退職関連

仕事が回らないから辞めたい状態をまるっと解決する5つの対処法

仕事が回らず辞めたいと思う男性
・仕事が回らなくて毎日がつらい...
・仕事が回らなすぎて働く自信を失いそう...
・仕事が回らない対処法を知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 仕事が回らない原因は全部で6つある
  • 仕事が回らないときの対処法5選
  • どうしても問題が解消されない場合は仕事を辞めるのもあり

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「何をしても仕事が回らないから会社を辞めたい」と考えることもあるでしょう。

あまりにも追い込まれると毎日がつらくなってきますよね?

 

しかし、仕事が回らないだけで辞めるのは少し早いです。

仕事が回らない原因を理解することで問題が解消されるかもしれません。

 

この記事では、仕事が回らないときの原因と対処法を解説しています。

仕事が回らなくて会社を辞めたいと考えている場合は退職の前に確認してみてください。

 

最後まで読んでいただくと、どうすれば現状を変えられるのかわかりますよ!
さっこー

 

【辞めたい人は要チェック】仕事が回らない6つの原因

仕事が回らない原因

仕事が回らない原因は主に以下の通りです。

仕事が回らない原因

  • 手に負えないほどの業務を背負っている
  • 頼まれるとつい引き受けてしまう
  • すべて自分で解決しようとする
  • 会社の人員が不足している
  • 優先順位を理解せずに作業している
  • 作業に慣れていない・向いていない

では仕事が回らない6つの原因を詳しく紹介していきます。

 

原因1.手に負えないほどの業務を背負っている

仕事が回らない大きな原因はキャパオーバーです。

自分の能力を上回った仕事を任されると、どんな優秀な人でも手に負えません。

 

たとえば、1人で2人分の作業を行うのは物理的に無ですよね?

キャパシティを超えた仕事を任されると回らないのも当然と言えるでしょう。

大量の業務を任されるのは基本的に会社に原因があるので「自分は無能だ」と落ち込む必要はありませんよ!

 

原因2.頼まれるとつい引き受けてしまう

中には頼まれると断れない性格をしている人もいるでしょう。

断れない性格をしている場合、自分の業務で手一杯なのに、つい仕事を引き受けてしまいますよね?

 

同僚や上司が困っているのを助ける精神は素晴らしいですが、無理しすぎると手に負えなくなります。

業務を抱えすぎると仕事がつらくなってきて、仕事を辞めたいと考えるようになるでしょう。

 

とはいえ、高圧的な上司から仕事を任されるととても断れませんよね?

「これくらいならできるよね?」と言われると、内心では断りたくでもNOとは言えないでしょう。

 

高圧的な上司が職場にいる場合は自分の能力では解決できません。

どうしてもつらくなってきたら退職するのも一つの手段です。

今辞めなければどんどん事態が悪化する危険性もあるので、我慢してはいけませんよ!

あわせて読みたい

 

原因3.すべて自分で解決しようとする

仕事が回らない原因の一つは、人に任せられない性格だからです。

すべての業務を1人で行おうと思ったら、当然ながら仕事が回らなくなります。

 

かといって他人に任せられない性格の人は、無意識のうちにひとりですべてを負担しがちです。

「ほかの人に任せるくらいなら全部自分でする」と考えるタイプだと人に頼れないでしょう。

 

しかし、人に頼ることを覚えなければいつまでたっても問題が解決しません。

人に任せるというより、ほかの人を育てるつもりで仕事を任せると良いでしょう。

 

原因4.会社の人員が不足している

単純に会社の人が不足していると仕事が回らなくなります。

人間ひとりに負担できる仕事はどうしても限られてきます。

結果的に残業で仕事をこなしていることも多いでしょう。

 

正直、人手不足の場合はどうしようもありません。

ほかの社員と手を取り合って乗り越えましょう。

 

ただ、人手不足の問題はすぐに解決しません。

私が勤めていた企業はずっと人手不足で残業が続いていました。

その惨状を知っているにもかかわらず、会社の上役は人を雇う気がなかったようです。

 

人手不足は会社の上役が行動しなければ一生解決しません。

強く仕事を辞めたいと感じる場合は、人手不足であっても退職すべきです。

無理した結果、自分の体調を悪くしたら意味がありませんよ!

あわせて読みたい

 

原因5.優先順位を理解せずに作業している

あまり仕事の流れを理解していない場合にありがちなのが、仕事の優先順位を理解せずに仕事をしていることです。

 

たとえば納期が迫っている仕事を後回しにすると、必然的に時間に追われて仕事が回らなくなります。

優先順位を守らないと、余裕があるはずなのに仕事が回らなくなるので気を付けましょう。

 

原因6.作業に慣れていない・向いていない

シンプルな話ですが、仕事に慣れていないと仕事の効率がよくありません。

入社間もない人に対して、いきなり業務を大量に任されるとすべてこなすのは困難です。

単純に仕事に慣れていない場合は、働き続けることで問題も解消されるでしょう。

 

しかし、仕事に向いていない場合はなかなか現状が改善されません。

私も不慣れな仕事をしていたので、入社から1年半くらいは円滑に仕事が回りませんでした。

 

仕事に向いていなくて会社を辞めたいと感じるときは、素直に退職した方が良いでしょう。

向いていない仕事に無理して慣れる必要はありません。

 

仕事が回らない問題を解消する5つの方法

仕事が回らない問題を解消するポイント

仕事が回らなくて辞めたいと感じる場合は、退職する前に以下の対処法をチェックしておきましょう。

対処法

  • 自分の能力を超えて作業しない
  • 優先順位をつけて作業する
  • 無理な場合は人に頼る
  • 余裕をもって作業する
  • 仕事の流れを再度確認する

続いて5つの対処法を順番に紹介していきますね。

 

対処法1.自分の能力を超えて作業しない

仕事が回らないときは、自分の能力でこなせるだけの作業を請け負いましょう。

自分のキャパシティを超えて作業するから仕事が回らなくなるのです。

つまり、できる範囲の仕事を引き受ければ問題は解消されます。

 

適切な仕事を請け負うためにも、まずは自分の能力をしっかりと把握しましょう。

自分がどこまでできて、何が苦手なのか理解することで課題も見つかりますよ。

 

また、仕事を頼まれたときにキャパオーバーになりそうな場合は断ることも重要です。

仮に上司から頼まれても、勇気を出して断りましょう。

上司としても仕事が終わらなければ都合が悪いので、理解のある上司なら受け止めてくれるはずです。

 

もし断っても提案を聞き入れてくない場合は、上司がまともではありません。

自分だけが無理して働く必要はないので、話を聞いてくれない上司がいる場合は退職した方が良いでしょう。

 

対処法2.優先順位をつけて作業する

仕事の優先順位を理解していない場合は、何を優先すべきなのか確認して働きましょう。

職場によって仕事の優先順位は異なりますが、優先順位のつけ方で重要なポイントがこちらです。

優先順位の付け方

  • 1日にすべきことをリスト化する
  • リスト化した業務の納期を確認して重要度を付ける
  • 仕事に対するタイムリミットを設定する
  • 納期が近い簡単な作業から取りかかる

上記の4つを意識するだけで、かなり変わってきます。

仕事が回らないという場合は一度確認してみてください。

 

対処法3.無理な場合は人に頼る

会社を辞めたいほど仕事が回らないときは遠慮せず仲間に頼りましょう。

 

仕事が回らなくなるとほかの人に負担がいくので、結果的に上司や同僚に迷惑をかけることになります。

後になってから「手伝ってください」と言うと「なぜもっと早く言わなかったんだ」と怒られる可能性が高いです。

こっちとしては、がんばって働いたのに怒られるのは納得がいきませんよね?

 

無駄に怒られないためにも、前もって上司や同僚に相談してみましょう。

新人の場合は仕事のアドバイスをもらえることもあります。

とりあえず仕事が回らないと困ったときは、なるべく早く人に頼りましょう。

 

対処法4.余裕をもって作業する

仕事はある程度余裕をもって作業することが大切です。

働いていると予想外のことが発生することもあります。

 

たとえば、突然の来客やクレーム対応、納期忘れなどの問題が発生しがちです。

業務をいっぱいに詰め込んでいると突然の事態に対応できません。

それどころか気持ちが焦ってきて、いつもよりパフォーマンスも低下するでしょう。

 

仕事で慌てないためにも、1日30分くらいは時間を空けるようにするのがおすすめです。

割り振られた仕事で余裕を作ることは簡単ではありませんが、意識するだけでも変わってきます。

 

対処法5.仕事の流れを再度確認する

新人で仕事に慣れていない場合は、もう一度作業を確認してみましょう。

仕事の流れを理解しないまま作業してしまうと無駄が発生します。

無駄が重なって余裕がなくなってくるので、最終的に仕事が回らなくなります。

 

落ち着いて作業するためにも、まずは仕事全体の流れを俯瞰しましょう。

広い視野で見ることで、どこに時間をかけるべきか、逆にどこの工程は短縮できるのかなどが判明します。

 

仕事が回らないから辞めたい場合は退職しても良い3つのケース

仕事が回らずに辞める人

以下のケースに当てはまる場合は、退職を選んだ方が良いです。

退職しても良いケース

  • 物理的に解決できない作業量を背負わされる
  • 人間関係が悪い
  • 心身ともに限界を迎えている

では3つの理由を詳しく解説していきますね。

 

ケース1.物理的に解決できない作業量を背負わされる

悪質な職場だと手に負えない仕事を半ば無理やり背負わされることがあります。

 

実際に私は、以前の職場で4時間かかる作業を1時間で割り振られていました。

どう考えても時間内に終えられませんよね。

結果的に私は1人残って残業するという罰ゲームのような目に遭いました。

 

このように悪質な職場だと、何をどうしても仕事が回らなくなります。

仕事を辞めたいと思うのも当然で、我慢したところで良い未来が訪れることもありません。

私の場合は残業して働いたのに感謝されることもなく、むしろ「いつまで残業しているのだ」と翌日に怒られました。

 

悪質な会社で働いていても自分の首を絞めるだけなので、一刻も早く退職しましょう。

 

ケース2.人間関係が悪い

「困ったときは誰かに相談しよう」と言いましたが、あくまで人間関係が良い場合に限ります。

人間関係が悪いと「仕事を手伝ってください」とは言えないでしょう。

むしろ「それくらい自分でしろ」と嫌味を言われて心が傷つく可能性もあります。

 

人間関係が最悪の状態だと、困ったときに相談できず、すべて自分で解決するしかありません。

能力は伸びるかもしれませんが、心身ともにつらくなるリスクが大きいです。

 

人間関係を改善できない場合は、退職して次の職場でリスタートを切った方が早いでしょう。

 

ケース3.心身ともに限界を迎えている

仕事が回らない状態で働き続けると、会社を辞めたい気持ちが日に日に強くなってきます。

毎日キャパオーバーの作業をこなしていると気持ちも落ち込んでくるので、心身ともに限界を迎えます。

倒れてからでは遅いので、仕事を辞めたいと思ったらすぐに退職しましょう。

あわせて読みたい

 

まとめ:どうしても仕事が回らないときは退職して逃げよう!

辞めたい会社を退職して解放される男性

仕事が回らなくて会社を辞めたいと感じるときの原因や対処法を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 仕事が回らないときは能力不足や仕事の引き受けすぎが原因
  • ひとりで解決できない場合は人に頼ることも大切
  • 何をしても現状が解決できないときは退職するのもあり

 

仕事が回らない場合は個人的な問題もありますが、会社にも責任の一因があります。

個人的な問題だと努力次第で改善することも可能です。

しかし、人手不足や人間関係が悪いから頼れない場合などはどうしようもありません。

 

仕事が回らない問題を抱え続けると身体的・精神的に限界を迎えます。

仕事で一生を無駄にしないためにも、つらいなら一刻も早く退職した方が良いですよ!

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職関連