退職関連

会社を辞めたいのに我慢しちゃう!限界を迎えると悲惨な末路を歩む

会社を辞めたいけど我慢する女性
・会社を辞めたいのに言えないから我慢してしまう...
・我慢し続けるのももう限界...
・退職を我慢してしまうときの対処法を知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 会社を辞めたいのに我慢する原因は4つある
  • 我慢して働き続けてもロクな人生にならない
  • 会社を辞めたいのに我慢してしまうときの対処法5選
  • 会社を辞めたいのに伝えられないときは退職代行がおすすめ

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は会社を辞めたいと思っていたのに3年も退職を我慢していました。3年を棒に振った私のような人生を歩まないためにも参考にしてください。

 

「退職を伝えたときや辞めた後のことを考えると会社を辞めたくても辞められない」と退職を我慢してしまいがちです。

退職を我慢しても、限界を迎えるとロクな末路に行き着きません。

悲惨な目にあってから「我慢せずに会社を辞めるべきだった」と後悔するでしょう。

 

本記事では、会社を辞めたいのに退職を我慢する原因や対処法を紹介しています。

会社を辞めたいのになかなか行動できない方は最後までじっくりとご覧ください。

 

最後まで読んでいただくと、辞めたい場合はすぐにでも退職しないとやばいことがわかりますよ。
さっこー

 

会社を辞めたいのに我慢してしまう原因

会社を辞めたいのに我慢してしまう原因

会社を辞めたいのに我慢してしまう原因はこちらです。

我慢する原因

  • 退職を伝えると何を言われるのか不安
  • 繁忙期だから辞めにくい
  • お金がないから辞められない
  • 次が決まっていないから不安

では4つの原因を深掘りしていきますね。

 

原因1.退職を伝えると何を言われるのか不安

会社を辞めたいのに我慢してしまう大きな原因は、退職を伝えた上司のリアクションです。

「もう辞めるのか」「なんで辞めるの」と言われるとたまったものではありませんよね?

たった一言辞めたいと伝えるだけなのに、上司の反応を想像してしまうとなかなか行動できません。

 

そのうえ、退職を伝えたときに発生するのが引き止めです。

辞めたいと言っているのに「もう少し頑張ってみないか」「今辞められるの困るんだよね」と引き止められると最悪な気分ですよね。

 

退職を伝えた結果を悪いように想像すると、会社を辞めたいとは伝えられません。

結果的に辞めたいのに我慢するという悲惨な結末になります。

 

原因2.繁忙期だから辞めにくい

会社が忙しいと非常に辞めづらいです。

私が会社を辞めたときは、現場で働く正社員が3人で残業時間は70時間を超えていました。

しすぎるタイミングで自分だけ「会社を辞めたい」とはとても言えませんよね?

 

仮に上司に辞めたいと伝えると「こんな忙しいときに何を言っているんだ」と怒られる可能性もあります。

繁忙期に辞めるたいと伝えても無駄に終わると想像してしまうので、我慢して繁忙期が終わるまで待とうと考えてしまいます。

あわせて読みたい

 

原因3.お金がないから辞められない

会社を辞めたい場合は上司や会社に対する不満だけではありません。

場合によってはお金の問題も発生します。

 

退職後は収入が断たれて、すぐに転職できるとも限らないので貯金は必要です。

一切貯金がなければ退職した途端に生活できなくなるので、辞めたいのにやむを得ず働くこともあります。

あわせて読みたい

 

原因4.次が決まっていないから不安

会社に不満があるのに我慢してしまう最後のケースが退職後の身の振り方です。

退職した後は一般的に転職しますが、転職先が決まっていないと不安に感じます。

 

転職に苦戦して、いつまでも働き先が見つからない最悪の結果を考えてしまうと「今の会社が嫌だけど我慢して居続けた方が良いか」と思いがちです。

 

このように、会社を辞めたいのに我慢するケースは複数あります。

いずれの理由も仕方なく見えますが、我慢して働き続けてもロクな結果にはなりませんよ!

 

会社を辞めたいのに我慢する末路

退職を我慢し続けてぐったりする女性

会社を辞めたのに我慢して働き続けると以下の末路を歩むでしょう。

無理して働く末路

  • 日々仕事をこなすだけのマシーンと化す
  • スキルを持たないまま年齢を重ねる
  • 人生そのものがつまらなくなる
  • 病で倒れる

いずれもまともな末路ではありません。

つらい人生を歩まないためにも、我慢せずに辞めたい場合はすぐに退職した方が良いでしょう。

では我慢して働き続けると、いかにやばい末路を歩むのか4つのケース別に紹介していきますね。

 

末路1.日々仕事をこなすだけのマシーンと化す

我慢し続けるとすべてを受け入れる精神状態になってしまいます。

超過残業も当然になって、つらい仕事も何の感情も持たず、ただ単に仕事をこなすだけになるでしょう。

 

実際に私は4時間残業で毎日のように働いていましたが、徐々に何とも感じなくなりました。

それどころか3時間残業で終わったときは「今日は早めに終われてラッキー」と思ったものです。

明らかにまともな精神状態ではありませんよね?

 

人間は適応力が高いので、どんなつらい状況でも慣れてしまいます

慣れると聞けばよい感じに聞こえますが、ブラックな環境に慣れるのはいけません。

残念な価値観を植え付けられないためにも、まともな精神状態のうちに会社を辞めた方が良いですよ!

 

末路2.スキルを持たないまま年齢を重ねる

我慢して働いてもスキルや知識は身につきません。

嫌々働いている状態なので、新しい仕事が来るたびに「また覚えなければいけないのか」と思いやすいです。

その場しのぎでスキルを覚えても、すぐに知識は抜けていくでしょう。

 

仮にスキルをまともに覚えないまま年齢を重ねると、能力の低い大人になります。

周囲の人からはバカにされ、転職しても能力が低いから雇ってもらえないでしょう。

そして「なぜもっと早く退職しなかったのか」と後悔します。

 

モチベーションが低い状態で働いてもロクな末路を歩みません。

会社を辞めたいなら他の会社で働いて、心機一転がんばった方が幸せな人生を歩めますよ!

 

末路3.人生そのものがつまらなくなる

仕事中にずっと会社を辞めたいと考えると人生が楽しくなくなってきます。

仕事は少なくとも人生の3分の1を費やすものです。

3分の1もつまらない時間が続くと落ち込んできます。

 

しかし、つらい時間は人生の3分の1だけではありません。

休日でも「もう少しで仕事(地獄)の時間が始まるのか」と考えてしまいます。

体を休めている状態ですら精神的に病んでくるので、もはや人生の3分の1を超えてつらい時間が続きます。

 

ずっと病んだ状態を続けていると限界を迎えるでしょう。

 

末路4.病で倒れる

精神がすり減るとうつ病や適応障がいのような大きな病気につながります。

病気になると働けないので、どんな状況であっても退職は可能です。

 

しかし、退職するにしてはあまりにも代償が大きすぎます。

精神的な病はすぐに回復できず、1年などの長期的な期間まともに動けません。

病で倒れてから確実に後悔するので、もう限界を迎えそうな場合はすぐにでも退職しましょう。

 

ちなみに、私が精神状態を追い込まれたときに思っていたことがこちらです。

精神的にやばい状態

  • 通勤中に事故に巻き込まれないかな
  • 病気にならないかな
  • 仕事中に大きなけがをしないかな
  • 毎晩布団で震えていた
  • 休日ですら会社のことを考えてしまう

上記のケースはまともな精神状態ではないので、今すぐに辞めないと危険ですよ!

 

会社を辞めたいのに我慢してしまうときの対処法5選

会社を辞めたいのに我慢する原因をたたく

会社を辞めたいけど諸事情で我慢してしまうときは、以下の対処法を参考にしてください。

ポイント

  • 引き止めにあうのが嫌→上司の言葉には耳を貸さない
  • お金がない→社会保険給付金を受給する
  • 次が決まっていない→副業でスキルを身に付ける
  • 退職を伝えて怒られるのが怖い→何を言われても気にしない
  • 辞めたいと言えない→退職代行を利用する

続いて5つの対処法を詳しく見ていきますね。

 

引き止めにあうのが嫌→上司の言葉には耳を貸さない

上司に退職を伝えると高確率で引き止めにあいます。

会社としては新しく人員を確保したり、指導したりするのは面倒です。

余計な費用や負担を減らすために、悪質な会社は言葉巧みに引き止めてきます。

 

「君は会社に必要だから残ってほしい」のように褒められると悪い気はしませんが、そこで残留すると会社の思うつぼです。

一度引き止められると、精神的にもう一度会社を辞めたいと伝えづらくなります。

引き止めに従うデメリットは多いので、一度辞めると決めたら意志を貫きましょう。

 

お金がない→社会保険給付金を受給する

お金がないから会社を辞められない場合におすすめなのが社会保険給付金です。

社会保険給付金とは、失業手当や傷病手当のことで、申請すると最大28か月間で総額数十万円から数百万円の支援をもらえます。

 

お金がない方にはぴったりな社会保険給付金ですが、申請手順が少々複雑です。

特に傷病手当は書類集めのために、さまざまな施設を訪れる必要があります。

結果的に傷病手当をあきらめる人も珍しくありません。

 

「何としても社会保険給付金を受給したい」という場合は、退職コンシェルジュのサポートを利用しましょう。

退職コンシェルジュのサポートを受けると、傷病手当の受給まで導いてくれます。

社会保険労務士の監修を受けたスタッフが、最適な申請手順を紹介してくれるので従うだけです。

 

また、退職コンシェルジュのサポートを受けた桁人の中には、総額100万円以上の手当てを受けることに成功している人もいます。

退職コンシェルジュのサポート内容が気になる場合は「退職コンシェルジュで最大28ヶ月分の失業保険を受けられるって本当?」を参考にしてください。

 

次が決まっていない→副業でスキルを身に付ける

次が決まっていなくて不安な場合は、この機会を使って副業するのがおすすめです。

「なんでこのタイミングで副業なの」と思うかもしれませんが、副業すると以下のメリットがあります。

副業のメリット

  • スキルが身につく
  • 異業種への転職がスムーズになることもある
  • 収入が増える
  • 稼げればフリーランスになって社畜から解放される

 

副業の良いところはスキルが身につくことです。

スキルさえ身につけば転職で困ることも減って、なんだったらフリーランスも目指せます

フリーランスになれば「会社を辞めたいけど我慢してしまう」といった悩みもありません。

 

フリーを目指していない場合でも、副業すればお金が増えて生活にゆとりが生まれます。

副業は簡単に始められるものもあるので、会社を辞めるついでに始めてみると良いでしょう。

 

会社を辞めたい人が副業を始めるべき5つの理由【稼げれば人生の勝ち組へ】」ではフリーランスを目指せる副業を紹介しているので参考にしてくださいね。

 

退職を伝えて怒られるのが怖い→何を言われても気にしない

退職を言ったときの上司のリアクションが気になる場合は、何を言われても気にしない強い意志が必要です。

会社によっては退職すると伝えただけで怒ってくることもあります。

 

残念ながら怒られることを100%回避するのは不可能です。

自分勝手な会社に勤めてしまった場合は、おそらく嫌味をネチネチと言われます。

 

しかし、行動しない限りいつまでたっても辞められません。

我慢し続けた結果、迎える末路はまともなものではないので、上司のリアクションを恐れずに意志を伝えましょう。

自分のことは自分にしか助けられないことを忘れてはいけませんよ!

あわせて読みたい

 

辞めたいと言えない→退職代行を利用する

どうしても退職を伝えられない場合は遠慮せずに退職代行を使うべきです。

退職代行に依頼すると、自分で上司に交渉することなく退職の話を進められます。

 

そのうえ、即日退職することも可能です。

退職代行さえ利用すれば、もうこれ以上会社で我慢する必要もありません。

 

非常に便利なサービスですが「退職代行に任せても本当に良いの」と思いませんか?

私も退職代行を利用するまで、本当に退職できるのか、逃げではないのか思い悩んだものです。

 

しかし、もう会社で働けないほどの限界を感じていたので、最終的には頼りました。

退職代行は会社を辞めたいと言えない人の味方なので、勇気を持てない方は頼るのも一つの手段ですよ!

あわせて読みたい

 

トラブルなく会社を辞めたい場合におすすめの退職代行サービス

退職代行を利用するにあたって、信頼できるサービスを選ぶことが大切です。

へたなサービスを利用すると交渉に失敗されて、スムーズに退職できないかもしれません。

できるだけトラブルを起こしたくない場合は、実績・運営歴ともに優れた以下のサービスがおすすめです。

 

退職代行SARABA

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと会社と交渉できませんが、労働組合は団体交渉権を持っているので安心です。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめました。

SARABAの良いところ

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 料金が一律24,000円
  • 有給の交渉が可能(有給消化の成功率98%)
  • 退職金・残業代を請求できる
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの退職代行サービス

みやびは弁護士が務める退職代行です。

弁護士なので退職成功率が100%で、トラブルがあった際にも法律を持って対応してくれます。

弁護士を味方に付けられるので、最強になった気分を味わえるのが魅力です。

 

また、みやびを利用することで以下のメリットもあります。

ポイント

  • 確実に退職できる
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 金銭的問題や法律の問題にも対応できる
  • 即日退職もできる
  • 退職金・未払い金・残業代の請求に対応してくれる
  • 全国の利用に対応している
  • 無料相談で気軽に話を聞ける
  • 料金は最低55,000円から

 

料金が高いですが、幅広く対応してくれるのが優秀です。

損害賠償の請求もできるので、パワハラを受けている方はぴったりですね。

「確実に退職したい」

「退職を機に会社へいろいろ請求したい」という方におすすめですよ!

弁護士法人みやびのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

弁護士法人みやび公式サイト

 

まとめ:退職を我慢する人生とはオサラバしよう!

会社を辞めてスッキリする女性

会社を辞めたいのに我慢してしまう原因や対処法などを紹介してきました。

 

会社を辞めたいのに我慢してしまう大きな原因は、さまざまな事情が絡んで退職を伝えられないからです。

上司から怒られると考えたり、会社が忙しかったりすると辞めるとは言いづらいでしょう。

 

しかし、我慢し続けると病で倒れたり、何も感じずに働くロボットになったりします。

会社を辞めたいことを我慢してもロクなことにならないので、限界を迎える前に逃げましょう。

 

もし会社を辞めたいと伝えられなくて我慢している場合は、退職代行を利用するのがおすすめです。

退職代行を使えば自分の口から退職を伝える必要がありません。

基本的にどんなケースでも対応してくれるので、限界を感じる場合は退職のプロに任せましょう。

あわせて読みたい

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職関連