Webライター

Webライターはゴミと酷評される4つの理由や最速で現状を変えるマル秘術を暴露

Webライターはゴミと酷評される4つの理由
・「Webライターはゴミ」って聞いたけど、なんでそんなこと言われているの?
・どんな人がゴミライターって呼ばれているの?
・ゴミライターって呼ばれないためには何をすれば良いの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターは気軽にできる仕事なのでバカにされやすい
  • 実際にスキルやマナーがあるライターは限られる
  • ゴミライターと酷評されないためにもプロ意識とスキルを持つことが重要
  • スキルの習得はスクールで勉強するのがおすすめ

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターがゴミ扱いされるのって何が原因なの?」とお悩みの方へ。

「Webライター=ゴミ」といううわさは、Webライターを目指す・すでに働いている人にとっては聞き逃せませんよね?

 

しかし残念ながらWebライターがゴミというのは、ある意味事実です。

それほどに価値のあるWebライターは減ってきています。

 

この記事では、Webライターがゴミと酷評される3つの理由やゴミライターに共通する7つのポイントを解説していきます。

ゴミライターを最速で脱する方法も取り上げているので、役立たずと言われる前にしっかりと目を通してくださいね。

最後まで読んでいただくと、クライアントから求められる上質なライターになる方法もわかりますよ!
さっこー

 

 

目次

「Webライターはゴミ」と酷評される理由は4つある

ゴミと化したタブレット

以下のことからWebライターはたびたびゴミ扱いされます。

Webライターがゴミと酷評される理由

  • Webライターはだれでもできると思われている
  • Webライター全体の質が低い
  • まとめ記事しか書けない人が多い
  • ネット記事にデマが蔓延している

 

この事実を見る限り、Webライターが無能と言われるのも仕方ないでしょう。

続いて4つの理由を深掘りしていきますね。

 

理由1.Webライターはだれでもできると思われている

Webライターは参入レベルが低いので、何かとバカにされやすい仕事です。

そもそもWebライターとして活動を始めるなら、以下のスキルがあれば問題ありません。

Webライターを始めるのに必要なスキル
  • パソコンで文字を打つスキル
  • パソコンでネット検索するスキル
  • Wordやグーグルドキュメントの基礎知識

 

パソコンの基礎的な操作スキルがあれば、Webライターを始められます。

その手軽さから、ネットで「おすすめの副業はWebライター」と取り上げられることも多いです。

 

簡単に始められることは決して悪くありません。

むしろだれにでも稼げるチャンスがあるのは、多くの人に希望を与えるでしょう。

しかし、Webライターはだれでもできると思われがちなので、業界のイメージが下がっています。

 

理由2.Webライター全体の質が低い

Webライターは低品質

Webライターは比較的だれでもできる仕事なので、それに伴ってライター全体の質が低いです。

実際に、多くのクライアントが以下のようにコメントしている光景を見かけます。

webライターはゴミです。
アイサツできない。
礼儀がない。
適当な情報の垂れ流し。
もちろんいいひともいるのですが。 最近会った人がそんな人だった。

引用:Twitter

 

このように酷評する人が多いので、自然と「Webライター=ゴミ」という悪いイメージが定着したのでしょう。

 

Webライターはスキルなしでも簡単に始められますが、稼ごうと思ったらそれ相応のスキルや社会人マナーが必要です。

Webライター業界の真相を理解していない人も多いので、依頼人からすると「またゴミライターとマッチングした」とうんざりしてしまいます。

ゴミライターとバカにされないためにも、最低限社会人としてのマナーは心がけておきたいですね。
さっこー

 

理由3.まとめ記事しか書けない人が多い

価値のないWebライターは基本的にまとめ記事しか書けません。

まとめ記事とは

ネット上の情報をまとめただけの記事。
自分の主張や体験談などのオリジナル要素が含まれない。

 

まとめ記事はネットでリサーチした情報を書き写したような記事です。

既存の記事をまとめ直しただけなので価値がありません。

 

しかし、記事の書き方を知らないライターも多いので無価値な記事を量産してしまいます。

結果的にWebライターの価値も下がっているというわけです。

まとめ記事もれっきとした記事ですが、稼ぐという面では優れていないので気を付けましょう。
さっこー

 

理由4.ネット記事にデマが蔓延している

ネット記事はデマが多い

紹介してきたように、Webライターはレベルが全体的に低い傾向があるので、実力が不足して正確なことが書かれている記事が減ってきています。

 

よくネット検索する人なら「このサイトとほかのサイトで言っていることが違う」と感じたことありませんか?

記事によって書かれている内容に違いがあるのも、レベルが低いWebライターが蔓延したことが一因です。

 

Webライターの質が改善されない限り、今後もデマ記事は増えてしまうでしょう。

これ以上ライター業界の評判を落とさないためにも、ライティングするときは正確性を意識しましょうね。
さっこー

 

ゴミWebライターに共通する残念な7つのポイント

ゴミライターに飽きれる女性

ゴミライターを量産している昨今のWebライター業界ですが、中でも以下のポイントに当てはまる人は無能扱いされやすいです。

ゴミライターに共通すること

  • 責任感を持って仕事していない
  • 仕事がつらいとバックレる
  • 「やってみよう」というマインドがない
  • 読みやすい文章を書けない
  • 読者目線を意識せずに書いている
  • SEOについて理解がない
  • リサーチを適当に済ませている

 

これからWebライターとして働きたい・すでに働いている人で、上記に当てはまる場合は今すぐ改善しましょう。

問題を解決しない限り、その先に明るい未来はやってきません。

では7つの共通点の何がやばいのか具体的に紹介していきますね。

 

共通点1.責任感を持って仕事していない

特にWebライターを気軽に始める人に共通するのが「ただのお金目当てで作業していること」です。

 

Webライターはお金を稼げる仕事なので、お金目当てで働くのも間違いではありません。

私もお金目当てでWebライターをしています。

 

ただ、稼げないライターに共通するのが著しくプロ意識に欠けているところです。

たとえば以下の特徴に当てはまる人は、ともてプロ意識があるとは言えません。

プロ意識に欠ける行動
  • 連絡が遅れる(返信から1日以上経過してから返す)
  • クライアントに友達感覚で接する
  • やり取りでため口や絵文字を使う
  • 納期を平気でスルーする
  • 自分のことしか考えていない
  • 疑問点を自分で解決しようとする

 

正直、社会人であればどれも当たり前のことです。

社会に出て働いている人なら、すべてクリアしているでしょう。

 

しかし、Webライターは気軽にできることから仕事意識が薄れてしまいます。

結果的にマナーのない行動を取ってしまい、ゴミ扱いされるというわけです。

Webライターは仕事なので、しっかりとそのことを意識して活動するのが、ゴミライターを脱する一歩目ですよ!
さっこー

 

共通点2.仕事がつらいとバックレる

仕事をバックレる

初心者Webライターに多いのが「仕事を完遂せずに途中でバックレること」です。

 

初心者は圧倒的にスキルや実践経験が足りていないので、いざ仕事を受けてみると「思った仕事内容と違った」ということも珍しくありません。

 

仕事内容の相違があるのは仕方ない部分でもあります。

クライアントの中には契約してから仕事内容を明かすことも多いので、ミスマッチが起きる可能性は高いです。

 

ただ、ゴミライターと呼ばれる人はできないと思った瞬間にバックレます。

バックレるとクライアントが困るのは容易に想像できますよね?

人によっては「あのライターは本当にクソだ」と激怒することもあるでしょう。

 

もし仕事を引き受けて自分にできないと思った場合は、謝罪してできないことを伝えなければいけません。

早めにできないことを伝えておけば、クライアントもスムーズに受け入れてくれます。

中には辞退しただけで怒る依頼人もいますが、その場合はクライアントが悪いので気にする必要はありません。

 

こちらですべきことはしっかりと辞退を伝えることです。

怒られそうと思ってバックレると、余計に相手の機嫌を損ねるので注意ですよ!
さっこー

 

共通点3.「やってみよう」というマインドがない

Webライターを甘く見ている人に多いのが気持ちの問題です。

 

知識なしからWebライターを始めると何かと壁にぶちあたります。

初心者ライターがぶつかる壁
  • 記事の書き方がわからない
  • スキルが足りていなくて働けない
  • 依頼人とのやり取りが難しい

初心者は知識や経験が不足しているので問題にぶち当たるのは仕方ありません。

 

しかし、わからなくなった段階で問題を解決しようという気持ちがない人はゴミ同然です。

成長できるのにやろうとしない人がゴミ扱いされるのも当然ですよね?

クライアントからバカにされないためにも「成長して稼げるようになりたい」という気持ちは必要ですよ。
さっこー

 

共通点4.読みやすい文章を書けない

読みづらい記事を見て頭をかしげる

ゴミライターはマインドや社会人マナー以外に、スキルの面でも劣ります。

Webライターは記事を書くことが仕事ですが、より正確に言うなら「読者がわかる文章を書くこと」が仕事です。

 

そもそもWebライターが執筆する記事は読者がいて機能します。

読者が記事を読んで、そこから何かアクションを起こすのが理想的なゴールです。

 

しかし、記事がわかりづらく書かれていると読者は一瞬で離れます。

今や情報はあふれるほどあるので、何もひとつの記事にこだわる必要はありません。

読者をがっちりつかむためにも、Webライターは読者にわかりやすく書く必要があります。

 

読者に伝える能力が不足していると、無能ライターになり下がるので気を付けましょう。

 

共通点5.読者目線を意識せずに書いている

Webライターはわかりやすく文章を書くこと以外に、読者の満足度を満たすことが大切です。

 

多くの読者は何か疑問を持って記事を読みにきます。

記事の内容に共感し、そこで行動を起こして収益につながる仕組みです。

 

しかし、以下のような自己満足感の強い記事はほとんど読まれません。

読者目線で書いていない記事の特徴
  • 悩みを解決する方法が書かれていない
  • 日記のように書かれている
  • 芸能人ブログみたいに書かれている

 

日記や芸能人ブログはファンだからこそ面白いものです。

だれが書いたかわからない日記を見ても、読者は「だから何だ」くらいにしか思いません。

 

読者目線に立っていない記事は基本的に役立たないので、クライアントからしても不要な存在です。

自分よがりの文章は依頼人から嫌われるので気を付けましょう。

難しいことを言っているようですが、実はそこまで大した技術ではありません。
勉強すればマスターできるので安心してくださいね。
さっこー

 

共通点6.SEOについて理解がない

SEOって何?

ゴミライターはSEOのスキルもありません。

SEOとは

検索エンジン最適化のこと。
わかりやすくいうと、記事を検索上位に上げるための施策。

 

Webライターにおける大きな価値のひとつが「検索上位に上げるスキルがあるかどうか」です。

検索上位のイメージ
  1. 特定のキーワードで検索
  2. 検索1ページ目の1~3番目に表示される

検索上位のイメージ

 

検索上位に上がるとアクセス数が増えて、アクセスが増えると収益も発生しやすくなります。

言い換えると「検索上位の記事=稼げる記事」です。

 

検索上位に上げるスキルのひとつがSEOです。

SEOを記事内に盛り込むと検索順位が上がって、クライアントが喜ぶ稼げる記事が完成します。

逆にSEOを知らない人は、Webライター業界であまり役に立ちません。

WebライターにとってSEOは避けて通れない道なので、しっかりとマスターしましょう。
さっこー

 

共通点7.リサーチを適当に済ませている

ネット記事を書く前に、テーマの記事についてリサーチするのが基本ですが、ゴミライターはリサーチのレベルも高くありません。

たとえば以下の特徴はリサーチレベルが低い証拠です。

リサーチレベルが低い人の特徴
  • よく調べずに執筆を開始する
  • 一次情報を抜き出せない
  • 情報の真偽を公式サイトで確かめない

 

リサーチできない人はウソの情報を書く可能性があるのでクライアントから嫌われます。

デマが書かれている記事はサイト全体の信頼性を損なうので、依頼人としては当然の気持ちでしょう。

 

リサーチは記事を書くための重要な下準備です。

情報収集を軽んじると記事の質も下がるので気を付けましょう。

 

ゴミWebライターになる3つのデメリット

ゴミライターのデメリット

ゴミライターはプロ意識とスキルが足りていない人のことですが、そのまま変わろうとしない人は以下のデメリットがあります。

ゴミライターになるデメリット

  • 仕事相手から怒られる
  • 単価が上がらない
  • 働く自信をなくす

 

無能なWebライターは稼げないだけでなく、精神的なダメージも生じます。

かなりつらい状態に陥るので、一刻も早く脱することが大切ですよ!

 

ではゴミライターにどのようなデメリットがあるのか具体的に紹介していきますね。

 

デメリット1.仕事相手から怒られる

プロ意識に欠けるゴミライターは、仕事をしている最中に怒られる可能性が高いです。

 

クライアントとしては信頼して仕事を任せています。

それなのに連絡が遅かったり、バックレられたりすると怒るのは当然です。

 

依頼人から怒られると精神的につらいだけでなく、Webライターとしての評価も下がります。

仕事面と精神面の両方において大きなデメリットになるので、最低限マナーは心得ておきましょう。

 

デメリット2.単価が上がらない

単価に変化なし

スキルを習得しないと、いつまでたっても単価が上がりません。

Webライターは実力主義の世界なので、無能な人はずっと安い報酬で働くことになります。

もちろんスキルを身に付ければ単価も上げられますが、成長しないゴミライターは収入アップも見込めません。

 

ずっと安い報酬で働くとモチベーションも下がってきます。

結果的にWebライターを挫折する可能性も高いので、Webライターをやるからにはスキルを積極的に学んでいきましょう。

 

デメリット3.働く自信をなくす

Webライターの仕事中に怒られて、単価も上がらないと働く自信を失ってきます。

場合によっては日常生活にも影響を及ぼすでしょう。

ゴミライターはかなり追いつめられるので、自信を喪失する前にいち早く脱却しましょう。
さっこー

 

ゴミWebライターを最速で脱するためにすべき3つのこと

Webライターのレベルアップ法

ゴミライターになると何のメリットもないので、以下のことを実践してすぐさま稼げるWebライターになりましょう。

ゴミライターを脱する方法

  • プロ意識を持って作業する
  • ライティングして執筆に慣れる
  • SEOやライティングスキルを学ぶ

 

上記のポイントをおさえるだけで、Webライター未経験者でもゴミライターは脱却できます。

逆にやらない人はそのまま終わる可能性が高いので気を付けましょう。

ではWebライターとして成長する3つの方法を具体的に解説していきますね。

 

方法1.プロ意識を持って作業する

Webライター初心者でも、仕事という意識をしっかりと持つだけでゴミライターを卒業できます。

 

ゴミライターと呼ばれる多くの人がプロ意識を持っていません。

依頼人は仕事のつもりで依頼しているのに、受注者が遊びやただの仕事目的だとミスマッチが生じます。

意識に違いが発生しているので、適当な対応をしていると怒られるのは当然の結果です。

 

脱ゴミライターの第一歩として、まずは以下の意識を持ちましょう。

Webライターが持つべきプロ意識
  • 返信は原則24時間以内を心がける
  • 納期までに記事を提出する
  • 納期に遅れそうな場合は一言伝える
  • 相手の要望にはできるだけ早く応じる
  • わからないことがあったらすぐ質問する
  • メッセージは丁寧さを意識する
  • 絵文字や話し言葉を使わない
  • 「ありがとう」と「申し訳ございません」をしっかりと伝える
上記を問題なくできるようになれば、意識の問題でゴミライターとバカにされることもありませんよ!
さっこー

 

方法2.ライティングして執筆に慣れる

ライティングに没頭

ゴミライターは基本的にライティングの経験が足りていません。

特に初心者はライティングしたことないので経験が不足しやすいです。

 

正直、初心者や未経験者がスキル不足なのは仕方ありません。

最初からライティングできる人の方が珍しいです。

 

大切なのは成長するために作業することです。

素人でも執筆を重ねるとライティングレベルが上がってきます。

 

初心者は執筆するだけでも大変ですが、理想を言うなら毎日作業した方が良いです。

作業量は多いほど良いですが、最初からバリバリ働くと挫折します。

Webライターで挫折しないためにも、以下の流れで目標を立てましょう。

順番 目標の定め方 目標の例
1 最終的な大きいゴールを設定する Webライターで月収20万円稼げるようになる
2 確実にこなせる目標を立てる 毎日1,000文字執筆する
3 小さな目標をクリアしたら
ワンランク上の目標を立てる
毎日3,000文字執筆する
4 小さな目標を立てながら最終目標へ向かう 月収5万円→10万円→20万円と収入を伸ばしていく

 

小さな目標を定めてひとつずつこなしていけば、ゆくゆくはゴールを達成できます。

目標が小さいとクリアしやすく、達成感を味わえてモチベーションも上がるのでおすすめですよ!
さっこー

 

方法3.SEOやライティングスキルを学ぶ

ゴミライターを脱却するためには、日々の執筆とは別でライティングスキルを身に付ける必要があります。

 

Webライターはスキルがないと稼げません。

作業だけしていても効率的にスキルは身に付かないので、稼げるようになるまで時間がかかります。

最短で価値のあるライターになりたい場合は、知識を身に付けながら作業するのが効率的です。
さっこー

 

バカにされないライティングスキルを勉強する方法

Webライターの勉強

初心者がライティングスキルを勉強するのにおすすめなのが以下の勉強法です。

ライティングスキルを学ぶ方法

  • 専門書で勉強する
  • ライタースクールで勉強する

 

ひとりでも勉強できるなら本、プロによるサポートがほしいならスクールを利用しましょう。

本とスクール以外にネットで勉強する方法もありますが、初心者にはおすすめしません。

 

ネットには間違った情報があるので、正確な情報をキャッチしづらいです。

知識のない初心者は、ウソの情報だと気づかずに覚えてしまいます。

間違った情報を覚えると余計に上達が遅れるので、正しい情報をゲットできる本かスクールがおすすめです。

 

続いて、本とスクールで勉強する場合のメリット・デメリットを紹介していきますね。

 

勉強法1.専門書で勉強する

スキルの勉強法として便利なのが専門書です。

本ならそこまで高価ではないので、コスパよく稼げる技術を習得できます。

 

専門書で勉強するメリット・デメリットは以下の通りです。

本で勉強するメリット
  • 数千円でプロのスキルを学べる
  • 初歩的なことから上級者レベルまで幅広く学べる
本で勉強するデメリット
  • わからないところをだれにも質問できない
  • 購入しただけで達成感が出てしまう

 

専門書は何と言ってもその値段の安さが魅力です。

稼げるライティング術を記している本でも、数千円で販売されています。

お財布にやさしく、勉強もしやすいので気軽に勉強したい場合にぴったりです。

 

しかし、専門書だとわからないところが出てくると対応できません。

聞く相手がいないので自分で調べる必要があります。

調べ方を間違えると誤った情報を覚えてしまうので注意が必要です。

 

とはいえコスパの良さでは群を抜いているので、まずはライティング本で勉強するのもおすすめですよ!

 

勉強法2.ライタースクールで勉強する

スクールを受講

最近ではオンラインでライティングスキルを勉強することもできます。

スクールでは主に以下のことを一括で勉強できます。

ライタースクールで学べること
  • ライティングスキル
  • SEO
  • 記事の書き方
  • 仕事の取り方
  • 単価交渉のやり方

 

スクールによって学習内容は異なりますが、稼ぐWebライターに求められるものをひと通り学べます。

効率的にスキルを学べるスクールのメリット・デメリットが以下の通りです。

スクールで勉強するメリット
  • 成功者の技術を学べる
  • 何度でも質問できるサポートがある
  • プロの添削で飛躍的に成長できる
  • Webライターデビューまで支えてくれる
  • 独学よりモチベーションを保ちやすい
  • 高価なので「やらないともったいない」という精神状態になる
スクールで勉強するデメリット
  • 数万円するので手を出しづらい

 

スクールは値段が高いですが、プロによる質問サポートと添削サポートを受けられます(スクールによってないこともある)。

質問できるのでわからないところがあっても大丈夫です。

 

さらに、自分が執筆した記事をプロがチェックしてくれるので、自分のライティングを客観的に知れます。

プロの修正を自分のライティングに反映すれば、飛躍的にレベルアップすることも可能です。

 

「ゴミライターと呼ばれないWebライター人生を送りたい」

「最速で稼げるライターになって余裕のある日々を送りたい」という場合は、思い切ってスクールを利用するのがおすすめですよ。

 

ゴミライターから求められるWebライターに成長する方法

マストな存在へ

ゴミライターを脱するためにはスキルを学ぶのがおすすめですが、以下の方法も実践すればクライアントから求められるライターになれますよ!

求められるWebライターになる方法

  • 専門ジャンルを身に付ける
  • 仕事に活かせる資格を取得する
  • 最新のライティングスキルを勉強し続ける
  • 記事に体験談を盛り込んでオリジナリティを出す
  • ブログ運営して実績を出す

では5つの上達法を順番に解説していきますね。

 

上達法1.専門ジャンルを身に付ける

ガッツリ稼いでいるWebライターは、専門的に書けるジャンルを持っているものです。

専門ジャンルを持っていると以下のメリットがあります。

専門ジャンルを持つメリット
  • 通常より単価の高い仕事をゲットできる(1文字2円以上)
  • 「○○といえばこの人」というブランドを手に入れられる

 

専門ジャンルがあるとブランドが付くので、依頼人から「○○について書いてくれ」と声がかかりやすくなります。

相手から声をかけてもらえると、自分から仕事を探しに行く必要もありません。

そのうえ、1文字2円以上の単価で働けるので無双状態です。

これからWebライターを目指す人は、いろいろな記事を書くうえで自分の得意ジャンルを探していきましょう。
さっこー

 

上達法2.仕事に活かせる資格を取得する

資格

専門ジャンルを身に付ける以外に、資格を取るのもおすすめです。

資格があればそのジャンルについて詳しいことを示せます。

応募の際に資格を示すだけでライバルと差別化できるので、採用率もグンと上がります。

 

取得する資格は基本的に何でも良いです。

Webライターの仕事は無数にあるので、資格を持っていれば役に立つ日は来ます。

 

ちなみに専門ジャンル別に持っておくと良い資格は以下の通りです。

専門性を示す資格
  • 美容ライター:日本化粧品検定
  • 金融ライター:ファイナンシャルプランナー、日商簿記
  • 旅行系ライター:観光プランナー
  • ビジネスライター:中小企業診断士、キャリアカウンセラー
  • フードライター:調理師免許、野菜ソムリエ、食生活アドバイザー
  • 不動産ライター:宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士

 

上記の資格を持っていると専門性を示せるので、クライアントから求められるライターになれます。

また、専門的な資格に合わせてWebライターの資格を取得するのもおすすめです。

Webライターの資格
  • Webライティング技能検定
  • Webライティング能力検定
  • Webリテラシー試験
  • ビジネス著作権検定
  • 日本語検定
  • 文章読解・作成能力検定
資格は持っておくと仕事で必ず活かせるので、レベルアップを狙うなら取得しましょう。
さっこー

 

上達法3.最新のライティングスキルを勉強し続ける

効果的なWebライティングやSEOは年々変化していくものです。

以前まで使われたいたSEOが、現在では違反行為となっていることもあります。

 

古いスキルは仕事で活かせないので、常に新しい知識を覚えることが大切です。

ライティングスキルやSEOは一度覚えるとある程度通用しますが、情報をアップデートすることも大切なので積極的に勉強しましょう。

 

上達法4.記事に体験談を盛り込んでオリジナリティを出す

オリジナリティ

クライアントから感謝されるのが体験談を盛り込んだ記事です。

 

昨今のネット記事は、オリジナリティの高い記事が評価される傾向にあります。

オリジナリティを出すためには、自分の体験談を書くのがもっとも効果的です。

そのためクライアントからすると、自分だけの体験談を持つ人にはお金を出す価値があります。

 

体験談を記事に盛り込めるようになれば、ゴミライターと呼ばれることもないのでトライしてみましょう。

体験談は効果的ですが、嘘をつくと一瞬で信頼性が下がるのでNGですよ!
さっこー

 

上達法5.ブログ運営して実績を出す

実績をアピールするのにブログは効果的です。

仕事へ応募する際に自分が運営するブログを見せると、それだけでライバルと差別化できます。

 

中でも実績のあるブログを持っている場合は効果的です。

実績として認められるブログの成果
  • 特定キーワードで検索上位を獲得
  • 特定ジャンルについてブログで〇記事以上執筆
  • ブログの運営歴〇年
  • ブログの収益が〇円以上

 

特にブログで検索上位を複数獲得している人は強いです。

依頼人としては検索上位される記事を書いてほしいので、すでに何回も経験がある人は求められます。

ブログ運営は成功するとWebライター以上に稼げて、もうひとつの収入源にもなるのでおすすめですよ!
さっこー

 

まとめ.スキルを身に付けてゴミライターから脱しよう!

Webライターとして奮闘する女性

Webライターがゴミと呼ばれる理由や、ゴミライターに共通するポイントと対処法について紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターは気軽にできる仕事なのでバカにされやすい
  • 実際にスキルやマナーがあるライターは限られる
  • ゴミライターと酷評されないためにもプロ意識とスキルを持つことが重要
  • スキルの習得はスクールで勉強するのがおすすめ

 

Webライターはパソコンの操作スキルがあれば始められる仕事なので、何かと小バカにされます。

実際に仕事という意識やスキルを持っていない人も多いので、あながち「Webライター=ゴミ」という意見は間違っていません。

 

しかし、スキルとプロ意識を持てばゴミライターは卒業できます。

ゴミライターは稼げないだけでなく、クライアントに怒られるリスクもあるので非常につらいです。

 

ゴミライターを即刻脱するためにもスキルを身に付けましょう。

スキルさえ身に付ければ罵倒されることもなく、逆にクライアントから求められる存在になれますよ!

 

スポンサーリンク

-Webライター