退職関連

能力不足で会社を辞めたいときの対処法5選!もう限界なら退職もあり

能力不足がつらいから辞めたい
・能力不足が明らかで劣等感がつらい...
・能力不足を解消する方法はあるの?
・能力不足が原因で退職しても良いの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の要点

  • 能力不足を解消するためには自分の行動を振り返ることがポイント
  • どうしても会社で働くのがつらいなら退職しても問題ない
  • 退職するときは能力不足の原因を理解することが大切

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「能力不足を感じていてもう会社を辞めたい」と悩んでいませんか?

周囲の人に比べて能力が劣ると「自分はなんて無能なんだ」と思いますよね。

能力不足は会社にも原因がありますが、自分のせいでもあります。

 

本記事では、能力不足で会社を辞めたいと思う人が取るべき対処法を体験談に基づいて解説しています。

能力不足が原因で退職しても問題ない理由も解説しているので参考にしてください。

最後まで読んでいただくと、能力不足で会社を辞めたい問題が解消しますよ!
さっこー

 

能力不足で会社を辞めたいと思いながら働いた実話

会社を辞めたいと思いながら働いた実話を紹介

私は3年で会社を辞めましたが、最初の1年間は能力不足を感じていました。

明らかに周囲の社員とは能力が劣り、何をやってもうまくいかないと落ち込んでいました。

 

能力不足をフォローしようと努力していましたが、その努力が逆効果でミスを繰り返し何度も怒られたものです。

あまりにも怒られるので「自分の無能ぶりに耐えられない」と何度も会社を辞めたいと思いました。

 

しかし、入社1年未満で退職するのはまずいと思っていたので、とりあえず1年継続することを目標にします。

工夫を凝らして働き続けると、ちょうど1年たつ頃には仕事ができるようになっていました。

 

無事に能力不足を解消した後はスムーズに働けていましたが、パワハラや超過残業などの理由で退職を決意。

結果的に会社を辞めたとはいえ、働くコツのようなものを身に付けられたのは唯一の収穫です。

では私がどのような工夫を凝らして能力不足を解消したのかご紹介します。

 

【実体験から紹介】能力不足で会社を辞めたいときの対処法

能力不足の対処法

能力不足で会社を辞めたい場合は以下の対処法がおすすめです。

おすすめの対処法

  • 会社のマニュアルを再確認する
  • 目標を立てて仕事する
  • 上司の行動を観察する
  • 自分の作業を客観的に見て分析する
  • 【最終手段】退職して別の仕事を始める

ではそれぞれの対処法を順番に見ていきますね。

 

対処法1.会社のマニュアルを再確認する

能力不足を感じるときは、もう一度初心に帰るのがおすすめです。

 

思ったように作業できない場合は、マニュアル通りに作業していないこともあります。

特に入社から時間が経過している人は、知らず知らずのうちにオリジナルのやり方で作業していることも珍しくありません。

そのオリジナル要素によって、作業にミスや遅れが生じている可能性もあります。

 

また、マニュアルを確認することで意外な発見があるかもしれません。

たとえば「作業するときのポイント」のような項目が記載されていることもあります。

いずれにしろマニュアルを確認するメリットは多いので、この機会にもう一度目を通してみましょう!

 

対処法2.目標を立てて仕事する

目標に向けて進む

仕事で順調にいかないときは目標を立てるのも一つの手段です。

目標に向けて作業することで、やりがいが生まれます。

ゲーム感覚で仕事をこなせるようになるので、人によっては仕事が楽しくなってくるでしょう。

 

目標を立てるときは、クリアできるレベルで設定するのがおすすめです。

あまり難易度が高すぎるゲームはやっていてもつまらないですよね?

難易度を上げると逆効果なので、現在の能力でギリギリ達成できるレベルの目標を立てると良いでしょう。

 

対処法3.上司の行動を観察する

どうしても能力不足が改善されない場合は、上司の行動をマネるのもおすすめです。

職場経験が深い上司は、マニュアルにない技術を駆使していることがあります。

上司が持つオリジナルの作業をパクることで自分も能力が上がります。

 

もし上司との人間関係が良い場合は、仕事のコツを直接聞くのもおすすめです。

気前の良い上司であれば喜んで教えてくれるでしょう。

 

対処法4.自分の作業を客観的に見て分析する

問題点を分析する人

自分の作業を客観的に見ることで、自分の持つ能力がわかります。

現状をしっかりとつかむことで、何をすべきなのか見えてくるでしょう。

悪いところを1つずつクリアしていくことで、徐々に能力が上がってきます。

 

自分を客観的に見るのが難しい場合は、仲の良い上司に作業光景を見てもらうのもおすすめです。

熟練度の高い上司に見てもらって指摘を受けることで、大きくレベルアップできるでしょう。

 

対処法5.退職して別の仕事を始める

「何をしてもミスが改善されない」「能力不足を感じて精神的につらい」という場合は退職するのも良いでしょう。

退職して他の仕事を始めれば、能力不足の問題が解消されるかもしれません。

 

でも「能力不足で会社を退職するのは逃げなのではないか」と思いませんか?

仕事ができないからといって辞めると、まるで逃げたような感じがしますよね。

 

仮に自分の無能ぶりが原因で退職しても、逃げや甘えではないので安心してください。

むしろ自分に合わない仕事を続けるデメリットの方が大きいので、働けそうにない場合は辞めた方が良いですよ!

 

能力不足で会社を辞めたい人が退職しても良い4つの理由

会社を辞めたいときは退職してもOK

能力不足で会社を辞めたい人は以下の理由から退職しても問題ありません。

理由

  • 時間が解決してくれないこともある
  • 会社の教育体制が整っていないこともある
  • 順調に進まないとストレスがたまる
  • 能力不足は劣等感を抱く

では4つの理由を深掘りしていきますね。

 

理由1.時間が解決してくれないこともある

基本的には時間をかければ作業に慣れてくるので、徐々に能力不足は解消されます。

 

しかし、自分とは合わない仕事をしている場合は例外です。

人には向き不向きがあるので、どれだけ作業しても慣れないこともあります。

必ずしも続ければ慣れてくるわけではないので気を付けましょう。

 

また、上司に能力不足のことを相談すると「時間がたてば慣れてくるよ」と言われることも多いです。

上司はすでに仕事に慣れているので何とでも言えます。

順調に作業できない悩みは自分にしかわかりません。

根性論でアドバイスしてくる上司もいるので、騙されないように気を付けましょう。

あわせて読みたい

 

理由2.会社の教育体制が整っていないこともある

研修を受ける新人

会社によっては現場で作業を覚えろという体制を取っていることもあります。

実際に私が勤めていた会社では、昔ながらの「見て覚えろ」という慣習が残っていました。

 

上司の作業を見てそのまま再現できるのは、能力が高い人に限ります。

仕事経験がない方や不器用な場合は、見ただけで作業できるわけがありませんよね?

 

教育体制がしっかり整っていない企業は、慣習に縛られた時代遅れの会社です。

時代の波に乗れず倒産する可能性もあるので、新人が働きづらい会社はこちらから見限りましょう!

 

理由3.順調に進まないとストレスがたまる

能力不足だと「仕事が順調に進まず遅れが生じる」「ミスが多い」といった事態に陥りやすいです。

繰り返しミスしたり、作業が遅れたりすると怒られることがあります。

上司から怒られると精神的につらくなってきますよね?

 

ストレスを抱えた状態で作業しても能力不足が改善されることはありません。

むしろ以前より能力不足による作業効率が悪化することもあるでしょう。

このように、順調に作業できないと余計なストレスを抱えてしまいます。

 

会社はただでさえストレスが発生しやすい場所なのに、能力不足の問題が発生すると精神がすり減りやすいです。

無理した結果うつ病で倒れる危険性もあるので、仕事が合わないと思ったら倒れる前に退職した方が良いですよ!

あわせて読みたい

 

理由4.能力不足は劣等感を抱く

劣等感を抱く男性

能力不足の状態は劣等感を抱きやすいです。

周囲の人間はバリバリ働いているのに、自分だけ作業に遅れが生じていると「自分はなんて無能なんだ」と思いますよね?

結果的に焦って作業してしまい、余計なミスをすることもあるでしょう。

 

また、能力不足で怖いのは新入社員が入ってきたときです。

新入社員は基本的に作業に慣れていない状態で入ってくるので、しばらくの間は安心できます。

しかし、時間の経過とともに成長していき、あっという間に追い抜かれてしまうでしょう。

 

仮に自分より何倍も優秀な後輩が出てきたらどう思いますか?

劣等感がすさまじく、周囲からの目も痛いですよね。

今は良くても数年後には後輩が入ってくる可能性を考えると、早い段階で他の仕事に就いた方が良いと言えます。

 

能力不足で会社を辞めたい人が退職するときのポイント

退職するときのポイント

会社を辞めると決断した方は、以下の2つのポイントをおさえておきましょう。

ポイント

  • 退職理由で能力不足を使うのは避ける
  • 自分がなぜ現在の仕事に向いていないのか分析する

続いて2つのポイントを見ていきますね。

 

ポイント1.退職理由で能力不足を使うのは避ける

「この仕事に合っていない」「能力不足で会社に付いて行けない」というマイナスの退職理由は使わない方が良いです

会社によっては「時間がたてば慣れてくるからもう少し頑張ってみないか」のような精神論で諭してくることがあります。

 

精神論を使う上司に対して、能力不足を退職理由にするのは最悪です。

引き止められた挙句、精神がすり減るまで使いつぶされる可能性もあります。

スムーズに辞めるためにも、マイナスの退職理由を伝えるのは控えましょう。

 

ちなみに、以下の退職理由だとスムーズに辞めやすいです。

おすすめの退職理由

  • チャレンジしたいことがある
  • 家庭の事情

やむを得ない事情やプラスの退職理由だと通じやすいのでおすすめですよ。

\どうしても退職を伝えられない方へ/

 

ポイント2.自分がなぜ現在の仕事に向いていないのか分析する

分析する男性

会社を辞めるにあたって、現在の仕事の何が向いていないのか調べることは、次の仕事のためには重要です。

よくわからないまま退職を迎えてしまうと、次の仕事先でも同じミスを繰り返すかもしれません。

 

次の会社でも能力不足を感じると働く自信が失われます。

転職に失敗すると「自分は何をやってもダメなんだ」と思ってしまうので要注意です。

 

次の会社で失った自信を取り戻すためにも、自分はどんな仕事に向いているのかよく考えましょう。

 

まとめ.会社を辞めたいなら無理せずに辞めよう!

会社を辞めて解放される女性

仕事で能力不足だから会社を辞めたいときの対処法を実体験に基づいて紹介してきました。

能力不足の際は自分の作業を振り返ったり、働く上司を観察したりすることで改善が期待できます。

 

しかし、必ずしも時間をかければ問題が解決するわけでもありません。

働き続けている間に自信を失って「自分が無能すぎてつらい」と思う可能性もあります。

無理した結果、精神的な病気で倒れる危険性もあるので、無理だと判断したらすぐにでも退職しましょう。

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻なケースもありえます。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
退職コンシェルジュが怪しい!本当に28か月分の失業保険をもらえるのか徹底検証

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

スポンサーリンク

-退職関連