退職代行について

退職代行を使っても転職が不利にならない4つの理由を徹底解説!

退職代行で転職が不利位にならない理由
・退職代行を使うと転職は不利になるの?
・退職代行を使ったことは転職先にバレるの?
・退職代行を使った後スムーズに転職活動する方法を知りたい

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の内容

  • 退職代行を使っても転職が不利にならない4つの理由
  • 退職代行を使うと転職先にバレるケースもまれにある
  • 退職代行の利用が転職先へバレた時の対処法
  • 退職後スムーズに転職する場合におすすめの退職代行業者4選

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「退職代行を使った後は転職する予定だけど、退職代行が転職で不利になることってあるの」とお悩みの方へ。

結論を先に言うと、基本的に退職代行が転職で不利になることはありません。

とはいえ、本当に退職代行が転職で不利になるのか怪しく感じる人もいるでしょう。

 

そこでこの記事では、退職代行が転職で不利にならない4つの理由を紹介しています。

転職を有利に進められる退職代行業者も取り上げているので、退職後に転職を考えている人は参考にしてください。

 

最後まで読んでいただくと、退職代行が転職に影響しないことがわかりますよ!
さっこー

 

退職代行を使っても転職が不利にならない4つの理由

退職代行を使っても転職は不利にならない

退職代行が転職で不利にならない理由はこちらです。

退職代行が転職で不利にならない理由

  • 転職先はその人が辞めた経緯を知らない
  • 退職理由で退職代行を使った事実を言う必要がない
  • 今や退職代行の悪いイメージが薄れつつある
  • 退職代行利用後で実際に転職できている人も多い

こういった理由から退職代行を使っても、転職が不利にならないので安心してくださいね。

とはいえ、これだけではイマイチ納得できないのではないでしょうか?

そんな方のために、4つの理由をもう少し掘り下げて解説していきますね。

 

理由1.転職先はその人が辞めた経緯を知らない

転職先の企業は、面接に来た人が退職代行を使った事実を基本的に知りません。

面接者が前の会社を退職した理由は、面接の段階で本人の口から聞きます。

退職した経緯を知らないので、退職代行を使っても自分から言わない限り不利にはなりませんよ!

 

とはいえ、転職先が面接者について調べることがないのか気になりませんか?

面接気に来た人を前もって調査することは「前職調査」と呼ばれていて、昔までは一般的でした。

たとえば応募者が勤めていた会社に連絡して、勤務態度や能力について聞いていたようです。

 

しかし、現在では個人情報保護法の関係で前職調査は違法扱いになりました。

まともな会社であれば法律を犯してまで、その人のことを知ろうとは思わないでしょう。

つまり、退職代行を使ったことは基本的に知られることはありません。

 

理由2.退職理由で退職代行を使った事実を言う必要がない

退職理由を言わない

ご紹介したように、会社は基本的にその人が退職代行を使ったかどうかは知りません。

退職代行を使った事実を隠して、退職理由を伝えればOKです。

 

たとえばパワハラが原因で辞めたとしましょう。

この場合は「前の会社でパワハラを受けて辞めました」と言えば問題ありません。

あえて「パワハラを受けていたので退職代行を使いました」と言ってしまうと、転職が不利になる可能性もあります。

 

このように退職理由を伝えるときに「退職代行を使った」という部分を省けば相手にバレません。

 

理由3.今や退職代行の悪いイメージが薄れつつある

最近では退職代行の利用者が増え、徐々にマイナスイメージを持つ人が減ってきています。

たしかに退職代行に反対する人もいますが、退職代行を使うのも仕方ないという人も多いです。

 

このようにやむを得ない事情で退職を伝えられないこともあるから、退職代行に頼るのもありだという人は増えてきました。

今や「退職代行=悪」というイメージは薄れつつあるので、仮に転職先へ退職代行の利用を知られてもそこまで影響しません。

 

理由4.退職代行利用後で実際に転職できている人も多い

実際に退職代行を使って転職に成功している人も多いです。

 

 

実際に成功している人もいるので、退職代行が転職で不利になるとは言えません。

 

【注意】退職代行を使ったことが転職先にバレる4つのケース

退職代行を使ったことが転職先にバレる!!

退職代行の利用が転職先にバレるケースはこちらです。

退職代行が転職先にバレる場合

  • 面接時に自分の口から言ってしまう
  • SNSで退職代行を使ったと言う
  • 会社が前職調査する
  • 同一業界内へ噂がめぐる

それでは4つのケースをそれぞれ解説していきますね。

 

ケース1.面接時に自分の口から言ってしまう

当然の話ですが、面接で自分から退職代行を使ったと言えばバレます。

退職代行のイメージが良くなりつつあるとはいえ、退職代行を悪く思う人もいます。

自分の口から言う必要はないので黙っておきましょう。

 

ケース2.SNSで退職代行を使ったと言う

SNSでつぶやく

企業の中には応募者の身元を調べるために、SNSをチェックすることがあります。

仮にSNSを特定されると、退職代行に関するつぶやきがバレる可能性が高いです。

 

退職代行は開放感がすごいので、つい誰かに話したくなります。

SNSで退職代行を使ったと大々的に宣言してしまうと、企業にSNSを調べられたときバレるので気を付けましょう。

退職代行を使った喜びは、心のうちに留めておくのが吉ですよ!

 

ケース3.会社が前職調査する

前職調査は個人情報保護法の強化によって違法になりましたが、モラルが欠如している会社は法律を無視して前職調査してきます。

以前まで勤めていた会社にもモラルがないと情報が筒抜けになるので、退職代行を使った事実がバレるかもしれません。

 

しかし雇われる側として、法律を破っている会社に勤めたいと思いますか?

そんなブラックな会社はこちらからお断りですよね。

 

何も言っていないのに退職代行を使ったことがバレている場合は、前職調査されている可能性があります。

仮に面接に通ったとしても、ブラック企業の可能性があるので断った方が良いでしょう。

 

ケース4.同一業界内へ転職する

同一業界でキャリアアップ

同一業界内は噂がめぐりやすいです。

たとえば「最近従業員に退職代行を使われたんだ」と近所話のつもりで、他社に話すこともあります。

噂が業界内で広がると、同一業界内で転職するときに噂の真相を確かめられる可能性が高いです。

 

もし退職後に同一業界内で転職する予定の人は気を付けなければいけません。

とはいえ、同一業界内で退職代行の噂を防ぐことは不可能なので、事前に転職先へ退職代行がバレたときのことを想定しておきましょう。

 

退職代行の利用が転職先へバレた時の不利にならない対処法

退職代行の利用が転職先へバレたときはどうする?

もし退職代行の利用が転職先にバレた場合でも、以下のポイントをおさえておけば不利になることもありませんよ!

対処法

  • 毅然な態度を取り続ける
  • 事実をありのまま伝える
  • 会社の愚痴にならないように伝える

ではもう少し詳しく見ていきますね。

 

対処法1.毅然な態度を取り続ける

退職代行の利用が転職先にバレていても、慌てないことが大切です。

少しでも取り乱してしまうと、面接官は見逃さずに追及してきます。

そうすると余計パニックになるので、転職に失敗しやすいです。

 

「退職代行は悪いものではない」と思っておけば、いざというときでもドキッとせずに済みますよ!

 

対処法2.事実をありのまま伝える

事実を話す

退職代行を使ったことがバレたときは、素直に答えることが重要です。

事実を伝えると面接官は「なぜ退職代行を使ったのか」「使ってみたときの感想」のようなことを聞いてくるでしょう。

 

つまり、この2つの返答を考えておけば問題ありません。

特にパワハラを受けていた場合は、そのまま伝えると相手からの理解も得やすいです。

 

しかし、中には単純に退職を言い出しづらいから、退職代行を使った人もいるでしょう。

その場合は退職代行を使って後悔したことをメインに伝えると良いですよ。

たとえば「会社に迷惑をかけてしまった」「同僚に悪いことをした」といった感じですね。

 

退職代行を使って良かったエピソードを話すと、面接官としては自分の会社でも退職代行を使われるのではないかと不信感を抱きます。

面接で不利にならないためにも、伝え方には気を付けましょうね。

 

対処法3.会社の愚痴にならないように伝える

退職代行を使った理由を伝えると、どうしてもその会社の悪口になりがちです。

たとえばサービス残業があった、貴重な時間を無駄に使っていたなど言いたくなる気持ちもわかります。

 

少しくらいなら悪口を言っても問題ありません。

しかし、悪口がメインになってしまうと自分の印象にも影響が及びます。

仮に、会ったばかりの人からずっと愚痴を言われると嫌な感じがしますよね?

悪口は自分の印象にも影響を及ぼすので、会社の愚痴をこぼさないようにしましょう。

 

転職を不利にしない退職代行選び

退職代行選びのポイント

退職代行で転職を不利にしないためには業者選びも大切です。

転職を考えている場合は、以下のポイントをおさえて退職代行業者を選びましょう。

退職代行選びのポイント

  • 信頼できる業者に依頼する
  • 転職サポートがある業者に依頼する

では2つのポイントを詳しく解説していきますね。

 

選び方1.信頼できる業者に依頼する

退職代行を利用するときは信頼できる業者に任せることが重要です。

仮に信頼できない業者に任せると以下のリスクがあります。

信頼できない業者に依頼するリスク

  • 退職の交渉に失敗される
  • トラブルに発展して退職することになる
  • 対応が遅くて退職が送れる
  • 音信不通になる

信頼性のない業者に任せると、そもそも退職がスムーズにいかないので転職どころの話ではありません。

落ち着いて転職活動へ進むためにも、信頼できる業者に依頼しましょう。

 

ちなみに退職代行の信頼性は以下のポイントでチェックできます。

信頼できる業者を見分ける方法

  • 退職代行成功率100%と宣伝している
  • 運営歴が長い(10年以上あると安心)
  • 口コミに悪い評判があまり見当たらない

 

この3つをおさえたうえで、無料相談するのがおすすめです。

無料相談することで相手の対応スピードや接客態度をうかがえます。

特に即日退職したい場合は対応スピードが大切なので要チェックですよ!

 

選び方2.転職サポートがある業者に依頼する

転職活動中

転職を考えてる場合は、転職サポート付きの退職代行がおすすめです。

転職サポート付きの退職代行サービスは、退職した後に転職支援も受けられます。

自分で仕事探しするより展開がスムーズにいくので、より早い転職活動が可能です。

 

そのうえ、退職代行業者によっては転職に成功するとお祝い金ももらえます。

転職するだけでお金がもらえるというのはうれしいですよね?

退職代行は3万円程度が相場ですが、お祝い金をもらえると相殺することもできます。

 

転職する人にとって転職サポート付きの退職代行サービスは、メリットが多いのでおすすめですよ。

 

転職サポートを受けられる退職代行4選

以下の退職代行業者では退職後の転職支援も行っています。

 

SARABAは残念ながら後払いに対応していませんが、以下のサービスであれば後払いで退職代行料金を支払えます。

 

※左右にスクロール可能

サービス名 主な特徴
SARABA ・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
男の退職代行 ・男性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
・転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
わたしNEXT ・女性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
・転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
ニコイチ ・15年以上の実績がある
・退職成功率100%を維持
・過去に30,000人以上も退職させた

いずれの業者も信頼性が高いのでスムーズに退職させてくれますよ!

では各業者の特徴を詳しく紹介していきますね。

 

退職代行SARABA

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

男の退職代行

男の退職代行

男の退職代行は男性専用という少し変わった特徴を持つ退職代行サービスです。

男の退職代行の特徴

  • 料金の後払いに対応している
  • 退職代行の特級認定を取得している
  • 失敗したときに使える全額返金保証がある
  • 転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
  • 運営元が労働組合なので金銭的な交渉もできる
  • 運営時間が24時間
  • 正社員・契約社員・派遣社員は26,800円で利用できる
  • アルバイト・パートは19,800円で利用できる

 

男の退職代行2019年にサービスを開始したサービスです。

運営歴が浅いですが、退職代行の特級認定を取得しているので安心感があります。

特級認定は100項目以上の審査を設けられている厳しい審査で、どの業者でも取得できるものではありません。

 

安心して利用できる男の退職代行では、紹介する求人に転職すると最大5万円のお祝い金をもらえます。

男の退職代行は正社員の利用料金が26,800円ですが、お祝い金をもらうとプラス収益になります。

転職を考えている方にとっては非常にお得なのでおすすめです。

\お祝い金が最大5万円の男性向け退職代行/

男の退職代行公式サイト

 

わたしNEXT

わたしNEXT

わたしNEXTは男の退職代行の女性バージョンです。

わたしNEXTの特徴

  • 料金の後払いに対応している
  • 退職代行の特級認定を取得している
  • 全額返金保証がある
  • 転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
  • 運営元が労働組合なので金銭的な交渉もできる
  • 運営時間が24時間
  • 正社員・契約社員・派遣社員は29,800円で利用できる
  • アルバイト・パートは19,800円で利用できる

 

わたしNEXTは男の退職代行と同じ会社が運営する女性向け退職代行サービスです。

運営元が変わらないので、特級認定の取得や最大5万円の転職お祝い金制度も変わりません。

退職後の転職を考えている女性にわたしNEXTはおすすめです。

\お祝い金が最大5万円の女性向け退職代行/

わたしNEXT公式サイト

 

ニコイチ

退職代行ニコイチ

ニコイチはほかの退職代行に負けない圧倒的な実績がある退職代行サービスです。

退職代行ニコイチの特徴

  • 15年以上も運営している
  • 退職代行率100%を維持し続けている
  • 退職後も2か月のアフターフォローを受けられる
  • 全額返金保証がある
  • 弁護士が監修している
  • 有給消化に対応している
  • 運営元は一般企業
  • 料金は一律27,000円
  • 運営時間が朝7時から夜23時半まで

退職代行ニコイチは一般企業が運営元のサービスです。

 

ここまでご紹介した労働組合が運営元の退職代行と違って会社と交渉できませんが(非弁行為にあたるため)、優れた実績があります。

15年以上も運営していて2022年5月現在の退職成功者数は約35,000人です。

15年も退職成功率100%を維持しているので、安心して退職代行を依頼できます。

\15年以上退職成功率100%を維持/

ニコイチ公式サイト

 

退職代行利用後に転職活動する場合の流れ

退職代行から転職活動までの流れ

退職代行を使った後に転職活動する場合は、以下の流れで進んでいきます。

退職代行と転職活動の流れ

  1. 業者に連絡して退職代行を実施する
  2. 退職の交渉が終わったら会社へ必要書類を送る
  3. 数日後に会社から退職関連の書類を受け取る
  4. 健康保険と年金の切り替えを自治体で済ませる
  5. 退職代行から紹介される求人に応募して転職活動する

 

注意点は退職から1日でも経過してしまうと、健康保険と年金の手続きが発生するところです。

切り替えの手続きは数時間あれば終わるので、退職後すぐ手続きするようにしましょう。

あわせて読みたい

 

まとめ:退職代行が転職で不利になることはない!

退職代行利用者が転職に成功した

退職代行を使うと転職で不利にならないことを紹介してきました。

本記事の要点

  • 退職代行は基本的にバレないので転職に影響がない
  • まれに退職代行の利用がバレることもある
  • 面接で退職代行について聞かれても事実を話すことが大切
  • 辞めた後に転職活動する場合は転職サポート付き退職代行業者がおすすめ

 

基本的に退職代行を使ったことは転職先に知られないので、転職で不利になることもありません。

退職代行の利用がバレる場合は自分の口で言うか、うわさで広がるかのいずれかです。

 

仮に退職代行がバレてしまっても、しっかり説明すれば不利になることもありません。

堂々とした態度で面接に挑むことを心がけましょう。

退職代行を使った自分に負い目を感じてはいけませんよ!

 

もし退職後に転職活動する場合は、以下のサービスを利用すると転職サポートを受けられるので好スタートを切れるでしょう。

 

※サービス名を押すと公式サイトにジャンプ

サービス名 主な特徴
SARABA ・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
男の退職代行 ・男性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
・転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
わたしNEXT ・女性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
・転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
ニコイチ ・15年以上の実績がある
・退職成功率100%を維持
・過去に30,000人以上も退職させた

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
退職コンシェルジュが怪しい!本当に28か月分の失業保険をもらえるのか徹底検証

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職代行について