会社辞めたい

会社を辞めたい既婚者が退職で失敗しないためにすべき3つのこと

会社を辞めたいと悩む既婚者の男性
・既婚者が会社を辞めるときに気を付けるべきことって何?
・退職した後はどんな進路があるの?
・退職後の生活費をまかなう方法はあるの?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 既婚者の退職は辞める前に家族へ相談すべき
  • 退職後の進路を決めてから辞めるのが理想
  • 退職後のお金がない場合は社会保険給付金を受給するのがおすすめ

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

会社を辞めたくてたまらないという既婚者の方へ。

既婚者の場合は家庭があるので何も考えずに退職すると後悔するかもしれません。

とはいえ、何をすれば退職を公開しないのかわかりませんよね?

 

そこで本記事では、既婚者が退職するときにおさえるべき3つのポイントを解説しています。

会社を辞めた後に後悔したくない既婚者の方はぜひ参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、退職後の生活費をまかなう方法もわかりますよ!
さっこー

 

会社を辞めたい既婚者が退職前にすべき3つのこと

既婚者が退職前にすべき3つのこと

会社を辞めたい既婚者の方は退職前に以下のポイントを押さえておきましょう。

チェックポイント

  • 家族に退職を相談する
  • 現在の貯金額をチェックする
  • 退職後の行動を決めておく

では3つの注意点を解説していきますね。

 

1.家族に退職を相談する

会社を辞める前には、必ず家族に退職のことを伝えましょう。

既婚者の場合は、退職が一人の問題ではありません。

退職すると収入がなくなるので、家族にも少なからず影響が及びます。

 

仮に、家族に黙って退職するとトラブルに発展するかもしれません。

退職が原因で家族との仲が悪くなるのも嫌ですよね?

 

退職が家庭環境に悪影響をもたらさないためにも、退職前には必ず会社を辞めたいことを伝えましょう。

伝え方としては「会社を辞めようと思っているんだけど」のように気軽な伝え方で問題ありません。

 

ただ、退職理由がしっかりしていないと良い反応をもらえない可能性があります。

たとえば「あの上司がむかつく」といったぼんやりした退職理由では、反対されるかもしれません。

 

家族を説得するためにも、以下のような明確な退職理由を伝えましょう。

家族に伝える退職理由の一例

  • 上司からのパワハラがひどいから辞めたい
  • 残業時間が50時間を超えているから辞めたい
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 会社の仕組みに違和感を感じる

上記の理由以外でも、現在の会社で働き続けることがつらいとアピールすれば家族も納得してくれますよ!

あわせて読みたい

 

2.現在の貯金額をチェックする

既婚者が退職するときは貯蓄が非常に大切です。

退職すると収入がなくなるので、働かない限りお金はどんどん減っていきます。

お金が減ると生活が苦しくなってくるので、家族に与える影響は計り知れません。

 

また、すぐに転職する予定の人でも、退職後すぐに他の職場に就けるとは限りませんよね?

良い仕事が募集されていなければ、働ける状態でも仕事ができません。

 

万が一に備えて、無収入でも数か月は生きていける貯金を残しておきましょう。

貯金さえあれば家族から反対もされにくいですよ!

もし貯金がないけど会社をどうしても辞めたい場合は、後述する社会保険給付金がおすすめです。

 

3.退職後の行動を決めておく

会社を辞めたい既婚者の方は、退職後の生活も大切です。

退職するのは良いですが、何かしらの行動を起こさなければ家族に迷惑をかけます。

退職後はどのようにするのか、方向性だけでも良いのでしっかりと決めてから退職しましょう。

 

会社を辞めた既婚者が選べる3つの進路

会社を辞めた既婚者が選べる進路

会社を辞めた既婚者の選択肢は3通りです。

進路

  • 転職する
  • 独立する
  • 体を休める

上記以外の選択肢もありますが、基本的にこの3つです。

では、3つの進路を詳しく見ていきますね。

 

進路1.転職する

会社を辞めた既婚者の大部分が転職することになるでしょう。

転職すれば安定した収入が手に入るので、生活がある既婚者にとっては魅力的です。

 

確かに、転職に成功すれば会社の悩みが解消されてお金も稼げます。

しかし、適当な会社に転職すると同じことの繰り返しで、また会社を辞めたいと頭を悩ますことになります。

さすがに2回続けて退職するのは、家族の心証も良くありません。

 

転職を目指す方は後悔しないためにも、企業分析と自己分析をしっかりと行いましょう。

退職を機に、自分が何をしたいのか改めて考え直すと良いですね。

 

進路2.独立する

会社を辞めたいと考える既婚者の場合、もう会社で働きたくないという人もいるでしょう。

会社で嫌な目にあった方は、会社にうんざりしているはずです。

 

会社で働きたくない方は独立するのも良いでしょう。

しかし、独立するとなると家族の説得が難しいです。

 

独立するための腕や繋がりがある人は、独立してもすぐに収益化できるでしょう。

稼ぐ見込みがある場合は、そこまで家族から反対されることもありません。

 

ただ、まったくの未経験からだとしばらくの間収入がないので、家族から猛反対をくらう可能性があります。

家族から断られても説得できるように、あらかじめ貯金があると安心です。

貯金をアピールした後で、何か月で稼げそうか予定を伝えることで説得できるでしょう。

 

もしくは副業から始めるのもおすすめです。

副業ならノーリスクで始められて、成功すればそのまま独立も目指せますよ!

あわせて読みたい

 

進路3.体を休める

会社で頑張りすぎた方は、しばらく体がまともに動かないでしょう。

無理して働いた結果、もう一度退職に追い込まれても意味がありません。

家族も無理してでも働けとは言わないので、疲れている場合は一度じっくりと体を休めると良いでしょう。

 

しかし、体を休めると発生する問題が生活費です。

働かないと生活費が削れる一方なので、体を休めるどころの話ではありません。

そんな退職後のお金に悩む方におすすめしたいのが社会保険給付金です。

 

退職後のお金に困っている既婚者には社会保険給付金がおすすめ

社会保険給付金

社会保険給付金とは失業保険や傷病手当などのことを指します。

失業保険や傷病手当を受け取ることで、最大28か月間にわたって総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

 

会社を辞めたいと考える既婚者の中には、転職できない方もいるでしょう。

たとえば体を休めたい人は、働く意思があっても体が動きません。

もしくは独立のために準備したい方もいるはずです。

諸事情でしばらく働けない方にとって、社会保険給付金は非常に助かります。

 

しかし、社会保険給付金の中でも傷病手当は申請方法が複雑です。

さまざまな書類を集めるために、施設を何度も訪れる必要があります。

会社を辞めた後に、いろいろな場所をたらいまわしにされるのはつらいですよね?

スムーズに社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュ」というサービスです。

 

社会保険給付金の手続きは退職コンシェルジュがサポート!

退職コンシェルジュ

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に徹底解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュに在籍する職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、まず退職コンシェルジュに無料相談してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに以下の条件に該当しない人は、退職コンシェルジュのサポートを受けられません。

条件

  1. 年齢が20~54歳
  2. 社会保険に1年以上加入している
  3. 退職までに2週間以上3か月未満
  4. 現時点で転職先が決まっていない

上記の資格を満たさないと失業保険給付金も申請できないので注意ですよ!

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

まとめ:会社を辞めたい既婚者は退職後の生活を考慮しよう!

退職して家族とゆっくり過ごす既婚者

会社を辞めた既婚者が退職前に考えるべき3つのポイントを紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 会社を辞めたい既婚者はまず家族に相談しよう
  • 家族を説得するためにも退職後の進路と生活費も考える必要がある
  • 退職後の生活費に困っている場合は社会保険給付金がおすすめ
  • 複雑な社会保険給付金の受給は「退職コンシェルジュ」を利用するのもあり

 

 

既婚者の場合は家庭があるので、退職で家族にかける迷惑を最小限にする必要があります。

退職した後に何をするのか、貯金はいくらあるのかしっかりと家族に相談しましょう。

独断で決めると家庭の危機が訪れるので要注意ですよ!

 

また退職後は体をゆっくりと休めたい」「お金がないから会社を辞めたくても辞められない」という方は社会保険給付金を受けるのもおすすめです。

社会保険給付金さえ受ければ、長期的に安定した給料が手に入るのでじっくりと次の行動を考えられますよ!

あわせて読みたい

 

会社を辞めたいのに退職を伝えられない方へ

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-会社辞めたい