Webライター

Webライターは40代や50代の未経験者でも稼げる!年齢は気にする必要なし

Webライターは年齢に関係なく40代や50代でも稼げる
・もう40~50代だけど今からでもWebライターは始められるの?
・Webライターの経験が一切ない40~50代でも稼げるの?
・40~50代でも若い人に負けないくらいWebライターで稼ぎたい!

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

本記事の要点

  • Webライターは実力主義なので年齢は関係ない
  • むしろ40代や50代は人生経験が豊富だから有利
  • 40~50代がWebライターで成功するには正しい知識を覚えることが大切
  • 知識の習得はプロのサポートを受けられるオンラインスクールがおすすめ

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「Webライターに挑戦してみたいけど、やっぱり40代や50代だと手遅れなのかな?」とお悩みの方へ。

Webライターは気軽に始められる仕事として紹介されますが、年齢を重ねた40~50代でもできるのか気になりますよね?

結論を言うと、Webライターは年齢が関係ないので40代や50代でも稼げます。

 

この記事では、Webライターが年齢に関係なく稼げる理由や、40~50代の未経験者がWebライターで稼ぐコツを紹介しています。

最後まで読んでいただくと、40~50代が無駄なくWebライターを始める方法もわかりますよ!
さっこー

 

目次

Webライターが40代や50代でも稼げる5つの理由

Webライターは年齢関係なく稼げる

Webライターが年齢に関係なく稼げる理由がこちらです。

Webライターに年齢が関係ない理由

  • Webライターは実力さえあれば稼げる
  • 作業が比較的シンプル
  • 特別な資格が必要ない
  • 40~50年で培った知識が活かせる
  • 体力的な負荷がかかりづらい

続いて5つの理由を詳しく紹介していきますね。

 

理由1.Webライターは実力さえあれば稼げる

Webライターは実力主義の世界です。

知識や経験がある人が高単価案件を勝ち取り、ノウハウがない人は低単価案件に甘んじることになります。

実力がないと苦戦しますが、逆にスキルがあれば年齢は一切問いません。

 

たとえばWebライターとしての実績がある50代と、Webライター初心者の20代であれば圧倒的に50代の方が有利です。

Webライターはスキルさえ身に付けてしまえば稼げる世界なので、年齢は一切関係ありません。

Webライターのスキルも高校生が理解できるくらいやさしいものなので、未経験者も安心してくださいね。
さっこー

 

理由2.作業が比較的シンプル

Webライターは作業がシンプル

Webライターの作業は意外とシンプルです。

ライティングの流れ
  1. クライアントから記事のテーマをもらう
  2. テーマについてネットや本で調べる
  3. 調べた内容をもとに記事へまとめていく

クライアントから仕事内容を聞き、その情報を集めて執筆に反映するだけです。

 

ライターと聞くと取材するイメージがあるかもしれませんが、Webライターの場合は必ずしも取材が必要ではありません。

基本的にネットから情報を集めるだけなので専門的なスキルは不要です。

 

Webライターは新聞や小説を書くわけではないので、同じ執筆活動でもかなり難易度は低いと言えます。

普段からスマホやパソコンでリサーチしている人は余裕でできる仕事ですよ。
さっこー

 

理由3.特別な資格が必要ない

Webライターは特別な資格が求められない仕事です。

たしかに資格を持っていると経歴のところに書けるので有利に働きます。

特にパソコンスキルの資格を持っていると比較的有利です。

 

しかし、Webライターで稼いでいくにあたってスキルは必須ではありません。

実際に私はWebライターだけで月30万円以上を稼いでいますが、持っている資格といえば漢字検定くらいのものです。

ほぼ無資格に近い状態の私でも、安定してWebライターで生計を立てることができています。

 

40代や50代になってから新しく専門的なスキルを覚えるのは厳しいですが、Webライターならそんな心配は必要ありませんよ。

 

ちなみにWebライターをするにあたって持っておくと有利な資格がこちらです。

Webライターにおすすめの資格
  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • Webリテラシー試験
  • ビジネス著作権検定
  • 日本語検定
Webライターの資格に興味がある人は、上記のスキルを取るのがおすすめですよ!
さっこー

 

理由4.40~50年で培った知識が活かせる

経験を積み重ねる

40代・50代Webライターが若者に大きく勝る部分が人生における経験値です。

Webライターをしていると今までの経験が活きてくることも多々あります。

 

たとえば以下の経験がある人は、Webライターの際に有利です。

※左右にスクロール可能

経験・職歴 経歴を活かせる案件例
美容店員 美容関連のお悩み記事
美容商品のレビュー記事
銀行員 金融関連の記事
恋愛経験が豊富 恋愛のお悩み解決記事
マッチングアプリの紹介記事
ダイエット経験あり 効果的なダイエット法の紹介記事
ダイエット関連の商品レビュー
転職経験あり 転職時の注意点を紹介する記事
転職サイトの紹介記事

このようにWebライターでは今までの人生で培ってきたスキルが役立ちます。

 

40~50代は人生経験が豊富なので、さまざまな経験を積んできたでしょう。

経験の豊富さは20代の若者には出せないので、Webライターにおいてかなり有利です。

 

また、40~50代は社会人経験が豊富なので、十分なビジネスマナーがあると思ってもらえます。

Webライターはクライアントとメッセージでやり取りしなければいけません。

やり取りの際にビジネスマナーがなっていると、相手がストレスを感じないので採用率アップにつながります。

40~50代は社会人経験や人生経験が豊富なので、Webライターにおいてはそれだけで大きくリードできますよ。
さっこー

 

理由5.体力的な負荷がかかりづらい

Webライターは体力的に楽な仕事です。

 

Webライターの仕事といえば、基本的にパソコンの前で作業するだけで完結します。

力仕事もなければ、あえて立って作業することもありません。

 

40~50代ともなると体力が低下してきたり、病気のせいで自由に体を動かせなくなったりすることもあります。

体力が求められる仕事が厳しい人にとって、自宅で座って作業できるWebライターはありがたいですよね。

 

40代や50代がWebライターになるメリット

40代や50代がWebライターになるメリット

40~50代の人がWebライターになると以下のメリットがあります。

40~50代がWebライターになるメリット

  • スキマ時間で稼げる
  • 老後に備えられる
  • 脱サラも狙える
  • 自由が増える
  • 挑戦することによって感覚が刺激される

 

Webライターは年齢に関係なくメリットがある仕事なので、興味があるならトライしてみるのがおすすめです。

では5つのメリットを詳しく紹介していきますね。

 

メリット1.スキマ時間で稼げる

Webライターの大きな魅力はスキマ時間での作業に向いているところです。

たとえば以下のような少しの時間を使って作業できます。

スキマ時間の有効活用例
  • 通勤時間や会社の休憩時間を使ってスマホでリサーチ
  • 帰宅してからご飯前までライティング
  • 寝る前の10分でライティング
  • 朝に早起きして30分だけライティング

 

ちょっとした空き時間をライティングに当てられるので、自分の生活スタイルに取り込みやすいです。

無理して作業時間を確保することもなく、自分のペースで作業できるのは助かりますよね。
さっこー

 

メリット2.老後に備えられる

老後に備える

年齢を重ねてからWebライターを始める大きなメリットは「老後に備えられること」です。

 

現在の日本では、老後に生活していけるだけの年金をもらえるとは限りません。

かといって60代以降になっても現役でバリバリ働くのは厳しいですよね?

 

そんな老後の心配がある人にこそWebライターはおすすめです。

今のうちにWebライターとして稼げる土台を作っておくと以下のメリットがあります。

老後に備えてWebライターをするメリット
  • 老後の資金を貯められる
  • 老後にWebライターへ転身できる

 

今のうちにWebライターのスキルを身に付けておくと老後も安泰です。

「将来的に年金の受給額が足りなくて節約の毎日を送りたくない」という人は、40~50代の若いうちにスキルを覚えておきましょう。

 

メリット3.脱サラも狙える

Webライターで成功すると、そのまま会社を辞めることもできます。

 

Webライターは未経験から始めると単価が安いので「本当に脱サラできるほど稼げるのか」と思いますよね?

たしかに未経験だと最初は苦戦しますが、着実に実績を重ねると収入は伸ばせます。

 

実際に私は初月5,000円未満の状態から半年で月20万円、1年で月30万円を達成しました。

このように未経験からでも、Webライターで生計を立てることはできます。

「今の会社に不満があるけど今さら転職するのはリスクが高い」と感じる場合は、Webライターで一発逆転を狙いましょう。

 

メリット4.自由が増える

時間を自由に使う

Webライターは以下のような縛りがありません。

Webライターの自由度
  • 通勤時間がゼロ
  • 会社のルールに従う必要がない
  • 好きな時間に作業できる

 

Webライターはパソコンとネット環境があれば作業できる仕事です。

自宅はもちろん、カフェやコワーキングスペースなどさまざまな場所で作業できます。

中でも自宅で作業すると通勤時間がゼロになるので、日々の通勤が嫌になっている人にはぴったりです。

会社のしがらみから解放されたいという人には、Webライターが向いていますよ。
さっこー

 

メリット5.挑戦することによって感覚が刺激される

Webライターの経験がない人にとって、これからWebライターに挑戦するのは知らないことの連続です。

 

ずっと同じ仕事をしてきている人だと、会社の仕事に飽きてきますよね?

毎日似たような作業ばかりして、決してモチベーションは高くないはずです。

 

しかし、Webライターという未知のジャンルに踏み込むと、新しいことがどんどん出てきます。

知らないことに触れると脳が刺激されて若返ったような感覚がするでしょう。

 

そのうえ、Webライターとして働くと収入も入ります。

お金を稼げて感覚が刺激されると「今までの退屈な人生は何だったのか」と思えますよ!

 

「人生も半ばに来て退屈を感じている」

「10代や20代のような意欲にあふれた感覚を取り戻したい」という人はWebライターに挑戦する価値がありますよ!

 

40代や50代がWebライターを始める際の注意点

40代や50代がWebライターを始める際の注意点

Webライターは40~50代にもメリットが多い仕事ですが、注意点もあるので確認しておきましょう。

Webライターを始めるときの注意点

  • 最初は単価が安い中で働くことになる
  • パソコンスキルを覚える必要がある
  • 長時間作業すると目が疲れる
  • 運動不足によって体調を崩しやすい
  • 若い人から仕事を勝ち取る必要がある

では5つの注意点を順番に見ていきますね。

 

注意点1.最初は単価が安い中で働くことになる

Webライターは実力主義の世界なので、未経験者は低単価で働くことになります。

最初は思い通りにいかず、月1万円を稼ぐのも簡単ではありません。

 

思ったように稼げないと挫折したくなりますが、Webライターは継続することが大切です。

続けることでライティングに慣れて徐々に収入が上がってきます。

稼げるようになるとWebライターの面白さがわかってくるので、最初は我慢ですよ!
さっこー

 

注意点2.パソコンスキルを覚える必要がある

ITスキル

Webライターは以下のスキルが必要です。

Webライターで稼ぐために必要なスキル

持っておくべきスキル

  • パソコンを使ったリサーチ
  • タイピング
  • GoogleドキュメントやWordの操作
  • 構成づくり
  • タイトル決め
  • PREP法を用いた執筆
  • わかりやすい文章の書き方
  • SEO

あった方が良いスキル

  • WordPressの操作
  • 画像加工
  • コピーライティング
  • セールスライティング

 

Webライターはパソコンを使える状態であれば始められます。

しかし稼ごうと思ったら、ライティングスキルやSEOも学ばなければいけません。

「パソコンと聞くと拒絶反応が出る」という人には厳しいです。

 

ただ、Webライターの知識はそこまで複雑ではありません。

プログラミングやWebデザイナーと比べるとレベルは低いです。

「パソコンを触ると頭が痛くなる」という人以外は基本的に向いているので安心してください。

 

注意点3.長時間作業すると目が疲れる

ライティング中はずっとパソコンを見続ける必要があるので目が痛くなりやすいです。

特に年齢を重ねると目が弱ってくるので、長時間パソコンの画面を見続けるのは苦しいでしょう。

 

長時間の作業がつらい場合は適度に休憩を設けることが大切です。

適度に休みながら作業すれば目の負担を軽減できます。

 

休憩に合わせて、パソコンにブルーライトカットパネルを貼り付けるのもおすすめです。

ブルーライトカットすれば目の負担が軽減されます。

パソコンのブルーライトカットは「ブルーライトカットフィルム 保護フィルム」がおすすめです。

 

 

こちらの商品はブルーライトカット率が49%、紫外線カット率が99%を誇ります。

目に害のある光をカットする率が高いので、目が弱くなりやすい40~50代にはおすすめです。

 

注意点4.運動不足によって体調を崩しやすい

運動不足

Webライターは基本的に体を動かさないので、何もしないと運動不足になります。

運動不足はさまざまな悪影響が出るので注意が必要です。

運動不足による悪影響
  • 太りやすくなる
  • 生活習慣病にかかりやすくなる
  • なんとなく体がだるくなる
  • 病気を患いやすくなる

 

年齢を重ねると、運動不足によるデメリットの影響も大きいです。

Webライター業に熱中しすぎて、運動不足にならないよう気を付けておきましょう。

 

注意点5.若い人から仕事を勝ち取る必要がある

Webライターはひとつの案件にたくさんの人が集まります。

美容記事の案件

 

こちらはクラウドワークスで募集されていた案件ですが、1人の枠に32人も応募しています。

応募者の中には実績がある人もいれば、20代の若者もいます。

ライバルたちがひしめく中から契約を勝ち取らないと稼げません。

 

40~50代の未経験者だと不利に感じるかもしれませんが、経験の豊富さをアピールすれば年齢に関係なく採用されます。

むしろ年齢を重ねている分知識が豊富なので、自分が持つ知識を提案の際にアピールすれば若者にも勝てますよ。

 

40代や50代がWebライターで成功を収めるコツ

Webライターが成功するコツ

これからWebライターを始める40~50代が成功するためには以下のポイントをおさえておきましょう。

40~50代がWebライターで成功するコツ

  • 年下の言うことを素直に受け入れる
  • 得意ジャンルに絞って仕事を受ける
  • できる仕事から始めて自信を付ける
  • 正しいライティングスキルを勉強する
  • ライターツールを導入して負担を減らす

 

上記のコツをおさえると年齢に関係なく成功を収められます。

では5つの稼ぐコツを紹介していきますね。

 

コツ1.年下の言うことを素直に受け入れる

40~50代がWebライターを始めると、クライアントが年下になることも多いです。

年下からものを教わる場合、プライドの高い人なら抵抗を感じるでしょう。

 

しかし、年下でもWebライターとしての経歴は先輩です。

自分より優れた人物の言うことは聞いておいて損しません。

今さら年下の指示に従うのは厳しいかもしれませんが、自分が成長するためにしっかりと受け入れましょう。

 

コツ2.得意ジャンルに絞って仕事を受ける

長所を生かす

Webライターはさまざまな案件が募集されていますが、40~50代なら得意ジャンルで勝負するのがおすすめです。

得意ジャンルの案件を受注すると以下のメリットがあります。

得意分野の仕事を受けるメリット
  • リサーチの時間が減る
  • ライバルと差別化できる
  • 文字単価が上がりやすい
  • 効率的に稼げる
  • 「この人ならこのジャンル」という肩書きが手に入る

 

得意ジャンルがあるだけでかなり稼ぎやすくなります。

しかも40~50代だと得意ジャンルの濃度も濃いので有利になりやすいです。

案件を探す際は少しでも自分の経験が活かせるジャンルで探すようにしましょう。

 

コツ3.できる仕事から始めて自信を付ける

Webライター未経験者はできることから始めるのがおすすめです。

 

ひと言にWebライターの仕事といっても、作業は多岐に渡ります。

Webライターの主な仕事内容
  • 執筆
  • タイトル決め
  • 構成づくり
  • 画像挿入
  • 装飾
  • WordPressを使った入稿

 

初心者からすると何のことかわかりませんよね?

ずっとわからないことにばかり取り組んでいると脳が疲れてきます。

 

初心者が一度でも挫折すると継続が困難になるので、まずはできることからトライしていきましょう。

勉強とライティングを繰り返しながら、少しずつできることを増やしていくのがおすすめのやり方です。

 

コツ4.正しいライティングスキルを勉強する

スキルアップする

一刻も早くWebライターで成果を出したいなら、正しい知識の習得は必須です。

間違った知識を覚えるとなかなか成長が見込めません。

 

しかし、今やWebライターの情報はたくさんあり、初心者からすると何が正しいのかわからないでしょう。

特にネットの情報は、サイトによって言っていることが異なるので判断しづらいです。

 

初心者が正しいライティングスキルを身に付けるならライティングスクールが適しています。

スクールではライティングのノウハウを学ぶことができ、以下のメリットもあります。

スクールのメリット
  • 成功者の技術を学べる
  • 何度でも質問できるサポートもある
  • プロの添削で飛躍的に成長できる
  • Webライターデビューまで支えてくれる
  • 独学よりモチベーションを保ちやすい

 

スクールはプロからのサポートを受けられるのが大きいです。

仮にわからないところが出てきても、プロに尋ねれば正しい知識を教えてもらえます。

 

「本業があるから勉強時間があまり取れない」

「ネット知識に疎いからわかりやすく教えてほしい」という人は、スクールで学ぶのがおすすめですよ!

 

コツ5.ライターツールを導入して負担を減らす

世の中にはライターの負担を減らしてくれるツールが存在します。

ツールを使うと執筆時間の削減につながり、記事の質も上がるので導入した方が良いです。

 

中でも日本語校正ツールは優れたライターツールです。

日本語校正ツールとは

正しい日本語の書き方を指摘してくれるツール。
誤字脱字や言葉の誤用、重複表現などをチェックしてくれる。

 

日本語校正ツールを使うと見落としがちなミスを指摘してくれます。

年齢を重ねると集中力が切れやすく、些細なミスも見逃してしまうものです。

ミスが多いとクライアントからの印象も悪くなりますが、日本語校正ツールを使えばリスクを軽減できます。

 

「自分のチェックだけでミスを探し出せる自信がない」という人はツールを利用してみてください。

 

【40代や50代向け】Webライターの始め方

Webライターの始め方

40~50代向けのWebライターを始める方法がこちらです。

Webライターの始め方

  • 1.ライティングできる環境を整える
  • 2.ライティングスキルを学ぶ
  • 3.クラウドソーシングに登録する
  • 4.タスク案件で作業に慣れる
  • 5.プロジェクト案件に挑戦する

では具体的な流れを紹介していきますね。

 

ステップ1.ライティングできる環境を整える

まずはWebライティングできる環境を作りましょう。

ライティングはパソコンとネット環境さえあれば始められます。

一応スマホでも作業できますが、効率が悪いのであまりおすすめしません。

 

もしWebライター用に新規でパソコンを用意したい場合は「Webライターにおすすめのパソコン5選や周辺機器を現役ライターが解説」を参考にしてくださいね。

 

ステップ2.ライティングスキルを学ぶ

ライティングスキルを勉強する

ライティングできる環境が整ったら、軽くWebライターの勉強を始めましょう。

最初から勉強すると好スタートを切りやすいのでおすすめです。

 

ステップ3.クラウドソーシングに登録する

ライティングの勉強を始めるのと同時に、クラウドソーシングにも登録しておきましょう。

クラウドソーシングにはWebライター案件がたくさん掲載されています。

 

クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、Webライターならクラウドワークスが特におすすめです。

クラウドワークにはWebライターの案件が常時2,000件以上あります。

低単価案件から高単価案件まで取り扱っているので、ステップアップしやすいのもポイントです。

\案件数が常時2,000件以上/

クラウドワークス公式サイト

 

ステップ4.タスク案件で作業に慣れる

タスク案件

クラウドソーシングに登録したら、タスク案件から試してみましょう。

タスク案件とは

依頼人と契約を結ばずに働く仕事の形態。
今すぐ働けるが、報酬が激安なのでほぼ稼げない。

 

タスク案件は気軽に挑戦できるので、まずはタスクで経験を積むのがおすすめです。

ただ、タスク案件は報酬が安いので、ライティングに慣れ次第プロジェクト案件に移行しましょう。

 

ステップ5.プロジェクト案件に挑戦する

プロジェクト案件とは

依頼人と契約を結んで働く仕事形態。
クライアントに採用される必要があるが、タスクより報酬が高い。

 

プロジェクト案件を受けられるようになると、Webライターとして安定して稼ぐこともできます。

ただ、プロジェクト案件を勝ち取るためには、提案文とテストライティングを合格しなければいけません。

初心者だとなかなか採用されづらいですが、コツを知っておけば40~50代の未経験者でも採用されますよ。
さっこー

 

プロジェクト案件に合格すると継続案件をもらえます。

継続案件があると安定して稼げるので、無理のない範囲で継続案件の受注数を増やしていきましょう。

 

まとめ.年齢を理由にするのではなく気持ちを優先させよう!

Webライターをやってみよう

Webライターが年齢に関係なく稼げる理由や、40~50代がWebライターで稼ぐコツについて紹介してきました。

本記事のまとめ

  • Webライターは実力主義なので年齢は関係ない
  • むしろ40代や50代は人生経験が豊富だから有利
  • 40~50代がWebライターで成功するには正しい知識を覚えることが大切
  • 知識の習得はプロのサポートを受けられるスクールがおすすめ

 

Webライターはスキルがあれば稼げる世界なので、年齢を気にする必要は一切ありません。

そのうえ、Webライター業務の中には経験を活かせる案件も多いです。

40~50年の経験が活きるので、上手に活用すると大きく稼ぐこともできます。

 

ただ、Webライターで稼ぐためにはスキルを覚えなければいけません。

スキルの勉強法はさまざまなものがありますが、ライティングスクールを利用するのがおすすめです。

ライタースクールならオンラインでプロにサポートしてもらえるので、いち早く稼げるスキルが身に付きます。

 

Webライターと並行してブログ運営するのもおすすめ

ブログ運営

Webライターはスキルを身に付けると稼げる仕事ですが、以下のデメリットがあります。

Webライターのデメリット
  • 月収50万円以上稼ぐのは厳しい
  • 仕事相手がいないと働けない
  • 仕事相手に恵まれないと人間関係のストレスがたまる
  • なかなか単価が上がらない
  • 希望する仕事が見つからない

 

Webライターは相手が必要な仕事なので、何かとストレスがたまります。

そのうえ単価も上がりづらく、スキルがあるのに稼げないということも多いです。

 

そんなWebライターのデメリットを丸ごと解消してくれるのがブログ運営です。

ブログはひとりで運営できるので、クライアントの命令を聞く必要もなく、完全に自分のペースで作業できます。

 

さらにブログ運営は軌道に乗ると、不労所得で月収100万円以上稼ぐことも可能です。

不労所得とは

自分が働かなくても得られる所得のこと。
ブログ以外に株式投資やアパートの大家が該当する。

月収100万円も稼げば間違いなく人生が変わるでしょう。

 

「老後は自分の好きに生きたい」

「不労所得をゲットして安泰の日々を送りたい」という方は、今のうちにブログ運営して将来に備えましょう。

 

スポンサーリンク

-Webライター