クラウドワークス

クラウドワークスは単価が安い!激安ライターを卒業する4つのステップ

クラウドワークスは単価が安い
・クラウドワークスの単価が安い理由って何なの?
・どうすれば激安ライターを卒業できるの?
・稼ぐためのステップを知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の内容

  • クラウドワークスの単価が安い2つの理由
  • 実体験に基づく激安ライターを卒業する4つのステップ
  • クラウドワークス初心者は悪質案件に注意!

 

この記事の信頼性

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は2020年1月からクラウドワークスで仕事を開始して1年程度です。6か月で月収18万円を稼いで1年後には30万円を達成しました。

 

クラウドワークスは単価が安いことで有名ですが、そこには2つの理由が潜んでいます。

では、なぜ報酬が安いのか見ていきましょう。

私が初心者から月収20万円獲得した方法も紹介しているので参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと激安ライターを卒業するコツがわかりますよ!
さっこー

 

クラウドワークスの単価が安い理由

クラウドワークスの単価が安い理由とは?

クラウドワークスの単価が安いのには2つの理由があります。

単価が安い理由

  • 売り手市場になっている
  • 単価設定に明確な基準がない

 

この2つの理由からクラウドワークスの単価は安いのです。

おそらく今後、運営が単価の設定を改善しない限り、報酬が上がることはないでしょう。

では2つの理由を詳しく見ていきますね。

 

売り手市場だから案件数が限られる

クラウドワークスは売り手市場です。

売り手市場とは供給より需要の方が多いことを指します。

 

利用者の割合で見ると依頼人の方が少ないので案件数が限られています。

そのため、初心者は低単価の案件を受けるしかないのが現状です。

 

すでに利用している人はわかると思いますが、単価が安い案件に応募している人は多いです。

たとえば1文字0.1円の案件はハッキリ言えば悪心案件に当たります。

仮に2,000文字書いても、報酬は200円です。

 

でも、応募人数の場所を見ると一定数の人が応募しています。

これは初心者が単価の高い案件に応募しても採用してもらえないからです。

結果的に、初心者は低単価の案件を受けるしかありません。

 

さらに、仕事を取れない初心者を狙った依頼人が、それを利用して低単価の依頼をどんどん出すという悪循環が生まれています。

このようにクラウドワークスは売り手市場になっているせいで、初心者が稼げない状態になっているのです。

 

単価設定に明確な基準がない

単価が安いもう一つの理由は、単価設定に明確な基準がないからです。

基準がないから依頼人の好きなように設定できます。

その結果、1文字0.1円という悪質案件を提案しても何の問題にもなりません。

 

たとえばクラウドワークスの依頼を見ると、記事執筆だけの場合もあれば、画像選定や文字装飾を含む場合などさまざまです。

作業量で言えば、記事執筆だけの方が時間はかかりません。

 

しかし依頼内容を見ると、記事執筆だけで1文字1円以上の場合もあれば、画像選定や文字装飾を含んで1文字0.5円の案件もあります。

これは運営側が依頼者に明確な基準を設けていないからです。

 

「この作業がある場合は最低限1文字〇円以上設定すること」といった基準が設けられると、多少は現状が改善すると思います。

逆に言うと、運営が動かない限り改善されることはありません。

案件を選ぶときは仕事内容まで詳しく見ておきましょう。

 

【実体験】クラウドワークスで激安ライターを卒業する4つのステップ

激安ライターを卒業する4つのステップ

以下の手順でステップアップすると、激安案件しか受けられないライターから卒業できます。

ステップアップ法

  1. タスク案件でライティングに慣れる
  2. 低単価案件で実績をためる
  3. 1文字0.5円程度の案件に応募する
  4. 実績とスキルが身についたら高単価案件に挑戦する

 

この手順でやっていくと激安ライターを卒業できます。

実際に私もこの手順でやってきて、半年で月収役20万円を獲得しましたよ!

1か月目と6か月目の月収

 

 

では激安ライターから半年で月収約20万円を稼ぐ具体的なステップアップ法を見ていきますね。

 

タスク案件でライティングに慣れる

クラウドワークスのライティングにはタスクとプロジェクトがあります。

二つの違いを簡単に紹介すると以下の通りです。

仕事の種類仕事の特徴報酬
タスク人と契約せずに作業する激安
プロジェクト人と契約して作業する安いものもあれば高いものもある

タスク形式とプロジェクトの違いを詳しく見る

 

このような違いがありますが、完全初心者は気軽にできるタスクから進めるのがおすすめです。

タスクは依頼人からのハードルが下がるので、多少質が低くても検収してもらえます。

一度もライティングをやったことない人がお試しでやる分にはぴったりです。

 

ただ、タスクは単価が異常に安いので長期的にするのはやめておきましょう。

なるべく早くプロジェクトに移ることがポイントです。

 

低単価案件で実績をためる

初心者がプロジェクト案件を受けるときは、1文字0.3~0.5円の案件がおすすめです。

安い単価なら実績がなくても、プロフィールと応募文さえしっかり作っておけば採用されます。

 

あわせて読みたい

 

どうしても採用されない場合は1文字0.3円未満の案件でも良いですが、報酬が安すぎると挫折しやすいです。

個人的にはおすすめしませんが、早く実績をためたい場合は利用するのもアリですね。

 

そして、評価が5~10たまったら次のステップに移りましょう。

 

1文字0.5円程度の案件に応募する

続いて1文字0.5円程度の案件に挑戦していきます。

ある程度実績とスキルが身につくと、1文字0.5円の案件なら採用される可能性が高いです。

そのため、実績がたまってきたらどんどん応募していきましょう。

 

仮に1文字0.5円の案件を安定して獲得できると月収10万円も狙えますよ!

クラウドワークスで月収10万円稼ぐ7つのポイント

 

また、1文字0.5円の案件が取れるようになると、1文字1円の案件をとることも可能です。

並行して1文字1円以上の単価を狙っていきましょう。

 

実績とスキルが身についたら高単価案件に挑戦する

クラウドワークスのスキルとライティングスキルが身につくと1文字1円の案件を獲得できるようになります。

 

ただ、実績だけでは採用されない可能性が高いです。

安定して高単価の案件を獲得するにはライティングスキルが必要になります。

具体的に言うと、以下のライティングスキルは必要です。

 

  • PREP法
  • SEO
  • WordPressの操作

クラウドワークスで仕事しつつ、上記のスキルの習得を意識しましょう。

そうすれば月収20万円ライターになることも可能ですよ!

あわせて読みたい

 

【番外編】実績がなくても体験談があるときは高単価に挑戦すべき

提案の中には実績よりも体験談を優先する案件があります。

その場合は実績がなくても採用される可能性が高いです。

 

たとえば提案文に「○〇の実績がある方募集」といったことが書かれているとチャンスですよ!

その場合は応募メッセージで、体験談について詳しく書くと採用される確率が上がります。

 

クラウドワークス初心者は悪質案件に注意!

悪質案件に注意!

クラウドワークス初心者は以下の悪質案件に注意が必要です。

こんな案件には注意

  • 割が良すぎる仕事
  • 個人情報を求めてくる
  • 契約を進めずに作業するように言われる
  • テストライティングが0.1円未満
  • マニュアルが異常に長い

 

特に「初心者でも月収20万円以上可能」といった案件は危険です。

その後LINEに誘導されてねずみ講に加担することになります。

「初心者でも簡単に月収20万円以上稼げます!」といった文面は危険なので応募してはいけませんよ!

 

あわせて読みたい

 

まとめ:コツコツ頑張れば激安ライターは卒業できる!

クラウドワークスの単価が安い理由を紹介してきました。

 

クラウドワークスは現状、依頼人の基準で単価が決められるので報酬が安いです。

運営側が何か基準を設けない限り改善されることはないでしょう。

 

激安案件を受けずに済むためには稼げるライターになるしかありません。

最初は実績もスキルもないので稼ぎにくいですが、2~3か月も続けるとある程度稼げるようになります。

途中で挫折せずに、とにかく続けることが稼ぐためのポイントですよ!

 

あわせて読みたい

 

Webライターの「稼げない」を最速で抜け出す方法

Webライティングできなくて悩む

未経験者や初心者がWebライターをしていると以下のようなことで悩みがちです。

Webライター初心者の悩み

  • Webライティングのやり方がわからない
  • 執筆に何時間もかかる
  • 時給500円以下で働いている
  • 応募しても採用されない
  • なかなか稼げるようにならない
  • 本当に続けていれば稼げるようになるのか

 

これらの悩みは経験やスキルがない初心者特有の悩みです。

知識がないまま進めてしまうと壁にぶち当たって、そのまま挫折することがよくあります。

 

初心者がWebライターとして好スタートを切るためには知識を付けなければいけません。

ライティングの勉強におすすめなのが「WritingHacks(ライティングハックス)です。

ライティングハックス

 

ライティングハックスは稼げるWebライターになることを目的としています。

80本以上もの動画で徹底的にWebライターのノウハウを学んでいきます。

ライティングハックスの内容
  • タイトルのつけ方
  • リード文の書き方
  • 見出しの作り方
  • ライティングの基礎
  • SEOライティングの仕方
  • 仕事の取り方
  • リライトの仕方
  • 取材記事の書き方
  • 執筆スピードを上げる方法

非常に豪華な内容で、すべての動画をマスターすれば確実に稼げるWebライターへ成長できるでしょう。

 

また、ライティングハックスではLINEを使った無制限の質問サポートやプロによる添削サポート3回も特典として付いてきます。

プロに話を聞けて、直接記事を見てもらえる機会はそう多くありません。

 

「Webライターとして最速で成功を収めたい」

「Webライターで独立して自由な生き方をしたい」という方は、ライティングハックスを利用して人生を変えましょう。

\無料の動画サンプルあり/

WritingHacks公式サイト

 

スポンサーリンク

-クラウドワークス