退職代行について

保育士や幼稚園教諭が退職代行を使う5つのメリット!即日退職も可能

・退職代行で保育士や幼稚園教諭をすぐに辞められるって本当?
・保育士や幼稚園教諭が退職代行を使うメリットが知りたい!
・スムーズに退職させてくれるおすすめのサービスはどれ?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の内容

  • 保育士・幼稚園教諭が退職代行を使って得られる5つのメリット
  • 保育士・幼稚園教諭が退職代行を使う時の注意点3つ
  • 【スムーズに終わる】保育士・幼稚園教諭におすすめの退職代行3選
  • 退職代行利用前に知っておきたい退職までの流れ

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「保育士や幼稚園教諭の仕事がつらすぎて今すぐにでも辞めたい」とお困りの方へ。

保育士や幼稚園教諭を即日退職することは難しいですが、退職代行を使えば実現できます。

そのうえ、保育士や幼稚園教諭が退職代行を使うことで、多くのメリットを得ることも可能です。

 

この記事では保育士・幼稚園教諭が退職代行を使う5つのメリットを紹介しています。

「保育士・幼稚園教諭が退職代行を使うのはアリなのかな」と悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、どの業者を選べばスムーズに辞められるのかもわかりますよ。
さっこー

 

保育士・幼稚園教諭が退職代行を使って得られるメリット

保育士が退職代行を使って得られるメリット

保育士や幼稚園教諭が退職代行を使うメリットはこちらです。

メリット

  • 明日から保育園へ行かずに済む
  • ストレスが一気になくなる
  • 園長や保護者に顔を合わせずに退職できる
  • 引き止めに遭うこともない
  • 未払い賃金やハラスメントの対応もしてもらえる

仕事に疲れている方にとっては、とても魅力的に見えますよね?

では5つのメリットを順番に解説していきます。

 

メリット1.明日から保育園へ行かずに済む

即日退職に対応しているサービスを利用すれば、保育士・幼稚園教諭としてもう働く必要はありません。

 

たいていの保育園や幼稚園では、3月にならないと辞めにくいですよね?

子供が入れ替わるタイミングで辞めた方が、保育園がスムーズに運営されるので交渉が難航しやすいです。

 

そのうえ、退職するときは6~10月程度に聞かれる来年度の希望の際に伝えなければいけません。

保育士・幼稚園教諭は他の仕事と比べると特殊なので辞めにくいのが特徴です。

 

そんな辞めにくい職業でも、退職代行を利用すれば即日退職できます。

退職代行を利用すれば退職のプロが、法律や就業規則のルールを守ったうえで辞めさせてくれるのです。

「もう限界だから今すぐにでも保育士や幼稚園教諭を辞めたい」という方に退職代行はぴったりですね。

 

メリット2.ストレスが一気になくなる

ストレスから解放された女性

退職代行を使えば明日から職場に行かなくても良いので、今まで感じていたストレスが一気に吹き飛びますよ。

 

たとえば面倒な保護者や仕事仲間との対応も明日からする必要はありません。

セクハラなどの嫌がらせを受けている場合は、明日から解放されます。

未来が明るくない状況に絶望している人からすると最高ですよね。

 

メリット3.園長や保護者に顔を合わせずに退職できる

退職代行の魅力は保育園関係の人と一切会わずに退職できるところです。

 

退職代行を利用するとほとんどオンラインで完結します。

唯一、退職の書類を郵送するときは外出しなければいけませんが、その他はすべて自宅で進んでいきます。

 

園長や仕事仲間はもちろん、保育園に通う子供や保護者にも会うことがありません。

保育士・幼稚園教諭であっても勝ち逃げできるので、気まずい思いをする必要もありませんよ。

 

メリット4.引き止めに遭うこともない

引き止めNG

退職代行は基本的に一方通行で辞められます。

 

通常であれば「もう少しだけいてほしい」など引き止められるのが普通です。

仕事が忙しいと引き止めたくなる気持ちもわかりますが、言われる側からするとたまったものではありません。

引き止めを断ると、なんだか悪い気がして辞めにくくなります

結果的になかなか辞められずに、ズルズルと仕事を続ける方もいるでしょう。

 

このように、退職には面倒なことが付いて回ります。

そんなさまざまな面倒をすべてカットできるのが退職代行の魅力です。

 

メリット5.未払い賃金やハラスメントの対応もしてもらえる

退職代行サービスによっては、保育士・幼稚園教諭を退職するついでに以下の問題にも対応してくれます。

ポイント

  • 給料の未払い
  • 残業代の請求
  • 退職金の請求
  • 有給の消化
  • セクハラやパワハラなどの損害倍書

 

保育園から痛い目に遭っている人からすると最高ですよね?

有給が残っていたり、残業代を支払ってもらっていなかったりすれば、退職代行を利用することでお金をもらえます。

退職後は収入がなくなるので、一時的な軍資金になるでしょう。

 

ただ、すべての退職代行業者で上記の請求ができるわけではありません。

詳しくは後述しますが、サービスによっては請求できないので、業者選びには気を付けましょうね。

 

保育士・幼稚園教諭が退職代行を使う時の注意点

保育士が退職代行を使う時の注意点

退職代行の利用を考えている保育士・幼稚園教諭の方は、以下の3点に注意してください。

退職代行の注意点

  • 円満退職はほぼ確実にできない
  • 3~5万円程度の料金がかかる
  • サービス次第では交渉が難航する

3つの注意点を順番に見ていきますね。

 

注意点1.円満退職はほぼ確実にできない

退職代行は合法のバックレなので、円満退職は困難です。

保育園に残る人からすると、辞めた人の分までカバーしなければいけません。

そうすると「あの人のせいで...」のような恨みを買う可能性もあります。

 

恨まれると考えると怖く感じますよね?

しかしかの人に迷惑をかけてしまう」という考えを消さなければ退職できません。

 

他人のことを気遣う気持ちは素晴らしいですが、人生は自分あってこそです。

仮に病気で倒れたとしても、保育園や同僚は何の責任も負ってくれません。

自分を助けられるのは自分だけであることを覚えておいてくださいね。

 

もし罪悪感を感じる方は、引き継ぎ書や謝罪文を残しておくのがおすすめです。

書類を残しておけば被害を最小限にとどめられて、職場の同僚に申し訳なさも伝わります。

あわせて読みたい

 

注意点2.3~5万円程度の料金がかかる

退職代行のお金

退職代行は当然ながらお金がかかります。

しかも、少なくとも3万円程度は必要です。

 

中には2万円未満の格安な退職代行サービスもありますが、悪質業者の可能性があります。

悪質業者に依頼すると以下のデメリットがあるので注意が必要です。

信頼できない業者に依頼するリスク

  • 退職の交渉に失敗される
  • トラブルに発展して退職することになる
  • 対応が遅くて退職が送れる
  • 音信不通になる

このようにまともな目に遭いません。

 

退職代行業者を利用するときはお金で選ぶのはなく、以下のポイントをおさえるのがコツですよ!

信頼できる業者を見分ける方法

  • 退職代行成功率100%と宣伝している
  • 運営歴が長い(10年以上あると安心)
  • 口コミに悪い評判があまり見当たらない

 

上記のポイントにあわせて無料相談するのがおすすめです。

無料相談すれば対応スピードや担当者の態度をチェックできますよ!

あわせて読みたい

 

注意点3.サービス次第では交渉が難航する

保育士・幼稚園教諭の退職代行は労働組合か弁護した運営元のサービスがおすすめです。

退職代行の運営元は基本的に3つに分かれていて、法律の関係で対応できることが変わります。

項目一般企業労働組合弁護士
退職の伝達
会社との交渉×
有給の消化
退職金の請求
未払い賃金の請求
残業代の請求
退職日の調整
損害賠償の請求××
法律が絡む問題の対応××

 

一般企業が運営元の場合は、退職するだけで終わる可能性が高いです。

たとえば、残業代や未払い賃金などは基本的に請求できません。

仮に一般企業が請求すると、非弁行為という法律違反に当たります。

そのうえ、退職の交渉ができないので失敗する可能性もゼロではありません。

 

一方で、労働組合であれば残業代や未払い賃金の請求はできます。

保育園と交渉できるので、退職が失敗するケースはほとんどありません。

 

ただ、労働組合は法的な問題に対応できません。

ハラスメントを訴えるなどの法的な問題を解決したい場合は、弁護士の退職代行を使いましょう。

 

保育士・幼稚園教諭におすすめの退職代行3選

保育士・幼稚園教諭の方には以下の退職代行をおすすめします。

 

※左右にスクロール可能

サービス名主な特徴
SARABA・運営元が労働組合
・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
わたしNEXT・運営元が労働組合
・女性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
弁護士法人みやび・運営元が弁護士
・弁護士が味方になる
・運営歴が10年以上あるから安心

 

では、この3社にどんな特徴があるのか見ていきますね。

 

退職代行SARABA

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

退職代行SARABAユニオンは即日退職に対応していて、対応スピードが速いと評判のサービスです。

実際に利用した人は以下のようなコメントを残しています。

 

また、SARABAには以下のメリットもあります。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 有給消化の成功率98%
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援あり
  • 運営時間が24時間
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、保育園と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に保育園からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\スピーディーに退職できる/

SARABA公式サイト

 

わたしNEXT

わたしNEXT

わたしNEXTは女性専用の退職代行です。

わたしNEXTの特徴

  • 料金の後払いに対応している
  • 退職代行の特級認定を取得している
  • 全額返金保証がある
  • 退職後の転職支援あり
  • 転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
  • 運営元が労働組合なので金銭的な交渉もできる
  • 正社員・契約社員・派遣社員は29,800円で利用できる
  • アルバイト・パートは19,800円で利用できる

 

わたしNEXTの大きな特徴を挙げると、日本退職代行協会 (JRAA)の特級認定を取得しているところです。

特級認定は100以上の審査をクリアした業者に与えられます。

非常に厳しい審査なので、特級認定を取得しているだけで安心感が抜群です。

 

また、わたしNEXTから紹介した求人に転職することで、最大5万円のお祝い金をもらえます。

転職の予定がある人にはぴったりですね。

 

ちなみに、わたしNEXTは代行料金を後払いすることもできます。

現在お金に余裕がない場合は後払いを利用すると良いですね。

\後払いに対応する女性向け退職代行/

わたしNEXT公式サイト

 

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの退職代行サービス

みやびは弁護士が務める退職代行です。

法律の専門家である弁護士なので退職成功率が100%で、トラブルがあった際にも法律を持って対応してくれます。

弁護士を味方に付けられるので、最強になった気分を味わえるのが魅力です。

 

また、みやびを利用することで以下のメリットもあります。

みやびの特徴

  • 2009年に運営開始
  • 弁護士が運営元なので確実に退職できる
  • 金銭的問題や法律の問題など幅広く対応できる
  • 料金は最低55,000円から

 

料金が高いですが、有給休暇や退職金をもらえるのであればプラスになって返ってきます。

損害賠償の請求もできるので、パワハラを受けている場合はみやびに依頼しましょう。

 

「確実に退職したい」

「退職を機に保育園へいろいろ請求したい」という方におすすめですよ!

弁護士法人みやびのメリット・デメリットを詳しく見る

\弁護士が味方になる/

弁護士法人みやび公式サイト

 

退職代行を使う場合の退職までの流れ

退職代行の流れ

これから退職代行を使う予定の保育士・幼稚園教諭の方は、退職代行の流れを確認しておきましょう。

退職代行の流れ

  1. 業者に問い合わせる
  2. 料金を支払って退職代行を実行する
  3. 保育園へ退職届や返却物を郵送する
  4. 保育園から私物や書類を受け取る
  5. 健康保険と年金を切り替える

では退職代行の流れを5つのステップで詳しく紹介していきますね。

 

ステップ1.業者に問い合わせる

退職代行を使う場合は最初に業者へ無料相談しましょう。

無料相談は以下の3パターンでできます。

無料相談の連絡方法

  • LINE
  • メール
  • 電話

どれでも問題ありませんが、LINEはやり取りがスピーディーなので即日退職したい場合におすすめです。

 

また、退職代行選びで失敗しないためにも、無料相談では以下のポイントをおさえておきましょう。

無料相談時におさえるべきポイント

  • 対応の速さ(遅くとも返信が1時間未満)
  • 担当者の態度が健全

基本的にこの2つさえ満たしていれば問題ありません。

無料相談した結果、利用したいと思った場合は料金を支払いましょう。

 

ステップ2.料金を支払って退職代行を実行する

退職代行料金をATMで支払う

退職代行業者へ料金を支払う方法は以下の通りです。

料金の支払方法

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ決済

中にはPaidyを利用するサービスもありますが、上記の3通りが一般的です。

支払方法に違いはありませんが、決済がスピーディーに進むクレジットカードをおすすめします。

クレジットカードであればポイント還元をもらえる可能性もあるのでお得です。

 

料金を支払うと簡単なアンケートがメッセージで届きます。

アンケートの質問例

  • 氏名などの個人情報
  • 職業、雇用形態、勤続年数
  • 保育園の情報、ご自身の所属部署
  • 保育園に連絡してほしい日時
  • 保育園から借りているもの
  • 返却して欲しいもの(書類)
  • 私物は処分しても問題ないか
  • 有給消化について
  • 退職希望日
  • 最終出勤日
  • (あれば)保育園に伝えたいこと
  • 退職理由
  • 保育園と直接やり取りしたいか
  • 転職サポートを希望するか
  • 身分証の提示

これらは退職代行業者が保育園へ交渉するときに参考にします。

記入は20分程度で終わると思うので、なるべく早く回答して送信しましょう。

 

アンケートを送ると退職代行を実施してくれるので待っているだけで良いです。

交渉が順調に進めば、1時間もしないうちに「退職の交渉が完了しいました」と連絡が来ます。

退職が終わったら、退職届と返却物を保育園へ送りましょう。

 

ステップ3.保育園へ退職届や返却物を郵送する

退職届や返却物は自分で用意して、郵便局から郵送する必要があります。

退職代行業者は代行してくれませんが、どうすれば良いのか教えてもらえるので従うだけで良いです。

 

退職届の書き方も教えてもらえたり、書類を用意してくれたりするので、ネットで書き方を調べる必要はありませんよ。

 

もろもろの準備が整ったら簡易書留で保育園へ送り付けましょう。

簡易書留は送ったことを郵便局が証明してくれる郵送方法です。

簡易書留で送ることで保育園が「書類や荷物を受け取っていない」と言えなくなります。

あわせて読みたい

 

ステップ4.保育園から私物や書類を受け取る

保育園からの荷物を受け取る

返却物を保育園へ送ると数日後に、私物と合わせて以下の書類が届きます。

退職代行利用後に保育園から受け取るべき書類

  • 離職票
  • 退職表明書
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらの書類は健康保険と年金の切り替え時に使用します。

書類が不足している場合は退職代行業者を通して、保育園へ郵送するように伝えましょう。

 

ステップ5.健康保険と年金を切り替える

雇用保険被保険者証や年金手帳が届いた後は、お近くの自治体へ行って国民健康保険と国民年金に切り替えましょう。

 

基本的に退職してから14日以内が期限となっています。

期限が過ぎても手続きできますが、なるべく早く手続きしておくと安心ですよ。

あわせて読みたい

 

まとめ:保育士・幼稚園教諭がつらいなら退職代行で逃げよう!

保育士から解放されて大喜び

保育士・幼稚園教諭が退職代行を利用する5つのメリットや注意点を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 退職代行を使えばすぐに保育士や幼稚園教諭の仕事から解放される
  • 退職代行業者をしっかり選ばないと失敗することがある
  • 保育士や幼稚園教諭の退職代行は労働組合や弁護士がおすすめ

 

退職代行を使えば保育園に連絡することなく即日で辞められるのが最大のメリットです。

嫌な保護者や同僚と会う必要もなく、明日から自由になれます。

 

ただ、退職代行サービスによっては、経験不足で交渉に失敗する可能性もあります。

失敗すると非常に面倒なことになるので、業者選びには注意が必要です。

 

スムーズに保育士・幼稚園教諭を辞めたいのであれば、労働組合か弁護士が運営元のサービスを選びましょう。

労働組合か弁護士のサービスを利用すれば会社と交渉できるので、退職成功率が高いだけでなく、有給の消化や退職金の請求もできますよ!

 

※サービス名を押すと公式サイトにジャンプ

サービス名主な特徴
SARABA・運営元が労働組合
・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
わたしNEXT・運営元が労働組合
・女性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
弁護士法人みやび・運営元が弁護士
・弁護士が味方になる
・運営歴が10年以上あるから安心

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
最大28か月分の失業保険!退職コンシェルジュの特徴や使い方を徹底解説

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職代行について