退職のコラム

会社を辞めたい40代女性の既婚者が退職前に確認すべき4つのポイント

会社を辞めたいと悩む40代女性の既婚者
・40代女性の既婚者だけ40代で会社を辞めても大丈夫なの?
・人間関係や給料が悪いからこのまま同じ会社で働くのは嫌だな...
・会社を辞めるにあたって後悔したくない!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の要点

  • 40代の女性は給料が低いから辞めたいと悩む人が多い
  • 40代は転職の際にスキルや資格などを重視されるので注意
  • 会社を辞める前は貯金や家族の反応を確認しておこう
  • お金の問題で会社を辞めたい場合は副業がおすすめ

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「会社を辞めたいけど40代で退職しても大丈夫なの」とお悩みの既婚者の女性へ。

辞めたい場合は退職しても問題ありませんが、退職後に必ずしも成功するとは言えません。

よく考えて決断しないと失敗する可能性があります。

 

この記事では、会社を辞めたい40代女性の既婚者がチェックすべき4つのポイントを解説しています。

退職で後悔したくない場合はぜひ参考にしてください。

 

最後まで読んでいただくと、40代女性の既婚者がすべきことがわかりますよ!
さっこー

 

おすすめの退職代行「SARABA」

退職代行SARABA

SARABAの推しポイント
  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 残業代や退職金などの支払いを交渉してもらえる
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

\まずは無料相談から/

SARABA公式サイト

40代女性が会社を辞めたいと思う3つの理由

会社を辞めたいを思う理由とは

まずは40代女性が会社を辞めたいと思う理由をご紹介します。

理由

  • 収入が少ない
  • 会社の将来が怖い
  • 人間関係に疲れた

40代女性の既婚者に限った理由ではありませんが、共感できるところも多いでしょう。

では3つの理由を詳しく紹介していきます。

 

理由1.収入が少ない

40代の女性は男性と比べると平均年収に開きがあります。

国税庁が行った「令和元年分の民間給与実態統計調査」によると、40代の男女別平均年収は以下の結果でした。

年代 男性 女性
40代前半 582万円 318万円
40代後半 629万円 324万円

 

男性と女性を比べると約200~300万円もの差があります。

現状の日本では女性の給料が低い傾向にあるので、給料が少ないと嘆く40代の女性は少なくありません。

 

理由2.会社の将来が怖い

将来性のない会社で働いていると以下のリスクがあります。

将来性のない会社で働く危険性

  • 人員削減で解雇にされる
  • 倒産に巻き込まれる
  • 減給される

 

営業成績が悪い企業で働くのは危険です。

会社の利益が悪いと感じた場合は、会社を辞めるという選択肢にいたる40代女性もいます。

 

理由3.人間関係に疲れた

退職理由としてありがちな人間関係ですが、40代女性も例外ではありません。

女性の場合は単純な上下関係だけではなく、独特な人間関係もありますよね?

 

たとえば女性はグループで行動するのが暗黙の了解です。

集団行動が苦手だからといって、単独行動すると嫌われます。

一度嫌われると、会社でも相談に乗ってくれず「わからないことは私がやるからやらなくてい良い」のような冷たい反応をされますよね。

 

そのうえ、既婚者ともなればママ友の関係で悩むケースもあります。

ママ友に嫌われると子どもにまで影響が及び、最悪の場合は自分の子どもがいじめの対象にされるでしょう。

自分のせいで子どもがつらい目にあうのは耐えられませんよね。

 

40代女性の既婚者は非常に面倒な人間関係に悩まされがちです。

「あの人が苦手だから会社を辞めたい」と思うことも珍しくありません。

\24,000円で即退職/

SARABA公式サイト

 

会社を辞めたい40代女性の既婚者が退職前に考えるべき4つのこと

40代女性の既婚者が退職前に考えるべきポイント

会社を辞めたい40代女性の既婚者は、退職する前に以下のポイントをおさえておきましょう。

退職前のチェックポイント

  • 辞めたい理由に対する解決策があるかどうか
  • 退職後の進路は決まっているか
  • 貯金に余裕があるか
  • 家族に退職のことを相談する

続いて4つのチェック項目を順番に見ていきますね。

 

ポイント1.辞めたい理由に対する解決策があるかどうか

ご紹介したように、40代女性の既婚者が会社を辞めたいと思う理由はさまざまです。

しかし、会社を辞めたいと思う理由の中には解決できるタイプもあります。

 

たとえば家事や子育てがあるから労働時間が合わない場合は、部署移動や労働時間を相談すれば解決するでしょう。

そのほかにも、単純にお金が足りないだけなら副業すれば改善します。

「人間関係や待遇は良好だけど給料に不満がある」という場合は、もう一度考え直してみると良いでしょう。

 

一方で、以下の理由は解決するのが困難なので辞めた方が良いです。

改善不可な退職理由

  • 人間関係が悪い
  • 昇給制度がないから給料が上がらない
  • 会社の経営状態が悪い
  • 現在の会社では自分が望むキャリアを積めない

上記のような個人だけでは解決できない退職理由は、なかなか変えられません。

会社にずっといても改善する見込みは薄いので、我慢するくらいならすぐに会社を辞めた方が良いですよ!

あわせて読みたい

 

ポイント2.退職後の進路は決まっているか

会社を辞めたいからといって勢いで退職すると後悔します。

40代ともなると、転職の際にスキルや実績を重視されやすいです。

経験がなければ転職に苦労するので、特に転職を検討している女性は退職後の進路をよく考えましょう。

 

理想を言えば在職中に転職活動も進めるのがベストですが、体調や家庭の事情から困難ですよね。

在職中に転職活動を進められな場合は、とりあえず退職することを優先しましょう。

 

転職先の確定にこだわると「転職先が決まるまで退職できない」のような状況に陥ってしまいます。

無理して働くと体調を崩す危険性もあります。

まずは退職を終えて、そこから転職活動するようにしましょう。

あわせて読みたい

 

ポイント3.貯金に余裕があるか

会社を辞める前に現段階での貯金額を確認しておきましょう。

家庭によっては夫婦で生活費を出しあっていることもありますよね?

 

たとえば電気代や水道代は夫で、食費は自分が担当していることもあるでしょう。

退職すれば当然収入もなくなるので、場合によっては貯金から捻出することになります。

貯金がなければ夫に頼ることになるので気を付けましょう。

 

また、貯金に余裕があることで精神的にも楽です。

仮に貯金が一切ない状態で退職すると、お金がないので焦ってきます。

焦った結果、ロクでもない会社に転職するかもしれません。

 

いずれにしろ貯金があるだけで楽なので、会社を辞める前は要チェックですよ。

あわせて読みたい

\数十万円以上の受給が可能/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

ポイント4.家族に退職のことを相談する

会社を辞めると決めたあとは、必ず家族にも相談しておきましょう。

特に夫には相談しておかないとトラブルになります。

退職を機に夫婦仲が悪くならないように「会社を辞めたいんだけど」と伝えておきましょう。

 

しかし、場合によっては退職に反対されることもあります。

「妻の収入がないと困る」と言われると、こちらが困ってしまいますよね?

夫を説得するためにも、しっかりとした退職理由を伝えましょう。

 

自分が不満に思っていることをつらそうに話せば、夫も理解してくれるはずです。

夫の理解を得られないからといって勝手に辞めると、面倒なことになるので気を付けましょう。

あわせて読みたい

\24,000円で即退職/

SARABA公式サイト

 

給料が安いから会社を辞めたい40代女性の既婚者には副業がおすすめ

副業する女性

お金の問題で会社を辞めたいと考える40代女性の既婚者は、会社を辞める前に副業を試してみてください。

副業することで以下のメリットがあります。

副業のメリット

  • ノーリスクで始められる
  • スキマ時間に稼げる
  • 努力次第で会社員時代より稼げる

では副業をおすすめする3つの理由を紹介していきますね。

 

副業がおすすめの理由1.ノーリスクで始められる

副業の中にはノーリスクで始められるものが多いです。

たとえばポイントサイトでポイントを稼ぐポイ活は、初期費用がかかりません。

ポイ活のような初期費用がかからない副業はゼロ円から始められて、失敗してもリスクはゼロです。

 

一方で会社を辞めてしまうと、転職できるか分からないリスクがあります。

退職した結果「辞めなければよかった」と後悔するかもしれません。

退職してリスクを冒すくらいなら、まずは副業から始めた方が安全ですよ!

 

副業がおすすめの理由2.スキマ時間に稼げる

副業の最大の魅力は作業時間を選ばないところです。

会社と違って、9時から17時までと決まっておらず、いつ作業しても問題ありません。

 

特に40代女性の既婚者は家事や育児などで忙しいですよね。

まとまった時間を取りづらいから、仕事をセーブしているケースもあるでしょう。

 

そんな何かと忙しい40代女性の既婚者でも、副業であれば子育てや家事の合間の1時間で稼ぐこともできます。

自由に稼げるのが副業の魅力なので、会社で働きづらさを感じているあなたにおすすめですよ!

 

副業がおすすめの理由3.努力次第で会社員時代より稼げる

副業のもう一つの魅力が、努力次第で際限なく稼げるところです。

会社の場合は時給制なので、どれだけ頑張っても報酬は変わりません。

 

しかし、副業は基本的に完全出来高制なので、作業すればするほどもうかります。

副業の中には月収10万円以上稼げるものもあるので、会社員のお金とあわせると大きな金額になるでしょう。

 

また、副業が軌道に乗ってきたらそのまま独立することもできます。

独立すれば会社に縛られることもなく、人間関係の悩みも抱える必要はありません。

副業はメリットも大きいので、40代女性の既婚者が挑戦する価値はありますよ!

あわせて読みたい

 

まとめ:会社を辞めたい40代女性の既婚者は慎重に行動しよう!

家事の合間で副業する女性

会社を辞めたい40代女性の既婚者が退職する前にチェックすべきポイントや40代女性に多い退職理由を紹介してきました。

 

40代女性は人間関係や収入が悪いことが原因で辞めたいと感じてしまいます。

待遇の改善を求めて退職するのも良いですが、40代は転職の際にスキルや経験が重視されます。

場合によってはなかなか転職できず、家族に迷惑をかけることもあるので注意が必要です。

 

会社を辞めたいと悩む40代女性の既婚者は、まず副業から始めてみてはいかがでしょうか?

副業であればノーリスクで始められて、成功すれば安定した収入になります。

副業はパソコンのスキルさえあれば始められるものも多く、稼げれば会社で働く人生から解放されますよ!

\24,000円で即退職/

SARABA公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

[st_abtest id="11795"]

 

スポンサーリンク

-退職のコラム