以降になると安定して月10~20万円を稼げるようになりました。

そんな中、Webライターを始めて12か月目にようやく月収30万円を稼ぎました。

クラウドワークスの収入11~12か月目

※左右にスクロール可能

クラウドワークス
の収入
クラウドワークス以外
の収入
合計金額
207,697円 100,153円 307,850円

 

月収30万円もあると、場合によっては正社員よりも稼げています。

私は過去に正社員時代を経験しましたが、月収20万円程度しかありませんでした。

Webライターで正社員より稼げるようになったときは感動したものです。

 

月収30万円を稼いだ時の作業時間や文字単価は以下のようになっています。

  • 1時間÷1文字1.0円×2,000文字

文字単価は1文字1円ですが、作業スピードが上がって1時間で2,000文字を書けるようになっています。

 

作業スピードが上がっているのは慣れの部分も大きいですが、得意分野に絞ったからです。

得意分野だとリサーチの時間が減るので、作業スピードも上がりますよ。

 

【時給】上級者時代

Webライターで安定して月30万円を稼げるようになった現在では、収入を伸ばしています。

過去には50万円の案件も獲得しました。

50万円の案件を獲得したときの内容は以下の通りです。

  • 6時間÷1文字1.5円×11,000文字

時給にすると2,750円です。

 

このようにWebライターは時給100円未満のこともあれば、時給2,000円を超えることもあります。

やる気次第で時給を増やしていけるのがWebライターの面白いところです。

 

ただ、何もせず時給が伸びるわけではありません。

しっかりと稼ぐコツを把握して努力する必要があります。

 

Webライターの時給を上げる方法

Webライターの時給を上げる方法

Webライターの時給を上げる方法は以下の通りです。

時給アップ法

  • 執筆に慣れて作業スピードを上げる
  • ツールを使って余計な時間を削る
  • ライティングスキルを身に付けて文章の型を覚える
  • ライティング以外のスキルも覚えて単価を上げる
  • 単価の高い案件を選ぶ

では5つの方法を具体的に紹介していきますね。

 

方法1.執筆に慣れて作業スピードを上げる

時給を上げるためには、短時間でより多くの文字数を書くことが大切です。

1文字1円×2,000文字でも、1時間なら時給2,000円、2時間なら時給1,000円となります。

 

執筆スピードを上げるためには以下のコツをおさえましょう。

執筆スピードを上げる方法
  • 執筆を重ねて一連のライティング業務に慣れる
  • 自分の得意なジャンルで執筆する
  • 継続案件の仕事を引き受ける
  • 使いやすいキーボードを購入する

 

執筆スピードは慣れの部分が大きいので、まずは執筆経験を重ねましょう。

あとは請け負う案件のジャンルを選定したり、使いやすい外付けキーボードを購入したりすると、より早く執筆できますよ!

 

方法2.ツールを使って余計な時間を削る

ツールを使って時短する

世の中にはライティングツールというものが存在します。

ライティングツールを使うと作業の効率化が可能なので、執筆速度を上げることもできます。

 

ツールはさまざまなタイプがありますが、中でも日本語校正ツールはおすすめです。

日本語校正ツールとは

正しい日本語の書き方を指摘してくれるツール。
誤字脱字や言葉の誤用、重複表現などをチェックしてくれる。

 

執筆した文章を日本語校正ツールにかけると、言葉の間違いや誤字脱字などを指摘してくれます。

人的ミスを減らせるのでクオリティの高い記事に仕上がり、書いた文章の確認作業も大幅に節約できるでしょう。

特に「ミスタッチが多い」「日本語力に自信がない」という人にはおすすめですよ!

 

方法3.ライティングスキルを身に付けて文章の型を覚える

文章をすらすらと書くためには、ライティングスキルを覚えることが大切です。

正しい文章の書き方を覚えておけば「どうやって書けば良いのかわからない」という時間を削減できます。

 

ライティングスキルは種類が多いですが、初心者の場合はPREP法を覚えましょう。

PREP法とは

結論から書くライティングスキルの一種。
最初に結論を書くことで理解しやすくなる。

PREP法の例
  • 要点:WebライティングはPREP法が効果的だ
  • 理由:PREP法で書くと読み手が記事の内容を把握しやすい
  • 具体例:読者が読みやすいと感じればストレスも感じず読了してくれる
  • 要点:そのためPREP法で執筆した方が良い

 

たいていのネット記事はPREP法で書きます。

PREP法を覚えるだけで効率的な執筆ができるので、文章執筆は結論から書くことを意識してみてください。

 

方法4.ライティング以外のスキルも覚えて単価を上げる

スキルを覚える

PREP法に合わせて、以下のスキルを覚えるのもおすすめです。

Webライターで稼ぐために必要なスキル

持っておくべきスキル

  • 構成づくり
  • タイトル決め
  • PREP法を用いた執筆
  • わかりやすい文章の書き方
  • SEO
  • WordPressの操作

あった方が良いスキル

  • 画像加工
  • コピーライティング
  • セールスライティング

 

上記のスキルを覚えると文字単価が1~2円以上に上がります。

単価が上がれば時給アップにつながるので、少しずつスキルを覚えていきましょう。

まずはPREP法から覚えてSEO、構成づくりのやり方を覚えていくのがおすすめですよ。
さっこー

 

方法5.単価の高い案件を選ぶ

Webライターの時給を上げたい場合は文字単価の存在も欠かせません。

文字単価を上げる方法は以下の三通りです。

単価の上げ方
  • 既存の案件に単価交渉する
  • 高単価の案件に応募する
  • 直接契約して手数料を節約する

 

直接契約は初心者にとって難易度が高いですが、それ以外の方法はコツさえつかめばだれでもできます。

まずは単価交渉することから始めてみると良いでしょう。

 

Webライターの時給を上げたい場合はWritingHacksがおすすめ

ライティングハックス

WritingHacks(ライティングハックス)は稼げるWebライターになることを目的としたオンラインスクールです。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスで学べる内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

卒業課題をこなすと高単価案件を紹介してくれる特典もあるので、時給アップしたい場合にはぴったりです。

 

「Webライターとして最速で成功を収めたい」

「Webライターで独立して自由な生き方をしたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

Webライターの時給にこだわりすぎる3つのリスク

時給にこだわりすぎるリスク

Webライターは時給を上げることが大切ですが、あまりこだわりすぎるのもデメリットがあるのでよくありません。

時給アップにこだわるリスク

  • 効率を重視して記事の質が下がる
  • 単価を意識しすぎて仕事が取れない
  • 仕事を受けすぎてつぶれる

では3つのリスクを順番に見ていきましょう。

 

リスク1.効率を重視して記事の質が下がる

時給を上げるためには作業スピードを上げる必要がありますが、スピードを意識しすぎると記事の質が下がりやすくなります。

記事の品質を保てないと以下のデメリットがあります。

記事の品質が下がるデメリット
  • 能力の低いライターだと思われる
  • 仕事を継続してもらえなくなる
  • ライターとしての成長が止まる

 

記事執筆の際はもちろん効率も大切ですが、「品質が高い」というのが前提条件です。

質を下げてまで執筆するデメリットはないので気を付けてくださいね。

 

リスク2.単価を意識しすぎて仕事が取れない

仕事を置取れなくて頭を抱える

Webライターで稼ごうと思ったら、単価が高いに越したことありません。

しかし、高単価案件はライバルたちが大量に集まるので、実績や経験がないと仕事を取りづらいです。

単価だけで選ぶと「働きたいのに働けない」という悲惨な状況に陥るので気を付けましょう。

ちなみに初心者だと、文字単価0.5~1.0円を狙うのがおすすめですよ!
さっこー

 

リスク3.仕事を受けすぎてつぶれる

時給を上げるためには作業量を増やすのもひとつの手段です。

ただ、自分の容量を超えて仕事すると身体がつぶれてしまいます。

Webライターは身体を壊してまでする仕事ではないので、自分の容量を把握して執筆活動しましょう。

 

まとめ.Webライターの時給は努力次第でどんどん上げられる!

Webライターの時給を上げていく

Webライターは時給換算するといくらなのか実体験に基づいて紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターの時給は100円未満から2,000円以上まで幅広い
  • 経験のない初心者は時給500円以下のことが多い
  • 初心者でもスキルと実績を身に付けていけば時給が増える
  • 最速で時給アップしたいならスクールでスキルを学ぶのがおすすめ

 

Webライターの時給は作業スピード・文字単価・文字数の3要素で決まるので、一概にいくらとは言えません。

ただ、ライティング経験のない初心者は作業に時間がかかり、文字単価も高くないので時給500円を下回ることが多いです。

 

時給500円ならアルバイトやパートで働いた方が良いですが、ライティングスキルを覚えると時給はどんどん増やせます。

筆に慣れて作業スピードも上がれば時給2,000円以上にすることも可能です。

 

時給アップにはスキルの習得が欠かせないので、まずはスキルの学習から始めましょう。

スキルの習得は80本以上の動画でWebライターのノウハウを習得できるWritingHacksがおすすめですよ!

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター