退職関連

会社を辞めたい30代独身は今すぐに退職すべき!ラストチャンスを逃すな

会社を辞めたいと悩む30代独身男性
・30代独身だけど会社を辞めたくてたまらない...
・現状に不満を抱いたまま定年まで過ごしたくない...
・30代独身が退職のラストチャンスって本当?

この記事ではこんな悩みが解決できます。

本記事の要点

  • 30代は待遇面に不満があって会社を辞めたいと思う人が多い
  • 独身は誰にも迷惑がかからないので結婚する前にいろいろ試すべき
  • 30代は失敗してもやり直しがきく
  • 退職する前のチェックポイント4選

本記事の執筆者

さっこーのプロフィール

さっこー(@sakko1878

 

「会社を辞めたいけど退職して後悔するのは嫌だな」と悩む30代独身の方へ。

逆に今のうちに退職しないと後悔することになりますよ!

年齢を重ねるとさまざまな要因で退職が難しくなるので、30代独身というラストチャンスを有効活用すべきです。

 

この記事では、会社を辞めたい30代独身がすぐに動くべき理由を解説しています。

会社を辞めたいと考えている30代独身の方はぜひ参考にしてくださいね。

最後まで読んでいただくと、今のうちに行動しないとやばいことがわかりますよ!
さっこー

 

30代が会社を辞めたい理由ランキング

30代が会社を辞めたいと悩む

そもそも同年代の人たちがどんな理由で退職しているのか気になりませんか?

厚生労働省が令和元年に発表した「平成30年雇用動向調査結果の概況」によると、30代が会社を辞めたいと思う理由は以下の通りです(その他の退職理由を除く)。

順位 会社を辞めたい理由
1 収入が少ない
2 労働条件が合わない
3 会社の将来性が不安
4 人間関係が好ましくない
5 自分の持つ能力や個性を生かせない

 

こちらは30代全体のデータになりますが、30代独身の方にとっても共感できるところは多いはずです。

では、会社を辞めたい5つの理由をランキング順に紹介していきますね、

 

1位.収入が少ない

30代で会社を辞めたいと思うランキングの1位は収入です。

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」によると、30代の平均年収は以下の結果になっていました。

年代 平均年収
30~34歳 410万円
35~39歳 448万円

 

平均すると425万円程度が30代の平均年収です。

月収にすると約35万円なので決して安い金額ではありませんが、平均年収を下回っていることもあるでしょう。

 

また、女性の収入は男性より低い傾向にあります。

年代 男性 女性
30~34歳 470万円 315万円
35~39歳 528万円 314万円

 

民間給与実態統計調査」によれば、男性の給料は平均を上回っていますよね。

しかし、女性の平均年収を見ると、男性より150万円以上の開きがあります。

 

30代独身女性にとって、年収が310万円程度なのは厳しいでしょう。

女性の場合は「収入が安いから会社を辞めたい」というのも当然の結果と言えます。

 

2位.労働条件が合わない

労働条件が合わない

会社を辞めたいと考える30代は、労働条件の悪さも理由の一つです。

 

特に労働時間や休日日数の問題で合わないと感じやすいです。

たとえば体力が衰えているのに週に6日も働いていられませんよね?

そのうえ、毎日残業三昧で1日10時間以上働くというのも無理でしょう。

 

体力的な問題で会社を辞めて、労働条件の良い会社で働きたいと考える30代は珍しくありません。

 

3位.会社の将来性が不安

30代が会社を辞めたい理由ランキングには、会社の将来性というものもありました。

会社の未来が暗い、業績が伸びない会社で働くとリストラや減給、倒産などのリスクに巻き込まれます。

つぶれるとわかっている会社に勤め続けるメリットもないでしょう。

 

ちなみに、将来性がないと感じる会社の特徴は以下の通りなので確認してみてください。

バツ

  • 時代の変化に適応できない
  • 入社してから昇給がない
  • 昇給しても少額
  • 赤字が続いている
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行している
  • 下請けの仕事が多い
  • 人件費を削ってコストカットしている
  • 会社の雰囲気が悪い
  • 人を雇っても続かない

この条件に当てはまるほど倒産のリスクが高まるので、巻き込まれないように気を付けてくださいね。

 

4位.人間関係が好ましくない

人間関係が悪い

30代が会社を辞めたい理由には、人間関係もあります。

人間関係が理由の退職は30代だけではなく、全年代に言えることです。

 

しかし、30代の場合は上の年代と下の年代に挟まれる少し特殊な位置関係にいます。

年下からは頼りにされ、上司からは仕事を命令されるという中間管理職的な立ち位置です。

仮に部下や上司に面倒な人がいたら、円滑に仕事を運べないでしょう。

 

30代は人と関わる機会が増えるので、性格が合わない人と確率的に出会いやすくなります。

嫌いな人ができることで「あの人とは話したくない」のように感じ、結果的に会社を辞めたいと感じてしまいます。

 

5位.自分の持つ能力や個性を生かせない

現在の会社では自分の能力や個性を生かせないと不満を抱く30代も多いです。

30代ともなると独自のノウハウを持っていることもあるでしょう。

 

しかし、自分のノウハウを会社では使えない・使うことを禁止されていると働きづらいと感じます。

働きづらければ会社を辞めたいと結論を出してもおかしくありません。

 

何と言っても自分の好きなように働けないのですから「この仕事は自分がする必要はあるのか」と思いがちです。

誰でもできるような仕事を任されても、何のやりがいも感じられませんよね?

自分の存在意義が見出せない会社であれば、すぐにでも退職した方が良いでしょう。

 

会社を辞めたい30代独身が今動くべき4つの理由

会社を辞めてリスタートを切る

会社を辞めたいと思っている30代独身は、以下の理由からすぐにでも行動すべきです。

理由

  • 独身は自由に行動できるラストチャンス
  • 30代はまだ若いからやり直しがきく
  • 転職を有利に進めやすい
  • 知識や経験があるから転職以外の選択肢もある

続いて4つの理由を深掘りしていきますね。

 

理由1.独身は自由に行動できるラストチャンス

「独身」という称号は、自由に行動できる最後の時間です。

仮に結婚して家庭を持つと、自分のタイミングでは退職できなくなります。

 

退職すると収入が断たれるので、自分勝手に辞めると家族にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

結果的に「辞めたいのに家庭やお金の問題で辞められない」という状況に陥るでしょう。

 

実際に以下のようにコメントしている人もいます。

 

このように「なんで退職するのか」「お金はどうするの」という、まだ見ぬ嫁から圧をかけられる可能性もあります。

家庭を持つと幸せを感じられるメリットもありますが、仕事においてはデメリットも発生します。

 

一方で独身だと、自分のことだけ考えられるので、いつ辞めても誰にも迷惑をかけません。

家庭という縛りがない独身のうちにやりたいことはしておくべきです。

家庭を持ってから「あれに挑戦したかった」では手遅れになることを忘れてはいけません。

 

理由2.30代はまだ若いからやり直しがきく

転職でリスタートを切る

30代はまだまだ若いので、仮に失敗してもやり直せます。

一方で40代になると年齢的な問題で挑戦できることも限られてきます。

「あの時会社を辞めて挑戦しておけばよかった」と将来的に後悔するくらいなら、30代のうちにチャレンジすべきです。

 

また、30代のうちに失敗しておくと将来的に役立つこともあります。

たとえば独立に挑戦したけど失敗した場合でも、独立に挑戦した経験やスキルは今後に生かせるでしょう。

30代のうちに基礎知識を勉強しておけば、年齢を重ねてから再度トライすることも可能です。

 

いずれにしろ30代はやり直しがきくので、挑戦したいことがあるなら勇気を持って行動した方が良いでしょう。

 

理由3.転職を有利に進めやすい

30代は他の年代と比べると転職が有利に働く傾向があります。

総務省が行った「2020年の労働力調査」によると、30代の転職状況は以下の結果になっています。

年代 転職者 転職者比率
25~34歳 340,000人 5.7%
35~44歳 250,000人 3.3%

 

2020年の平均転職者比率は4.8%だったので、特に20代後半から30代前半の方は転職者が多いです。

 

30代が転職しても成功するのは、社会人スキルやノウハウが優れているからでしょう。

20代の場合は新戦力といった意味で貴重ですが、会社で育てる必要があります。

 

一方で30代は一定のスキルを持った状態なので、即戦力としての活躍が期待されます。

スキルさえ持っていれば転職しやすいので、特に同業他社へ転職する場合はスムーズに進むでしょう。

 

現在の会社を辞めたいと思っている30代独身は、自由に動けて転職状況も悪くない今しかありませんよ!

 

理由4.知識や経験があるから転職以外の選択肢もある

進路に迷う

30代は知識や経験があるので、培ったノウハウを生かせばフリーランスとして活躍することもできます。

フリーランスになればある程度自由に働けるので、会社に縛られることもありません。

そのうえ、成功すれば会社員時代の何倍もの収入を得ることも可能です。

 

もし現状で独立するノウハウを持っていなくても、30代はまだまだ知識を吸収しやすい年代なのでやる気次第で新しいことも覚えられます。

あわせて読みたい

 

30代独身が会社を辞めるときのチェック項目

会社を辞めるときのチェック項目

会社を辞めると決意した30代独身の方は、退職する前に以下のチェック項目をおさえておくと安心ですよ!

おすすめの退職時期

  • 退職のタイミング
  • 退職後の進路
  • 今現在の貯蓄額
  • 退職理由の用意・退職までの流れ

では4つのチェック項目をそれぞれ見ていきますね。

 

ポイント1.退職のタイミング

会社を辞めるタイミングはいくつかあります。

ココがポイント

  • もう限界だからすぐにでも辞める
  • 夏季・冬季ボーナスをもらってから辞める
  • 有給休暇を消化した後に辞める
  • 転職先を決めてから辞める
  • 会社の閑散期に辞める

それぞれのタイミングでメリット・デメリットがあるので、自分の好きなタイミングを選びましょう。

 

すぐに辞める場合【すぐ行動したい人におすすめ】

メリット

  • 会社の苦しみからすぐに解放される
  • すぐに次の行動を起こせる

デメリット

  • 基本的に退職まで1か月は必要
  • ボーナスはもらえない

 

ボーナスをもらってから辞める場合【退職後の生活費がない方におすすめ】

メリット

  • まとまった収入が手に入る
  • 数か月後に数十万円が手に入るのでモチベーションが上がる

デメリット

  • タイミングが悪ければ最大5か月待つ必要がある
  • ボーナスは任意の制度なので必ずしも支給されるとは限らない

 

有給休暇を消化した後に辞める場合

メリット

  • 退職前にお金がもらえる

デメリット

  • なし

有給休暇については消化することが法律で定められています

会社は有給の消化を断れないので、いずれのタイミングで辞めるにしろ消化しないともったいないですよ!

 

転職先を決めてから辞める場合【やることが明確な人におすすめ】

メリット

  • 収入が途絶えないので安心して退職できる
  • 健康保険や年金の切り替えが不要

デメリット

  • 転職にこだわると退職できない
  • 転職先が決まると逃げ道がなくなる
  • 連続で働くのは身体的・肉体的につらい

あわせて読みたい

 

会社の閑散期に辞める場合【円満退職したい人におすすめ】

メリット

  • 退職の交渉がスムーズに進みやすい

デメリット

  • 会社が暇になるまで待つ必要がある
  • 会社の都合に合わせたところであまりメリットはない

 

ポイント2.退職後の進路

進路を決める

退職する前に今後の進路を決めておくのがベストです。

やることさえ決めておけば、退職後はすぐにスタートを切れます。

 

ただ、退職前に進路を確実に決めておかなくても大丈夫です。

退職後の進路ばかり気にしていると会社を辞められなくなるので、退職時点ではざっくりと方向性だけ決めておきましょう。

たとえば「会社で働きたくない」「あのジャンルの仕事に携わってみたい」といった感じで問題ありませんよ。

 

ポイント3.今現在の貯蓄額

会社を辞めると収入がなくなるので、基本的に貯金で生活していくことになります。

転職活動したりフリーランスになったりしてもすぐ成功するわけではないので、半年分の生活費があると安全です。

 

逆に貯金に余裕がない状態で退職すると、慌てて転職することになります。

企業分析や自己分析が不完全な状態で転職しても失敗するでしょう。

せっかく勇気を出して退職した結果を無駄にしないためにも、貯金はあった方が良いですよ!

あわせて読みたい

 

ポイント4.退職理由の用意・退職までの流れ

退職後の準備を整える

退職の準備を終えたら最後に退職の流れを確認しておくと安心です。

退職の流れ

  1. 上司に会社を辞めたいと伝える
  2. 退職日を相談する
  3. 退職届を提出する
  4. 引き継ぎ作業を終える
  5. あいさつ回りを始める
  6. 最終勤務日まで全力で働く

 

退職するにあたって上司へ「会社を辞めたい」と伝える必要がありますが、マイナスのことを伝えるとトラブルに発展します。

たとえば人間関係や待遇を理由にするともめやすいので、無難な退職理由をでっちあげた方が良いです。

無難な退職理由

  • 他に挑戦したいことがある
  • 親の介護
  • 家業を継ぐ
  • 友人の仕事を手伝うことになった
  • 体調不良

あわせて読みたい

 

ポジティブなら理由ややむを得ない事情であれば話が通りやすいです。

退職が決まった後は上司と相談して、退職までのスケジュールを詰めていきましょう。

退職するまでの目安は1か月程度です。

 

とはいえ、やりたいことがあるのに1か月も待っていられないのではないでしょうか?

特にブラック企業に勤めている場合は、もうこれ以上会社のお世話になりたくないはずです。

今すぐに辞めたい場合は、退職代行サービスに頼りましょう。

 

今すぐに会社を辞めたい30代独身は退職代行を使おう!

退職代行

会社を辞めたいのに上司へ退職を伝えられないときは、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行を利用すれば、上司と一切会話することすらなく退職できますよ!

いちいち退職理由を考えたり、上司からの引き止めにあったりすることもありません。

 

そのうえ、退職代行を利用すれば即日退職も可能です。

いちいち会社の都合に合わせて引き継ぎ作業も必要ありません。

あわせて読みたい

 

しかし、退職代行は種類が多いのでどのサービスを選べば良いのか分かりませんよね?

へたな業者を選ぶと退職の交渉に失敗される危険性もあります。

 

信頼性が高い退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。

退職代行SARABA

SARABAは2008年にサービスを開始したベテラン企業で、退職成功率はほぼ100%と発表しています。

あわせて読みたい

 

また、SARABAは労働組合が運営元なことによって、会社と交渉する権利を持っています。

運営元が一般企業だと皮弁行為にあたるので会社と交渉できません。

結果的に退職の交渉に失敗する可能性もあります。

 

一方で、運営元が労働組合であれば団体交渉権をもとに会社と交渉できるので、ほぼ確実に退職に持ち込めます。

団体交渉権とは

集団になった労働者や労働組合が企業へ労働条件やその他の待遇について交渉する権利。
団体交渉を行う権利は、日本国憲法第28条や労働組合法で保障されている。

 

そのうえ、以下の交渉も可能です。

SARABAで請求できること

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の消化
  • 退職金の請求
  • 残業代の請求
  • 未払い金の請求

運営元が労働組合のSARABAを利用すればさまざまな要求ができます。

 

会社と交渉できるSARABAのメリットをまとめると以下の通りです。

SARABAの特徴

  • 2008年から運営しているから安心感がある
  • 親バレ防止に協力してくれる
  • 退職後本人に連絡しないように会社へ伝えてくれる
  • 有給消化の成功率98%
  • 即日退職が可能
  • 全国の利用に対応している
  • 交渉に失敗した時の返金保証あり
  • 退職後の転職支援もある
  • 料金が一律24,000円

 

このように料金が安く、会社と交渉できるから有給の消化や未払い金の請求もできる点がSARABAの特徴です。

「お得に退職代行を使いたい」

「退職を機に会社からお金をもらいたい」という方は、退職代行SARABAを利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAのメリット・デメリットを詳しく見る

\24時間無料相談受付中/

SARABA公式サイト

 

まとめ.会社を辞めたい30代独身は退職してチャンスをつかもう!

結果を恐れずに退職しよう

会社を辞めたい30代独身が退職すべき理由や退職時の注意点を紹介してきました。

 

30代独身は家庭を持っていないので、ある程度自由に動けます。

結婚すると退職が大きな決断になって、まだ見ぬ奥さんから反対を受けるかもしれません。

独身は自由に動けるラストチャンスなので、今のうちに行動しないと後悔します。

 

また、同じ30代でも年齢を重ねるとチャレンジが難しくなります。

会社を辞められないと悩み続けている間にチャンスがどんどん失われていくので、辞めたい場合は一刻も早く退職すべきです。

 

どうしても上司へ退職を言えない場合は、退職代行に頼るのも一つの手段ですよ!

あわせて読みたい

 

【未経験OK】退職後はWebライターに挑戦してみませんか?

Webライターは在宅で作業できる

会社を辞めたいと考えている人は以下のような悩みを持っていますよね?

会社を辞めたい人の悩み

  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司から怒られるのが嫌だ
  • 毎日決まった時間に起きてるのがつらい
  • 毎日何十分もかけて通勤するのがばからしい
  • 会社の謎ルールに従うのに抵抗がある

 

私も会社で3年勤めたことがありますが、上記の悩みが尽きたことがありません。

そんな会社で働くことに抵抗を感じている人にぴったりなのがWebライターです。

 

Webライターで成功すると以下のメリットがあります。

Webライターのメリット
  • パソコンを使えれば始められる
  • 自分の好きな時間で働ける
  • 未経験でも稼げる
  • 人間関係のストレスがほぼなくなる
  • 努力次第で月収20万円以上稼げる

 

Webライターで成功すると会社で働く面倒から一気に解放されます。

「もう会社で働くのは嫌だ」

「社畜から解放されて自由な生き方を手に入れたい」という人は、Webライターに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-退職関連