退職関連

会社を辞めたいのにお金がない!退職後の生活費を得る秘策とは

会社を辞めたいのにお金がないと悩む
・会社を辞めたいのにお金がないから退職できない...
・退職後はすぐに転職せず体を休めたいけど生活費がない...
・退職後の生活費を確保する方法を知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 転職すればお金が手に入るけどおすすめしない
  • 内職すると会社で働かずとも稼げる
  • 社会保険給付金を受給すれば働かずに毎月安定したお金が手に入る

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「会社を辞めたいけど貯金がないから退職できない」という状況に陥っていませんか?

退職後は食費や電気代などの生活費に合わせて、税金や保険料も支払う必要があります。

貯金がないと生きていけないので困りますよね。

 

退職後のお金がないからといって、すぐに転職したり現在の会社で残ったりするのも嫌でしょう。

そこでこの記事では、会社を辞めたいのにお金がないときの対処法を紹介しています。

転職せずに生活費を獲得する裏技も取り上げているので参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、お金がなくても辞められることがわかりますよ!
さっこー

 

会社を辞めたいのにお金がないときの対処法4選

会社を辞めたいのにお金がないときの対処法

会社を辞めたいのにお金がない方は、以下の対処法を取ることで問題が解決します。

対処法

  • 退職直後に次の仕事場で働く
  • 退職時期を考慮する
  • 生活費を節約する
  • 内職で稼ぐ

では、4つの対処法を深掘りしていきますね。

 

対処法1.退職直後に次の仕事場で働く

貯金がないときに効果的なのは、退職直後に働くことです。

今の仕事場を辞めても、次の仕事場で稼げば現段階でお金がなくても問題ありません。

次の職場で懸命に働けば給料が入るので生活も安定します。

 

ただ、退職直後の転職はデメリットも多いです。

転職のココがダメ

  • 精神的につらい
  • 転職を急ぐとロクなことにならない

 

会社を辞めたい方の中には、精神的に病んでいるケースもあるでしょう。

たとえばパワハラ上司にいじめられている、残業代が多くて体調が優れないとすぐに転職するのは厳しいです。

 

仮に会社で嫌な目に遭っていなくても、退職を機にゆっくりしたいですよね?

しばらく働きたくない方にとって、辞めた直後に転職するのは厳しいです。

 

また、転職を急ぐとロクな会社にあたりません。

時間をかけずに転職活動すると企業分析や自己分析が不足します。

結果的にブラック企業のようなやばい会社で働くことになるかもしれません。

 

このように退職直後の転職にはデメリットがあります。

会社でバリバリ働きたい方は別ですが、あまりおすすめしません。

 

対処法2.退職時期を考慮する

貯金がなくて会社を辞められないときは、退職時期をずらすのがおすすめです。

退職時期を微調整することで、以下の報酬が発生します。

ポイント

  • 退職金…入社から1年後に発生
  • 有給休暇…入社から半年に発生
  • ボーナス・賞与…入社から1年後に発生

 

発生する時期は目安ですが、1年ほど会社に勤めると特別な報酬は発生します。

入社からもう少しで半年・1年経過する場合は、待つのも一つの手段ですよ!

仮にすべての報酬をもらえると数十万円になるので、退職後のお金も安心です。

 

ただ、退職金とボーナスについては会社によって支給していません。

退職金とボーナスの支給は法律で定められておらず、会社の判断に任されています。

報酬の有無や発生時期は、就業規則に記載されているので確認してみましょう。

 

あわせて読みたい

 

対処法3.生活費を節約する

お金がない場合は、生活費を節約するのも一つの手段です。

生活費は徹底すれば月額数万円抑えることもできます。

 

また、現在利用中のサービスを停止することでも節約が可能です。

たとえば動画配信サービスのサブスクや趣味に使うお金を削れば大幅な節約になります。

 

あらためて自分の生活を見直す良い機会になりますが、劇的な節約は見込めません。

あくまで一時しのぎになることを認識しておきましょう。

 

対処法4.内職で稼ぐ

お金がない場合は退職後に内職するのもおすすめです。

内職であれば自分のペースで稼げるので、転職するより心理的なハードルが高くありません。

 

そのうえ、内職が順調に進めばそのままフリーランスになることもできます。

会社を辞めたい方の中には、もう会社には勤めたくない人もいるでしょう。

「もう会社にはうんざりだ」という場合に内職はぴったりです。

 

会社を辞めたいのにお金がないときにおすすめの内職2選

副業で稼ぐ人

会社を辞めたいのにお金がない場合は、以下の内職をすれば即金で稼げます。

おすすめの内職

  • 自己アフィリエイト
  • クラウドソーシング

これらの内職であれば基本的にスキルは必要ありません。

特別なスキルを持っていない方も安心してくださいね。

では、詳しい部分を紹介していきますね。

 

【月5万円以上稼げる】自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは、ASPというサイトを通して特定の商品を購入・利用することで報酬が入るお小遣い稼ぎです。

たとえば、ASPからヤフーショッピングを訪れて商品を購入すると、購入金額の1%が稼げるという感じですね。

 

一見するとほとんど稼げないように見えますが、中には大幅に稼げる案件もあります。

特にクレジットーカードの発行は稼ぎやすく、発行するだけで1万円稼げる案件も多いです。

月5万円程度であればすぐに稼げますよ!

 

自己アフィリエイトのやり方や稼ぎやすい案件は「自己アフィリエイトのやり方を種類別に紹介!注意点やおすすめ案件、ASPも完全網羅」で紹介しています。

 

【月1~20万円以上稼げる】クラウドソーシング

クラウドソーシングは在宅で稼げるサービスです。

クラウドワークスやランサーズの2種類が特に有名ですね。

 

クラウドソーシングでは、たとえば以下の仕事を請け負えます。

クラウドソーシングの仕事内容

  • アンケート
  • データ入力
  • 内職
  • 梱包・発送
  • ライティング
  • イラスト
  • プログラミング

スキルが必要な仕事もありますが、パソコンさえ使えれば稼げる案件も多いです。

 

クラウドソーシングの場合は即金で10万円のような高額は稼げませんが、継続することで稼げるようになります。

特にライティングはおすすめです。私は未経験の状態から始めましたが、8か月後には月収20万円稼ぐことに成功していますよ!

 

あわせて読みたい

 

このように、現段階で貯金がなくても在宅でお金を稼ぐ方法はあります。

会社を辞めたいのにお金がない場合はトライしてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、できれば一切働くことなくお金を稼ぎたい」と思いますよね。

何もせずにお金が手に入れば最高でしょう。

「働かずに稼ぐ方法なんてあるのか」と思うかもしれませんが、実は1つだけあります。

 

【働かずに済む】お金がない方には社会保険給付金もおすすめ

お金がない方には社会保険給付金がおすすめ

社会保険給付金とは失業保険や傷病手当などのことです。

失業保険と傷病手当の手続きを申請することで、毎月安定したお金が入ってきます。

しかも最大で28か月も受給できるので、条件を満たせば2年間お金を稼ぐ必要はありません。

退職コンシェルジュで社会保険給付金を受給する流れ

支給額は給料によって異なりますが、数十万円から数百万円程度です。

働いていないのに百万円もお金が手に入ると最高ですよね?

会社を辞めたいのに貯金がない方にはぴったりな社会保険給付金ですが、利用するには条件があります。

 

社会保険給付金を受給する条件

社会保険給付金を申請するためには、4つの条件をクリアする必要があります。

受給条件

  1. 年齢が20~54歳
  2. 社会保険に1年以上加入している
  3. 退職までに2週間以上3か月未満
  4. 現時点で転職先が決まっていない

社会保険給付金を利用する場合は、基本的に会社へ1年勤めていれば良いだけなので簡単ですね。

4つの資格さえ満たせば社会保険給付金の受給資格を得ますが、実は申請方法が難しいです。

 

社会保険給付金の申請方法

社会保険給付金のうち、失業保険の受給資格はそこまで難しくありません。

以下の必要書類を持ってハローワークを訪れると話が進みます。

失業保険の手続きに必要な書類

  • 雇用保険被保険者離職票
  • マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票
  • 身元確認書類
  • 写真(最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm)2枚
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳又はキャッシュカード

ハローワークの窓口に着いたら、後は職員の言うとおりに従いましょう。

 

もう一つの社会保険給付金である傷病手当の申請が大変で、さまざまな書類を集める必要があります。

具体的な申請手順を簡単にまとめると以下の通りです。

傷病手当の大まかな申請手順

  1. 傷病手当金支給申請書を取り寄せる
  2. 被保険者記入用を作成する
  3. 医師に「療養担当者記入用」を記入してもらう
  4. 会社に「事業主記入用」を記入してもらう
  5. 書類がそろったら保険者(協会けんぽや保険組合)へ申請する

正直、何を言っているのか分かりませんよね?

この複雑な手続きのせいで、傷病手当の受給を挫折する人もいます。

 

しかし、どうせなら退職の機会に数十万円から数百万円のお金がほしいですよね?

傷病手当をどうしても受給したい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

 

社会保険給付金の受給は退職コンシェルジュにお任せ!

退職コンシェルジュ

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に徹底解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュに在籍する職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、まず退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
退職コンシェルジュが怪しい!本当に28か月分の失業保険をもらえるのか徹底検証

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

まとめ:お金の稼ぎ方を知った後は会社を辞めよう!

退職後に社会保険給付金を得た人

会社を辞めたいのにお金がないときの対処法や簡単にできるお金の稼ぎ方を紹介してきました。

 

対処法の中でも社会保険給付金はおすすめです。

社会保険給付金を受給すると最大28か月間、総額数十万円から数百万円のお金が入ってきます。

「退職後の貯金がない」場合にはぴったりです。

 

お金の問題が解決した後は、会社をすぐにでも辞めましょう。

会社を辞めたいのに居座るメリットはゼロなので、一日でも早く行動することが大切ですよ!

あわせて読みたい

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

スポンサーリンク

-退職関連