退職代行について

退職代行は当日の朝でも退職可能!その日に辞めて今すぐ解放されよう

当日の朝に退職したいと悩む女性
・退職代行を使えばその日のうちに辞められるの?
・当日の朝に連絡しても大丈夫?
・当日の朝でも間に合う退職代行業者を知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の内容

  • 退職代行はタイミングが良ければ当日の朝でも辞められる!
  • 退職代行を使って当日の朝に退職する5つのコツ
  • 当日の朝に退職したい人におすすめする退職代行ランキング5選

 

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は2019年12月末に退職代行EXITを利用しました。私の場合は夜中に手続きをしましたが、翌日の朝8時には退職できましたよ!

 

もう一度たりとも会社に行きたくないけど退職代行は当日の朝でも間に合うの?」とお悩みの方へ。

結論を言うと、退職代行を使えば当日の朝に退職することも可能です。

しかし、当日の朝となるとタイミングが重要になってきます。

 

そこでこの記事では、退職代行を使って当日の朝に辞める5つのポイントを解説していきます。

心身ともに限界を迎えている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、退職代行で当日の朝に退職する方法がわかりますよ!
さっこー

 

退職代行はタイミングが良ければ当日の朝でも辞められる!

退職代行はタイミングが重要

24時間対応している退職代行を選べばその日のうちに辞められますが、当日の朝となるとタイミングが大切です。

少なくとも出勤時間の3時間前には、手続きを始めておきましょう。

あまり出勤時間ギリギリになると危険です。

 

たとえば出勤時間が朝の9時だとして、8時に退職代行へ連絡すると間に合いません。

手続きだけでも30~60分程度かかります。

結果的にもう一度出勤するという最悪な展開になるので注意が必要です。

 

もし当日の朝に退職できそうにないときは、最後に出社するのも良いですが、休みを取った方が良いでしょう。

1日休みをもらえば、余裕を持って翌日に退職できますよ。

 

また、スムーズに退職したいのであれば、前日に手続きを済ませておいて、翌日に退職を実行してもらうのがベストなスケジュールになります。

私が退職代行を使ったときは夜中の12時に手続きを終わらせて、朝の8時に連絡してもらうスケジュールでした。

半日も余裕があったので、何の滞りもなく退職できましたよ!

 

また、当日の朝にサクッと退職するのであれば、以下のポイントを押さえておくとより効果的です。

 

退職代行を使って当日の朝に退職する5つのコツ

その日のうちに退職する4つのコツ

当日の朝に退職したい場合は以下のポイントをおさえておきましょう。

ポイント

  • 「即日退職できる」と宣伝するサービスを選ぶ
  • 利用する退職代行業者を決めておく
  • 退職代行業者に前もって相談しておく
  • 複数の業者に連絡して対応の早さを見る
  • いつでも退職できるように身支度を整える

この5つを押さえておくと、当日の朝に退職できる可能性が上がりますよ!

中でも「即日退職に対応しているサービスを選ぶこと」は一番大切です。

これが抜けると当日の朝に退職することが不可能になるので気を付けましょう。

 

では、5つのポイントを詳しく見ていきますね。

 

ポイント1.「即日退職できる」と宣伝するサービスを選ぶ

即日退職を選ぼう

当日の朝に会社を退職してしまいたい場合は、即日対応できる業者を選びましょう。

それ以外のサービスだと、対応が遅れるので注意が必要です。

 

また、勘違いしがちなのが「即日対応可能」という文言です。

一見すると同じことを言っていますよね?

ただ、これは即日に対応ができるということです。

即日退職できるとは一切言っていません。

 

退職代行業者のサイトを見ると「即日退職」「即日対応」という2パターンがありますが、選ぶときには気を付けましょうね。

 

ポイント2.利用する退職代行業者を決めておく

退職代行を利用すると決意しているのであれば、どのサービスを選ぶのか決めた方が良いです。

退職突然までに決めておかないと、いざというときにどのサービスが良いのかあたふたしてしまいます。

結果的に当日の朝に退職することができなくなるので気を付けましょう。

 

ちなみに、退職代行の選び方は以下の通りです。

  • 料金
  • 実績
  • 即日退職できるか
  • 24時間対応可
  • 有給の消化に対応しているか
  • 残業代・退職金・給料の未払いに対応しているか

この6つを押さえておくと安心です。特に実績や24時間稼働しているかどうかは要チェックですよ

 

実績がない業者に依頼すると、経験が不足しているので失敗する可能性が高くなります。

失敗されると、自分で出勤することになるので、確実にロクなことは起きません。

料金の安さを重視するのも良いですが、実績ありきで決めましょう。

 

ポイント3.退職代行業者に前もって相談しておく

退職代行業者に相談

退職代行を利用するには、事前に相談するのが基本です。

お互いに話をすり合わせてから料金を振り込んで、振込みを確認できたら退職代行に移ります。

つまり、相談していない限り退職代行を利用できません。

 

当日の朝のようなできるだけ早く退職したい方にとって、時間がかかるのはマズいですよね?

実行が遅れるだけで何かと面倒なことになります。

そのため、利用する退職代行を決めた後は、相談して話を進めておきましょう。

 

ポイント4.複数の業者に連絡して対応の早さを見る

退職代行に相談するときは、複数のサービスを利用するのがおすすめです。

相談することで、その会社の対応スピードを比較できます。

 

たとえば、A社が連絡から10分、B社が30分かかった場合は、A社の方が対応スピードが速いです。

当日の朝となると対応スピードが極めて重要なポイントになるので、少しでも対応が早い業者を選びましょう。

 

また、人手が不足している退職代行業者の場合は、一時的に込み合う可能性もあります。

口コミで対応が早いと言われていても、その日も対応が早いとは限りません。

 

当日の朝に辞めるという夢をかなえるためにも、退職代行を利用するときは2社以上同時進行しておくと安心ですよ!

ちなみに相談するだけなら無料なので安心してくださいね。

 

ポイント5.いつでも退職できるように身支度を整える

退職の身支度を整える

身支度を整えることは必須ではありませんが、後々になってトラブルが発生しにくいです。

 

たとえば社内で自分が管理しているものがあるとしましょう。

この場合に、会社へ何も言わずに退職すると会社が困ります。

問題があれば退職後に、会社から連絡が来るかもしれません。

会社から連絡が来ると面倒なことは簡単に想像できますよね?

 

退職代行を利用すると、こういったトラブルが発生する可能性もあります。

退職後に安心して過ごすためにも、時間と心に余裕があればもろもろの準備を整えておきましょう。

あわせて読みたい

 

当日の朝に退職したい人におすすめの退職代行ランキング5選

当日の朝に退職したい人におすすめの退職代行は以下の通りです。

 

※左右にスクロール可能

サービス名 主な特徴
SARABA ・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
男の退職代行 ・男性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
わたしNEXT ・女性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
退職代行Jobs ・後払いに対応
・心理カウンセリングを受けられる
ニコイチ ・15年以上の実績がある
・退職成功率100%を維持
・過去に30,000人以上も退職させた

上記のサービスはすべて「即日退職できる」と宣伝しているサービスです。

そのうえ、ニコイチ以外のサービスは24時間365日対応なので、当日の朝に退職できる可能性が高いですよ!

ではそれぞれのサービスについて詳しく紹介していきますね。

 

1位.退職代行SARABA

退職代行SARABA

退職代行SARABAユニオンは即日退職に対応していて、対応スピードが速いと評判のサービスです。

実際に利用した人は以下のようなコメントを残しています。

 

SARABAの口コミにはこういった対応が早いというコメントがたくさんあります。

当日の朝に退職したい人からすると、対応が早いのは好印象ですよね。

 

さらに、SARABAには以下の特徴もあります。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 有給の交渉が可能(有給消化の成功率98%)
  • 退職金・残業代を請求できる
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 労働組合が運営元
  • 料金が一律24,000円

このように24,000円という業界トップクラスの安さで、金銭的な請求もできるのがSARABAの特徴です。

 

民間の退職代行が運営元の場合は金銭的な要求ができません。

仮に会社に交渉すると、非弁行為という法律違反に当たります。

 

一方でSARABAは運営元が労働組合です。

労働組合には団体交渉権があって、会社と交渉しても問題になりません。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

有給の消化や退職金や残業代を請求したい方にはぴったりですね。

 

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

同率2位.男の退職代行

男の退職代行

男の退職代行は男性専用という少し変わった特徴を持つ退職代行サービスです。

男の退職代行の特徴

  • 料金の後払いに対応している
  • 退職代行の特級認定を取得している
  • 失敗したときに使える全額返金保証がある
  • 転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
  • 運営元が労働組合なので金銭的な交渉もできる
  • 正社員・契約社員・派遣社員は26,800円で利用できる
  • アルバイト・パートは19,800円で利用できる

 

男の退職代行の大きな特徴を挙げると、日本退職代行協会 (JRAA)の特級認定を取得しているところです。

特級認定は100以上の審査をクリアした業者に与えられます。

非常に厳しい審査なので、特級認定を取得しているだけで安心感が抜群です。

 

また、男の退職代行から紹介した求人に転職することで、最大5万円のお祝い金をもらえます。

転職の予定がある人にはぴったりですね。

 

ちなみに、の退職代行は料金を後払いすることもできます。

現在お金に余裕がない場合は後払いを利用すると良いですね。

\後払いに対応する男性向け退職代行/

男の退職代行公式サイト

 

同率2位.わたしNEXT

わたしNEXT

わたしNEXTは男の退職代行の女性バージョンです。

わたしNEXTの特徴

  • 料金の後払いに対応している
  • 退職代行の特級認定を取得している
  • 全額返金保証がある
  • 転職お祝い金をもらえる(最大50,000円)
  • 運営元が労働組合なので金銭的な交渉もできる
  • 正社員・契約社員・派遣社員は29,800円で利用できる
  • アルバイト・パートは19,800円で利用できる

 

わたしNEXT男の退職代行と同じ企業が運営しているので内容はほとんど変わりません。

退職代行の特級認定を取得しているので信頼性が高く、料金も比較的リーズナブルです。

後払いもできるので、現状お金に余裕がなくても安心ですよ!

\後払いに対応する女性向け退職代行/

わたしNEXT公式サイト

 

4位.退職代行Jobs

退職代行Jobs

退職代行Jobsは弁護士監修と労働組合を組み合わせた退職代行サービスです。

退職代行Jobsの特徴

  • 顧問弁護士による心理カウンセリングを受けられる
  • 全額返金保証がある
  • 転職お祝い金をもらえる(最大30,000円)
  • 運営元が労働組合と連携しているので金銭的な交渉もできる
  • 料金が一律29,000円

 

退職代行Jobs大きな特徴は心理カウンセリングを受けられるところです。

カウンセリングを依頼すると、顧問弁護士の西前啓子先生が相談に乗ってくれます。

 

顧問弁護士とありますが、あくまでカウンセリングだけです。

法律相談は利用できないので、パワハラのような法律が絡む問題は「弁護士法人のみやび」に退職代行を依頼すると良いでしょう。

あわせて読みたい

\転職に成功すれば最大30,000円もらえる/

退職代行Jobs公式サイト

 

5.退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

ニコイチはほかの退職代行に負けない圧倒的な実績がある退職代行サービスです。

退職代行ニコイチの特徴

  • 15年以上も運営している
  • 退職代行率100%を維持し続けている
  • 退職後も2か月のアフターフォローを受けられる
  • 転職支援がある
  • 全額返金保証がある
  • 弁護士が監修している
  • 有給消化に対応している
  • 運営元は一般企業
  • 料金は一律27,000円
  • 運営時間が朝7時から夜23時半まで

退職代行ニコイチはほかのサービスと比べると圧倒的に優れた実績があります。

15年以上も退職代行サービスを運営していて、その間100%の成功率を維持し続けている強者です。

料金も一律27,000円なのでそこまで高くありません。

 

ただ、ニコイチの場合は運営時間が朝7時から夜23時半までです。

24時間対応ではないので、朝が早い仕事の場合は当日の朝に退職するのが難しいでしょう。

そのうえ、運営元が一般企業なので有給休暇や残業代などの金銭的な交渉ができません。

 

ニコイチは退職することに優れていますが、有給消化のような追加要求はできないので気を付けましょう。

\15年以上退職成功率100%を維持/

ニコイチ公式サイト

 

まとめ:当日の朝に退職するなら前もって話を進めておくのが理想!

退職まで少しずつステップアップ

退職代行を使えばその日のうちに退職できるかどうかを解説してきました。

本記事のまとめ

  • 退職代行で当日の朝に辞めることは可能
  • 当日の朝に辞める場合は「即日退職できる」と宣伝する業者を選ぼう
  • すぐに辞めたい場合は複数の業者に相談しておくとより安心
  • スピーディーな対応を求めるなら実績のあるSARABAがおすすめ

 

当日の朝の退職はタイミング次第になりますが、3時間以上空いていればおそらくすぐに退職できます。

理想を言うのであれば、前日にすべて手続きを済ませておくことです。

 

また、当日の朝に辞めたい場合は「即日退職できる」と宣伝する業者を選ぶようにしましょう。

よく勘違いしがちな「即日対応」は必ずしも即日退職できるとは限らないので注意が必要です。

 

もし当日の朝に辞める確率を少しでも上げたい場合は、複数の業者に相談しておくのがおすすめです。

複数の業者に相談すると、その日のよりスピーディに対応できる業者を比較できますよ!

 

※サービス名を押すと公式サイトにジャンプ

サービス名 主な特徴
SARABA ・24,000円で退職できる
・運営歴が10年以上あるから安心
・口コミでも対応が早いと評判
男の退職代行 ・男性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
わたしNEXT ・女性専用の退職代行
・後払いに対応
・退職代行の特級認定を取得
退職代行Jobs ・後払いに対応
・心理カウンセリングを受けられる
ニコイチ ・15年以上の実績がある
・退職成功率100%を維持
・30,000人以上も退職させた

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻な方もいるはずです。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
退職コンシェルジュが怪しい!本当に28か月分の失業保険をもらえるのか徹底検証

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職代行について