会社辞めたい

仕事を辞めたいほどの電話恐怖症になる理由と6つの対処法を徹底解説!

電話恐怖症で仕事を辞めたいと泣く女性
・会社で仕事をしているときにかかってくる電話が怖い...
・プルプルという音を聞くだけで体が硬直する...
・電話恐怖症を治す方法を知りたい!

この記事ではこんな悩みが解決できます。

 

本記事の要点

  • 電話恐怖症になる主な原因は不安があるから
  • 電話恐怖症を治すためには場慣れが必要
  • 電話が怖すぎて仕事を辞めたい場合は退職するのも良い
  • すぐにでも電話対応から解放されたい場合は退職代行を使おう!

 

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

私は工場の現場で働いていたので、基本的に電話対応はしていませんでした。しかし、途中から事務作業を任され、突然電話対応も任されて恐怖に感じた記憶があります。

 

「仕事中に電話からプルプルと聞こえるだけで鼓動が早くなる」とお悩みの方へ。

電話恐怖症は努力次第で治せるので、仕事を辞めるのは早いですよ!

とはいえ、どのような対処法を取れば良いのかわかりませんよね?

 

この記事では、電話恐怖症で仕事を辞めたいほどになる原因や対処法を紹介しています。

電話恐怖症から解放されたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただくと、電話恐怖症の悩みがすっきりして明るい人生が開けますよ!
さっこー

 

目次

仕事を辞めたいほどの電話恐怖症になる8つの理由

こっそりと話す電話恐怖症の人

仕事を辞めたいと思うほど深刻な電話恐怖症になる理由はこちらです。

理由

  • いきなり電話がかかってくるから怖い
  • 誰が何の用で電話をかけてきているのか不明
  • 上手に乗り切れるか不安
  • そもそも電話に慣れていない
  • クレームだったらと考えると怖い
  • 周りの人に電話の内容を聞かれたくない
  • 自分の対応で会社の評判を落とすのが怖い
  • 過去に手痛い失敗をした

続いて、8つの理由を深掘りしていきますね。

 

電話恐怖症になる理由1.いきなり電話がかかってくるから怖い

当然の話ですが、会社にかかってくる電話は突然です。

事前にメールでアポイントメントを取るような準備は一切ありません。

 

これが電話ではなくメールだとしたら、じっくりと文章を考えられるので楽ですよね。

その一方で、電話だとリアルタイムで答えを出さなければいけません。

ぶっつけ本番で電話対応することになるので、経験が不足していると緊張します。

 

電話恐怖症になる理由2.誰が何の用で電話をかけてきているのか不明

会社の電話は受話器を取るその瞬間まで、相手と要件がわからないのが基本です。

自宅の固定電話だとある程度電話してくる人も決まってくるので、そこまで緊張することもないでしょう。

 

しかし、会社の電話は相手すらわからない状態から始まります。

相手の第一声で人物を特定し、その後に用件を聞きだす能力が必要です。

会社の電話に出慣れていなければ、仕事を辞めたいほどのつらさを感じてしまいます。

 

電話恐怖症になる理由3.上手に乗り切れるか不安

電話恐怖症になる大きな原因は、上手に電話を取り次げるか不安だからです。

電話は特定不可能な人から突発的に来るので、不慣れな人はどうしても不安に感じてしまいます。

 

そのうえ、電話対応は基本的に個人の能力で対応しなければいけません。

電話中に「○○と言っているのでどうしましょうか」と何度も上司に聞くわけにはいきませんよね?

電話相手にも悪いですし、上司に何回も聞くのも嫌でしょう。

 

また、電話相手が言っていることを聞き取れないというリスクもあります。

世の中にはさまざまな人がいるので、活舌が悪い人も多いです。

活舌が悪いからといって、何回も聞きなおすのは失礼にあたります。

 

このように電話は非常に厄介なので、仕事を辞めたいと感じるほどの電話恐怖症になっても不思議ではありません。

仮にメールであれば目で確認できて上司にも相談できます。

いかに電話が非効率的なのかがわかりますね。

 

電話恐怖症になる理由4.そもそも電話に慣れていない

現代ではメールやSNSが発達し、そもそも電話する機会が減ってきています。

特に固定電話の利用者数は以前と比べると激減しました。

その証拠に「suumoが行った調査」では、固定電話を置いている年代が以下の結果になっています。

年代固定電話を置いている割合電話が不要だと思っている人の割合
20代50.7%61.3%
30代52.0%54.7%
40代77.3%28.0%
50代以上86.7%21.3%

 

40代以降の自宅には固定電話を置いている傾向にありますが、若い世代は固定電話を置いているのが2人に1人です。

中には入社するまで固定電話を見たことがなかったという人もいるのではないでしょうか?

 

普段から固定電話を使っていないのに、いきなり会社の電話に出ろというのは無理ですよね?

そのうえ、会社の電話はプライベートのような軽い口調を使ってはいけません。

かたい言葉で話す必要があるので、余計に緊張するでしょう。

 

電話恐怖症になる理由5.クレームだったらと考えると怖い

会社にかかってくる電話は良い内容ばかりではありません。

頭ごなしに怒ってくるケースもまれにあります。

 

自分の知らない用件で「この商品はどうなっているんだ!」と激怒されると怖いですよね?

たった1回の経験がトラウマになって、電話恐怖症になった人もいるでしょう。

ひどいケースだと電話が鳴るたびにストレスがたまって、うつ病になってしまう人もいます。

 

会社の電話にトラウマを抱えてしまうと精神的に危険な状態です。

今後クレームの電話がかかってこない保証もないので、今のうちに仕事を辞めた方が良いでしょう。

あわせて読みたい

 

電話恐怖症になる理由6.周りの人に電話の内容を聞かれたくない

若い人や新人にありがちなのが、周りの反応が怖いから電話に出たくないというものです。

電話を取ると自然と周りの人にも内容が聞こえてしまいます。

「どのような電話対応をしているのか」「電話対応のマナーを守れているのか」などをチェックされやすいです。

 

ただでさえ電話対応で頭がいっぱいなのに、周りの人に聞かれていると思うとさらにプレッシャーがのしかかりますよね。

 

また、仮にマナーが悪かった場合は、電話を切った後に上司から指摘を受ける可能性が高いです。

「あのときはこのように答えるべきだ」と怒られるのは、たまったものではありません。

 

電話を取るだけで多大なるプレッシャーがあるので、仕事を辞めたいと思うほどの電話恐怖症になるのは、もはや当然と言えるでしょう。

 

電話恐怖症になる理由7.自分の対応で会社の評判を落とすのが怖い

会社の電話を取るということは、会社の責任を背負うことと同じです。

仮に失礼な対応をしてしまうと怒られて、最悪の場合はお客さんが離れるかもしれません。

ミスを繰り返して「お前のせいで客が逃げた」と言われるとつらいですよね。

 

たかが電話を取るだけなのに、会社の責任を背負うのは特に新人や若者には耐えられないでしょう。

 

電話恐怖症になる理由8.過去に手痛い失敗をした

過去に大きなミスをした人は、その出来事がトラウマになって電話恐怖症になりやすいです。

たとえば電話対応に失敗して、お客さんと上司から激怒されると立ち直れないでしょう。

上司から「恐れずに次からも電話対応に挑め」と言われても無理ですよね?

 

大きな失敗をすると一生心に残るので、その影響で仕事を辞めたいと思うのも当然の結果です。

トラウマは簡単に払しょくできるものではないので、電話対応がない会社に転職するのも一つの手段ですよ!

 

電話恐怖症で仕事を辞めたい現状を改善する6つの方法

電話を取ろうとする人

仕事を辞めたいと思うほどの電話恐怖症を治したい場合は以下のことを試してみましょう。

電話恐怖症の改善策

  • 最初の一言を練習する
  • 電話対応では3つのポイントをおさえることに集中する
  • 周りの反応を無視して自分の世界に入る
  • 場数を踏んで慣れる
  • 自分だけのマニュアルを作る
  • 先輩の電話対応を観察する

では6つの改善策を順番に解説していきますね。

 

改善策1.最初の一言を練習する

会社の電話を取る際の第一声はテンプレートになっていることが多いです。

たとえば以下のように答えておけば問題になりません。

電話対応の第一声の例文

  • お電話ありがとうございます。○○株式会社の△△(担当者名)です。
  • はい。○○株式会社の△△(担当者名)でございます

 

上記のような第一声をすらすらと言えるようになると話を続けやすいです。

そのうえ、電話における第一声はその人の第一印象になります。

最初の声さえさわやかに出しておけば、後々失敗しても印象が悪くなりづらいです。

 

第一声をハッキリ伝えるメリットは大きいので、電話恐怖症を治したい場合は最初の一言を練習しまくりましょう!

 

改善策2.電話対応では3つのポイントをおさえることに集中する

会社の電話で最も重要な聞き出すべきポイントはこちらです。

電話対応で聞くべきこと

  • 人物
  • 電話をかけてきた目的
  • 誰に取り次ぐのか

 

重要な3つのポイントさえ押さえておけば、ほかの部分で失敗しても問題ありません。

電話恐怖症の場合は余裕がないと思うので、3つのポイントを聞くことだけに集中しましょう。

電話対応に慣れてきたら、ほかのところにも気遣えるようにステップアップできると良いですね。

 

改善策3.周りの反応を無視して自分の世界に入る

電話対応しているときは「周りの人に聞かれていたらどうしよう」のような余計なことを考えてはいけません。

電話以外の余計なことを考えてしまうと電話対応に失敗します。

周りの評価を気にしていると、いつまでも電話恐怖症が改善しません。

 

逆に、電話対応にだけ集中できると余計なプレッシャーがないので成功しやすいです。

結果的に電話を切った後に、上司から怒られることもありません。

周囲を気にするメリットはゼロなので、周りが気になる場合はまずその考えを捨てましょう。

 

実際のところ、上司が部下の電話対応を見ているケースはそこまで多くありません。

上司も仕事に集中しているので、周りの声はそこまで鮮明に聞こえてこないでしょう。

「自分が過敏に気にしているだけ」と思うと楽になりますよ!

 

改善策4.場数を踏んで慣れる

電話恐怖症を治すために最も効果的な方法は、とにかく練習することです。

人間は適応力が高いので、何回も同じことをしていると慣れてきます。

慣れさえすれば緊張することも減り、ミスも減るでしょう。

 

仕事を辞めたいと思うほど電話が怖い場合はなかなか難しいと思いますが、一歩踏み出してみることが大切ですよ!

 

ちなみに、積極的に電話を取ると上司からやる気があると思ってもらえます。

自分の評価が上がって、場合によっては電話対応のやり方も教えてもらえるでしょう。

自分から積極的に電話を取りに行くメリットは大きいのでおすすめです。

 

改善策5.自分だけのマニュアルを作る

電話対応に不安を感じる場合はマニュアルを作っておくと安全です。

会社によってはマニュアルを配られることもありますが、会社のマニュアルが自分に合っているとも限りません。

自分の苦手分野をカバーしていないこともあるので、オリジナルで作った方が良いです。

 

自分専用のマニュアルをまとめることで、頭を使って考える時間が減ります。

結果的にスムーズな電話対応ができるようになりますよ!

また、マニュアルを作るにあって先輩の様子を観察するのもおすすめです。

 

改善策6.先輩の電話対応を観察する

会社の先輩は過去に何回も電話を取ってきているので、電話恐怖症の自分より圧倒的に上手です。

電話対応が上手な人は言葉遣いや声色、話す間などが優れているので、一度意識して聞いてみてください。

 

上司の優れた部分が見つかったら、そのまま自分のものにしましょう。

先輩の良いところを吸収するだけで自然と上手な電話対応ができますよ!

 

どうしても電話恐怖症が治らないときは逃げあるのみ

電話を禁止

どうしても電話恐怖症が改善されないときは、以下のいずれかの対策を取って逃げましょう。

逃げの選択肢

  • 電話対応の役割を外してもらう
  • 部署移動を懇願する
  • 現在の会社を退職して電話対応がない会社に転職する

では3つの選択肢をそれぞれ説明していきますね。

 

逃げの選択肢1.電話対応の役割を外してもらう

電話対応のせいで仕事を辞めたい場合は、役割を外してもらえばまるっと解決します。

 

会社にとっても、電話が苦手な人に電話対応を任せるのはデメリットでしかありません。

電話は会社の顔なので、電話が苦手な人に任せるのはあえて自分の顔に泥を塗りに行っているようなものです。

理解のある会社であれば「電話対応すると会社に迷惑をかけるので外してください」と言えば話が通ります。

 

しかし、精神論で語ってくる会社が多いのも事実です。

「最初は俺も電話が嫌いだった」「繰り返せば慣れるよ」と言われることもあります。

 

確かに練習すれば慣れますが、人間には向き不向きがあるので全員が慣れるわけではありません。

我慢した結果、対人恐怖症やうつ病になってからでは遅いです。

どうしても電話対応を外してくれない場合は、自分の体を守るために退職した方が良いでしょう。

 

逃げの選択肢2.部署移動を懇願する

部署移動することで電話対応の業務から解放されることもあります。

たとえば、デスク周りの仕事をしていると電話対応を任されることも多いです。

 

しかし、外に営業に行ったり、現場でモノ作りしたりすると基本的に電話対応する必要はありません。

電話対応さえなくなれば、仕事を辞めたい悩みから解放されます。

 

もし現在勤めている会社に他部署があるなら、職種を変えてでも異動すべきです。

会社としても「退職ではなく異動ならまだ良いかな」と思ってもらいやすいので、相談してみる価値はありますよ!

 

逃げの選択肢3.現在の会社を退職して電話対応がない会社に転職する

電話対応以外にもつらいことがある場合は、退職するのもおすすめです。

たとえば以下の状況に当てはまるときは、退職の道を選んでも良いでしょう。

退職しても良い状況

  • 上司との人間関係が悪い
  • パワハラやセクハラを受けている
  • 残業時間が多すぎる
  • 仕事がハードすぎて身体がつらい
  • 仕事内容が面白くない
  • 会社の未来が明るくない

上記のケースは退職した方が良いケースなので、この機会に辞めましょう。

 

とはいえ「電話対応が嫌だから辞めたい」というのもイマイチ格好がつきませんよね?

退職理由をでっちあげるのも良いですが、中にはもう限界を迎えている人もいるでしょう。

もう今すぐにでも辞めたい場合には、退職代行がおすすめです。

 

電話恐怖症がつらいから辞めたい場合は退職代行がおすすめ

退職代行

仕事を辞めたい場合は退職代行を利用するのも一つの手段です。

退職代行を使うことで以下のメリットがあります。

退職代行のメリット

  • 上司へ退職を伝えずに済む
  • 退職代行を利用した瞬間から上司と会わずに済む
  • 即日退職できる
  • 引き止めにあわない
  • 一度も出社しなくても良い(すべて郵送で完結)
  • 有給の消化や未払い金の請求をできるサービスもある

退職代行に頼れば、明日から電話におびえる日々とはオサラバできます。

 

「電話が鳴る音を聞くだけでつらいからもう1日たりとも働きたくない」

「退職理由で電話が嫌だからとは言いづらい」という方は、退職代行を利用してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

 

まとめ:電話恐怖症が改善しないなら仕事を辞めよう!

電話恐怖症から解放されて喜ぶ人

仕事を辞めたいと感じるほどの電話恐怖症になる原因や対処法を紹介してきました。

本記事のまとめ

  • 電話恐怖症になる原因は電話に慣れていないことが大きい
  • 電話恐怖症を克服するためには積極的に電話を取って慣れるのがおすすめ
  • もしどうしても耐えられないときは退職して電話対応から解放されよう!

 

電話恐怖症の主な原因は「上手に電話対応できるか不安」だからです。

不安があるからこそ周りの目が気になったり、失敗する未来を想像したりしてしまいます。

 

電話恐怖症を治すためには、慣れるのが一番早いです。

自分から会社の電話を取るのは抵抗を感じるかもしれませんが、積極的に電話を取っていきましょう。

 

もしすでに限界に感じている場合は、無理せず退職しましょう。

人には向き不向きがあるので無理してがんばる必要はありません。

電話対応がないほかの場所に活躍の舞台を移しましょう。

信頼性が高い退職代行SARABAユニオン独自のメリット3選や評判を徹底解説

 

退職後の生活費でお困りの方へ

退職後の生活費に困る人

退職後は収入減が断たれるので、生活費に困る人も多いでしょう。

中には「退職後のお金がないから会社を辞められない」という深刻なケースもありえます。

 

金銭的な問題で会社を辞められない場合は、社会保険給付金を利用しましょう。

社会保険給付金を申請すると、最大28か月間で総額数十万円から数百万円のお金をもらえます。

ただ、社会保険給付金の手続きは困難で、申請までたどり着かない人も珍しくありません。

 

退職後の社会保険給付金を勝ち取りたい方におすすめなのが「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート」です。

社会保険給付金サポートを利用すれば、申請までの手順を丁寧に解説してもらえます。

こちらですべきことは、退職コンシェルジュの職員に従うだけです。

 

退職コンシェルジュの職員は、社会保険労務士の監修を受けています。

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律を扱うプロなので、安心して任せられますよ!

 

また、退職コンシェルジュは過去に1,000件以上の社会保険給付金サポートを行ってきました。

利用者の満足度も98%と優秀です。

「退職後のお金が心配」

「退職後は働かずに体をゆっくりと休めたい」という方は、一度退職コンシェルジュの無料説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

最大28か月の給付金を受け取れるのか気になる人
最大28か月分の失業保険!退職コンシェルジュの特徴や使い方を徹底解説

続きを見る

\無料で説明会を受けられる/

退職コンシェルジュ公式サイト

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-会社辞めたい