会社辞めたい

高卒が会社を辞めたいと思う瞬間3選!つらいなら退職すべき4つの理由

会社を辞めたいと悩む高卒の女性
・高卒が会社を辞めたいと感じる理由って何?
・会社を辞めたいなら本当に退職しても良いの?
・高卒が退職した後はどんな進路があるの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 高卒が会社を辞めたいと思う理由は労働環境や人間関係がメイン
  • 会社を辞めたいなら体調を崩す前に退職すべき
  • 勢いで辞めると後悔することもあるので注意
  • 退職後は4つの進路がある

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

厚生労働省が2020年10月30日公表した調査によると、2017年に卒業した新規学卒就職者の就職後3年以内の離職率は高卒で39.5%でした。

なんと3人に1人も3年以内に会社を辞めている計算になります。

 

調査の結果を受けて、自分も会社を辞めたいという人もいるでしょう。

結論を言えば、会社を辞めたいなら退職しても基本的に問題ありません

この記事では、高卒が会社を辞めたいと思う理由や辞めたい会社を退職しても問題ない4つの理由を紹介しています。

 

最後まで読んでいただくと、退職するための勇気がもらえますよ!
さっこー

 

高卒が会社を辞めたいと思う瞬間ベスト3

高卒が会社を辞めたい理由ベスト3

平成25年若年者雇用実態調査の概況によると、高卒が会社を辞めたいと感じる理由は以下のものが多かったです。

会社を辞めたいと思う理由

  • 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった
  • 人間関係がよくなかった
  • 仕事が自分に合わない

社会人が会社を辞めたい理由とそこまで変わりませんね。

では3つの理由を深掘りしていきます。

 

1位:労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった

高卒で会社を辞めたいと感じる理由の1位は労働時間です。

 

高校の場合は基本的に週5日・1日7時間程度が拘束時間となりますよね。

一方で会社で働くと、よくて週5日・1日8時間、休日が少ない会社で働くと週6日・1日10時間以上拘束されることもあるでしょう。

以前まで緩めの拘束時間だったのに、いきなり毎日のように10時間も拘束されるときついですよね?

 

労働時間が多く、休日が少ない会社に入社してしまうと辞めたいと感じるのは当然とも言えるでしょう。

 

2位:人間関係がよくなかった

人間関係の問題で会社を辞めたいと思う高卒の方は多いです。

高校の場合は気に入らない人がいても、話さなければ問題ありません。

 

しかし、会社は仕事するうえで、嫌いな上司とのコミュニケーションが必須です。

嫌いな人にも挨拶して、仕事に関することを伝えなければいけません。

入社から月日が経過しても良好な人間関係が築けずに、退職を選ぶ高卒の方も多いようです。

 

3位:仕事が自分に合わない

仕事が合わないと感じた時も会社を辞めたいと感じやすいです。

 

たとえば、高校で6時間苦手科目の授業を受けると聞けば誰だって嫌でしょう。

仕事内容が合わなければ、6時間程度もつらい思いをし続けます。

退屈・つらい時間が1週間に何時間も続けば辞めたいと感じても仕方ありません。

あわせて読みたい

 

会社を辞めたい高卒が3年以内に退職しても良い理由

会社を辞めたい高卒は退職してもOK

会社を辞めたいと思った高卒の方は、以下の理由から入社3年以内でも退職して問題ありません。

高卒の人が退職しても良い理由

  • 年齢が若い人は人生のかじを切りやすい
  • そのまま働くと貴重な若い時期を浪費することになる
  • 会社の労働環境がよくない可能性もある
  • 無理すると体を壊す

続けて4つの理由を詳しく紹介していきますね。

 

理由1.年齢が若い人は人生のかじを切りやすい

「新卒は最低でも3年働くべき」と聞いたことがありませんか?

この通説は3年勤めると会社のことがわかってくる、転職で不利にならないという理由から言われ出しました。

 

しかし、必ずしも3年以内の退職が不利になるとは言えません。

高卒で退職した人は第二新卒に当たりますが、マイナビ転職が2016年に行った「第二新卒がほしいかどうかの調査」によると、以下の結果が出ています。

第二新卒がほしい度合パーセンテージ
本年よりも積極的18.1%
本年と変わらず積極的44.1%
本年と変わらず消極的12.8%
本年よりも消極的6.4%
今後1年間は第二新卒を採用しない18.6%

 

第二新卒を求める企業は約60%もあるので、転職が絶対に不利というわけではありません。

むしろ数字だけを見ると有利と言えるくらいです。

若い人は失敗を取り返しやすいので、会社を辞めたい場合は思い切って行動しましょう。

 

理由2.そのまま働くと貴重な若い時期を浪費することになる

高卒で会社を辞めたい方は、おそらく20代前後だと思いますが、20代はほかの年代とは比べ物にならないくらい重要な時期です。

20代に何を経験してきたのかで、今後の人生が大きく左右されます。

 

年齢を重ねてから挑戦しても、年齢や体力などのさまざまなことが問題になってチャレンジできません。

やりたいことがあるのに、年齢を重ねてから後悔するのは嫌ですよね?

後悔のない人生を送りたい方は、会社を辞めて新たなる一歩を踏み出すのも大切ですよ!

 

理由3.会社の労働環境がよくない可能性もある

会社を辞めたいと感じる理由は、何も個人的な問題だけではありません。

たとえば、月の残業時間が50時間を超える、パワハラを受けているなどの理由で会社を辞めたいケースもあります。

 

問題がある会社で働いていれば、会社を辞めたいと感じるのは当然の結果です。

明らかなブラック企業で働いている場合は、すぐにでも退職しましょう。

無理するとロクなことにならないので、数年後に後悔することになりますよ!

 

理由4.無理すると体を壊す

会社を辞めたい状態で働き続けると精神が病んできます。

精神が病むと毎日がつまらなくなり、最悪の場合はうつのような精神障がいを患ってしまうでしょう。

 

また、一度精神的に倒れるとすぐに復帰するのは困難です。

数か月から数年は体調が戻らず、強いトラウマを抱えることになります。

倒れてから「もっと早く辞めておけばよかった」では手遅れなので、会社を辞めたいときはすぐに辞めた方が良いですよ!

あわせて読みたい

 

会社を辞めたい高卒が気を付けるべき3つのこと

退職時の注意点

高卒の方で会社を辞めたい場合は、以下の注意点をおさえておきましょう。

注意

  • 一時的な感情で辞めると後悔することがある
  • 入社から間もないと転職が厳しくなる
  • 転職で何かが劇的に変わるわけではない

では3つの注意点を順番に見ていきますね。

 

注意点1.一時的な感情で辞めると後悔することがある

毎日のように仕事を辞めたいと考えている場合は別ですが、一時的な感情で辞めると後悔する可能性が高いです。

 

会社で働いていると少なからず嫌なことは起こります。

高卒の場合は社会人の知識がないので、怒られやすい時期です。

たまたま嫌な怒られ方をしたからといって辞めると、退職してから「辞めなければよかった」と思う可能性もあります。

 

会社を辞めるときは、強く辞めたいと思う、ほかにチャレンジしたいことがある場合のみにしておきましょうね。

 

注意点2.入社から間もないと転職が厳しくなる

高卒は転職で不利になりづらいと言いましたが、あまりに退職が早いと不利になることもあります。

たとえば1年未満で会社を辞めた人は、会社からすると根性なしのように見えるでしょう。

すぐに辞める人材を雇っても、会社のお金がもったいないので雇われません。

 

早期離職は転職が不利になる危険性も秘めています

高卒入社から1年未満に退職する場合は、退職理由をしっかり述べられるようにしておきましょう。

転職時に退職理由をはっきりと伝えられると、早期退職しても不利になりづらいですよ。

 

注意点3.転職で何かが劇的に変わるわけではない

転職すれば何か変わると思いがちですが、そこまでの変化は期待できません。

給料が劇的に上がったり、労働時間が大幅に減ったりすることはありません。

 

なぜ転職しても変わらないのかというと、高卒では大したキャリアを積んでいないからです。

優れたキャリアがあると転職で大きな変化を期待できます。

しかし、高卒から間もない退職だとスキルを身に付けていないので、給料は変わりづらいです。

 

とはいえ、人間関係や残業時間などの待遇は退職で変わります。

給料のアップは期待できませんが、職場や仕事内容をリセットしたい方には退職が効果的ですよ。

 

会社を辞めた高卒が選べる4つの進路

退職後の選択肢

会社を辞めた高卒には、一般的に以下の進路が用意されています。

退職後の進路

  • 正社員として他の企業に転職する
  • 正社員は辞めてアルバイトで働く
  • 挑戦したいことに挑む
  • フリーランスを目指す

続いて4つの進路を順番に紹介します。

高卒で会社を辞めたい方は参考にしてくださいね。

 

進路1.正社員として他の企業に転職する

会社を辞めた後に転職するのはもっとも一般的な進路です。

転職に成功すればすぐにお金も稼げるので、金銭的な不安もなくなります。

 

しかし、適当に転職先を決めると失敗する可能性が高いです。

良い会社へ就職するためにも、必ず以前の会社を辞めた理由やどんな仕事をしたいのか明確にしておきましょう。

 

進路2.正社員は辞めてアルバイトで働く

会社を辞めた後にアルバイトで働く高卒も一定数います。

正社員は何かと責任を負わされるので、うんざりする人もいるでしょう。

中には自分のせいではないのに、なぜか自分の責任にされた経験をしたことがある人もいると思います。

 

そんな重い責任は正社員を辞めると解放されます。

アルバイトにも責任はありますが、正社員ほどの重い責任はありません。

ちょっと仕事に疲れた方は、アルバイトに挑戦するのも良いでしょう。

 

進路3.挑戦したいことに挑む

退職後は自由の身になるので何でもできます。

たとえば、会社を辞めた高卒は以下のチャレンジをすることが可能です。

  • 海外留学
  • 大学入学
  • 資格の取得
  • スキルアップ

 

チャレンジしてスキルアップした後は、良い会社に転職することもできます。

やりたいことがある場合は、この機会に挑戦してみるのもおすすめですよ!

 

進路4.フリーランスを目指す

会社にうんざりしている方は、社畜を脱するためにフリーランスを目指す方もいます。

私も新卒入社した会社を辞めた後は、フリーランスに挑戦しました。

 

フリーランスはすべて自分の責任になるので、ある意味正社員よりも責任には重いです。

しかし、煩わしい人間関係や会社のルール、転職に悩む必要がありません。

そのうえ、会社員時代より給料を上げることも可能です。

 

フリーランスに挑戦する価値はあるので、高卒という吸収力のある今のうちに挑戦してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

 

まとめ:高卒で会社を辞めたい場合は退職して新たな道へ進もう!

会社を辞めて喜ぶ高卒の人

高卒が会社を辞めたいと感じる理由や辞めたい場合は退職しても問題ない理由を紹介してきました。

 

高卒の方が会社を辞めたいと思う理由は、労働環境や仕事内容のギャップがメインです。

高校から会社に行くと180度世界が変わるので、どうしても違和感を感じてしまいます。

 

もし会社を辞めたいと感じたら、自分の直感を信じて退職するのも一つの手段です。

数年後に「なぜあのとき辞めなかったのか」と後悔するくらいなら、退職してから後悔した方が良いでしょう。

退職後は自分のチャレンジしたいことに挑んで、幸せな未来を勝ち取りましょう!

あわせて読みたい

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-会社辞めたい