Webライター

Webライターの現実とは?業界の闇から光まであますことなく暴露!

Webライターの現実
・Webライターの現実ってどうなっているの?
・Webライター業界の闇や光を知りたい!
・Webライターの厳しい現実を突破するにはどうすれば良いの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターは経験やスキルがないと稼げないのが現実
  • スキルを身に付けて実績をためていけば稼げるようになる
  • スキルを学んで執筆に慣れるのが成功するための最短ルート
  • ライティングスキルの勉強はスクールを利用するのが効率的

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターってよくおすすめの副業で紹介されるけど現実はどうなの?」とお悩みの方へ。

Webライターは初心者向けの副業や在宅ワークとして紹介されることも多いですよね。

しかし、本当にWebライターがおすすめの仕事なのか気になりませんか?

 

そこでこの記事では、Webライターの暗い現実から明るい現実まで現役Webライターが解説しています。

最後まで読んでいただくと、Webライター業界の驚くべき真相がわかりますよ!
さっこー

 

【闇】Webライターの暗い現実

Webライターの闇

Webライターには以下の闇が存在します。

Webライターの闇

  • 時給500円以下が当然の世界になっている
  • 単価がなかなか上がらない
  • 初心者でも始められるが挫折ポイントが多い
  • 案件を取るのが難しい
  • クラウドソーシングは地雷案件が多い

では具体的なWebライター業界の闇を見ていきましょう。

 

業界の闇1.時給500円以下が当然の世界になっている

Webライターはスキルのない人だと時給500円以下がふつうです。

実際に私は完全初心者の状態でWebライターを始めましたが、初月は月5,000円も稼げていません。

クラウドワークスの1~2月度の収益

 

4,156円を稼いだ時の作業時間は「2週間×4時間=56時間」です。

56時間で4,156円なので、時給にすると100円を切っています。

私の場合は低単価案件しか受けていなかったとはいえ、かなりやばい数字ですよね?

 

バイトでも時給900円以上は稼げるので、かなりWebライター業界の闇は深いことがわかるでしょう。

Webライターの現実は厳しそうですが、スキルを覚えてコツをつかめば月収10万円以上は余裕で稼げるので安心してくださいね。
さっこー

 

業界の闇2.単価がなかなか上がらない

単価が上がらない

Webライターは単価が上がりづらいのもつらいところです。

私はWebライター開始から6か月で月収約20万円に到達しましたが、それまではなかなか収入が増えませんでした。

クラウドワークスの収入3~4か月目

クラウドワークスの収入6か月目

開始月Webライターの収入
1か月目4,156円
2か月目21,455円
3か月目11,859円
4か月目48,839円
5か月目0円
6か月目186,978円

 

ここまで苦戦しているのも、単価がサクサクと上がらないからです。

当時の私は1文字0.5~0.8円の仕事しか持っておらず、そこから単価を上げることに苦戦していました。

なかなか単価が上がらないので「やはりWebライターだけで稼ぐのは現実的ではない」と挫折したものです。

Webライター業界はいかに早く低単価案件を卒業できるかが重要なので、稼ぐコツを知ることが大切ですよ!
さっこー

 

業界の闇3.初心者でも始められるが挫折ポイントが多い

Webライターはスマホかパソコンとネット環境さえあれば始められます。

非常にお手軽なことから、おすすめの副業や在宅ワークとして紹介されることが多いです。

 

しかし、始めやすいだけであって稼ぎやすいわけではありません。

決して甘い業界でないことは、私の収入を見るとわかるでしょう。

 

さらに、Webライターは未経験者が稼ぎづらいだけでなく、以下のような挫折ポイントもあります。

Webライターのきついところ
  • 記事の書き方がわからない
  • 執筆に何時間もかかる
  • 応募しても採用されない
  • ひとりで作業する孤独感に耐え切れない
  • すべて自分で管理するのが慣れない

 

Webライターの現実を知らない人が、ネット記事を参考にして気軽に始めるので挫折する人が後を絶ちません。

 

業界の闇4.案件を取るのが難しい

案件を取るのが難しい

Webライターの経験がないと実績もないので、案件をなかなか取れません。

そもそもWebライターは以下の流れで案件を獲得します。

【初心者版】仕事の取り方
  1. クラウドソーシングに掲載されている案件に応募する
  2. クライアントから返信が来る
  3. 両者合意したら契約を結んで仕事を開始する

 

Webライターの仕事は基本的に相手から採用されなければいけません。

当然ながら応募者は自分以外にもいて、少ない枠にライバルたちが殺到します。

美容記事の案件

 

上記の美容案件では1枠のところに32人も応募しています。

クラウドワークスでは複数人を採用することも多いですが、それでも10名未満のことが多いです。

 

ライバルたちがひしめく中で、未経験者が仕事を取るのは簡単なことではありません。

仕事を取れないという厳しい現実から「仕事をしたいのに働けない」という状況に陥ります。

Webライターの現状はオワコンしているように見えますが、やり方を知っていれば初心者でも稼げるので不安に感じる必要はありませんよ。
さっこー

 

業界の闇5.クラウドソーシングは地雷案件が多い

初心者Webライターはクラウドソーシングを使って稼いでいくのが基本的なやり方です。

クラウドソーシングとは

ネット上で企業や個人が不特定多数の人に仕事を発注する業務形態のこと。
Webライターやプログラマーなど、さまざまなネット業務の仕事を募集している。

 

クラウドソーシングには初心者歓迎案件もあるので、経験なしの人でも稼げます。

 

ただ、クラウドソーシングには以下のような地雷案件が多いです。

地雷案件の例
  • 初心者でも月収20万円以上稼げます
  • この募集は終わったので別の仕事(悪質案件)を案内します
  • ノウハウを教えるので0.1円で記事を書いてください
  • 文字単価が0.3円未満
  • テストライティングが通常文字単価の半額未満

 

上記は代表的な悪質案件で、それ以外にも複数の怪しい案件があります。

見るからに怪しいものもありますが、完全初心者だと判断できませんよね?

中には悪質案件にだまされて搾取される人もいるので注意が必要です。

 

【光】Webライターの明るい現実

Webライターの光

Webライターの暗い現実を見ると「Webライターで稼ぐなんてムリゲー」「業界の闇がえぐい」と思いますよね?

たしかにWebライターの現実はつらいですが、以下の希望もあります。

Webライターの希望

  • 一切外出せずに仕事が完結する
  • スキルさえ覚えれば月収20万円以上も稼げる
  • 成功すると仕事を選べる立場になる
  • フリーWebライターになれば自由な生活が手に入る
  • ブログ運営につなげられて収入を増やせる

では具体的な内容を見ていきますね。

Webライターの希望を見れば「Webライターをやってみるのもありかも」と思えるようになりますよ!

 

業界の光1.一切外出せずに仕事が完結する

Webライターの良いところは一切外出せずに終わるところです。

在宅で完結する点に関しては、初心者・経験者を問いません。

だれでも在宅で仕事ができるので、かなり働きやすいです。

 

具体的に言うと、Webライターなら以下のような働き方ができます。

Webライターの働き方例
  • 家事や育児の合間で作業する
  • 寝る前やちょっとした空き時間に作業する
  • 仕事中に仮眠を取る

 

正社員やアルバイトだと上記のような働き方はできませんよね?

Webライターは在宅で完結するからこそ自由に働けます。

特に家事や育児で忙しいママにとってはぴったりです。

「会社は縛りが多すぎて働きづらい」と感じている人は、Webライターがおすすめですよ!
さっこー

 

業界の光2.スキルさえ覚えれば月収20万円以上も稼げる

Webライターは月収20万円を稼げる

Webライターを未経験の状態から始めると、スキルや知識不足でまともに稼げません。

しかし、一度スキルさえ覚えてしまえば収入を伸ばせます。

 

実際に完全未経験の状態からスキルを伸ばしていった私は、3か月で月100万円稼げるようになりました。

Webライターで稼げないのはスキルがない人です。

スキルさえあれば私のように収入を伸ばしていけますよ!

 

業界の光3.成功すると仕事を選べる立場になる

Webライターでスキルを身に付けて実績をためると、仕事相手から「この記事を書いてください」と言われるようになります。

 

Webライターの場合は自分から行動しないと仕事を取れませんが、優秀なWebライターは向こうから仕事がやってきます。

自分で案件に応募したり、営業したりする必要もありません。

ただ執筆することだけに集中できるので、快適そのものですよ!

 

業界の光4.フリーWebライターになれば自由な生活が手に入る

フリーライターになって自由な生活をする

Webライターの収入を伸ばしてフリーランスになれば、完全に自由な生活が手に入ります。

たとえば、フリーWebライターなら以下のことも可能です。

フリーランスの生活
  • 好きな時間に起きて寝られる
  • 自分で作業時間を決められる
  • 納期さえ守れば1日4時間の作業でも許される
  • 家族との時間を大切にできる
  • 平日にショッピングできる

 

フリーランスは面倒なところもありますが、それ以上に快適なのでおすすめです。

 

業界の光5.ブログ運営につなげられて収入を増やせる

Webライターで稼げるほどのスキルが身に付くと、ブログ運営につなげて成果を出すこともできます。

Webライター以外の収入源が増えるので、ブログでも成功すれば収入が安定しやすいです。

 

さらにブログ運営は不労所得になるので、放置した状態で稼ぐこともできます。

不労所得とは

自分が働かなくても得られる所得のこと。
ブログ以外に株式投資やアパートの大家が該当する。

 

ブログ運営で成功するのはWebライターで稼ぐよりレベルが高いですが、その分リターンもバカでかいです。

成功すれば月数十万円単位の不労所得を稼ぐこともできます。

 

「人生で月100万円を稼いでみたい」「今のうちに働いて将来は不労所得で生活したい」という人はブログ運営もおすすめですよ!

 

Webライターのきつい現実を突破する秘訣

Webライターの難関を突破する

Webライターには希望もありますが、成功するためにはきつい現実を突破しなければいけませ。

Webライターは闇が深いので突破するのは難しそうですが、以下の秘訣を使えば攻略できます。

Webライターの攻略法

  • 執筆をこなして一連の作業に慣れる
  • 採用率が上がる提案文を作る
  • 単価交渉のやり方を覚える
  • ライティングツールを使う
  • スクールを受講してライティングスキルを覚える

続いて5つの攻略法を順番に見ていきましょう。

 

コツ1.執筆をこなして一連の作業に慣れる

Webライターで稼ぐためには、まず執筆作業に慣れる必要があります。

慣れるためにはとにかく作業を繰り返すのが最短ルートです。

 

未経験から仕事を始めると思ったように稼げないので、作業をやめてしまう人も多いです。

しかし、挫折するとWebライターで稼ぐまでのゴールが遠のきます。

 

最初は慣れていないのでつらいことも多いですが、途中であきらめずに続けることが大切ですよ!

具体的に言うと1~2か月まじめに働けば仕事に慣れて、月5万円は稼げるようになります。
さっこー

 

コツ2.採用率が上がる提案文を作る

採用率UP

Webライターは仕事を取ることから始まりますが、相手から採用されるためには提案文のクオリティが大切です。

Webライターの提案文とは

仕事へ応募するときに送るメッセージのこと。
自分の実績や応募動機などを記入する。

 

相手は提案文を見てその人を採用するかどうか決めるので、提案文を適当に書いていると永遠に採用されません。

逆にしっかりと提案文さえ書いておけば初心者でも採用されますよ。

 

コツ3.単価交渉のやり方を覚える

Webライターは単価がなかなか上がらないので、こちらから単価交渉することが大切です。

上手に単価交渉すると1文字当たりの単価が上がり、より稼ぎやすくなります。

 

ただ、単価交渉文を送るのはコツが必要です。

いきなり仕事相手に「単価を上げてくれ」といっても高確率で失敗します。

単価交渉はWebライターで稼ぐにあたって必須のスキルなので覚えておいて損しませんよ!
さっこー

 

コツ4.ライティングツールを使う

ライティングツール

Webライターはライティングツールを使って執筆するのがおすすめです。

ツールを使うことで経験不足をカバーしてくれます。

 

ライティングツールにはさまざまなタイプがありますが、中でも日本語校正ツールがおすすめです。

日本語校正ツールでは誤字脱字や重複表現などのミスを指摘してくれます。

高性能なツールになると、文章の読みやすさもチェックしてくれるので記事の質が上がりやすいです。

 

日本語校正ツールを使うだけで記事の質が上がって、クライアントからの評価も上がります。

ツールは初心者でも使えるので、ライティングのお供に加えると良いでしょう。

 

コツ5.スクールを受講してライティングスキルを覚える

最速で稼げるようになりたい場合は、オンラインスクールを受講するのがおすすめです。

オンラインスクールの中には、Webライターのノウハウを教えてくれるタイプもたくさんあります。

 

Webライターの勉強は本やネットでもできますが、以下の理由からスクールを利用するのがおすすめです。

オンラインスクールで学ぶべき理由
  • その業界で成功したプロのノウハウを学べる
  • 質問サポートや添削サポートが付いていることも多い
  • スクールによっては卒業特典も用意されている

 

スクールの場合はネットと違って正しい知識を学べるのが大きなメリットです。

ネットには怪しい情報もあふれていますが、初心者だと見極めが難しいでしょう。

 

一方でスクールは実績のあるプロがノウハウを公開しているので、情報にウソが紛れていません。

そのうえ質問サポートで不明点を即解決できます。

正しい知識だけを習得できるので、最速でWebライターのノウハウが身に付くということです。

 

「Webライターでいち早く稼げるようになりたい」

「Webライターのきつい現実にぶち当たっている」という人はライティングスクールで学びましょう。

 

Webライティングの勉強はWritingHacksがおすすめ

ライティングハックス

WritingHacks(ライティングハックス)稼げるWebライターになることを目的としたスクールです。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスで学べる内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

講師陣の実績も優秀で、一流のライティングスキルを学べます。

沖ケイタ

沖ケイタ

原千明

原千明

辻川倖平(ワカジツ)

辻川倖平(ワカジツ)

 

「本当に稼げるWebライティングスキルを覚えたい」

「Webライターで独立して自由な生き方をしたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

まとめ.Webライターは甘くない世界だけどスキルを覚えれば稼げるのが現実

Webライターは初心者でもスキルを覚えれば稼げる

Webライターの現実について、業界の闇と光を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターは経験やスキルがないと稼げないのが現実
  • スキルを身に付けて実績をためていけば稼げるようになる
  • スキルを学んで執筆に慣れるのが成功するための最短ルート
  • ライティングスキルの勉強はスクールを利用するのが効率的

 

Webライターは実力主義の世界なので、経験やスキルのない初心者だと稼ぎづらいです。

時給500円以下になるのは当たり前で、決して稼ぎやすい業界ではありません。

 

ただ、スキルさえ身に付けてしまえば稼げるのも事実です。

安定して月収20万円以上稼ぐことも現実的なので、フリーランスとして独立も目指せます。

 

稼ぐためのスキルを最速で覚えるなら、ライティングスクールがおすすめです。

スクールだと実績のあるプロ講師のノウハウを学べ、手厚いサポートも受けられるので効率的に知識を吸収できます。

勉強したあとは執筆経験を重ねていけば、月収20万円コースも見えてきますよ!

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-Webライター